きれてない?のブログ

あなたを詰将棋の世界にご案内いたします(^0_0^)

『激指10』の弱点を探せ!

ふぅ〜 やっと 持ち時間30秒の早指しで激指10 四段+レベルに勝利!(*^^)v

 

 嬉しかったので 棋譜を載せます♪

 

*激指10はとても筋の良く手堅い指し手を選んできます。

 

さすが 羽生名人 の棋譜を基に作られた「将棋ソフト」ですね〜

 

ソフト優勢の局面からの逆転は 至難の業・・

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

※将棋ソフトに勝つ方法は大きく分けて2つあります

 

 最初から人間有利の局面を終局まで続ける  先行逃げ切り作戦

 

 将棋ソフトの形勢判断を誤らせる 忍者流目くらまし作戦

 

 

*今回はを採用してみました。

 

 は持時間がタップリないと難しいからです。(-_-;)

 

 

 

※初手より

▲7六歩▽8四歩▲6八飛▽3四歩▲6六歩▽6二銀▲4八玉▽4二玉▲3八玉▽3二玉▲2八玉▽5四歩▲3八銀▽1四歩▲1六歩▽5二金右▲7八銀▽7四歩▲5八金左▽9四歩▲9六歩▽8五歩▲7七角▽4二銀▲4六歩

▽5三金

 

 

@図 

先手が 激指10」 後手が 「きれてない?」です。

 

 

*▽5三金 とワザと悪形にします

 筋の良い「激指君」はこの手を悪手と判断する・・ と読みました。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

▲6七銀 ▽5一金 ▲4七金 ▽6四金 ▲5六銀 ▽7五歩
#後手は角頭を攻める。

 

A図 

先手次の一手は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ▲6五歩 ▽7七角成 ▲同 桂 ▽7四金 ▲7五歩 ▽同 金 ▲6四歩 

▽同 歩

 

#▲6五歩 以下は振り飛車当然の反撃。

 

B図 

 

ここは当然 ▲6四飛かな?と思ったのですが・・

 

 先手次の一手は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

▲4五銀 ▽7六歩 ▲6四飛 ▽7七歩成 ▲5四飛

 

*少しヒネッてきました。 「激指君」は▽玉頭に狙いを定めている様子。

後手は桂得で「▽と金」を作り まずまずの展開。

C図 

 

 後手次の一手は?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▽7三歩! 当然 ▲5五角や ▲6四角 を防いで当然と思ったのですが・・

ここで嫌〜な手が浮かびました。

D図 

 

 先手次の一手は? 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲3四銀   セーフ! \(^o^)/ 

E図

 

 

*どうやら「激指君」は ≪敵の歩切れ≫を高評価するプログラムに

なっているようだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

恐れていた手順はD図より ▲6三歩!

 

≪変化A図≫ 

 

以下

▽同 銀 ▲7一角 ▽5二飛 ▲同飛成 ▽同 銀 ▲8二飛 ▽6八飛 ▲2六角成

 

 

≪変化B図≫  

 

▲馬を自陣に引き付けられて 難しい形勢

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

 

≪変化A図≫ より ▽5三銀右なら・・

▽5三銀右 ▲7一角 ▽5四銀 ▲8二角成 ▽4五銀 ▲同 歩

 

 

≪変化C図≫ 

 

以下 ▲6八飛 ▲8八飛 ▲3五桂  などの攻めがあるが、

後手も端の「▽桂香」がボロボロ取られるので気持ち悪い・・

 

  どうして「激指君」は大サバキを見送ったんだろう??

 

 

 

戻って E図

 

 

 後手次の一手は?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*▽2二桂  悪形で受けます。 壁桂なので「激指君」は 軽視していると見ました。

F図 

 

 

 

以下 ▲4五銀 ▽3三桂 ▲6三歩 ▽同 銀 ▲5一飛成 ▽同 銀 ▲5三角

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

*ついに▲6三歩が飛んで来た。 以下飛車を切って ▲5三角 の詰めろ。

 

J図 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

・・以下 ▽4二角 ▲7一角成 ▽8四飛 ▲6二歩  

K図

 

後手次の一手は? 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▽5三角 ▲6一歩成 ▽7一角 ▲同 と ▽4五桂 ▲同 歩 ▽4二銀 ▲8一と ▽6九飛 ▲3五桂

 

L図

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 

 

・・以下 ▽3四銀 ▲4三桂成 ▽同銀引 ▲9一と ▽5四銀右

 

M図

 

先手次の一手は?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・▲2六香!

 

N図

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

しかしここは 局後の検討によると・・ ▲4四香 が勝負手だったようだ。

 

【検討図A】

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

以下・・ ▽同 銀 ▲同 歩 ▽6四飛寄 ▲3五桂 ▽3一桂 ▲5二銀


「4三」の地点に集中攻撃されたら危なかった・・

 

【検討図B】

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

N図 ・・以下  ▽6四飛寄 ▲3五桂 ▽3四銀 ▲2三桂成 ▽同 銀 ▲同香成 ▽同 玉 ▲4一角 ▽3二歩 ▲5二角成 ▽3三銀 ▲5三馬 ▽6八飛上成

 

 

 

O図

これは「詰めろ」ではありませんが 確実な「2手スキ」

何せ 2枚飛車 ですからねぇ〜

 

先手次の一手は?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲5八銀??(゜o゜)  何じゃこりゃ〜   わずか13秒の着手!

 

*局後 検討モード (六段+レベル)で解ったことですが

 

89手目▲5八銀まで≪激指君≫は

 

「自分が有利である」と形勢判断していたのです。

 

ええっ そんな バ,カ,な・・

 

P図 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

・・以下 ▽同 竜 ▲同 金 ▽3九角 ▲1八玉 ▽2五桂!

 

*ここで≪激指君≫の形勢判断は一気に後手勝勢に変化。


 

Q図

・・まで 「激指君」投了  94手で 後手の勝ち。(*^^)v

 

 

これでほぼ受けなし!  急転直下の終局

 

 *先手は持ち駒に「▲銀」が無いので受かりません

▽1七香 ▲同馬 ▽同桂成 ▲同桂 ▽同角成 ▲同玉 ▽1九飛成 以下・・  

 もし「▲銀」があれば ▲2六銀 で受かるんだけどねぇ〜 (^0_0^)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

*89手目 P図 は ▲5九金打 と受けるのが最善!

 

六段+レベルになると この手を選択しました

 

R図 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

・・以下 ▽同飛成 ▲同 金 ▽同 竜 ▲4八銀 ▽5八竜 ▲5四馬 ▽4六桂 ▲2六飛 ▽2四金 ▲4六飛 ▽3四桂

 

 

S図

 

・・となって 4筋に集中攻撃すれば後手が良さそうですが、まだ油断は出来ません。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

 途中2回ほど 危ない所がありましたが 

≪激指君≫は穏やかな手順を選んだため助かりました。d(≧∀≦)b 

 

*≪激指君≫は局面が自分が有利であると判断すると

 

  荒サバキを避ける のです

  大サバキは危険がともないますからねぇ〜

 

 ジックリジワジワ攻めるのがお好きなようですな・・

 

*もし 自分が劣勢だと判断したら 

 激しい手順 を選択するに違いありません

 

 

*序盤で人間側はワザと「悪形」に組む。

・・すると≪激指君≫は自分が有利と勘違いするらしい・・

 

*人間側は 筋の良い受けより「悪形」の受け選択するのが良い?

 

*≪激指君≫は、敵の歩切れを高評価する傾向にある?

 

*1手スキ(詰めろ)は最善手で受けてくるが、

  2手スキ を受けるのは 意外と苦手

(これは あらゆる「将棋ソフト」に言えることです)

 

 

  ・・とまぁ これだけのことが解りました。(^_-)-☆

 

 

     今度また 別の戦形で研究してみたいと思います

 

 

  次回ももしあったら..お楽しみに〜♪(*^−^)ノ~~

 

この記事の先頭へ▲

お名前メモする