wnngb728のブログ

( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

近畿の記事

赤穂温泉 銀波荘(兵庫県)

 

 

   そして〜今宵の宿に到着しますww 今回選んだ宿ゎ〜赤穂温泉 銀波荘≠ナ有りますww

  

 

                             明るいロビーですww

 

  

 そして〜チェックインを済ませて〜お部屋へと案内されますww 規模としては決して大きな温泉旅館では有りませんが〜客室が少ないと言う事ゎ〜静かな時間を過ごせますww

 

 

 

               案内されたお部屋は最上階の603号室(*`・ω・)ゞデシ!!

  

 

 

窓を開けると〜Σ(・ω・ノ)ノ  絶景ダ━o(`・д・´)ノ━!! と言いたい所ですが〜この日は完全に曇っていて〜本来ならば小豆島や淡路島等が一望出来るのだが、全く見えません_| ̄|○ ガクーリ

  

 

 

  そして〜この宿ゎ〜何と言っても温泉!!至る所から海が眺められますが〜ww 男女入れ替え制になっている大浴場ダ━o(`・д・´)ノ━!!

 

 

 

 

 目の前に遮る物が全くない〜所謂インフィニティ温泉(*`・ω・)ゞデシ!! 湯船に浸かっても目の前には圧巻の景色が広がります(σ・ω・)σYO♪

この記事の先頭へ▲

永源寺温泉 八風の湯(滋賀県)


 



 今日は滋賀県にある『永源寺温泉 八風の湯』に行って来ました。所在地は東近江市になります。

  永源寺の門前に位置し、愛知川の畔に建つ日帰り温泉施設で、宿泊施設も完備している。

  外観・内観共に重厚感を出しつつも、落ち着いた純和風の佇まいでありますww




 



入浴料金は平日1300円(土・日・祝1500円)と少し?高い気がしますが、コインレス靴箱の鍵と引き換えに、精算用ロッカーキーを受け取るシステムで、会計は帰りとなります。


    


 

 

 



      この時に、館内着・バスタオル・フェイスタオル付きとなるので、比較的軽装で行く事も出来る。


      

 



             そして〜板張りの廊下を進んで行くと、休憩室・食事処等が併設されておりまふww




 



 そして〜畳敷きの廊下が突如現れて、一気に癒しの空間に入り込みますww ここに男女別の大浴場がありますww 因みに大浴場は毎週金曜日に入れ替えとなりますww




 


大浴場への入り口の前には売店があり、岩盤浴・入浴を終えると、ここで簡単な水分的な物が売られておりますww ┏〇 ペコリ



 


そして〜露天風呂でありますが〜屋根付きの比較的人数確保出来ると思われる趣のある岩風呂でありますww

こちらの湯温は体感的には41℃位かな?ややぬるい印象ではありましたww

泉質は単純温泉 PH値は8.38 透き通った茶褐色で露天風呂はぬるい♀エじがしましたww

循環式ではあるが〜変な消毒臭は感じない(σ・ω・)σYO♪



 


こちらはあつ湯=`体感的には43℃位かな〜?確かに入った瞬間あつッ!!って思った(σ・ω・)σYO♪



 



そして〜趣のある壺湯が2つ。湯温は印象だと40℃位かな?40℃だとぬるく感じるのですが〜壺湯の場合は密閉度と壺湯独特の温まり方があるので次第に熱く感じる様になりますww

湯触りはぬるぬる感があり、肌がスベスベになりますww


 


 



露天風呂からは愛知川を見る事が出来ますww 川のせせらぎに耳を傾けながら静かな時間が過ぎて行きますww

因みに〜この温泉の近くには?いや近くはないが(藁)〜百斉寺?(良く分からんが^^;)などがある湖東三山があって〜簡単に言えば紅葉スポットがあるのです〜つまり〜この温泉のベストシーズンは秋だと思っておりますww

っか〜浸かっていたら雨が降り出したの!!〜(。´・ω・) どっかお出掛けすると何故か雨が降るんですけど?(。・ω・。) 昨日まで晴れてたのに何故⁇(´・ω・`)

まあ〜雨の中の温泉も風情があるので嫌いではないが〜入るまでが寒いわ〜!!(。・ω・。)

この記事の先頭へ▲

須加谷温泉(滋賀県)



【温泉施設名】                   須加谷温泉

 

【泉質】            含鉄(U)ーカルシウム・マグネシウムー炭酸水素塩泉

 

【pH値】                        6.94

 

【温泉利用】             (自家源泉)掛け流し・循環式併用・加温あり

 

【営業時間】                     11時〜21時

 

【定休日】                         なし

 

【入浴料金】                      1000円

 

【備品情報】    コイン式ロッカー(返却式)・リンス・イン・シャンプー・ボディーソープ・ドライヤー  

 

【総合評価】                       2.5

 

市町村名は『滋賀県長浜市』。戦国武将で有名な『浅井長政』・『お市』の居城があった小谷城址近くにある一軒宿ですが、日帰り入浴が可能。

公式HPには営業開始時間(日帰りの場合)が11時となっていますが、泊り客がいなければ、もう少し早く営業が開始されるの(今回は10時30分頃到着したら入浴可になっていました。)で、立ち寄る時は宿に確認してから行くと良いと思いますし、大浴場の隣には食事を楽しむ所や、小さいながらも休憩室も完備されています。

自分の住む、岐阜県からは高速利用で約、1時間半位の道のりになる。

 

【温泉】                          4.4

 

温泉の成分に鉄分が多く含まれているので、温泉が空気に触れると『赤茶色』に変化する『濁り湯』になる。確かに、内湯の一つは薄い『赤茶色』に変色していたが、露天風呂の方は、無色透明とまではいかないが、若干濁っていた。もしかして、気象条件などで赤茶色になったり無色透明であったりと違うのだろうか?

自分が知る限り、岐阜の『ひめしゃがの湯』・『濁河温泉』・長野県の『やまゆり荘』と言った『濁り湯』に比べれば色は薄い。

それでも、この温泉の特徴であるが、身体の芯から温まる。

お湯の感触は少し硬い気もするが、入浴後は身体全体が『ポカポカ』しているし保温効果も長い。

入浴後の肌触りは滑らかになっています。

 

【露天風呂】                       3.0

 

内湯の隣に、屋根付きの半露天風呂(岩風呂)がある。大人が5〜6人入れば一杯になる。湯船自体は狭いが、少し浅めに造られている。

 

【内湯】                           2.3

 

内湯には二ヶ所の湯船があるが、共に3人入れば一杯になる小さなお風呂である。

この日の気象条件が曇りであったためなのか?かなり薄暗い空間でもあった。

湯船自体は深めで、内湯・露天風呂共に湯温は高めで少し熱め。

 

【露天風呂からの景色】                1.5

 

高い壁で囲まれている露天風呂からの視界自体は狭く、一部だけ外の景色を観る事が出来る程度。

 

【露天風呂の開放感】                  1.3

 

屋根付きであるが窮屈感は感じなかったが、開放感はないかな?外からの冷たい空気が心地好さを感じましたが・・・・・。

この記事の先頭へ▲

摂津峡花の里温泉 山水館(大阪府)



【温泉施設名】              摂津峡花の里温泉 山水館

 

【泉質】                  ナトリウム・炭酸水素塩泉(露天風呂)

 

                         アルカリ性単純温泉(内湯)

 

【pH値】                       9.2(露天風呂)

 

                            8.8(内湯)

 

【温泉利用】                (自家源泉)循環式・加温あり

 

【営業時間】                  11時〜19時(外来入浴)

 

【入浴料金】                      1300円

 

【備品情報】          鍵付きロッカー・ボディーソープ・リンスインシャンプー・ドライヤー

 

【総合評価】                       3.8

 

大阪とは思えない秘湯の雰囲気漂う摂津峡の一軒宿ですが、日帰り入浴が可能となっています。岐阜(在住)からだと高速利用で、約3時間前後で行く事が出来る。個人的な見方ですが、大阪と温泉のイメージは沸かないし、関西でも京都府・滋賀県・大阪府・奈良県辺りは日帰りドライブが可能だが、何故だか足を運ぶ事は少ない。市町村名は『大阪府高槻市』になります。

入浴だけでも可能だが、ランチ付きもあるので、その時の気分で楽しめる。

 

【温泉】                          3.8

 

露天風呂と内湯では泉質が違うのが特徴で、自家源泉を利用しているが共に循環式・加温を施している。ある意味、循環式でも仕方ないと思うし、衛生面から消毒を利用するのも仕方ないと思います。

内湯と露天風呂は繋がっていないので、一度服を着てから移動する事になる。

まず、露天風呂の温泉は、所謂『重曹泉』と言われる泉質になるが、思いの他『重曹泉』独特の『ヌルヌル』とした感触は大人しいが、入浴後は『美人の湯』と称される言葉の意味が、肌触りに表れて来る。

内湯は『アルカリ性単純温泉』であるが、お湯自体は少し硬い感覚がありましたが、独特の感触でありました。

露天風呂は温め・内湯は熱めの温泉でありました。

 

【露天風呂】                       4.0

 

開放感溢れる岩造りの露天風呂で、湯船自体は浅いが奥行きがある。

 

【内湯】                          2.5

 

広さは普通だが、内湯の方が深さがある。大人が5・6人入れば満杯になってしまうし少し薄暗い印象を持ちました。

 

【露天風呂からの景色】                4.5

 

露天風呂の下には摂津峡の澄んだ川が流れており、周囲も森で囲まれている。大小様々な岩がゴロゴロしているし、その川の中で鮎釣りを楽しむ人や散策を楽しむ人なども見受けられました。

周囲の雰囲気を見ればベストシーズンは、春から秋の紅葉の時期が良いのかな?館内のパンプレットには初夏の夜になれば蛍も見れるとか?

 

【露天風呂の開放感】                 4.3

 

露天風呂の開放感は抜群で、大阪と言えども冬らしい冷たい空気と川から運んで来る冷気が心地好さを感じる。

川の静かなせせらぎの音色も耳に届く空間になっています。

 

※ 5点満点評価ですが・・・・・点数は適当です。

 

  

この記事の先頭へ▲

湯の花温泉 渓山閣(温泉編・京都府)



旅館の部屋で少し身体を休めたら温泉ダ━o(`・д・´)ノ━!!

広々とした男湯・女湯に入り口d(>ω<。)ネッ!!

σ(д・`★)ミィーが入った時間帯は入浴客が少なかったので良かったんだけど、旅館に行くと自分のスリッパの場所が分からなくなるよ(*´ω)(ω`*)ネー 

 



少し窮屈な印象の脱衣所デ━d(´∀`〇)━ス!!! 温泉宿らしく脱衣籠が置いてありますが、貴重品入れのロッカーも設置されていたので、貴重品は必ずロッカーに入れましょう(*´ω)(ω`*)ネー 

 



脱衣所のスペースよりも、広い印象を持った洗面台デ━d(´∀`〇)━ス!!!

 

 



大浴場の外に設けられている半露天風呂ダ━o(`・д・´)ノ━!!

泉質は【単純弱放射能温泉】・PH値は【7.14】と館内の温泉成分表に記述されておりましたww

温泉の感触は、『ツルツル・ヌルヌル・スベスベ感』は大人しく、サラッとした湯触り。

衛生面において仕方のない部分はある物の若干、消毒の匂いが強く感じました(´・ω・`)

湯の花温泉の源泉自体は『30.5℃』と低いので加温されています。

循環式であるのも温泉を枯らさないためと入浴客の為に常に綺麗な温泉を供給するためには不可欠であります(*´ω)(ω`*)ネー

それでも、露天風呂の温泉は少し温い印象でした(σ`・д・)σYO!!!

半露天風呂であり、屋根が低い印象であったため開放感は少ない。

景色も視界が狭く、ほとんど見る事が出来ない。

寝湯が設けられている半露天風呂であるが、個人的には・⌒ ヾ(*´ー`) ポイ なくても良いかな?ww

 



内湯ダ━o(`・д・´)ノ━!!

この温泉は保温効果が高い印象で、入浴後は身体がポカポカとしていたし、汗がスッと引いていくような感覚でもあった(σ`・д・)σYO!!!

肌触りも浸かっている時よりも、入浴後の方が遥かに滑らかさを感じる温泉でした(●゚ェ゚))コクコク

この記事の先頭へ▲

お名前メモする