wnngb728のブログ

( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

2019年04月の記事

ラーメン横綱 岐阜店(岐阜市)

 

【店名】                     ラーメン横綱 岐阜店

 

【場所】                          岐阜市

 

【営業時間】                     11時〜翌5時

 

【定休日】                          なし

 

【席数】                           93席

 

 

 

【メニュー】                       チャーシューメン

 

【値段】                            800円

 

【2019年合計金額】                    35240円

 

【スープ】                          豚骨醤油

 

【麺】                            細麺ストレート

 

【点数】                             65点

 

【感想】

 

2019年40軒目は岐阜市に有るラーメン横綱 岐阜店=B京都に本店が有るチェーン店。期間限定メニューも有るようだが、横綱の場合は普通のラーメンで十分だったが、今回はチャーシューメン=Bライトな豚骨の旨味と丸みの有るスープ。醤油のコクも程良い感じは相変わらず。細麺ストレート≠燻武リれが良く小麦粉の香りも伝わる。個人的には、ニンニクと唐辛子・ネギを多めに入れるのが好き。

この記事の先頭へ▲

アベンジャーズ エンドゲーム

 

【公開日】                       2019年4月26日

 

【上映時間】                        182分

 

【あらすじ】

 

サノスによって、アベンジャーズのメンバーを含む全宇宙の生命は半分に消し去られてしまった。地球での壮絶な戦いから生き残ったキャプテン・アメリカ・ソー・ブラック・ウィドウ・ハルク・ホークアイ。そして、アイアンマンも宇宙を彷徨いながら、新たなスーツ開発を続けていた。彼らは大逆転への僅か希望を信じ、再び終結するのであった。

 

 

 

 

【感想】

 

いや〜最高に面白かった。流石に、これだけのキャラクターが勢揃いすると渋滞が発生する物の、アイアンマン1作目から全ての伏線を上手く回収して行くのは見応え十分。全てのキャラクターに思い入れも有るから最後は終わっちゃうんだ〜≠ニ感慨深さも有りました。この作品の最大のポイントは時系列を理解する事と過去作品の事を覚えていれば問題なく楽しめる。3時間弱の上映時間は短く感じます。途中え??≠ニ思う所も有ったのだが、笑える場面有り、マーベルシリーズに絡んだ場面も有ったりと観ていて飽きる事はない。特にソー≠ェお茶目。今回、サノスの暴れっぷりは少なく物足りなさを感じるが、サノスは前回大暴れしたので良いのではないでしょうか?終盤の最終決戦は見所が多過ぎて何処に視点を置けば良いのか?迷う位です。アイアンマン・キャプテン・アメリカ・マイティー・ソーが物語の中心になりますが、作品の視点になっているのは、アイアンマンになります。当然、ある程度予想を組み立てて鑑賞しましたが、良い意味で裏切られる展開。思いも寄らぬ展開の繰り返しで圧倒されっぱなしでした。もう1回観たい!!

この記事の先頭へ▲

まくり家(名古屋市緑区)

 

【店名】                 横浜新家系豚骨らーめん まくり家

 

【場所】                        名古屋市緑区

 

【営業時間】                      11時〜15時

 

                             18時〜24時

 

【定休日】                         水曜日 

 

【席数】                           15席

 

 

 

 

【メニュー】                  とんこつラーメン(しょうゆとんこつ)

 

【値段】                           750円

 

【2019年合計金額】                   34440円

 

【スープ】                         豚骨醤油

 

【麺】                           中太麺ストレート

 

【点数】                            70点

 

【感想】

 

2019年39軒目は、名古屋市緑区に有るまくり家=B一宮・稲沢にも店舗が有るようです。今回が初訪問。注文したのは基本となるとんこつラーメン(しょうゆとんこつ)=B家系らしくスープの濃さ・油の量・麺の固さを選べるシステムだが、一番最初なので全て普通にする。スープに豚骨特有の臭みは感じない。豚骨の甘みは余り感じなかったが、濃度は強めで口当たりも重たいがスープに力強さを感じる。タレの味も強め。中太麺ストレート=B個人的には普通の茹で加減でも十分な歯切れの良さと十分なコシの強さが有る。持ち上げた麺にチャーシューも持ち上げて切れてしまう程の柔らかさだが脂身は多め。

この記事の先頭へ▲

まるの(一宮市)

 

【店名】                          まるの

 

【場所】                          一宮市

 

【営業時間】                    11時30分〜14時30分 

 

                              18時〜22時

 

【定休日】                         月曜日

 

【席数】                           13席

 

 

 

 

【メニュー】                   ベジポタ辛つけ麺(味玉付き)

 

【値段】                            900円

 

【2019年合計金額】                    33690円

 

【つけ汁】                          豚骨魚介?

 

【麺】                            中太麺ちぢれ  

 

【点数】                             72点

 

【感想】

 

2019年38軒目は、一宮市に有るまるの=B約1年半ぶり。今回はベジポタ辛つけ麺≠ノ味玉をトッピング。まずは、つけ汁≠口に運べば濃厚な動物系の旨味に魚介系の風味。そこに、見た目よりも辛くは無いのだが辛さの正体は・・・・うーん分からんかったけど後を引く感じの辛さが訪れる。少しトロミが有るが、つぶつぶ感やザラザラ感は無く、重たさを感じないのはベジポタ≠ネらでは。メンマ・細切りチャーシュー・味玉は熱々のつけ汁≠フ中に潜んでいる。緩やかなウェーブを魅せる中太麺ちぢれ≠ヘ、モチっとした中にも噛み応えが有って、麺の表情も艶やか。つけ汁≠ニの絡みも良く、減って行くのが早い。

この記事の先頭へ▲

モトヤマ55(名古屋市千種区)

 

【店名】                        モトヤマ55

 

【場所】                      名古屋市千種区

 

【営業時間】     平日           11時30分〜14時              

 

                          17時30分〜22時30分 

 

             土            11時30分〜14時30分

 

                           17時30分〜23時

 

            日・祝           11時30分〜14時30分

 

                            17時30分〜22時 

 

【定休日】                         水曜日

 

【席数】                           13席

 

 

 

【メニュー】                      本山二郎(うずら付き)

 

【値段】                            850円

 

【2019年合計金額】                    32790円

 

【スープ】                          豚骨醤油

 

【麺】                            中太麺ストレート

 

【点数】                             65点

 

【感想】

 

約7年ぶり。2019年37軒目は、名古屋市千種区に有るモトヤマ55=B開店20分過ぎに到着すると既に10人前後の順番待ち。今回は、本山二郎=B所謂、二郎系のインスパイア。スープはライトな豚骨醤油。仄かな豚骨の旨味も感じるが、醤油ダレが少し強め。魚介系の風味も感じたが、恐らく魚粉だと思われる。油自体も若干多い感じがするが、思ったよりもしつこさは感じない。麺は、中太麺ストレート≠セが、結構柔らかめの印象で、もう少しコシが欲しいかな?チャーシューは、厚みは有るが柔らかく脂身の甘みと噛んだ瞬間肉汁が溢れ出し、適度な噛み応えも有る。  

 

 

この記事の先頭へ▲

お名前メモする