シミリス4の麻雀日記

なんでこんなに必死なんだろ。

すべての記事を表示

急転直下

皆様お待たせいたしました。

 

 

 

何がって?

 

今日はある人の不運をご紹介いたします。 

 

 

他人の不幸って蜜の味ですよね!

 

 

 

 

 

ええ、この場合の他人って言うのはもちろん

 

私のことですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ不幸自慢って言うのはえてして大げさになりがちですが

 

今回のはホントに凄いですよ?

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

 

↓こちら。

 

 

 

レート今日の成績にご注目!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一日でレートがマイナス46!

 

 

 

ラス率8割超!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳細はこんな感じ。

 

 

 

 

ホントに心が折れそう。

 

 

 

 

 

 

 

というかまあ

 

途中からもう折れてたからこんな成績になったというのも

 

半分くらい当たってますけどねw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後の気力というか意地というかで

 

この後特上で勝ってレートは2000に戻しましたが

 

これを取り返す時間と労力を考えると気が遠くなります・・・

 

 

 

 

 

 

目標も達成してモチベーション下がってたところですし、潮時かなあ。

 

ちょっと揺れてます。

 

この記事の先頭へ▲

昇格後の私。

天鳳7段になって主戦場を

 

特上卓から鳳凰卓へ移した私ですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後の成績はといいますと・・・

 

 

 

まずはラス率から。

 

  

・・・なかなかですね。

 

鳳凰卓でこれなら上出来の部類でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

これならポイントも増えてるはずですよね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

ポイントはこんな感じ。

 

 

 

・・・あれ?

 

 

 

1500?

 

 

7段原点からほとんど増えてませんね?

 

 

なぜ?!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・理由はこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

なんですかこれwww

 

 

 

 

 

トップ率こんな低い人他にいませんよね!

 

 

 

 

 

 

 

ビビリすぎかなあ><

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天鳳的には別に負けてるわけでもないですが

 

平均点的には超負けてるのでものすごく印象悪いです。

 

あ〜あ。

 

イラ。

この記事の先頭へ▲

乾杯

固い上家に  恨みをよせて

 

語りつくせぬ 連敗の日々

 

時には振込み 時にはツモられ

 

マウス叩き割った あの日

 

 

 

あれからどれくらい 負けたのだろう

 

即の高目を いくつ掴んだろう

 

万点棒は 今でも君の

 

点箱の中に いますか?

 

 

 

完敗!

 

いま君は 降格戦の

 

おおきなおおきな 舞台に立ち

 

遥か遠い 手牌から ゼンツはじめた

 

君に幸せあれ!

この記事の先頭へ▲

ラス確

少し前の牌譜です。

 

 

 

東風戦オーラス1本場、状況はこちら。

 

 

 

 

 

 

私は12400点持ちのラス目です。

 

 

3着目さんとの点差は4500。

 

 

5200出上がり2600直1000・2000ツモ

 

ラス回避の条件です。

 

(↑ここ重要)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来た配牌はこちら。

 

 

 

 

ドラは4mです。

 

 

 

やっばいねこれ。

 

ラス回避厳しそう・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初の分岐点はここ。

 

 

7順目の手牌です。

 

 

なに切りましょう・・・

 

 

 

 

ドラが4mなので受け入れを残したいところですが・・・

 

3mは表示牌で暗刻になる可能性は低いので1枚落としたい気もしますが、

 

南を鳴けてドラを使えても2000では足りません。

 

七対やトイトイへの移行を見たほうが可能性高いかな・・・・?!

 

 

 

 

 

 

 

私は足かせの制限の方が重いと見てツモ切りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして。

 

 

 

 

 

 

ラス3mを親が切ります。

 

 

 

 

 

どうせ南を止めそうなのは3着目の対面さんだけですし、

 

 

1mも鳴きやすい牌です。

 

 

最後単騎が残ってしまいますが贅沢言ってられません。

 

 

むしろ先に3mを鳴けたことに感謝しながら

 

 

トイトイに向かいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無事南も鳴けて順調に進んだ12順目。

 

 

 

4枚目の8sを持ってきました。

 

 

願ってもないチャンス、カンドラ次第ではトイトイへの移行が不要になります。

 

 

 

カンドラ乗れ!

 

 

祈りながらカン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え?

 

 

 

 

引いた?!

 

カンドラは・・・

 

 

 

 

乗ってない!

 

 

 

 

えっと、点数は?

 

16、4,2、・・・

 

これ50符

 

ってことは3200?

 

点差いくつだっけ?

 

えっと!

 

 

4500? 3200?

 

800? 1600? 

 

親は? えっと?

 

足りないような?

 

いやでも一本場だし!

 

 

 

あああ時間がない

 

 

どうせこれ逃がしたら上がるチャンス少ないし、

 

 

 

足りててお願い

 

 

 

ツモ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

う・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・。

 

 

 

 

 

 

ああ><

 

 

 

 

やっぱり足りてない・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が天鳳ではじめて逆転の希望のないラス確上がりをした瞬間でした。

この記事の先頭へ▲

雌伏の時を超えて

私が天鳳で本格的に遊び始めたのは去年の8月ごろです。

 

 

 

 

6段までは問題なく順調に上ってきた私ですが

 

その後は順調とはいかず。

 

目標だった7段R2000クリアどころか

 

一度は5段に落ちる屈辱も味わいました。

 

 

 

主な理由はラス回避の意識が薄かったから。

 

5段の時と同じ意識で打っては多少勝ち越せるものの

 

ポイント配分の壁を越えることは出来なかったのです。

 

 

 

 

 

 

 

6段のポイントシステムは思ったよりきついね・・・

 

 

 

 

 

 

そう思い知った私は

 

再び6段に昇格した後

 

それまでそこまで意識していなかったラス回避へ打ち方を特化させていきましたが

 

それでも6段でポイントを稼げるかは微妙な成績でした。

 

 

 

 

 

今度はもうラス回避の意識とかそういう話ではありません。

 

もうすでに私なりにめいっぱい天鳳特化型の打ち筋にシフトしての話でですから。

 

 

 

 

 

 

実力が足りるか足りないか、だったのです。

 

 

 

 

 

 

運も実力のうち。

 

結果を残していない私が「運が悪かったからだ」と言ったところで

 

負け犬の遠吠えにしかなりません。

 

たとえ運が悪かったのが事実だったとしても。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は別にネット麻雀最強を目指したりしているわけではありませんし

 

間違っても最強クラスの実力があるわけではありません。

 

 

 

理由は簡単。

 

 

 

私はそうなれるほどには努力していないですし

 

努力なしで最強になれるほどの天才でもないからです。

 

 

 

 

 

 

だけど。

 

それでも私は私なりに打ち筋は磨いてきたつもりですし

 

それなりの自負もあります。

 

 

 

 

 

 

もし、天鳳に鳳凰卓がなかったら、

 

私は多分6段という立場にある程度満足していたことと思います。

 

 

 

 

 

 

だけど、幸か不幸か

 

天鳳の最上級卓として鳳凰卓というものが存在して、

 

私は流して打っている程度ではそこにはたどり着けなかったのです。

 

 

 

 

 

 

このことは私の自負心を大いに傷つけてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

なんとか7段に昇格したい。

 

 

私の願いとは裏腹に

 

打っても打ってもポイントは増えも減りもせず。

 

ルームマラソンのような状態が続きました。

 

 

 

 

 

 

・・・。

 

 

 

 

 

 

初心者ならともかく私はもう

 

麻雀の腕が急激に上がることはないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど、まだ即席で改善の余地のある場所はあったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

それは集中力です。

 

 

 

 

 

少し風が吹いてポイントが1800を越えたあたりで

 

心にきめました。

 

 

 

 

 

 

 

今後は持てる限りの集中力を持って打とう。

 

 

 

 

 

 

それでいけるはず。

 

もう6段のルームマラソンは終わりにしよう。

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

今まで何度もう諦めようと思ったことか。

 

 

 

 

今まで何度東南戦に逃げてお茶を濁そうと思ったことか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

特上東風食いアリ赤即で打ち続けること2583戦。

 

 

 

 

 

今、雌伏の時を越えて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無事、7段に昇格しました。

 

 

 

 

 

 

 

感無量です。

 

 

 

 

 

 

 

http://tenhou.net/0/?log=2010060304gm-0061-0000-11aca497&tw=0

昇格戦の牌譜です。

誰も3万点に届かず迎えた南3局。

節目の戦いにふさわしいというか・・・劇的な牌譜になりました。

リーチするべきかしないべきか、安めの不安をどうするか・・・

微妙に揺れていた幸運の秤が最後の最後、

私のほうに傾いてくれました。

この記事の先頭へ▲

お名前メモする