すべての記事を表示

理想型と狙い5

矢倉に対する右四間を見てみます

なんとなく矢倉に先手が組むと後手から狙われる危険があります

 

 

 対局者の名前が先手と後手が反対なのは内緒ですw

 

ここまでの棋譜とそこから後手は△8五桂と跳ねて攻撃します

うっかり▲8六銀と逃げてしまうと△6五歩が取れず酷いことに

先手からでも矢倉相手に右四間は出来ますが先に先手が角道を止めるのが

自然なので後手が矢倉ばかり指す人と知ってるか

矢倉ぽいなと思ったら使うことは出来ます

 

先手は▲5七銀としておけば被害は最小に抑えられますが、攻めの桂馬と

守りの銀の交換では流石に苦しいでしょう

 

先手:右四間
後手:矢倉

▲7六歩    △8四歩    ▲6八銀    △3四歩    ▲6六歩    △6二銀
▲5六歩    △6四歩    ▲7八金    △6三銀    ▲5八金    △3二金
▲6九玉    △4一玉    ▲4八銀    △5二金    ▲6七金右  △4二銀
▲7七銀    △5四銀    ▲7九角    △7四歩    ▲6八角    △6二飛
▲7九玉    △7三桂    ▲8八玉    △8五桂    ▲8六銀    △6五歩


変化:29手
▲5七銀    △7七桂成  ▲同 角

他にはこんな右四間も

 

 


先手:右四間
後手:矢倉

▲7六歩    △8四歩    ▲6八銀    △3四歩    ▲7七銀    △6二銀
▲5六歩    △5四歩    ▲7八金    △3二金    ▲7九角    △5二金
▲5八金    △4二銀    ▲3六歩    △3三銀    ▲3五歩    △同 歩
▲同 角    △3四歩    ▲2六角    △3一角    ▲4六歩    △4一玉
▲4八銀    △6四角    ▲4七銀    △7四歩    ▲6九玉    △3一玉
▲7九玉    △2二玉    ▲4八飛    △5三銀    ▲8八玉    △4四歩
▲3七桂    △4三金右  ▲6六歩    △7三角    ▲6七金右  △8五歩
▲1八香    △8四角    ▲3六銀    △7二飛    ▲4五歩    △同 歩
▲同 桂    △4四銀右  ▲3三桂成  △同 銀    ▲4四歩    △同 銀
▲4五銀    △同 銀    ▲4四歩    △3三金寄  ▲4五飛    △4二歩

▲6五飛


変化:54手
△4二金引  ▲4三銀    △4一歩    ▲3二銀成  △同 玉    ▲8三金


変化:46手
△9四歩    ▲4五歩    △9五歩    ▲4四歩    △同銀右    ▲4五銀
△同 銀    ▲7一角成  △4二飛    ▲4五桂    △4四銀    ▲同 馬
△同 金    ▲5三銀    △4三飛    ▲3三歩    △同 桂    ▲4四銀成
△同 飛    ▲3三桂成  △同 金    ▲4四飛    △同 金    ▲8二飛


右四間のポイントとして共通なのは

1.角が急所を狙う

遠目に玉を狙ったり、飛車の利きの無いところを

狙ったりと角が活躍すること
 2.争点は6五(4五)

そのため相手が6六(4四)の歩を突いていることが条件です

争点に飛車+銀+桂+歩が利き角がその応援をします

 

反対に考える

王は角道に入ると危険ということも分かります

安易に入らないようにしましょう

 

前へ 4−2 藤井システム(対穴熊) http://blog.hangame.co.jp/O432006492/article/42414140/

 

次へ 6  四間飛車の捌き       http://blog.hangame.co.jp/O432006492/article/42414761/

この記事の先頭へ▲

理想形と狙い4−2

執筆中のため棋譜のみとなります

いずれ修正出来ると良いなと思ってはいます

 

先手:藤井システム
後手:穴熊

▲7六歩    △3四歩    ▲6八飛    △8四歩    ▲6六歩    △6二銀
▲3八銀    △4二玉    ▲7八銀    △3二玉    ▲1六歩    △5二金右
▲5八金左  △8五歩    ▲7七角    △5四歩    ▲6七銀    △3三角
▲4六歩    △5三銀    ▲5六銀    △2二玉    ▲3六歩    △4四歩
▲4五歩    △1二香    ▲3七桂    △1一玉    ▲4四歩    △同 銀
▲6五歩    △5五歩    ▲4五銀    △同 銀    ▲同 桂    △4四角
▲6四歩    △同 歩    ▲同 飛

変化:29手
▲3五歩    △同 歩    ▲2五桂    △2四角    ▲6五歩    △4三金
▲4四歩    △同 金    ▲4五銀    △5五歩    ▲4四銀    △同 銀
▲6四歩    △同 歩    ▲同 飛

変化:29手
▲6五歩    △4五歩    ▲3三角成  △同 桂    ▲6四歩    △同 歩
▲1五歩

変化:25手
▲1五歩    △1二香    ▲3七桂    △1一玉    ▲6五歩    △2二銀
▲4五歩    △同 歩    ▲3三角成  △同 桂    ▲6四歩    △同 歩
▲1四歩    △同 歩    ▲3五歩    △同 歩    ▲1四香    △同 香
▲3四歩    △8六歩    ▲3三歩成  △同 銀    ▲4五桂    △4四銀右
▲3三桂成  △同 銀    ▲6四飛    △6二歩    ▲5四飛    △4四香
▲4五歩    △5三歩    ▲6四飛    △8七歩成  ▲2五桂    △7八と
▲8三歩    △同 飛    ▲8四歩    △8二飛    ▲3三桂成  △3一金
▲4四飛

変化:18手
△5三銀    ▲4六歩    △5五角    ▲4七銀    △7四歩    ▲4八玉
△4四歩    ▲1五歩    △9四歩    ▲9六歩

変化:20手
△3三角    ▲1五歩    △4四歩    ▲5六銀    △2二玉    ▲1七桂
△1二香    ▲2五桂    △2四角    ▲4五歩    △1一玉    ▲6五歩
△2二銀    ▲4四歩    △3二金    ▲4五銀    △9四歩    ▲1四歩
△同 歩    ▲1三歩    △同 香    ▲同桂成    △同 桂    ▲1四香
△1二歩    ▲1三香成  △同 歩    ▲3四銀    △5一角    ▲4五桂
△4二銀    ▲4三香    △3一銀右  ▲4一香成  △6二角    ▲4三歩成
△同金右    ▲同銀成    △同 金    ▲3一成香  △4四歩    ▲2一金
△1二玉    ▲3二成香  △1一銀打  ▲2二金    △同 銀    ▲2一銀
△1一玉    ▲1二銀打

 

 

前へ 4−1 藤井システム(左美濃) http://blog.hangame.co.jp/O432006492/article/42414014/

 

次へ 5 右四間(対矢倉)      http://blog.hangame.co.jp/O432006492/article/42414716/

この記事の先頭へ▲

理想形と狙い4−1

藤井システム(対左美濃)

 

居飛車穴熊の特効薬として数年ほど活躍した超戦法

 

左美濃をほぼ絶滅させるほどの流行りでした

 

振り飛車が攻めすぎると急戦され、

かといってゆっくりすると堅く囲われて手が出せなくなる

駒組の手順がシビアで辛く、使う人は少なかったです

 

相手が穴熊党、左美濃党なら試す価値あり 

現在の結論はほぼ互角、ただし四間飛車と呼べないような形になってます

 

 

 

対左美濃のポイント

 

仕掛けるタイミングは角の位置が変わってから、3一に居ると上手くいかない

 

必ず3筋の歩を突き捨てる事





先手:藤井システム
後手:左美濃

▲7六歩    △3四歩    ▲6八飛    △8四歩    ▲6六歩    △6二銀
▲3八銀    △4二玉    ▲7八銀    △3二玉    ▲1六歩    △5二金右
▲5八金左  △1四歩    ▲4八玉    △8五歩    ▲7七角    △5四歩
▲3九玉    △5三銀    ▲6七銀    △2四歩    ▲4六歩    △2三玉
▲3六歩    △3二銀    ▲5六銀    △4四歩    ▲3七桂    △4二銀
▲4五歩    △同 歩    ▲同 銀    △4三金    ▲2六歩    △4四歩
▲5六銀    △3三銀右  ▲6五歩    △3一角    ▲4七金    △7四歩
▲9八香    △7五歩    ▲同 歩    △同 角    ▲7六歩    △5三角
▲3五歩    △同 歩    ▲2五歩    △同 歩    ▲4五歩    △同 歩
▲2五桂    △4四銀    ▲4五銀    △5五歩    ▲6四歩    △同 歩
▲4四銀    △同 金    ▲4五歩    △同 金    ▲5四銀

変化:64手
△4三金    ▲4四銀    △4二角    ▲5五角    △8六歩    ▲4三銀成


変化:68手
△4四金    ▲同 角    △2二銀    ▲2四歩    △同 角    ▲6四飛
△4二飛    ▲2二角成  △同 玉    ▲2四飛    △2三歩    ▲6六角
△3三銀打  ▲同桂成    △同 桂    ▲5四飛    △6五角    ▲3四歩
△5四角    ▲3三歩成  △同 銀    ▲3四桂    △3二玉    ▲2二金
△同 銀    ▲同角成    △4三玉    ▲4四馬    △5二玉    ▲4二桂成
△同 金    ▲6二飛    △4一玉    ▲5二銀    △3二玉    ▲3三銀
△同 金    ▲4三銀成  △2一玉    ▲2二銀    △1二玉    ▲3三銀不成
まで109手で中断

変化:56手
△2二銀    ▲1五歩    △同 歩    ▲2四歩    △1二玉    ▲4五銀
△4四歩    ▲1三歩    △同 桂    ▲1五香    △1四歩    ▲同 香
△4五歩    ▲1三桂成  △同 銀    ▲1一角成  △同 玉    ▲1三香成
△2一銀打  ▲2三歩成

前へ 3 居飛車穴熊  http://blog.hangame.co.jp/O432006492/article/42413902/

 

次へ 4−2 藤井システム(対穴熊) http://blog.hangame.co.jp/O432006492/article/42414140/


この記事の先頭へ▲

理想形と狙い3

居飛車は仕掛けるもの、振り飛車は待つものなんて発想を覆した戦法

居飛車穴熊ですが、今でも最強の地位を独占してる気がします

やはり囲いが堅いのは正義なのかもしれません

 

初期に猛威を振るった6六銀型居飛車穴熊

あまりにも強すぎて6六銀型に組ませない為にどうするか

穴熊には組ませても6六だけは阻止しようと現在の手順になっています

 

堅い、攻めてる、切れないの合言葉?三大原則を将棋必勝法と謳った

元祖居飛車穴熊の田中寅彦プロの考え方はとても分かりやすいものでした

やや単調にもなりがちですが、勝ちやすいのはあります

 

これが理想形です

 

途中の手順は気にしない

堅いのが強いと実感出来れば良いのかなと思います


先手:穴熊6六銀型
後手:四間飛車

▲7六歩    △3四歩    ▲2六歩    △4四歩    ▲4八銀    △4二飛
▲6八玉    △6二玉    ▲7八玉    △7二玉    ▲7七角    △8二玉
▲5六歩    △7二銀    ▲5七銀    △9四歩    ▲8八玉    △5二金左
▲9八香    △3二銀    ▲2五歩    △3三角    ▲9九玉    △4三銀
▲6六銀    △6四歩    ▲8八銀    △7四歩    ▲7九金    △6三金
▲5九金    △5四銀    ▲6九金右  △4五歩    ▲6八角    △7三桂
▲7八金右  △6五歩    ▲7七銀引  △8五桂    ▲8六銀    △8四歩
▲2四歩    △同 歩    ▲同 角    △2二飛    ▲2三歩    △同 飛
▲4六角
まで49手で中断

変化:38手
△9五歩    ▲3六歩    △8四歩    ▲3五歩    △同 歩    ▲同 角
△3四歩    ▲6八角    △6五歩    ▲7七銀引  △1四歩    ▲2四歩
△同 歩    ▲同 角    △2二飛    ▲2五歩    △4四角

変化:49手
▲3八飛    △4三銀    ▲3五歩    △同 歩    ▲同 飛    △3四歩
▲4五飛    △4四銀    ▲4六飛    △3五銀    ▲4二飛成  △同 角
▲4一飛    △4四飛    ▲2一飛成  △4七飛成  ▲1一龍    △3三角
▲1四龍    △4六銀    ▲3四龍    △1五角    ▲6四香    △5七銀成
▲同 角    △同 龍    ▲6三香成  △同 銀    ▲5五桂    △7二銀
▲6三銀    △7一香    ▲3二龍    △4二歩    ▲7四銀成  △5六龍
▲6三桂成  △5四角    ▲7二成桂  △同 金    ▲2三龍    △6二桂
▲7五歩    △7四桂    ▲同 歩    △8五桂

 


▲4六角で技ありの局面で優勢、

捌きが互角でなくて駒損になっても捌ければ大抵勝てる恐ろしい戦法
ただし捌くのには攻め駒が少ないことから技術が必要になります

3筋の歩を角で交換してから飛車を3筋に回ったり、2筋から、4筋から、5筋からと

居飛車からは仕掛けやすいので待ちの振り飛車には強敵だったのです


 

前へ 2 矢倉崩し            http://blog.hangame.co.jp/O432006492/article/42410721/

 

次へ 4−1 藤井システム(対左美濃) http://blog.hangame.co.jp/O432006492/article/42414014/

この記事の先頭へ▲

理想型と狙い2

矢倉崩し理想型

 

自分も矢倉に組みながら

相手の矢倉だけ一方的に倒してしまおうという割と傲慢な戦法(手順)

これで有利なら今までいくらでも有利になってるんじゃないかな?

と思うと意外と相手も知ってたりします

 

矢倉崩しのポイント

 

1.3(7)筋の歩を交換する(一歩手持ちに)

2.銀は3六(7四)に出る

3.▲2五歩(8五歩)からの継ぎ歩で優勢

 

 

 

先手:矢倉崩し理想型
後手:なんとなく矢倉

▲7六歩    △8四歩    ▲6八銀    △3四歩    ▲6六歩    △6二銀
▲5六歩    △5四歩    ▲4八銀    △4二銀    ▲5八金右  △3二金
▲7八金    △4一玉    ▲6九玉    △7四歩    ▲6七金右  △5二金
▲7七銀    △3三銀    ▲7九角    △3一角    ▲3六歩    △4四歩
▲3七銀    △4二角    ▲3五歩    △同 歩    ▲同 角    △4三金右
▲3六銀    △3一玉    ▲7九玉    △2二玉    ▲8八玉    △5三銀
▲2六歩    △3四歩    ▲4六角    △6四銀    ▲2五歩    △8五歩
▲3七桂    △7三桂    ▲2四歩    △同 歩    ▲2五歩
*手筋の継ぎ歩
△同 歩    ▲同 桂    △2四銀    ▲3三歩
*銀の紐を切る
△同 桂    ▲2四角    △2五桂    ▲4二角成  △同金引    ▲2五銀
*銀桂交換で飛車先も切れ先手満足


変化:52手
△同 銀    ▲同桂成    △同 玉    ▲2四角    △2二玉    ▲4二角成
△2三歩    ▲3一銀    △同 金    ▲4三馬    △3二銀    ▲4四馬
△3三桂    ▲2五銀    △4二桂    ▲6一角    △4三歩    ▲同角成
△同 銀    ▲同 馬    △2五桂    ▲3三銀    △1二玉    ▲2五飛
△2二銀    ▲1五桂    △4一角    ▲2二銀成  △同 金    ▲2三桂成
△同 角    ▲2一銀    △同 金    ▲同 馬    △同 玉    ▲2三飛成

*以下詰み


変化:46手
△同 銀    ▲2五銀    △3三銀    ▲2四歩    △同 歩    ▲同 銀
△同 銀    ▲同 角    △同 角    ▲同 飛    △2三歩    ▲2八飛
*角銀交換と飛車先交換が出来て先手満足

 

参考までに

後手が受ける時は角を△6四に出てぶつけます

互角ですが後手が主導権を握りやすいと思います
先手でも後手でもまずは狙ってみる価値はあります

 

 

前へ 1 石田流三間飛車 http://blog.hangame.co.jp/O432006492/article/42410658/

 

次へ 3 居飛車穴熊    http://blog.hangame.co.jp/O432006492/article/42413902/

この記事の先頭へ▲

お名前メモする