2016年04月27日の記事

三ヶ森バーガー

久々に泊まりがけのデカ盛り遠征。初日に訪問したのは、「三ヶ森バーガー」。その名の通り福岡県は三ヶ森にある佐世保バーガー風のハンバーガーを提供しているお店ですが、ハンバーガーショップと言うよりはBAR。営業時間は21時から翌朝8時。地元に住んでないとなかなか訪問難易度が高いお店です。

こちらで提供されているチャレンジメニューは、店主の名を冠した、八木バーガー。通常の8人前のハンバーガーですが、20分以内に完食すると、無料になるのみならず、何と賞金30000円!(2人でも挑戦可、その場合は6分)しかし失敗すると10000円支払うという、神楽坂飯店のジャンボ餃子を超えるハイリスクなチャレンジ。去年から気になっていましたが、おいそれと挑戦するわけにもいかず、佐世保の「ロン」でスーパーロンバーガーに挑むなどトレーニングを積んだうえで今回のチャレンジを決意しました。

スーパーロンバーガーと比較してみると、8人前相当を20分は同じ。八木バーガーはタワー型なので、円盤型のスーパーロンバーガーに比べてバンズが少ない、また、ロンではゆで卵だったのが目玉焼きなので比較的食べやすい。しかしパティは八木バーガーの方が少し大きそうなので油断はなりません。

お店に予約を入れ、近場のサウナで時間を潰すなどして開店の21時に到着。お店の方と地元のチャレンジメニューやグルメの話などをしながらハンバーガーが出来るのを待ちます。

ハンバーガーの具材を積み上げるための専用器具的なものが登場。パティ、チーズ、ベーコン、目玉焼き、レタス、オニオン、トマトと交互に一段一段と積まれていきます。実際に見ると画像で見た時よりだいぶ迫力があるので、成功できるか心配になります。

八木バーガー完成。しかしそのままでは食べられないので、ハンバーガーを支える鉄串を抜いて横倒しに。果たしてハンバーガーとは何だったのか。そんな問いに答える間もなくチャレンジスタートです。

ナイフとフォーク、箸も用意されますが、時間も限られているので手づかみでかぶりついていきます。食べやすかったので肉厚のパティもすんなり胃の中に収まります。ロンバーガーの時よりいいペースです。

最後の方で流石にペースが落ちましたが13分24秒で完食。賞金ゲットです!意外にもあっさり成功してしまったので、お店の経営を心配しそうになりましたが、実はこれまでのチャレンジの結果は、店側の62勝4敗とのことです(笑) 九州はチャレンジメニュー情報が少ないので強者があまりチャレンジしてないのかもしれません。ここまで賞金額が高く、私程度の凡人でも成功できるチャレンジは全国探してもないはずなので自信のある方は是非ともチャレンジしてみて下さい。ただし、大食い番組に出場経験のあるいわゆるプロの方は制限時間10分です。それでも楽勝だと思いますが(笑)

この辺りは歓楽街でもあるので賞金で豪遊…するはずもなく、小倉のネカフェに止まって明日に向けて睡眠をとるのでありました(笑)ご馳走さまです。

この記事の先頭へ▲

お名前メモする

ハンゲーム Microsoft Windows および Internet Explorer 11 でご利用ください

Family Site

  • 無料マンガならcomico