シミリス4の麻雀日記

なんでこんなに必死なんだろ。

すべての記事を表示

真の地獄

麻雀ブログ大賞は残念ながら予選落ちしてしまいましたが

 

ワイルドカードの次点だったみたいでそこそこ健闘することができました。

 

応援してくださった皆様ありがとうございます。

 

期待に沿うことができず申し訳ないです。

 

 

 

 

 

さて。

 

 

 

麻雀長くやってるといわゆる「地獄」という時期が誰にでも来ます。

 

もちろん私も

 

それはないんじゃない?

 

みたいな不運つづきな時期もありました。

 

 

地獄引いた〜 

 

みたいなセリフもよく言いますしよく耳にします。

 

 

 

 

だけど。

 

 

 

それって本当に地獄の名に値する状態なのでしょうか。

 

ちょっとついてないだけでキャンキャン文句言ってるだけじゃないですか?

 

 

 

 

 

そんなわけで今日は真に地獄と思われる不運に見舞われた方を紹介します。

 

これと比べれば自分の地獄なんてまだまだ・・・と思えますよ、きっと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは短期地獄を引いたこちらの方。

 

 

 

 

鳳東で5000戦以上打って安定して勝ち越している「先♀生」さんです。

 

昨日今日の成績にご注目ください。

 

 

 

昨日だけで31してトップ率9.7%のラス率54.8%。

 

合計して数字にすると3−3−8−18です。

 

 

 

普通10戦4ラスだと相当悪印象ですが

 

この場合戦5ラスがほぼ4セット

 

一日にしてポイントが−1750、レートが−100超

 

 

 

少なくとも私はこれほどひどい地獄は経験ありません。

 

先生の復活を心よりお祈りしています・・・私と同卓じゃないときにねw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に長期地獄を引いたこちらの方。

 

 

 

 

 今まで1,2人しかいない鳳東9段経験者の「桜花閃々」さん。

 

 

 

鳳東九段は鳳南10段より難しい現状を考えると

 

天鳳の頂点にいたと表現しても過言ではないと思います。

 

鳳東通算でも安定段7を軽く超える成績で例えば私なんかと比べると2枚は上の実力者です。

 

 

 

その彼をしてこの成績。

 

今月の成績にご注目ください。

 

 

 

270戦トップ率わずか16.3%のラス率27.0%、安定段4台

 

月間総得点−1564でレートチャオ

 

 

私なら当分立ち直れない成績です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これに比べれば自分の地獄なんてたかが知れてるよね

 

・・・とは思えず、今日もイライラしながらマウスを握り締めるわけですが・・・

 

 

 

 

でも、麻雀は運の要素の強いゲームでただついてないというだけでこういうことが起きることもある、

 

と頭の片隅に入れておくのは必要だと思います。

この記事の先頭へ▲

2010年麻雀ブログ大賞用記事

この度2010年麻雀ブログ大賞に登録させていただきましたので


紹介記事を書いて見たいと思います。

 

大会会場はこちら↓

http://magazine.mahjong-rule.com/blog2010.html

 

(え、ほら勝てるとか思ってないけどですね、参加かすれば商品のチャンスがですね・・・)

 

 

 

 


【自己紹介】

 

 

天鳳東風用ID シミリス4   7段R2100前後 鳳凰卓で苦戦中

 

天鳳東南用ID シミリス★   5段R1980前後 特上卓で育成中

 

ハンゲ麻雀用ID シミリス4

 

ツイッターID similis04

 

 主に麻雀のぐちを垂れ流しています。

 

 

 

 

 

 


【ブログについて】

 

ここは思い切って「麻雀創作系」を名乗っちゃいましょうw

 

その他不幸自慢やネタ牌譜、たまに戦術論など。

 

 

 

 

 

 

 

以下主要記事一覧

 

 

 

創作系

 


【替え歌】 天鳳の歌 【初音ミク】

http://blog.hangame.co.jp/B0000390587/article/32951589/

長淵剛さんの「乾杯」の替え歌を初音ミクに歌ってもらいました。
おかげさまでマイリス100突破です〜感謝b

 

 

 

麻雀カルタ 完成版

http://blog.hangame.co.jp/B0000390587/article/23755636/

50音全部作りました。(2009年記事)

 

 

 


Romanticが止まらない

http://blog.hangame.co.jp/B0000390587/article/28168592/

聴牌の〜エリアから〜はみだした〜私の赤いウーピン♪

 

 

 

 

 

 

 

 

戦術論

 

 

第1打の19切りについて。

http://blog.hangame.co.jp/B0000390587/article/31674001/

意外と意識してない人多いんじゃないかな。

鳳南の注目株「まゆまゆ77」さんとのコラボレーション記事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

天鳳狂走曲

 

 

 

あなたが神か・・・?!

http://blog.hangame.co.jp/B0000390587/article/31522335/

信じる者は救われる・・・?

 

 


神再び

http://blog.hangame.co.jp/B0000390587/article/33234385/

神様再臨。

 

 


河に祈りを

http://blog.hangame.co.jp/B0000390587/article/25222648/

麻雀は芸術です。(2009年記事)

 

 

 

ラス確

http://blog.hangame.co.jp/B0000390587/article/30024173/

これこそまさに人災ラス。

 

 


何あれ・・怖い

http://blog.hangame.co.jp/B0000390587/article/31334967/

 

トップ確定、のはずが・・・?!

http://blog.hangame.co.jp/B0000390587/article/29197334/

 

寝ぼけている時の・・・

http://blog.hangame.co.jp/B0000390587/article/25105911/

(2009年記事)

 

 

 

 

 

 


不幸自慢系

 

 

 


急転直下

http://blog.hangame.co.jp/B0000390587/article/30212592/

ラス率8割り超えの世界へようこそ。

 

 

 


不調? 実力?

http://blog.hangame.co.jp/B0000390587/article/29614416/

もちろん実力ですが何か。

 

 

 


最近の私。

http://blog.hangame.co.jp/B0000390587/article/28218284/

このくらいは日常茶飯事。 え? 私だけ?!

 

 

 

 

 

 

 


麻雀には関係ないですが小動物が好きな人はぜひ♪

我が家の生き物たち

http://blog.hangame.co.jp/B0000390587/article/25744402/

 

 

 

それではよろしくお願いいたします。

この記事の先頭へ▲

神再び

最近また天鳳復帰している私です。

 

最近の牌譜から。

 

 

 

 

 

 

 鳳凰卓東風戦オーラスです。

 

状況はこちら↓

 

かなり絶望的な状況。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして来た配牌はこちら↓

 

かなり絶望的な配牌。

 

満貫ツモでは足りないので国士・混一を見ながら進めますが・・・

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

捨て牌がこうなります↓

 

 

あはは。

いいツモですね(棒読み)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方他家さんの動きは

 

 

4順目、

3着と1000差の下家さんが早上がり切符を確保。

 

 

 

 

 

 

 

そして2順後

 

 

 

 

あっさり終了。

 

やれやれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 え・・・

 

 

 

 

 

 

あなたも、神か・・・?!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

麻雀って怖いね。

この記事の先頭へ▲

【替え歌】 天鳳の歌 【初音ミク】

えっと。

 

徹夜で作業したせいで眠くて仕方がないシミリス4ですおはようございます。

 

ええ、これから仕事ですが、まあ、なんとかします。

 

何の作業をしてたかといいますと・・・

 

 

 

 

【替え歌】 天鳳の歌 【初音ミク】

 

http://www.nicovideo.jp/watch/nm12754859

↑これです。

 

 

原曲           長淵剛 「乾杯」

作詞・初音ミク調教  シミリス4

イラスト         うちの旦那

 

 

 

 

初音ミクに歌ってもらうのも

 

画像ツールを使うのも初めてで

 

出来のほうは言わずもがなですが

 

ほんの少しでも楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

 

 

 

絵心皆無の私のかわりに

 

こんなつたない動画のためにイラストを描いてくれた旦那に最大級の感謝を。

 

まだ黙ってるけどそのうち見せろって言ってくるだろうなあ・・・

 

どうしたものかねえw

 

 

・・・そんなわけで、少しでも寝たいと思います。

 

おやすみなさい^^。

 

 

 

この記事の先頭へ▲

第一打の19切りについて。

土曜日の夜変な時間に寝てしまって半徹夜状態のシミリスですこんばんわ。

 

いあ、おはようございます。

 

 

 

さて。

 

今日はよくお世話になっている「まゆこ77」さんのブログからこの記事

 

麻雀理論 ミクロC 19隣牌論

http://blog.hangame.co.jp/L474873683/article/29792792/

 

の検証をしてみたいと思います。

 

 

 

 

私は基本的には自分から見える残り枚数の差を覆すほどの

 

山読みや手牌読みは難しいと思ってますが・・・

 

それはそれとしてのお話。

 

 

 

麻雀好きな人ならこのブログの記事だけでなく

 

「第1打に1(9)を切って来た相手の手の内には2(8)がある可能性は少ない」

 

というのを聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

これは普通に正しそうな気がしますよね。

 

いきなりペンチャンを外すほどの好配牌はそう多くはないでしょうし。

 

だけど、実際にはどの程度少ないか答えられる人は少ないのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

では次に

 

「第一打に1(9)を切って来た相手の手の内には4(6)がある可能性が高い」

 

こちらはどうでしょうか?

 

こっちは感覚的にはちょっとどうかと思いません?

 

そりゃあ1,4と孤立してあれば第一打に字牌より1を選ぶ人は多そうですけど

 

別に普通に孤立牌の1を切っただけの可能性も高いし

 

4を持ってるかどうかとかあまり関係ないんじゃ?

 

いあ、でもあるのかな・・・?

 

もしあるとすればどの程度・・・?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな疑問を解消すべく調査してみました。

 

 

私は10年以上確率の勉強とかしたことないので

 

標準偏差がどうとか有意水準どのくらいでどうとか計算できなくて恥ずかしいですが><

 

まあせっかくなのでご覧ください。

 

 

 

 

調査内容:

 第一打に1(9)を切った打ち手の手の内に2(8)、3(7)、4(6)が少なくとも1枚以上存在する確率を検証する。

 

条件:鳴き及びダブリーが入った場合は該当打牌までを有効としそれ以降は調査結果に含めない。

 

牌譜レベル:天鳳特上、旧ハンゲ大富豪部屋程度

 

 

結果はこうなりました。

 

 

 

第一打1(9)牌の牌譜サンプル数:1000

 

2(8)所持回数: 58 (5.8%)

 

3(7)所持回数: 72 (7.2%)

 

4(6)所持回数: 449 (44.9%)

 

参考:条件なしである牌が配牌にある確率: 約34%(のはず・・・誰か確かめて><)

 

 

 

 

 

いかがでしょうか?

 

私が一番驚いたのは2(8)とほぼ同じ程度に3(7)ももたれていないということです。

 

第一打9にもかかわらず7を持っているというケースの何割かは

 

679からの9切りでしたが同様に689からでも9が切られる場面が多く見られました。

 

 

 

 

そして、こちらはちょっと自信ないのですが・・・

 

サンプル数1000で約10%の差というのは誤差の範囲内なんでしょうか><

 

とりあえず今回の調査の結果では、第一打1(9)の打ち手の手の内に4(6)が存在する確率は

 

そうでない手牌より1割程度高かったです。

 

 

 

 

 

 

 

これを有効利用する具体的な術は・・・どうなんでしょう。

 

何かシステム化して取り入れることが出来ればなあw

 

 

 

 

まあでも、

 

残り枚数が同じ場合の待ち選択基準として頭の片隅に入れていただけると

 

役に立つことがある・・・かも、知れないですw

この記事の先頭へ▲

お名前メモする