wnngb728のブログ

( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

2019年06月の記事

真砂 長久手店(長久手市)

 

【店名】                        真砂 長久手店

 

【場所】                          長久手市

 

【営業時間】       月〜水・金・土      11時〜14時

 

                              18時〜20時

 

                  木           11時〜14時

 

【定休日】                          日曜日        

 

【席数】                             ?

 

 

      

 

【メニュー】                    焼豚麺(チャーシューメン)

 

【値段】                            830円

 

【2019年合計金額】                    50240円

 

【スープ】                            醤油

 

【麺】                             細麺ちぢれ

 

【点数】                             68点

 

【感想】

 

2019年58軒目は、真砂 長久手店=B高山中華そばの老舗店の支店(暖簾分け店)。細い火であたtめ続けられている小さな寸銅の中には、既に出来上がっているスープが有る。なので、一般的なラーメン屋とは異なり、タレとスープを合わせる事はない。実に高山ラーメンらしい作り方。そのスープは、見た目は醤油辛そうな感じだが、思った程に味は強くなく、醤油の主張も控え目で、甘みが全面に押し出されているが、油らしいみ油も見られないので、口当たりは軽くあっさりしている。細麺ちぢれ≠ヘ、コシ自体は皆無だし、高山ラーメンに見られるボソボソ感はない反面、程良い噛み応えと喉越し。チャーシュー・メンマ・ネギ。ネギは個人的にはもう少し量が欲しい。チャーシューには味が付いていると思われるが、スープに呑まれ気味だが、食感は良くあっさりとしたチャーシュー。只、麺の量が並≠セと少ないので、直ぐにお腹が空いてしまった。 

この記事の先頭へ▲

スパイダーマン ファー・フロム・ホーム

 

【公開日】                     2019年6月28日

 

【上映時間】                      135分

 

【あらすじ】

 

夏休みを利用して、学校の友人達とヨーロッパ旅行へ出掛けたピーター=B所が旅先で彼を待っていたのは元S.H.I.E.L.Dの長官ニック≠セった。ニック≠ヘ迫り来る新たな脅威を察し、その戦いにスパイダーマンの力を必要としていた。ピーター≠ヘ、目の前に立ちはだかる脅威に怖気づくが、ニック≠ヘその使命をスパイダーマンに託すのであった。

 

 

 

 

【感想】

 

面白かったです!!アベンジャーズ/エンドゲーム≠フその後を描いたマーベルシリーズのフェイズ3≠フ完結編になります。完結編では有りますが、フェイズ4≠ノ突入するスタートでも有ると思います。出来れば、1作目でも有るホーム・カミング=Eキャプテン・マーベル≠ニアベンジャーズ/エンドゲーム≠ヘ観ておいた方が更に楽しめる。ここで少しおさらいです。インフィニティ・サーガ≠フフェイズ1≠ヘアイアンマン≠ゥらアベンジャーズ=Aフェイズ2≠ヘアイアンマン3≠ゥらアベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン=Aフェイズ3≠ヘ、シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ≠ゥら今回公開されたスパイダーマン・ファー・フロム・ホーム≠ノなります。そして、フェイズ4≠フ最初はガーディアンズ・オブ・ギャラクシー≠フ続編だったと思います。スパイダーマンらしく高校生の青春物語を軸に師でも有るアイアンマン*Sき後ヒーローとして成長する過程を描いた内容となっております。そして、前作のアベンジャーズ/エンドゲーム℃ゥ体は重たい内容(面白かったけど)だけにスパイダーマンらしい非常にコミカルなので観易さも有るかと思います。やはりトニー≠ニの師弟関係は健在で今後は形は違うけど心ではトニー≠ニ同じ様にヒーローの存在意義に苦しみながらもアベンジャーズの中心となって行くと言う布石も十分に感じられる。笑える場面も多いし、MJ≠ニの恋模様の行方も見所。勿論、スパイダーマン特有のアクションも健在。最後の最後で明かされるアレ?・・・・・他のアベンジャーズのメンバーは何してるの?あんだけの怪物が出て来たら誰でも良いから出て来い!!と思う場面ですが、ソーは?ストレンジは??・・・・忙しい≠ナ片付けたりと他のアベンジャーズのメンバーを呼べなかった理由が一番笑えた。思わずお前かい!!≠ニ思ったのは自分だけではない筈・・・・。

この記事の先頭へ▲

まるはち 小牧本店(小牧市)

 

【店名】                     まるはち 小牧本店

 

【場所】                         小牧市

 

【営業時間】      火〜土          11時〜14時

 

                            18時〜21時      

 

               日            11時〜14時        

 

【定休日】                        月曜日  

 

【席数】                           20席

 

 

 

 

【メニュー】                        男気B.B 

 

【値段】                           950円

 

【2019年合計金額】                   49410円

 

【スープ】                          醤油

 

【麺】                           中太麺ちぢれ

 

【点数】                            70点

 

【感想】

 

2019年57軒目は、まるはち 小牧本店=B約2年ぶりかな?今回は、期間限定の男気B.B=BB.B≠ニはブラックベトコン≠フ意。つまり、富山のご当地ラーメンの富山ブラック≠ニベトコンラーメン≠フインスパイア。スープを一口・二口と口に運べば、見た目以上にさっぱり≠オており見た目程醤油辛くはない。そして、口に含んだ瞬間に、醤油の芳醇な香りとコクを感じる。そして、富山ブラック≠フインスパイアらしく、黒胡椒の香ばしさが良いアクセントになっている。実際の本家の富山ブラック≠ヘ、もう少し醤油が強いのだが、この店のは、スープがさっぱり≠オている分食べやすさが有る。そのスープに、炒めたもやし・ニラ・ニンニクが盛られており、中太麺ちぢれ≠フプリプリとした食感と野菜類のシャキシャキとした食感の違いが面白い。ニンニクもホクホク。分厚くて大きな肉の塊は、提供される直前に表面を軽く炙ってあるので、豚肉の表面はカリカリの香ばしさで肉質はトロトロの柔らかさ。そのまま食べても十分美味いが、スープに染み込ませながら食すのも美味い。

 

 

この記事の先頭へ▲

一番軒 東海富木島店(東海市)

 

【店名】                     一番軒 東海富木島店

 

【場所】                          東海市

 

【営業時間】                     11時〜14時30分

 

                            17時〜25時30分 

 

【定休日】                          なし

 

【席数】                           53席

 

 

 

 

 

 

 

【メニュー】                    贅沢赤豚骨ラーメン

 

【値段】                          950円

 

【2019年合計金額】                  48460円

 

【スープ】                         豚骨 

 

【麺】                          細麺ストレート

 

【点数】                           70点

 

【感想】

 

2019年56軒目は、一番軒 東海富木島店=B今回は、赤豚骨ラーメン=B赤味を帯びたスープの表情には僅かに豚骨の白濁スープも見える。スープを口に運べば、豚骨独特の濃厚な旨味と甘味を感じると、すぐさま辛さからの刺激が口の中に広がり、見た目以上ではないが程良い辛さ。単に辛いだけでなく、辛さの中にしっかりと旨味を感じられるし、ラー油や唐辛子・山椒等の香りも豊か。只、一番軒特有のクリーミーでまろやかな豚骨らしさは余り感じない。麺は、細麺ストレート=Bコキュコキュと歯切れの良さと小麦粉の甘みと香りが辛さが引き立つ。

 

 

この記事の先頭へ▲

ラーメン山岡家 一宮店(一宮市)

 

【店名】                    ラーメン山岡家 一宮店

 

【場所】                         一宮市

 

【営業時間】                      24時間

 

【定休日】                         なし

 

【席数】                          51席

 

 

 

【メニュー】                       辛味噌ラーメン

 

【値段】                            750円

 

【2019年合計金額】                    47510円

 

【スープ】                           味噌

 

【麺】                           中太麺ストレート

 

【点数】                             65点

 

【感想】

 

2019年55軒目は、ラーメン山岡家 一宮店=B山岡家自体久々。今回は、辛味噌ラーメン≠チョイス。スープのベースは豚骨。豚骨の旨味と甘味が辛味噌のコクと辛さを刺激し、辛味噌のコクと辛さが豚骨の旨味と甘味を際立たせる。相変わらず油が多いので、海苔が直ぐに油まみれになってしまう。麺は、中太麺ストレート=Bプリプリとした食感が心地良い。チャーシューも噛み応えが有る。所謂、チェーン店では有るが安定感・安心感が有ります。   

この記事の先頭へ▲

お名前メモする