すべての記事を表示

大和家のメガ盛

先日、10kgまで量れるスケールを購入したので、自分の胃のスケールも試してみることにしました(笑) 。
今回は福岡を代表するデカ盛り店、「大和家」を訪問。何度でも行きたいお店ですが、新たなデカ盛り店巡りを優先するなどして1年以上が経過してしまいました。

大和家の代表メニューと言えば唐揚げ丼。並盛で800gもあり、丼の中では最高額にもかかわらずたったの520円。そのうえ+100円で1.5倍の大盛、+300円で2倍の特盛あり。しかも唐揚げがニンニクと醤油がきいてジューシーな逸品。旨い、安い、多いを兼ね備えたまさにデカ盛り店の鑑のようなお店です。

しかも特盛に留まらず、6倍のメガ盛、12倍のメガMAX盛という完全にプロフードファイター、文字通り超人向けのメニューがあり、値段は一律メガ盛り1500円、メガMAX盛り3000円。元々破格な並盛より倍以上CPがよいという、量も値段も他に類を見ないレベルのデカ盛りまで存在します。最早鑑を通り越して神クラスです(笑)

但し、メガ盛り以上も一人で完食することが前提のメニュー。額面通りなら唐揚げ丼メガ盛りは4.8kgととても太刀打ちできないレベル。しかし日頃から気になっていたことが、唐揚げ丼以外の比較的量が少ない丼のメガ盛りはどの程度の量かということ。ひょっとしたら完食できるかもしれないし、今後更なるレベルアップを目指すなら避けては通れない道ではないか。そういうわけでこの機会に挑むことにしました。

長時間のバトルになることは必至なので、食事時を避けて14時以降に入店。しかし福大そばの人気店だけあってこの時間でも学生客が沢山。メガ盛りの食券を購入し、値段から丼物の中で最も量が少ないと予想される玉子丼(350円)をオーダー。お店の方からは、「普段食べている量(特盛)の3倍」ですよと制止が入りますがそのままオーダーを通します。どうやら特盛は完食したことがあるものとみなされているようです(笑)
厨房からメガ盛り専用の巨大な器が取り出され、そこにご飯と具が次々と盛られ、そしてカウンター席に運ばれてきました。滅多に出ないメガ盛りというだけあって、学生数名から「写メ撮っていいですか?」と聞かれます。完全に公開処刑です(笑)

器があまりにデカ過ぎるため、重量を表示する画面がはっきり見えるようにうまく写真を撮ることができませんでした(笑)画面には5122の文字。つまり容器込みで5kg超え。容器だけで1kg強はありそうだから4kg弱、それなら何とかなるかもしれないと思いつつチャレンジスタートです。

今回は完全に胃袋の容量勝負なので、序盤から飛ばさずにゆっくり食べ進めます。ご飯も細かく噛んで少しでも胃に多く収められるように意識することにします。

玉子丼の玉子以外の具材というと色々考えられますが、こちらではネギ、玉ねぎ、そして天かす。定食のうどんでも使うので材料が無駄になりにくい、安価でお腹が膨れるという理由が考えられそうですが、天かす入りの玉子丼は初めて聞きます。たまにカリカリした天かすが入っているのがアクセントになってますね。
20分で半分ほど食べました。量だけでなく味付けの単調さもあり段々とペースが落ちてきますが、時折付け合わせのお新香を食べることで対処していきます。

50分で3/4ほど完食。この時点で3kg超えの料理を完食した時以上にキツい。学生向けだけあって大和家のメニューはどれも味付けが濃い目。特盛くらいの量ならとても美味しくいただけますが、このあたりになると汁の糖分と塩分、そして天かすの油分で意識も遠のきそうになります。汁のかかってない白ご飯であれば辛うじて食べ進められる状態。むしろ白ご飯部分が多く、唐揚げ丼ほどボリュームが多くない肉系の丼の方が食べやすかったかもしれません。

90分経過時点で残り1/8。ここで止めたらきっとお腹が空いた時に後悔してしまう。そんな思いで米粒数口ずつでも口に運びますが、度々手が止まり、丼の熱さからかいていた汗がいつしか冷汗になってました。

120分経過。気づけばお腹が完全に膨張しきっていました。メタボな時代はいつもこんな感じでしたが、こんな経験は久々です。まさに胃袋の限界。もう止めても後悔しないだろうということで箸を止めます。最後に店員の方に丼をもらって残りを移し、一体何kgあったのかを確認しました。巨大な器、実は830gしかありませんでした。つまり総重量約4.3kg。ほぼ4kg食べたところでギブアップとなりました。

気づけば入店時には顔を見なかった店主が厨房に立っています。丼を返却しにいくと、「よく頑張った」と労いの言葉をいただきました。本当にすみません。今度は労いの言葉ではなく、力強い握手をいただけるようこれから鍛えていくことにします。ご馳走さまでした。

この記事の先頭へ▲

大物大食いブロガーとデカ盛オフin葉隠一番

地元のデカ盛店として何度となくお世話になっている葉隠一番。今回は何と人気ブロガーでTVチャンピオン本戦にも出場された本物のフードファイター。やまけん氏がこちらに来て下さることになりました。http://blog.livedoor.jp/y06101031/

私クラスより遥かに食べられる方なので、事前に予約する際店主に、「一杯盛って下さい」と伝えておきました(笑) さて、一体どれくらい盛られるのでしょうか。

やまけん氏 麻婆丼D(1350円)
私 特ジャンボちゃんぽんピリ辛(1500円)+サービス小ライス

今にもこぼれそう…ではなく、既にこぼれてしまってます(笑) そして追加で盛りきらなかった麻婆豆腐が丼一杯。確かに一杯ですね(笑) 盛りきらなかった麻婆の時点で葉隠史上最大の麻婆丼なのは確定。流石のやまけん氏もこれには驚きを隠せないようです(笑)

私の特ジャンボちゃんぽん。ちゃんぽんはピリ辛、大辛にすることもできるので、4回目ということもあり今回はピリ辛にしてみました。確かにスープがピリ辛の色です。辛くしたせいで後半キツくならなければいいですが(笑)

私が先日キッチンスケールを購入したのも、やまけん氏のブログの影響。やまけん氏のは一回り大きいようです。これなら巨大な器で出てきても測りやすいですね。今度は持ち運びが大変になりますが(笑) 容器込みで麻婆丼は8kg超え、ちゃんぽんは7kg超え。またしても凄まじいことになりました。

計量を一通り済ませてバトル開始。やまけん氏は持ち前の実力で物凄いスピードで麻婆丼を胃の中に収めていかれます。何と10分で麻婆丼が半分になりました。しかし麻婆丼の辛さもあってかここからはスローペースで食べ進められるますが、辛さを抑えるためしきりに水を飲まれるところにも実力の違いを見せつけられました。これだけの量になると、私なら胃のキャパをオーバーするのが怖くて水はコップ一杯すら飲めません(笑)

今回も途中で他のお客様と隣席することに。並盛のちゃんぽんを注文されてましたが、並でも野菜たっぷりで結構な量ですね。改めて今いただいているものがいかに異様であるかを知らされます(笑)

やまけん氏が完食されてから少し遅れてスープまで完食。1時間と少しでした。スープまで完食した時のタイムが1回目2時間20分、2回目1時間40分とだいぶ縮んでいるので、これも日々の鍛練が活かされているということでしょうか(笑)

器抜きの量は麻婆丼Dが約4.8kg。特ジャンボちゃんぽん+ライスは約4.5kg。麻婆丼Dは去年TVで取り上げられた時の量が4.3kg(数年前は3.3kgだったにもかかわらず)だったので本当に更に増量してました。ちゃんぽんは思ったほどではなかったので、次回はもっと増やしていただけるそうです。今後は更に鍛えていかないといけませんね(笑)
今回も記念に色紙を書かせていただきました。本物のフードファイターとこうして交流できるとは数年前には夢にも思ってませんでした。やまけん氏にも店主にもただただ頭が下がる思いです。本当にありがとうございました。ご馳走さまです。

この記事の先頭へ▲

ふとかぁ!ハニートースト

チャレンジメニュー3連戦を終え、このまま帰るつもりで由布院を後にしたのですが、デカ盛&ネタ食ブロガーのナツメグ氏が、「胃袋のキャパを上げるには、定期的に限界まで食べるしかない」的なことを書かれていたので、「そうだ。もう少し食べよう。そのうえでブログネタも増やそう。」という思いに駆られました。そして期間限定のとあるメニューを思い出し、久留米駅で降りてしばらく時間を潰した後、ベビフェ久留米店に向かいます。

とあるメニューとは、福岡県内で4月限定で提供されている、ふとかぁ!ハニートースト(2160円)。かなり厚切りのトーストにハチミツをたっぷり塗ったものが三段重ねになり、上にバニラとチョコアイスを3ディッシュずつ乗せ、クリームやイチゴをトッピングしたもの。相変わらず食べ物限定で期間限定に弱いのでありました(笑)

普段なら何ということもないボリューム。しかし連日の爆食で胃袋が疲弊している状態でこれはなかなかヘビー。特に口の中の水分を持っていかれる大量のトーストが厄介。普段デカ盛りに挑む時は極力水を摂らずに食べ進めてますが、パン類を大量に食べるとなるとこうはいきませんね。ハンバーガーはパンの量は少なく、野菜の割合も多いのでむしろ楽かもしれません。一番キツいのはパン類を延々と食べることになるうえに、甘くて味変も難しいパンケーキのデカ盛りです。間違いありません(笑) ちなみに、ハチミツだけはかけ放題だそうです。確かに「味変」かもしれませんが、何の解決にもなりません(笑) 結構甘党なつもりですが、このハニートーストに更にハチミツをかけるのはちょっと考えられませんね。

結局これだけの量を30分かけて完食。なかなか甘い物は別腹という境地にはなれませんね。ベビフェは去年は秋限定でオムライスのチャレンジメニューでお世話になりましたが、今年も開催されるのであれば是非とも参加したいですね。ご馳走さまでした。

この記事の先頭へ▲

ゆふいんバーガーハウス

遠征三日目。今回の大食いチャレンジは2店に止めて間の1日はゆっくり胃を休める予定だったのですが、諸事情により二日目にステーキチャレンジに挑むことに。では最後の1日はゆっくり休む…とはならず、遠征直前に調べていたらたまたま見つけた、チャレンジメニューが提供されているお店の予約が取れたのでこの機会に行ってくることにしました。

お店は大分の観光地、湯布院にある「ゆふいんバーガーハウス」。御当地バーガーと言えば佐世保バーガーですが、それにあやかってか、九州地方には様々な御当地バーガーが存在します。

こちらでは通常のゆふいんバーガーの2倍サイズの、ゆふいんバーガースペシャル(1080円)をその場で2個食べると記念ストラップが貰え、4個食べると何と無料になります。しかも制限時間は特に無し。無料チャレンジなのに制限時間が無いと言うのも他に類を見ないのではないでしょうか。(以前東京にあった食堂で制限時間無しの無料チャレンジがあると聞いたことがありましたが、チャレンジしようと思っていた時は閉店していました。)

制限時間無しなら楽勝…と言いたいところですが、スペシャルは1個だけで700gもあるので合計2.8kg。八木バーガー以上のボリュームなのは必至。成功者はまだ0人、そもそも2個より多く食べた人が居ないとのこと。お店の方から無理はされないようにと忠告をいただきましたが、ここまで来たら引き下がれません。
具材はパティ、目玉焼き、ベーコン、チーズ、トマト、オニオン、レタス。やはり王道中の王道なのか、組み合わせ自体は「ロン」「三ヶ森バーガー」と一緒。しかしこちらは、パティに豊後牛を使用。卵、野菜も地元産と、ちゃんと御当地要素が入っています。

スペシャル4つ登場。まだ昨日のステーキが消化しきれてないけど、制限時間無しなら大丈夫だろうと思いましたが、いざ現物を見ると不安になる超ボリューム。果たして完食できるのでしょうか。

具材の組み合わせこそ代わり映えしませんが、豊後牛のパティがとてもジューシーで美味い。ベーコン、チーズも厚切りで食べごたえあり。ビッグなハンバーガーはこれまで何度かいただいてきましたが、これまでで一番美味しいかもしれません。

とても美味しいので味に飽きる心配もなく順調に食べ進められます。もっとも、1個目完食時点で6分、2個目完食時点で14分、3個目完食時点で25分と、食べるペースも順調に落ちていくんですけどね(笑)まだまだ精進が必要です。

最後の1個は更にペースが落ちましたが、45分で無事完食。初の成功者となりました。お店の方には称賛していただき、料金が無料になるとともに記念ストラップまでいただきました。ありがとうございます。本当に美味しかったです。ご馳走さまでした。

三日連続の大食いチャレンジ、無事全部成功させることができました。三日間ともお店の方から、「流石プロは違う」的なことを言われましたが、私は至って素人です(笑) 九州はチャレンジメニューの情報があまり出回っていませんが、探せば意外とあるものですね。今後もデカ盛り、大食い界を盛り上げていければと思います。

この記事の先頭へ▲

10c

小倉で一夜を過ごし、二日目は大分へ。今回も去年から気になっていたお店のチャレンジメニューに挑みます。

今回訪問するのは「10c(ジューシー)」と言う名前のステーキハウス。こちらも昨日の「三ヶ森バーガー」同様昨年オープンしたばかりのお店で、美味くてボリュームのあるステーキが手頃な値段でいただけるお店。ランチタイムは1日5食限定の1kgの鬼盛ステーキ丼が何と1000円未満で食べられます。5食限定の1kgステーキ丼が1000円未満。以前訪問した大阪の「タケル」に同じ条件の限定メニューがありましたが、系列店なのか、インスパイアなのかは謎です。

1kgステーキ丼もかなり破格ですが、こちらには更に破格なメニューがあります…もちろん時間内に完食できればですが(笑) チャレンジメニューはもちろんステーキ。ステーキ3ポンド(約1350g)、鬼盛ライス1kg、野菜少々。総重量約2.4kgのステーキセットを20分以内に完食できれば無料&500円割引券。失敗すると9180円の支払い。またしてもハイリスクなチャレンジです。

私自身ステーキのチャレンジメニューに挑むのは初めてですが、ステーキとなるとハンバーガー以上に早食いは困難。ステーキのチャレンジメニューを提供しているお店は全国で結構見受けられますが、いずれも難関で、量だけでなく食べにくさで多くの挑戦者を苦しめられる話を聞きます。しかし地元の常連の方より、味も食べやすさも上々という話を聞いたので、チャレンジに踏み切ることができました。

今回はその常連の方お二人が観戦して下さることになりました。合流してしばし時間を置いてから、大分駅前の中央町店に向かいます。

ステーキはリブロース、サーロイン、10c(お店オリジナル)の3種から選べます。脂身が多い方が食べやすいのでリブロース。焼き加減は、焼きすぎると固くなって食べにくくなりますが、レアだと肉を噛みきるのが難しくなるのでミディアムにします。

まずは1kgの鬼盛ライス登場。スケールできっちり1kg量られています。ステーキ3ポンドだけなら何とかなりそうですが、果たして3ポンドのステーキを胃に収めた後にライスを食べきれるでしょうか。

ステーキも登場。1ポンドずつ3つに切り分けられています。1ポンドのステーキですら私は実際に見るのは初めてですが、とてつもない迫力。一度こちらを見てしまうと、同行して下さった方の1ポンドステーキが可愛らしく見えます(笑)
現時点で40人以上挑戦し、成功者はたったの1名。果たして成功させることができるでしょうか。チャレンジスタートです。

まずは胃袋に余裕があるうちにステーキを食べてしまうことにします。肉をどの程度の大きさに切るのが素早く食べられるのかは先日から考えてましたが、手先が器用でない私としては、口に入れて数回噛めばギリギリ飲み込める程度の大きさにに切る、大きすぎた場合は直接口で噛みきって調整という方針で肉にかぶりつきます。

前評判通りステーキはほどよく柔らかくて食べやすかったので一安心。一度口に入れてステーキが大きすぎてすぐに飲み込めずタイムロスした以外は順調に食べ進めて8分ほどでステーキ完食です。

しかしやはり厄介なのが1kgの鬼盛りライス。そのまま食べようにもステーキの後ではなかなか思うように減っていきませんが、ライスを鉄板の上に移動させてソースで味付けをして、野菜とともに掻き込むことにしました。

自分の力量だと2kg程度食べたところでだいぶスピードが落ちてしまいますが、残り5分になったところで完食の目処が経ったので後は流します。

17分程度で完食。以前とても無理と思って避けてきたステーキチャレンジについに成功することができ、自信をつけることができました。特典の割引券は同行して下さった方に譲渡しました。本日はありがとうございました。

お店の方も、やはり食べやすいリブロースを選んだことが勝因ではないかと言われてました。サーロインだったら無理だと思うので、今度からはサーロイン限定にしようかというお話も(笑) もしサーロインなら再挑戦可能というのであれば、また力をつけてから挑んでみたいですね。ご馳走さまです。

この記事の先頭へ▲

お名前メモする

ハンゲーム Microsoft Windows および Internet Explorer 11 でご利用ください

Family Site

  • 無料マンガならcomico