花鳥風月

思いついたことを書きます

2012年05月02日の記事

パワースポットらしい(*'Д')ゞデシ

 連休2日めはあいにくの雨><
でも、太宰府に行く予定になっていましたので、雨の中出かけてきました♪

 

 いつもはただの広場じゃんって思ってパスしてる太宰府都府楼跡( *´艸`)
前を通りかかると無 料の駐車スペースがあったので、初めて立ち寄ってみました^^;

 

@



 すごく広いところなんです(*´・д・)(・д・`*)ネー
昔はここに大宰府政庁があったのですね
でも柱の跡と石碑が並んでるだけなので、右下の写真みたいに実際に建物を建てて再現してみたらいいのになって思いましたw

 

A



 入口のお堀には「カキツバタ」が咲いておりました。


アヤメとカキツバタと花菖蒲、簡単な見分け方ですけど・・・・
アヤメとカキツバタの花の時期は今頃♪花菖蒲は6月以降じゃないと咲きません。
アヤメは乾いた土の上に育って、カキツバタは湿ったところや水の中から茎が出てきます。
大体これで当たります♪
詳しい見分け方はまだあるんですけどね^^
この子は「杜若」のようです♪

 

 端午の節句のショウブは葉っぱが似てるだけで本当は「サトイモ」の仲間、アヤメ、カキツバタ、花菖蒲は「アヤメ」の仲間なのです(σ゚∀゚)σYO!!

 

B



 歴史資料館ってのがすぐ隣にあって、無 料だから見てきたのですが(^^ゞ
この鬼瓦、なんかどこかで見たことがあるような気がしました


 都府楼跡を見た後は「太宰府天満宮」に来たわけですが、今回は天満宮の奥にパワースポットがあるという噂を聞きつけて行ってきましたw

 

C



 本殿を抜けて奥の梅林のさらに奥、山の上にお稲荷さんがありました。


ここの社殿の前には鈴がいっぱい^^
一番左が子で一番右が亥、自分の干支の鈴を振って( ゚Д゚ノノ゙☆パチパチ ってやるみたいです(人'∀'o)ネッ


D



社殿のすぐ裏手が奥の院になってて、祠の中にお稲荷さんがいましたぉ♪
よくわかんないけどパワーもらえたのかな(o'ω'o)モキュ?

 

E



 階段の途中にはツツジがきれいに咲いておりました(*^^)v

 

 太宰府天満宮は何度かここでご紹介してきたんで、今回はこちらの動物さん達をご紹介してみましょうね


F



 天満宮と言えば「牛」ですよ(。´・ω-)bネッ
なんで牛かというと、道真公の亡骸を運ぶ際に、ちょうど今の本殿の所で牛さん蹲って動かなくなったそうなんですぉ
 それで、道真公をこの場所に葬ったということでした。


牛さんの頭をナデナデすると、頭が良くなるそうです♪ ヽ(゚ω゚=)ナデナデ

 

 (゚Д゚;) えっ 上2つの牛さんの足縛られてる!
逃げ出さないように?って訳じゃないんでしょうけど・・・

 

G



 鹿の親子・・・奈良市と姉妹都市なんだそうですね
それで鹿の像があるみたいです♪


H



 鷽(うそ)・・・ 天神様の守り鳥です。
 毎年1月7日に鷽替え神事というのが行われております。
これは、知らず知らずのうちについたすべての嘘を天神さまの誠心に替え、またこれまでの悪いことを嘘にして今年の吉に取り替えるという意味があるそうです。

 

I


 帰りはもちろん梅ケ枝餅を食べてから・・・ということでb

この記事の先頭へ▲

お名前メモする

ハンゲーム Microsoft Windows および Internet Explorer 11 でご利用ください

Family Site

  • 無料マンガならcomico