すべての記事を表示

最近食べたおいしかったものを教えて!

お題ブログ:最近食べたおいしかったものを教えて!

最近ネタ切れ気味でしたが、デカ盛り関連のサイトに未訪のお店が紹介されていたのでこれを機に訪問。福岡県は今宿にある「わんや」に行って参りました。

福岡では珍しいソースカツ丼のお店。私もカツ丼と言えば卵とじのものしか想像できない程度にソースカツ丼の経験値が低いですが、こちらのお店は味もさることながらボリュームも抜群。丼は特盛にすると1kg以上になり、定食はご飯のお替わり自由です。

ソースカツ丼特盛+とりミックス丼特盛。1kgちょいならということでダブル食いを決行。脂身豊富な揚げたてのロースカツがダブルで乗っていてご飯を完全に覆い尽くしています。濃厚で甘めなソースと辛子マヨネーズがこれまた絶品でとにかくご飯が進みます。とりミックス丼はチキンカツと唐揚げのハーフ。食べごたえのある大ぶりなチキンカツと、マヨネーズに胡椒をきかせたジューシーな唐揚げ。双方とも甲乙つけがたい美味さです。

20分くらいで完食。久々に美味くてボリューム満点、しかも安いと三拍子揃ったお店を発見して大満足でした。御馳走様です。




この記事の先頭へ▲

勉強してみたい外国語はある?

お題ブログ:勉強してみたい外国語はある?

https://game.mahjongsoul.com/ 最近は雀魂やってますが、中国でも日本のリーチ麻雀愛好家がここまで多いのに驚かされました。大学時代は中国語選択でしたが、テストで15点だったのにお情けで単位が来る程度に勉強をサボってました(苦笑) あの頃に戻れたら真面目に勉強し直したいものです。

この記事の先頭へ▲

回転寿司で何皿食べれる?

お題ブログ:回転寿司で何皿食べれる?

https://mj-news.net/column/nemata-eat/2017091576751 50皿+味噌汁2杯+茶碗蒸し+デザート5皿食べました!

この記事の先頭へ▲

無題

今回紹介するお店は大阪の「杏厨キッチン」です。

個人的に一度食べておきたいと思っていた「台湾まぜそば」。しかし地元では食べる機会が無く、遠征時はデカ盛り以外の食事を摂らない主義の私。大阪には他にもチャレンジメニューの情報を色々いただいてましたが、たまたまネットを見ていた時に偶然発見。台湾まぜそばの大食いチャレンジとは願ったりかなったりということで早速チャレンジしに行くことにしました。

まぜそば以外では変わり種餃子が色々提供されています。こちらも美味しそうですね。

チャレンジメニューのメガまぜそば。追い飯まで15分以内に完食できれば料金無料、失敗で1980円。15分という短い時間が気がかりですが果たして成功できるでしょうか。台湾まぜそばの早食いとなると辛さも気になるところ、唐辛子パウダーのを入れてもよいですかと聞かれたので少なめにしてもらいました。

これまで25人が挑戦して成功者はただ1人。やはり時間の短さがネックとなりそうです。
巨大な丼に盛られた台湾まぜそば。これは混ぜるだけでも一苦労しそうですが、店員さんに予め混ぜていただけるようです。時間が無いだけにこれは有難いですね。

チャレンジスタート。麺は程よくもちもちした太麺。するするとは入っていかないので、大量に持ち上げては麺を噛みきるように食べ進めていきます。具は肉味噌、生卵、ネギ、玉ねぎ、海苔、ニラ、魚粉、唐辛子パウター。混ぜることで具材が一体になり旨味が口の中に広がります。なかなか癖になりそうな味わいですね。

追い飯はその名の通り、麺を食べた後で残った具に混ぜて食べるものですが、同じ味のものを食べ続けることになるので、白飯のまま箸休め的に食べていました(笑)

最初は時間内に完食できるか心配でしたが、食べにくい食材が無く、美味しかったこともあり気付けば完食。タイムは何と7分32秒でした。

黒烏龍茶までサービスしていただきました。これなら餃子も追加注文といきたいところですが、チャレンジの予定はこれからも控えているので今回は控えておきます。気になっていた台湾まぜそばを、しかもデカ盛りでいただけて大満足でした。ご馳走さまでした。

この記事の先頭へ▲

無題

全国47都道府県デカ盛りツアー 島根県

鳥取県でバカツ丼を平らげた翌日、そのまま島根県は出雲市に移動。こちらでも似たようなチャレンジメニューを提供しているお店があると聞き連戦です。

お店は「焼肉の藤増」大塚店。内閣総理大臣賞も受賞した高級ブランド、「しまね和牛」がリーズナブルなお値段でいただける焼肉店です。

こちらのチャレンジメニューは、激盛ぎゅう牛丼。牛丼5人前、ニクだけあって29分以内に完食すると賞金1万円です(失敗は3900円)。
こちらでも同意書を書かされることになりますが、ルールの文章が昨日のバカツ丼の時と実にそっくり。どうやら同じ系列のお店みたいですね。

こちらは最近チャレンジが始まったこともあってか挑戦者はまだ39人、成功者は8人ですがうち2人はプロ。5分41秒というとんでもないタイムが目に入ります。
激盛ぎゅう牛丼。こちらは巨大な丼に入っての登場。高級和牛となるとお肉は少なめかと思っていましたが結構たっぷり入ってますよ。

脂身たっぷりの柔らかいバラ肉。大食いチャレンジでこれがいただけるのは本当に嬉しいですね。大量のご飯がどんどん進みます。

昨日のカツ丼より量が控えめなこともあり、13分57秒で完食。一般人の中では最速タイムでした。

ご飯1500g、具750gで2250g。胃袋に余裕があり賞金もいただいたので追加で何か注文する手もありますが、体格維持のため、遠征中は「普通の食事」は極力しない方針です。食べても太らない身体があればいいんですけどね(笑) ご馳走さまでした。

この記事の先頭へ▲

お名前メモする