花鳥風月

思いついたことを書きます

すべての記事を表示

 春に入ってからのお花の追っかけは八重桜で終わり・・・という訳では無くてGWの今の時期が種類が多くて一番のピークのような気がします。

 今までのおさらいをちょっとやっておきますと、梅から始まって緋寒桜、杏、木蓮、チューリップ、桃、桜(ソメイヨシノ)、八重桜、ツツジでしたね。

さて今回は藤。

ということで吉祥寺へやってきました(^^♪

 

 吉祥寺と言っても東京の吉祥寺では無くて北九州市にある藤の名所のお寺の事です^^

で、正しくは「きちじょうじ」って言うんですけど、地元ではみんな「きっしょうじ」って言ってたと思います。

先日、NHKのニュースでココが出ていてアナウンサーの方がお寺の方を「きちじょうじ」、そして裏手にある公園の方は「きっしょうじこうえん」って言ってましたので多分その説で正しいんだと思いますw

 

 藤まつりも終わった後なので空いているかな?と思ったのですが、GWが始まったばかりということもあってすぐ側の駐車場が満杯で、ずいぶん離れた公園に誘導されてしまいました。

で、そこから約2kmくらい延々と歩かされてしまいまして・・・ε〜ε〜ε〜(; T_T) テクテク

やっと到着です><

 

@

 


 

 

 山門をくぐって正面が本堂ということでまずはお参り・・・

なんですけど、ここで行列でした^^

 

 境内一面が藤棚になっていて満開の藤が一杯ぶらさがっていてその間を大きな蜂がブンブン

さらに人もウヨウヨ(;´▽`A``

 

A

 


 

 

 藤だらけなので他のお花を見ると(´▽`) ホッとするという訳ではありませんよw

 

B

 


 

 

 藤はお寺やお地蔵さんによく似あいますね(^^♪

 

C

 


 

 

 神社にも藤棚はありますけど、やっぱり藤はお寺のイメージが強いような気がします(^^♪

 

D

 


 

 

 薄い紫のカーテン+(*ノェ゚)b゚デス★

 

E

 


 

 

 ちょっと上にあがって見ると山門や本堂が緑に覆われている感じ♪

 

F

 


 

 

 こちらはピンクの藤

 

G

 


 

 

 そして白(^^♪

 

H

 


 

 

 ↑こちらは黒龍藤と言ってちょっと珍しい八重咲の品種なんだそうです。

 

I

 


 

 

 こちらはきっしょうじ公園の三重塔(^^♪

この藤棚の下で蜂ブンブンをビビリながらお昼でした ( ̄O ̄)パクッ

この記事の先頭へ▲

龍の渡り  2017春

 今年のσ(・_・)のGWは9連休(^^♪

昨年よりずっと忙しかったのでたまにはいいよね(*^^)v

一応最初はあちこちにちょっとしたお出かけをして、中盤くらいはゆっくりと、そして最後はダラダラしてようかと思います^^

 

 という訳で初日の昨日はちょっと遠出してきたのですが、まだその写真整理も出来ないまま(700枚近くあったりします(^^;)本日も別の場所に出かけて行きましたので先にそちらをと思います(^^♪

 

@

 


 

 

 場所は門司港の山を隔てた反対側(南側)、部埼灯台+(*ノェ゚)b゚デス★

慶応3年に幕府が神戸開港に備えて建設することをイギリスに約束した5灯台の一つで明治5年にイギリス人技師R.Hブラントンの設計により建設されました。

石造りの灯台↑は建設当時のものなんだそうです。

 

A

 


 

 

 

 この高台に上がって見る周防灘の景色はとても素晴らしいですね(@・´д・)(・д`・@)ネー

時折貨物船が通り過ぎたり、漁船が通り過ぎたりしていきます(^^♪

 

B

 


 

 

 この山の上に以前は老松が繁っていて出入廻船の唯一の航海目標となっていましたが、これらの大木を建築材にあてるため伐採したところ、多くの船が目標を失い遭難する悲劇が続いたということらしいです。

 この話を聞いた清虚というお坊さんがここに庵を作って火を焚くことで船の安全を守ったそうで、その火焚き場が↑のようです。

 

C

 


 

 

↑の正面の大きな煙突が以前から気になっていたのですが、調べてみると下関市長府にある中国電気の火力発電所のようです。

 

 さてさて、この高台(山ですけど)に登ってしばらく待っているものがありまして・・・

 

D

 


 

 

 w(゜o゜)w オオー! 間に合った(^^♪

ちょっと時期的に遅いかなぁと心配しつつ来たのですが、何とか間に合ったみたいですね(^^♪

 

E

 


 

 

 この鳥さんの大群はヒヨドリさんズです。

ヒヨドリさんは街中から山まで日本全国で普通に見られる鳥さんなんですけど、グレーでホッペが茶色という、あの子です。

最近はもう全然撮ったりしない子なんですけど、今日だけは主役です(^^♪

 

F

 


 

 

 ヒヨドリさんは留鳥のまま動かない子もいるんですけど、多くは日本の南から北を季節によって往復する渡り鳥なんですね。

で、春はこの辺りから本州へ向かうわけで、いつもは九州全土でバラバラになった子が群れになって三々五々集まってきます。

 

G

 


 

 

 この渡りの様子が「龍の渡り」なんて呼ばれるのですが、その様子をビデオに撮ってきましたのでどうぞ( `ー´)ノ

 


 

 

 

 龍が身をくねらせて踊っているように見えることからそう言われているんだそうです。

海を渡るという事で、やっぱり怖いんでしょうね。

何度もトライしてみてはまた戻って仕切り直しています。

それにヒヨちゃんズにはもう一つ心配がありまして、それはこの渡りを狙って襲ってくる外敵がいるということなんですね。

 

 ではもう一つ( `ー´)ノ

 

 

 

 

 水に濡れるのを嫌う鷹や隼などに襲われないように急降下して海面スレスレを飛んで行ってる様子がわかると思います。

 

 ところが・・・

1分20秒あたりでヒヨちゃんズよりも大きな鳥さんが高速でやってくるのが見えると思います。

そして何度も行ったり来たりしていますが、1分33秒あたりでアタック!

その中で海面に落ちた子を拾っている様子が1分39秒あたりで見られます。

 

 遠いので詳しくは確認出来ませんが、この部埼灯台ということ、それから速さ、尾羽などの様子からおそらくハヤブサさんだろうと思います。

 

 ハヤブサさんの子育ても今やっている最中なのですが、今年はその場所が立ち入り禁止になってしまっていて様子は見れないみたいです><

 

H

 


 

 

 これは・・・イタチさんかな?

この記事の先頭へ▲

八重桜

 ではでは、鎮国寺の桜を見ていただきましょう。

もちろんソメイヨシノは終わって八重桜のシーズンになっていますよぉ♪

 

@

 


 

 

 入り口の桜、デカいw

いつもはテントが邪魔をしていてこんなに大きかったんだって気が付かなかったんですけど^^

まだお店が開く前に行ってみるのも新しい発見が出来ていいかもですね。

 

A

 


 

 

 こちらは境内の方の桜。

たぶん入口のと同じ種類だと思います。

八重桜も品種が多いので薄いピンク色で札がかかっていなければ「関山」!って言っておけば大体当たっているという噂があります(^^;

 

B

 


 

 

 仁王さんが桜に包まれていますね^^

 

 さて、ここからは札を見てご紹介w

 

C

 


 

 

 紅南殿

すごく上品な色ですね。

 

D

 


 

 

 上包

こちらの方は白がきれいでした(^^♪

 

E

 


 

 

 緑色の桜、御衣黄です。

毎年、これを見に行っているといっても過言ではないという^^

 

F

 


 

 

 かたやこちらは黄色い桜、右近。

 

 御衣黄も右近も色がピンクに変わって行くので見ごろを計るのが難しい子ですね。

 

G

 


 

 

 手前が右近で奥が関山。

 

H

 


 

 

 薄いピンクに白が多く混ざっている感じの普賢像。

普賢像も結構多く植えられているみたいです。

 

I

 


 

 

 キラキラ!

この記事の先頭へ▲

久々のニューフェース(^^♪

 鎮国寺の続きがあるのですが、ソノハナシハ\( ̄ー\)(/ー ̄)/オイトイテ

日曜日に行ったビオトープで久々にニューフェースに遭遇しましたので、ご紹介♪

 

@

 


 

 

 青空が気持ちいい〜(^^♪

いつもこんなだったらいいのにねぇw

 

A

 


 

 

 ヒバリんが上空高く舞う季節になりましたねd(´∀`*)ネッ!

ピーチク囀りながら舞い上がるのですが、上空でホバリングしながら止まる瞬間があるのでその時に狙うと比較的に楽に撮れます♪

もっとズームしようと思ってたら降下し始めたので今回はここまでで(^^;

 

B

 


 

 

 ホオアカさん、やっと来た。

ホオジロさんがいっぱいいる頃は姿を見せなかったのですが、やっぱり入れ替わりでやってくるのかな?

それとも二役ですか?( *´艸`)

 

C

 


 

 

 セッカさん(^^♪

この時期はチョコマカ動いて撮らせてくれないんですが、看板の下にたまたまとまってくれましたよぉ。

 

 さて、では水辺の方を・・・

 

D

 


 

 

 お馴染みのダイサギさん(^^♪

まだ目の周りが黄色いですねぇ。

 

 まぁここまではビオトープでよく見る子たちでして、運が悪ければこういう子たちにも会えないで帰るということも多かったりします。

ただ最近は春の渡りのシーズンなので、ちょっと期待してみるっと!

 

E

 


 

 

 (゜O゜;アッ! いましたねd(´∀`*)ネッ!

 

F

 


 

 

 ついこの間ご紹介したコチドリさん。

この子は留鳥なので、渡りのシーズンじゃなくても見れるっちゃ見れるんですけど、一番よく見かけるのは今頃のシーズンのような気がします。

 

 そしてコチドリさんの後ろにいる子ですが。

 

G

 


 

 

 全体的に赤っぽいですねぇ(@・´д・)(・д`・@)ネー

ウズラシギさん+(*ノェ゚)b゚デス★

ウズラシギさんは以前にもチラッと見て撮るには撮ったんですけど小さいのと画質が悪くて(^^;

これだけ近い距離で撮れたのでニューフェースということでOK!

 

 首からお腹にかけての黒っぽい斑はV字形しているのですが、ちょっとわかりづらいですね。

お腹当たりの羽の下部分はVになっていますよぉ

 

 そして別の子がもう一羽o(- ̄*o))))...ウロウロ...((((o* ̄-)oしておりまして

 

H

 


 

 

 タカブシギさん(^^♪

こちらも以前チラッ ですが、ニューフェース扱いですw

背中の羽の白斑が結構目立つ子なんですよぉ

 

 というわけでウズラシギさんとタカブシギさんをシギチ図鑑に追加しようと思います(*^^)v

 

I

 


 

 

 ビオトープは鳥さんだけじゃありません、もちろん植物や昆虫もですけど、これはセイヨウヒキヨモギって言うそうです。

半寄生って書いてあったので調べてみると・・・

寄生植物なので他から栄養分を採ってるのですが、自分でも光合成をするので半寄生ということなんだそうで。

簡単に言えば「食いしん坊」っていう事ですねd(´∀`*)ネッ!

この記事の先頭へ▲

色の帯(^^♪

 花の鎮国寺、再び行ってまいりました♪

いつもGWの時に行けばいい!と思ってついついずらしてると、いつの間にかお目当てのものが終わってしまったりしてるので、今年こそはと思って連休前の週末に行ってみることにしました^^

 

 今回のお目当ては2つなんですけど、2つ目については後日廻しということで、今日は一つ目のお目当てのものについてご紹介いたします<(_ _)>

 

@

 


 

 

 こちらが山門です。

ここから上がっていくのが本当なんでしょうけど、いつもは上にある駐車場まで車で入るので滅多にここを通ることはありません(^^;

A

 


 

 

 近くにマンテマが咲いていました♪

 

 山門のすぐ脇は少し暗くなっていて、その辺りにも何やら色々とお花が咲いていますね。

 

B

 


 

 

 シャガとシコンノボタン ツルニチニチソウ (;´▽`A``

 

C

 


 

 

 オドリコソウが群生していました(めずらし!)

 

D

 


 

 

 これってセリ科の何かだよねぇ(^^;

調べてみたけどヽ( ̄ー ̄ )ノおてあげ

ドクセリじゃないようだし、もしかしたら食べられる?

 

 

 まぁ路傍のお花はこれくらいにして、今回のお目当ての子+(*ノェ゚)b゚デス★

 

E

 


 

 

 クルメツツジがほぼ満開(^^♪

一つの木に白・赤・斑入りってあるのも面白い〜

普通のツツジよりもお花が小さいけど、一気に沢山咲くのでお花密度が非常に高いですねd(´∀`*)ネッ!

 

 ということで、クルメツツジを使った色とりどりの帯を見ていただきたいと思います♪

 

F

 


 

 

G

 


 

 

H

 


 

 

I

 


 

 

 ↑はHの逆側から見たところなのですが、こちらの方が見栄えがいいみたい(^^♪

 

 本当は全部が一斉に咲くともっときれいなんでしょうけど、やっぱり開花時期が少しずれているようで、その分はちょっと残念かな?

この記事の先頭へ▲

お名前メモする