wnngb728のブログ

( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

映画の記事

ライオン・キング

 

【公開日】                      2019年8月9日

 

【上映時間】                       119分

 

【あらすじ】

 

サバンナの王国、プライドランドの王で有る、ライオンのムファサ≠ノ息子のシンバ≠ェ生まれ

 

る。

 

だが、シンバ≠ヘ、有る悲劇によって父を失い、王国を狙うスカー≠フ企みによって王国を追放

 

されてしまう。

 

新たな世界へ旅立ったシンバ≠ヘ仲間と出会い、自分が生まれて来た意味や、使命とは何かを知

 

り、王となる運命に立ち向かって行くのであった。

 

 

 

 

  

【感想】

 

面白かったです。物語・展開等はアニメ版と同じ。生命の環≠フテーマとシンバ≠フ成長物語が

 

軸になっているのも同じ。大きなアレンジも無いので既にライオンキング≠フ物語を知っている人

 

は安心して観られるし、ライオンキング≠フ物語を知らない人でも十分に楽しめる作品だと思いま

 

す。

 

アニメ版も観ているし、劇団四季のミュージカルも1回観に行きましたが、改めて観ると改めて考えさ

 

せられる部分も発見する。勿論、漠然とした発見だが、生命の環≠ニ言うテーマも描かれている

 

が、このライオンキング≠フ世界観を人間社会に置き換えれば分かりやすくなるだろうか?人には

 

必ず役割≠ニ言う物が存在する。王で有り、シンバ≠フ父で有るムファサ≠フ役割・王妃の役

 

割・許嫁ナラ≠フ役割・・・・と様々な局面や立場で何をしなければならないのか?≠サして、将来

 

の王として生まれて来たシンバ≠フ役割。

 

百獣の王とは?数多くの動物達を知り、理解し、守る者。様々な生き方をする動物達の共生世界を作

 

り、その頂点に立つ偉大な王ムファサ=Bムファサ≠ヘ王として、あるべき姿を、息子で有るシ

 

ンバ≠ノ教えて行くが、その父の教えを王は誰にでも指図出来る=E全てを手に入れられる≠ニ

 

少し歪んだ捉え方をしてしまう。子供であるシンバ≠ヘ、まだ物の見方が一方的で、狭い視野でし

 

か物事を理解出来ていなかったが、それでもシンバ≠ヘ、徐々にムファサ≠フ考え方を理解し

 

て行く。

 

所が、追放先で出会ったプンバァ≠ニティモン≠ヘ、これまで教わって来た事と真逆の考え方の

 

持ち主だった。

 

最初は困惑するシンバ≠セったが、プンバァ£Bの陽気さも手伝って、直ぐに彼らの価値観

 

に共鳴し出す。この時点でのシンバ≠ヘ、やはり一方的な視野で、ナラ≠ニの再会後もこの暮

 

らしが素晴らしい≠ニ信じて疑わない。しかし、ナラ≠ニの口論・ラフィキ≠ニ父の幻影の助力も

 

有って、シンバ≠ヘ、自分の役割・使命を思い直す。今まで、他人の影響ばかり受けていたシン

 

バ≠ェ、初めて自分で生き方を決意する瞬間で有った。こうして、シンバ≠ヘ王国を取り戻し、

 

多様な価値観を認め合う共生世界を復活させる。序盤は身も心も子供だったのが、立派な王へと成

 

長する物語は、様々な人間社会にも通じ合う物が有ると思います。

 

そして、ヒール役でも有るスカー≠ニ言うキャラクターは、人間の弱い部分を表していると思いま

 

す。

 

何故、王が王として崇敬を集めているのか?も考えずに嫉妬する=E現状への不満を他者のせい

 

にする=Bそして、いつも最期のトドメをぬヌーやハイエナに委ねているが、これは最終的な責任を負

 

いたくないと言う人間の狡さ≠フ表れ。何だかんだ言っても悪≠ノ成り切れない弱さを露呈して

 

いる。

 

最後の崖っぷちの土壇場で、兄王の死の真相を明かしたのは、スカー≠フ立場から観たら間違い

 

なく愚かな行為なのに、つい言ってしまったのは、自意識のなせる事だと思う。何処かに愚かな行為

 

をしたと言う感情の表れ。ここまで、上手く運べたのは、俺の緻密な策略があったからだと言う事を誰

 

かに知って欲しいし、何よりも誰かに認められたい、評価して欲しい。実は王になりたかったのではな

 

く、周囲に認めて欲しかったのだ。参謀的な存在やシンバ≠フ教育係として認められる道も有るの

 

に気付かない。

 

スカー≠フ言動は、どの局面でも人間の弱さ・視野が狭くなった時の卑屈さが垣間見えて、他人事

 

とは言えない様な物だと思います。CGの映像はジャングルブック≠フ時よりも更に綺麗になってお

 

りました。

 

 

この記事の先頭へ▲

劇場版ワンピース スタンピード

 

【公開日】                     2019年8月9日

 

【上映時間】                      101分

 

【あらすじ】

 

海賊の、海賊による、海賊の為の、世界一の祭典。海賊万博が開かれる事になり、主催者のフェスタ

 

からの招待状を手にしたルフィ達、麦わらの一味≠煢場へ。世界中から集まった海賊達の目的

 

は只一つ。海賊王ロジャー≠フ遺した宝探しで、宝を手に入れ、名を上げたい海賊達によるお宝

 

争奪戦がスタート。だが、その裏では恐ろしい陰謀も渦巻いていた。

 

 

 

 

【感想】

 

面白かったです!!3年ぶりとなる劇場版ワンピース=B原作もテレビ版もワノ国編≠ノ突入し、ワ

 

ンピース自体も佳境に入っていると思われます。劇場版は所謂、オリジナルなので原作及びテレビ版

 

に影響を与えない事を考えれば、今回の作品は都合上仕方ない側面も有ります。確かにストーリー

 

自体は荒さが随分と見られるし、キャラが多過ぎて大渋滞を起こしていたのも事実。原作やテレビ版

 

の様に丁寧に描いていたら、とても101分では収まらない。なので、ストーリー云々、オリジナルキャラ

 

で有るダグラス≠フキャラが弱かったりとする所も有りましたが、細かい事を気にしては負けな作

 

品。ワンピースオールスターと言った感じで、隠れキャラも含めてワンピキャラ総登場。海賊・海軍・七

 

武海・革命軍等が入り乱れての元ロジャー海賊団の船員バレット≠ニのバトルは圧巻。万博の黒

 

幕が仕掛けた壮大な策略が絡んで、ワンピースオールスターズがピンチに陥ってしまうと言う展開。

 

そのバレット≠ヘ悪魔の実の能力者で、色々な物を合体する事が出来ると言うキャラ。ルフィを含

 

めて、最悪の世代の面々も太刀打ち出来ず絶体絶命の大ピンチに!!原作では有り得ない組み合わせ

 

のバトルも有って、ワンピファンには物凄く楽しめました。

この記事の先頭へ▲

ワイルド・スピード スーパーコンボ

 

【公開日】                      2019年8月2日

 

【上映時間】                       136分

 

【あらすじ】

 

元FBI特別捜査官のボブス≠ニ元MI6エージェントのショウ≠ノ政府から協力要請が入る。MI6の

 

エージェントでショウ≠フ妹のハッティ≠ヘ、全人類の半分を滅ぼす新型ウィルス兵器をテロ組

 

織から奪還するが、組織を率いるブリクストン≠ノ急襲され、ウィルスと共に消息を絶っていた。

 

ボブス≠ニショウ≠ヘウィルス回収の為、仕方なく手を組む事になるのであった。

 

 

 

 

【感想】

 

通称=ワイスピ≠フスピンオフ作品。これまでの過去シリーズを観ていなくても十分に楽しめる内

 

容となっております。実際、ボブスとショウ∴ネ外のキャストは全く登場しないし、この二人の関係

 

性も今回の作品内では全く説明されていないので、仲の悪いマッチョ野郎のバディ・ムービーと捉えて

 

観る事が出来るので、シリーズ作品に有り勝ちなイチゲンさんお断り%Iな要素は全く有りませ

 

ん。

 

とは言え、シリーズを当然鑑賞している人の方が観る確率は高くなる訳だが、シリーズの魅力でも

 

有るファミリー≠フ物語や、ワイスピならではのカーアクションも随所に健在していた物の、全体的

 

に観ればワイスピらしさ≠ニ言う物は余り感じなかった。アクションとアクションの間に有る、ドラマ

 

パートで間延び・退屈する場面も多々有ったのはアクション映画の場合仕方無いのかな?と思う反面、

 

ストーリーは二の次・無茶苦茶な設定だとか・・・・とにかく細かい事を気にせずに頭を空っぽにして鑑

 

賞出来るのもワイスピらしさを思わせる。ドウェイン・ジョンソン≠ニジェイソン・ステイサム≠フダ

 

ブル主演と言うだけで想像出来る通り、最初から最後まで力技で押し通す内容。ワイスピシリーズは

 

回を増すごとにアクションが派手になってるけど、今回の作品は別格。全編クライマックスと思う程ア

 

クション目白押し。その分、ストーリーの方が頭に入って来なかったけど・・・・・。

 

 

この記事の先頭へ▲

ペット2

 

【公開日】                       2019年7月26日

 

【上映時間】                         86分

 

【あらすじ】

 

飼い主のケイティ≠ニ楽しく穏やかな日々を過ごすマックス≠ニデューク=Bケイティ≠ヘ

 

チャック≠ニ言う心優しい男性と出会い、結婚。やがて、息子のリアム≠ェ誕生する。マック

 

ス≠ヘリアム≠我が子の様に可愛がるが、彼が100%安全か心配になってしまう。ある日、家族旅

 

行に出掛けた農場で、真面目で威厳溢れた農場犬のルースター≠ニ出会うのであった。

 

  

 

 

【感想】

 

普通に面白かったです。飼い主が居ない間、ペット達は何をしているの?≠ニ言ったワクワク感だっ

 

たり、物語のスケール感や作品のメッセージ性は前作よりも劣る印象を受けた物の、良くも悪くも息を

 

付かせないスピード感が有りテンポが非常に良いのと何よりも前作から引き継がれた各キャラクター

 

が更にキュートになっておりました。分単位で笑える場面が有って、猫や犬と言ったペットを飼った事

 

が有る人なら理解出来る小ネタが散りばめられています。感動と言うよりも、愛くるしいキャラクター達

 

の言動や活躍に元気を貰える作品。今回は、ペット達のお留守番中の秘密の生活で笑いを誘うので

 

はなく、仲間の為に頑張るストーリーを幾つか散りばめられていて、主人公のマックス編=E前回

 

ペット軍団のボスキャラだったスノーボール編=E前作も今回も存在感を示したギジェット編≠フ

 

3つの物語が平行に進んで行ってラストは1つの物語が完成されると言う構図。特に、スノーボール

 

編≠軸に主人公マックス≠フ成長物語を描いております。1つ1つの物語も勿論良かったのだ

 

が、欲を言えば、この3つの物語は所謂、ショートストーリーなので、メインとなる物語が有れば尚良

 

かった気もするし、マックス≠フ新たな家族として登場したリアム≠通じてのペットとの関係性

 

を、もう少し強く描いても良かった気もする。前半は、この新たな家族に対して戸惑いを隠せないなが

 

らも見守るマックス&デューク≠丁寧に描いていたが中盤からは完全にリアム≠フ存在感は無

 

いに等しかったし、デューク≠フ見せ場も全く無かった。同時上映のミニオン≠ニ合わせても90

 

分足らずの決して長くない作品で、ストーリーは単純で分かりやすく、主人公が少し成長して、悪い奴

 

を退治すると言う王道の展開で及第点だけど、それ以上の物もそれ以下の物でも無い作品。個人的

 

には、もう少し強めにハラハラさせたり、急展開と言うような臨場感が欲しい所だけど、恐らく、この作

 

品のターゲットはトイストーリー4≠謔閧燻瘧ア?低めなので、夏休みの暇潰しの映画作品としては丁

 

度良い塩梅なのかも知れません。近くの映画館は吹き替えしか無かったのは仕方ないのだけれ

 

ど・・・・・沢城みゆき≠ウんと中尾隆聖≠ウんは流石だなと・・・・途中からバイキンマンに聞こえて

 

来たけれど・・・・バナナマンは前作同様相お世辞にも上手いとは思えなったのも変わらずでした。

この記事の先頭へ▲

天気の子

 

【公開日】                       2019年7月19日

 

【上映時間】                        114分

 

【あらすじ】

 

家出し、離島から東京へやって来た高1の少年・帆高=B見知らぬ土地でやっとの事で、怪しげなオカルト雑誌のライターと言う仕事を見付ける。しかし、彼のこれからを示唆するかの様に、連日雨が降り続ける。そんなある日、帆高≠ヘ陽菜≠ニ言う少女と出会う。ある事情を抱え、弟と2人で明るく逞しく生きる少女には不思議な能力が有った。

 

 

 

 

【感想】

 

面白さは普通かな?君の名は。≠ニ比べてしまう部分が有るのは仕方ないし、ハードルを上げて観てしまうのも仕方ないと思うが、ストーリー自体は君の名は。≠謔閧熾ェかりやすいかな?君の名は。≠フ場合は、曖昧な部分も残っているけれど、何度も観直して行けば自ずと結論が導き出す事が出来る(勿論、その結論は個々によってそれぞれだが)感じだったが、今回の作品は思春期の少年少女の青春物語を王道で直球で描かれているストーリーなので、1回観れば十分かな?とは思う。勿論、今回の作品にも曖昧な部分・・・・・何故?何で?≠ニ言う消化し切れていない部分も有る。タイトルにもなっている天気≠ニは何を指すものなのか?現在の社会・主人公及びヒロインの心の描写を天気で表しているのか?それとも天気(気象現象)は、どうする事も出来ないのと同じで主人公及びヒロインを取り巻く環境も若過ぎる二人にとってはどうする事も出来ない事での天気≠ニ言う事なのか?観客の判断に委ねている印象は感じますが、これも当然個々の感じ方次第で色々な答えが出るかと思います。それと、君の名は。£のSF的な設定が練られていないので、何故、ヒロインが巫女にならなくてはならなかったのか?≠サもそも、何故、廃墟のビルの上に鳥居が有るのか?%凵A歴史や信仰を紐解く流れがない・・・と言うよりも余り掘り下げる事がなかったので、巫女の設定が薄味で物語としての深みが感じ取れなかったのも事実。只、主人公の帆高≠フ視点から考えれば、晴れ女=陽菜≠ナ有って、家出の理由や家出後の行動自体は褒められてた物ではない、謂わば自業自得だが、東京に来てから散々な日々を送っていた彼の心の中は雨だったと考えれば、その散々な日々を送っていた時に、不意にだがハンバーガーを奢ってくれた陽菜≠ノ対しての初恋と言う気持ちにさせられ、その後彼女と再会し行動を共に過ごした事で彼の陽菜≠フ存在感から心の中は晴れの気持ちになった。だから、晴れ女の能力?を使った代償で消えてしまう事を聞かされた時の彼の心の中は再び雨に変わった(二度と会えないのでは?と考えた)・・・・と言う事だろうか?彼女への心の描写を天気に準えて描いているの部分も有ると考えれば、ラストは晴れてても良かった気もする。そのラストですが、何とかヒロインを取り戻した主人公は、残念ながら実家送りにされて離れ離れになってしまう。3年の月日を経て、ようやくヒロインと再会を果たすのだが、この3年間についての、お互いがお互いの事を想う・・・・会いたくても会えないもどかしさを演出する描写が有れば尚良かったと思うが、ヒロインを救えた事は主人公は知ってるし、会えない理由が保護観察下の元と言う事なので、結局時が来れば2人は再会出来る事が想像出来るので特に描く必要はない気もするが・・・・。この作品の好き嫌いは、特に主人公への感情移入が出来るか?否か?がポイントになりそう。

この記事の先頭へ▲

お名前メモする