花鳥風月

思いついたことを書きます

2017年05月05日の記事

飛翔34

 ではでは大授搦の鳥さんの飛翔をドゾ( `ー´)ノ

 

@

 


 

 

 まずはツクシガモさん飛翔♪

ツクシガモさんも九州以外ではほとんど見ることができません。

IUCNの指標ではLC(軽度懸念)ですが環境省レッドデータブックではVU(絶滅危惧U類)に指定されている鳥さんです。

 

A

 


 

 

 クロツラヘラサギさん飛翔♪

いつもは寝てるか食べ物探しに夢中になってるので飛び姿はなかなか撮れないんですけどラッキー\(^^\)(/^^)/

この子見てると中国語がまわりで飛び交ってましたけど、こんなところまで来てるんですね(^^;

でもこの子って中国にもいるはずなんですけど、やっぱり珍しい?

 

B

 


 

 

 ハマシギさん飛翔♪

↑こんな感じで写真を撮ってその後ビデオに切り替えて撮ってみました♪

 


 

 大きな鳴き声でしょ?

日本でもこんなのが見れるところがあるんだね!って初めて来たときに思ったってわかってもらえます?( *´艸`)

 

C

 


 

 

 ハマシギさんズを前から撮ってみた( *´艸`)

 

D

 


 

 

 潮が満ちて来て足元が海水に使ってくるとこんな感じ↑でどんどんと飛び立っていきます。

で、小さな鳥さんなのでやっぱり鷹や隼などに襲われないようにということで先日のヒヨちゃんズのような塊を作って飛び回ります。

ただ、ちょっと違うのは時々一斉にひっくり返ってお腹を見せたり背中を見せたり。

なので茶色やグレーの塊が時折白く光ったりしてそれがまるで鰯の大群が泳いでいるように見えるんですね。

鰯と同じでみんなで一つの大きな生き物に偽装してるっていうことなんでしょうね。

その様子をぜひ見ていただきたいと思います♪

 

 


 E

 


 

 

 先頭(一番上)にいる子はズグロカモメさん(^^♪

この子も絶滅危惧U類でして個体数は世界的には約25000羽、日本では5000羽くらいだそうです。

ユリカモメさんにそっくりなんですけどね。すごく少ない子です><

後ろにいっぱい飛んでる子たちはダイゼンさん。

以前ダイゼンという名前の由来は美味しいのでよく宮廷の食事に出されていたというお話をしたのですが、調べてみると宮内庁の管理部に大膳課ってあるんですね。

天皇の料理番!あそこですよ^^

 

F

 


 

 

 オオソリハシシギさん飛翔♪

オオソリハシシギさんは中型の鴫なので飛び立つのはハマシギさんたちよりも随分と後になります。

 

G

 


 

 

 下から見上げたところ(^^♪

 

H

 

 

 

 真ん中ちょっと左の胴が茶色い子。

羽裏が白っぽくてオグロシギさんかな?

オオソリハシシギさんとほとんど見分けがつかないのでどちらかは自信がありませぬ(^^;

 

I

 


 

 

 潮がずいぶんと満ちてから飛んで来るのはホウロクシギさんズ

かなり写真がボケまくってますけど(;´▽`A``

 

 こうして潮が満ちてしまうと柵の上に移動したり近くの山に隠れたりで待機。

そして潮が引き始めると逆の順序で鳥さんたちが海に戻っていきます。

この記事の先頭へ▲

お名前メモする