wnngb728のブログ

( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

アニメの記事

名探偵コナン 戦慄の楽譜(DVD編)


  


【公開日】                        2008年4月19日


【上映時間】                         115分


【あらすじ】


高名な元ピアニストが率いる音楽アカデミーの出身者ばかり狙った連続殺人事件が発生する。コナン達一行はその元ピアニストが作った音楽ホールのコンサートに招かれるが、コンサート本番に向けて次々と不振な事件が続発する。

そして本番当日、コナン達がコンサート会場を訪れると、大爆発が起こり会場は火の海に包み込まれてしまうのであった。




 


【感想】


通算12作目。今から8年前の作品になります。大きなアクションはなく劇場版の中では一番地味に思える作品でもあるが、また観てしまった。アクション自体が多ければ良いとは思わないし、ようするにアクションと推理パートのバランスが肝心かな?この作品は基本的にはサスペンス。
堂本音楽アカデミーで堂本一揮の門下生3名が死傷する爆破事件が起こり、更に後日行われる「コンサート」に出るソプラノ歌手・秋庭怜子が何者かに狙われる事件が発生する。
犯人の目的とは?と言う所からストーリーが始まる

冒頭から最後まで音楽に非常にこだわっている作品だ。
作中では有名なクラシック曲も多用しており「アメイジング・グレイス」や「アヴェ・マリア」など、聞いた事のある楽曲や、ピアノ、歌声、パイプオルガンなど「音響」にかなりこだわっており、劇場のスピーカーで聞けばかなり迫力のある音だっただろう。演奏シーンの作画も「クラシックのコンサート」の描写も繊細に描かれており、作中もっとも盛り上がるシーンだ。

しかし、忘れてはいけない。コナンは別に音楽アニメではない(苦笑)し、自分のようにクラシックに興味のない人間には全く良さが分からない。

とは言え〜この作品の要となるのは絶対音域≠ニ言う言葉。音痴である筈のコナン君が普通に歌っているシーンは笑えた。
今作の犯人は爆弾で堂本音楽アカデミーの卒業生などを連続で殺している犯人だ。かなり凶悪な犯人であるのだが、緊迫感が全然ない。コナンの目の前で連続殺人が怒る訳ではなく、コナンが居ない場所で連続殺人を犯しているので緊迫感が感じない。

ミステリーものとしては意外な犯人で少し驚かされたが、ほとんどコナンと喋っていないキャラクターが犯人だと「意外」ではあるものの「面白み」がない。
コナン映画特有の「ちょっとおかしい」動機はコナン映画らしいといえばらしかったが(苦笑)

更に今作はコナンと映画オリジナルキャラの絡みが非常に多い。、
確かに「プラノ歌手・秋庭怜子」というキャラクターは演じている桑島法子さんの高飛車な演技が合っており、魅力あるキャラクターに仕上がっているのだが、その反面でコナン以外の既存キャラクターの活躍が薄く、中途半端に少年探偵団を絡めたせいで既存キャラだけでなく映画オリジナルキャラの彫りさえも秋庭怜子以外印象度は薄い。

終盤のコンサートシーンも無駄に長く、大人でさえ退屈に感じるのだから子供はモット退屈に感じるだろう。
確かに音の迫力やコンサートの描写は頑張っているのは分かるのだが、それが=作品の面白さに繋がっているとは言い難い。
いつものコナン映画なら爆弾がつかわれる事件なら建物倒壊からの脱出劇が定番だが、犯人もあっさりと捕まり、脱出劇もない。
映画としての派手さや緊迫感が薄く、全体的な盛り上がりが薄い作品に仕上がってしまっていた。

全体的に見てコナンを見に来た人は別のコンサートシーンを見たいわけではない。
アニメ映画で音楽や音響にこだわること自体は否定しないが、「コナン」に求めている「キャラ描写」や「ミステリー」の描写を抑えてまでコンサート描写にこだわるのは理解不能だ。
殺人もコナンの目の前では行われず、映画としての緊張感や盛り上がりにかけてしまっていたように思える。しかし、名探偵コナン特有のありえないシーンは今作にもあり、「助けを求めるために電話のプッシュ音を声で鳴らす」という某番組でも検証されたシーンの現実味のなさはちょっと微妙だ(苦笑)
しかも、コナンは遠く離れたところから、サッカーボールで受話器を外します。
ゴルゴ13並の命中率には非常に驚くしかない。

灰原ファンとしては最後のワンシーン?ツーシーン位?でコナンを助けるシーンは個人的には好きだけど。

この記事の先頭へ▲

漆黒の追跡者(DVD編)


 


【公開日】                       2009年4月18日


【上映時間】                         110分


【あらすじ】


梅雨明けの頃、東京を中心に神奈川、静岡、長野で6件の殺人事件が発生。いずれも、被害者の傍に麻雀牌が残されていた事から、警察は同一犯人もしくは組織による広域連続殺人事件に指定。各県警合同で開催された捜査会議には目黒警部の他、探偵の小五郎も出席する。会議では麻雀牌の他、犠牲者の残したダイイングメッセージ等、幾つかの謎が提示される。会議終了後、コナンは部屋から出て来た一人の刑事が黒のポルシェに乗り込む場面を目撃。コナンはその車に見覚えがあった。それは、コナンに取って因縁浅からぬ相手、ジンの車だった。

高校生探偵だった工藤新一を罠に陥れ、毒薬を投与したのは黒ずくめの組織の一員のジン。

毒薬の副作用で少年の姿に変わってしまった新一は、コナンとして活躍するようになったのだ。

事件の裏に黒ずくめの組織の存在を感じるコナン。やがて、7月7日、七夕の日に7人目の犠牲者が。

そしてコナンの周囲にも組織の手が伸びつつあった。工藤新一が生きている事を知れば、組織は新一だけでなく仲間達も始末しようとするに違いない。だが、まだその事は組織に気付かれていない。組織を一網打尽に出来るチャンスと見て取ったコナンは、危険を承知で独り、捜査に乗り出すのであった。



  


【感想】


劇場版通算13作目となる『漆黒の追跡者』。キッドが出て来る作品に外れなし!!と言ったばかりだが、この名探偵コナンの核となっている『黒ずくめの組織』が絡んで来ると更に面白い。

とは言え、黒ずくめ組織とのガチバトルではない。そりゃ〜黒の組織が壊滅する訳ないし、コナンだって正体がばれる訳でもない。そうなったら、名探偵コナンは恐らく終わってしまう。

江戸川コナンは、黒ずくめ組織の全体像を全て把握している訳でもない(この作品が公開される時点では)が、最低ジンらの存在は認識しているのに対して、反対に、ジンらは江戸川コナンの存在は認識していない。この絶妙なバランスが名探偵コナンの面白さだと思う。

ということで〜ジン・ウオッカが死んでしまう筈もない。この江戸川コナンとの間に絶妙な立場にいるのがベルモットでもある。

なので、この映画限定の組織一員との対決話になってしまう。とはいえ、原作を観ていないと分からんだろうと思う。

本筋からして黒ずくめの組織と正面からぶつかる訳ではないのだが、まあ〜そうなると警察自体が黒の組織を認識していなければならないが都合上無理なので、要所要所に黒の組織を組み入れて行く事になる。

そして、映画限定の黒の組織の一員が、コナンの正体に気付いていながら組織に報告せず、結局ジンに殺されてしまう。まあ〜原作に影響しては行けないので、この展開は仕方ない所。

しかしながら〜終盤の『ぬ・・・・もう一人いる』と言うジンの台詞に思わず吹いてしまう。思いっきり小学生の靴なんですけど(藁)

しかし〜それまでの展開何て忘れてしまう圧倒的な火力で襲い掛かる黒の組織と逃げるしかないコナンとの一騎打ち、この場面は凄く面白い。

まさに頭上から狙われて絶体絶命のピンチ。今では当たり前となった伸縮自在のサスペンダーを使って危機を脱出する。

最後のジンの台詞『何者なんだ?』と驚くから何気に凄いのである。

名探偵コナンのメインキャストがほぼ全員出て来る訳だが〜一網打尽で倒れる警察にプロの殺し屋と弾丸まで避けて渡り合う女子高生。ヘリを撃墜する小学生とか真面目に考えれば笑える。

ただ〜見知った刑事の中に黒の組織がいると言うサスペンス要素を取り入れながら、最後の東京タワー爆撃!!あんな事したら目立つでしょ??とか考えたら駄目なんだろうな??

推理パートは、観ている方は考える余地はなくて、コナンが追っかけている内に、ヒントが次々と出て来て、知らない間に?解決するパターンではあるが、この辺りはやはりDVDで何回も観るに限る。そうすれば、トリックの面白さは伝わる。簡単に言えば、この作品には謎解き要素はないです。

ただ〜火事の時にエレベーター乗っちゃ行けないのでは??(藁)

今年の新作は黒組織関連なんだけど、果たしてどう展開するのかな?



  

この記事の先頭へ▲

天空の難破船(DVD編)



                 


【公開日】                       2010年4月  


【あらすじ】


世界中を又にかけて宝石を狙う怪盗キッドの元へ、彼との対決に執念を燃やす大富豪・鈴木次郎吉から挑戦状が届く。その内容は、世界最大の飛行船ベルツリー号に収めた宝石天空の貴婦人≠盗んでみろと言う物であった。制限時間は東京〜大阪間の6時間。ベルツリー号には、次郎吉に招待された探偵・毛利小五郎とその娘の蘭・そして江戸川コナン達少年探偵団も乗り込み、キッドとの対決に備える。大空を舞台にコナン・小五郎と怪盗キッドの頭脳戦が始まろうとしていた。まさにその時、謎のテロリスト赤いシャムネコ≠ェ飛行船を襲う。果たして、彼らのハイジャックの目的は?キッドとコナンの対決の行方は?


 

 


【感想】


通算14作目となる『天空の難破船』。劇場でも観たしDVDも何度も観ましたが、またしても観てしまった。〜劇場版コナンでワンシチュエーションの作品、キッドが出る作品にハズレなし!!
今回は世界最大級の飛行船が舞台。
飛行船なんて狭いと思ったら、そこは鈴木財閥、豪華飛行船。
展望室もあるし、飛行船の風船?の中を移動する事が出来るのでかなり広い。
今回の敵はテロ組織。
テロ組織を相手にできるなんて、コナンの柔軟さの成せるワザ。
いやーーとにかく楽しい。
飛行船のワクワク感。テロ組織が乗り込んで来た時のドキドキ感。
コナンとキッドが共同戦線を張る事は予想出来たが、コナンが飛行船から放り投げられてキッドが助けた時は本当に驚いたし、感動した。まあ〜コナンとキッドの関係は敵同士の筈なのだが、この辺りの関係性はルパンと銭形に似ているし、どちらかと言えばキッドはトランプで言うジョーカー見たいな感じなので、原作よりも劇場版の方が自由が利くので、キッドが目立つと言うか江戸川コナンより主役扱いなのは仕方ない。これは昨年の業火の向日葵≠ナも言える事である。
一度地上に降りて、戻るシーンも面白い展開。
テロ組織の最終目的が仏像という、起こした事件の規模に比べるとスケールダウンした感あるが、
そんなに仏像って儲かるのか?テロ組織の関係者多いし、そうとう金を掛けているけど元取れるのか?なんてことを考えてしまう。
それでも、仏像が目的だったので、研究所を爆破した理由、殺人ウイルスを持っている事を ネットに公開した理由も
、パニックを起こさせる事だと納得。
まあ、数時間で大阪、奈良から住民が逃げ切ることなんてできないと思うけどねww
劇場版の欠点は原作に影響与えることが出来ない事だが、あくまでも原作がベースでもあるのも事実。つまり主要人物を殺す訳にいかないし、新しい関係や事実を作る事も出来ない。
よって視聴者にとっては推理しやすい。
蘭が致死率80%の殺人ウイルスに感染した途端、蘭は死ぬわけないのだから、
殺人ウイルス自体が偽物か、事件は早々に解決して解毒されるか、2つの展開しかないと推理できる。
とにかく、飛行船が舞台というのは、とても古いけど新しい。とても良かった。
閉じられた空間を舞台にしたコナン作品は面白い。
その飛行船がワクワクするような素晴らしい空間であれば尚の事!!
テロ組織を相手にするなんて、コナン作品だから、劇場版だから出来るシナリオ。
また新しい方向性を見せてくれた事はファンとして嬉しい。
もっと本格的なのをみたいですね。
まあ銃撃戦はテロ組織よりも、前作の黒の組織の方が凄かったのですが。(笑)



【劇場版ならではの見所】
・劇場版初登場「キャラ」
 鈴木次郎吉
  この人が出てくると対キッドが盛り上がる!!
・劇場版初登場「発明品」
 特になし
 でも発明品は大活躍でした。
 ラストの「どこでもボール射出ベルト」の使い方は上手い!
・博士のクイズ
 今回はないと思ったら・・・ラストにあるとは。
・コナンのスーパーアクション
 出ました!!最近抑え気味だったので路線を変更したのかと思ったら解禁?!
 スケボーで銃撃は避けるわ、訓練された武装グループ相手に大立ち回りしました!






因みに〜記憶が正しければ〜毛利小五郎役が神谷明さんから現在の小山力也さんに変わったのは、この作品から〜テレビ版は553話からですww

この記事の先頭へ▲

沈黙の15分・クォーター(DVD編)



 


【公開日】                        2011年4月16日


【上映時間】                          109分


【あらすじ】


12月のある日、再選を果たした朝倉都知事宛に謎の脅迫状が届く。翌日、開通したばかりの都営地下鉄のトンネル爆破事件が発生。コナンは朝倉に恨みを抱く犯行と疑い、朝倉が国土交通大臣時代に建設したダムの関係者を捜査するために、新潟県に向かうが、その矢先、捜査先の雪原で死因不明の遺体が発見されるのであった。




 


【感想】


2011年に公開された通算15作目となる『沈黙の15分(クォーター)』を紹介したいと思います。通算15作目なので15分≠ニ言うタイトルが付けられていて、終始作中でも15≠ニ言う数字が飛び交います。

2011年までの劇場版に比べて、アクションを前面に押し出した印象を持つが、コナンの場合は何回も観る事が必須となる。一度観ただけでは面白さは伝わらない。

アクションはストーリーに華を添える物だと分かれば、推理パートの面白さも分かって来る。この作品の江戸川コナンの推理があくまでも推論≠ニ、ぼやけた言い回しをするのは、この作品の中で重要な人物として登場する立原冬馬≠フ記憶が曖昧だから。

この立原冬馬≠ェ冒頭で誰かに襲われるシーンから始まる訳であるが、この襲った人物とトンネルを爆破した犯人は別であると言う事が最初は戸惑う所であるが、当然、何回も観ればちゃんと伏線として別々に描きながら、一つの場所で起きた事件として起きていた事が分かるようになっている。

やはり、名探偵コナンの場合は推理パートを分かっていないと置いてきぼりにされて、面白くない≠ニ言う感想に落ち着いてしまう。

冒頭にトンネルを爆破した犯人・同級生である氷川≠殺害したのは山尾渓介≠ナあるが、氷川が殺された現場で、コナンがスタンガン≠ェ無くなっている事に気付く訳だが、この時点で氷川≠ェスタンガンを携帯している事を知っている人物は、コナン以外だと一人しかいない。

作中では、武藤岳彦≠ェ犯人とするミスリードで進行して行く訳だが、この場面が分岐点となる。

一方、立原冬馬≠襲ったのは、妹の遠野なつき≠交通事故で失った遠野みずき≠ニ言うキャラクター。この事故は故意ではないが、妹を突き飛ばしたところに、山尾≠ェ運転する車に轢かれてしまうのである。この妹を突き飛ばした場面を見ていたのが、立原冬馬≠ナあった。この妙な因果関係の巧妙さは名探偵コナン≠轤オさを思わせる。

そして、事故を偶然見てしまった立原冬馬≠ェ8年間眠り続けた状態で、その後意識を取り戻した以降に、遠野なつき≠ェ髪形を変えて、コンタクトに変える。この違和感にはコナンは気付いていないので、気付くのならば、観客だけと言う事になる。

因みに、冒頭でトンネル内にスケボーで突っ込んで行くコナンのシーンがあるが、ここで蛇行運転?して行くのは最後のダムの爆破から雪崩を起こさせるシーンへの伏線。

全体を観ても十分普通に楽しめる内容だと思うし、まずやっぱりキャラが良くて知っているからって言うのもあるけど、直ぐに作品に入っていけるし知ってるキャラだけではなくて今回出てくるキャラクター達も良かったし、分かりやすくハッキリと作られているのがいい。

丁寧に作る必要も時間もないのでハッキリさせる事によって目立つし簡単に関係性とかも見せる事が出来る。

キャラにしてもそうだけどストーリーや事件も分かりやすく作らていて、大人が見たら物足りなを感じるかも?なので大人には不評?が多いと思われる。
ストーリーは単純だと言いながらも設定は良くできていたし、バラバラな事件が一本の線に繋がる構成も見事だったし地味だけど良く出来ている。
最後はちゃんと盛り上がりもあって助かるのが分かっているのに意外とハラハラドキドキ。

タイムリミット15分っていうこの作品の要となるネタもちゃんと軸に使っていたし、雪崩に巻き込まれたら15分で助けなければ行けない伏線を見せていて最後に持って来るのも良かった。

内容の軸は小学生の同級生や友達関係っていうところでコナン達含めて3パターンあって、そこもしっかり描けていると言うかはっきりしてるからやりたい事が伝わるし、コナンのセリフの言葉は刃≠フ所も、最後になってしまう引きがあったからこそ最後は感動的だった。

今の時代子供の前で殺人が起こったり子供を事件に関わらせてるのがどうたらこうたら言う人もいるんだけど、個人的にはそういう(コナンのセリフの)メッセージ性もあって子供に見せたい作品だなって思う。

普通に熱くなれるし仲間や町を守るために活躍する姿に心惹かれる。

ストーリーは単純だったけど最後のシーンのコナン達を撃ってきた人物は別の人物だったっていう意外性は良かったし、大人目線で観ると色々都合が良かったり穴があったりはするんだけど、そういうのをあまり気にせず十分に楽しめる作品である。

コナン以外の主要キャラの印象は随分と弱く思えるが、個人的には、灰原が軽妙にコナンと絡んで来ていたのが1番嬉しいかな? その前の難破船の作品がキッドを前面に出した作品ならば、今回はコナン独壇場の作品でもある。何度も観る事は非常に大切な事である?




 


              今年の新作公開の前に、もー1本位劇場版を見直そうかな??

この記事の先頭へ▲

11人目のストライカー(DVD編)

 


【公開日】                       2012年4月12日


【上映時間】                        110分


【あらすじ】


江戸川コナンと少年探偵団は大好きなサッカー観戦を楽しんでいた。その頃、毛利探偵事務所では、毛利小五郎と娘の蘭が、突然の脅迫電話に翻弄されていた。

蘭から連絡を受けたコナンは、犯人から届いた挑戦状の暗号解読に乗り出す。しかし、確たる手がかりが掴めないまま、恐るべき事件が起ころうとしていた。



 


【感想】


毎年新作が公開される頃になると、過去作品を見直したり原作を改めて読み返したりしていますが、今回は、2012年に劇場版として通算16作目として公開された『11人目のストライカー』を紹介したいと思います。

結論からすると、原点回帰とも言えると思う作品であります。

どうやって爆弾を仕掛けたの?とかJリーグからのゲストの台詞読みが棒読みだとか理屈を考えてはいけない。あくまでもアニメ≠ナある事、個人的にも著名人が声優を務める風潮は反対ではあるが、その辺りは目を瞑れば良いのである。

さて、原点回帰と思ったのは、この作品は、映像から推理をして行く℃魔ナあり、江戸川コナンが積極的に推理をする場面はなく、最後の場面で概要を明らかにする。


この作品は最も犯人当てが難しい。まず推理するのには、その為の情報(手がかり)が必要だが、11人目のストライカーはその情報が全部映像で提示される。

犯人は、中岡一雅≠ネのだが、江戸川コナンが所謂、種明かしをするまでの間は、観客が推理しながら鑑賞する事になる。

具体的に言うと、序盤のサッカー教室で本浦が亡くなった息子・知史の写真を皆に見せるシーンがある。そこには3つの情報が提示されるのである。

(1)知史が赤いリストバンドを付けている
(2)蹴ったボールがクロスバーに当たってゴール
(3)知史がカメラを見ていない

…これらを読み取って初めて今作の推理パートに参加できる構成となっており、もし全部読み取れなければ中盤以降は置いてけぼりになってしまう。

 (1)は勿論キングカズとのくだりに関わってくるし、キングカズの台詞から過去に赤いリストバンドを渡した人物を年齢から推測できる。

 (2)は個人的に、これが一番読み取るのが難関だったのではないかと思う。何故写真でこれが読み取れるのか。それはキーパーがかなり真上向いてるのとボールの角度から読み取る事ができるからだ。
読み取れた人は「警告する!」の暗号が解き明かされた時に、この時点で暗号の内容と知史のシュート内容が同じだと気付く事ができ、この時点では本浦が目茶苦茶怪しくなるが、(3)等の他の情報も踏まえるとミスリードに惑わされずに済む。これを読み取れたかどうかで、この映画の楽しみが大きく違ってくるように思う。
また、コナンは序盤のサッカー教室の時点では写真をちゃんと見ていない。最初は離れたところにおり、歩美に見ようと勧められてからは、小五郎を意味深に見つめる本浦の表情を注視していた為である。蘭を途中から国立競技場に行かせて暗号解読に立ち合わせていないのもこの流れがあるからである。
つまり、作中の人物で暗号とシュート内容が同じだと気づく事ができたのは小五郎だけである。
コナン自身が写真をちゃんと見るのは終盤になってからであり、(3)はコナンが気付く様が描かれている。また、暗号とシュート内容が同じ件も本浦の口から明かされる。そう、本浦邸でのやり取りは観客に対する答え合わせだったのだ。だが、気付けずに置き去りになっていた観客は後出しで情報が出てきて解決したかのように思ってしまったのだろう。

伏線が多く存在しながら、毛利探偵事務所の場面では、観客を違う方へと行かせるミスリードも存在するので、惑わされずに観ると良いと思います。
 普段の原作(TVアニメ)や他の映画は台詞や雑学から推理する事も多いが、本作はアニメならではの推理要素だと言えよう。特別な予備知識は何もいらず、いかに映像を見てるかどうか。分かる人は子供でも分かるし、分からない人は大人でも分からない。
 余談だが、爆弾は一作目からの伝統だし、どうやって仕掛けたんだというツッコミも今更だろう。或る意味、今回は南米の爆弾のプロの存在がある分、ご都合主義ではあるが初期よりどうとでも理屈付ける事はできる。

自分は毎回劇場でも鑑賞はしていますが、恐らく1回観ただけでは?の部分が多く残る。そのため、何回も観たいが劇場に何回も行く訳にもいかない。だからDVDは非常に貴重なのである。

何回も見直す事で改めて気付く事も多いのである。


 



この作品は、好き嫌いで評価が大きく分かれているけれど個人的には好きである。確かにアクション度は少なめだし、劇場版ならではの蘭との絡みも少ない〜だけど何回も観てしまうのww

この記事の先頭へ▲

お名前メモする