すべての記事を表示

プラ駒とソフト盤

春から将棋世界を購入して今月号で3冊になる。

なかなかのボリュームで毎月読み切れずにいるうちに次月号が発売される。



以前から分かりずらい所や掲載棋譜はPCのKifu for Windowsを使用しているが紙面とPC画面を交互に見るのは目が疲れるので2千円位で購入できるプラ駒とソフト盤が欲しいと思い将棋連盟のオンラインショップを穴の開くほど見ていた。

プラよりやはり木駒の方がいいな。となると盤も木だな。

外材よりもやはり御蔵島黄楊だよ。となると盤もやはり榧だな。

広がる妄想はさておき現実には高級プラ駒とソフト盤に落ち着いた。



届いた包にはプラ駒とソフト盤の他に小さな袋が同封されており開けてみたら木駒のキーホルダーが入っていた。おまけのようだ。

このおまけはプラとは明らかに手に取ったときの感触の違いをアピールし木駒を欲しがらせる為の様に思える。





【追記】

将棋世界やその他いろいろと本の購入に利用した地元の書店。

今月をもって閉店することになったようだ。

次月号を同じ書店で購入できなくなってしまったのかと思うと寂しく思う。

この記事の先頭へ▲

お名前メモする