きれてない?のブログ

あなたを詰将棋の世界にご案内いたします(^0_0^)

【詰将棋の作り方82】

 今3位決定戦ドイツvsウルグアイを見ながらブログ書いてます

 

 点の取り合いになって、面白い展開ですな〜(*^_^*)

 

 どしゃ降りの雨の中熱戦が展開されていますが、地上波放送が無いのは

どうしてだろう? 今見ているのはドイツのウェブ中継 なので

解説がドイツ語でよくわからん・・

 

 おっ 今ドイツ3点目入った  

 

 例のタコの予想はまた当たってしまうのか

 

明日の決勝戦は オランダvsスペイン になりましたが、

 

やっぱりタコ予想通り スペイン かなぁ・・(^_^;)

 

 

   否 オランダ 優勝と予想する。  どや!

 

タコ予想あたった ミ(。:) ミ(。: )ミ(。:)

ミ(。:) ミ(。:) ミ(。:) ミ(。:) ミ(。:) ミ(。:)

 ミ(。:) ミ(。:) ミ(。:) ミ(。:) ミ(。:) ミ(。:) 

  ミ (。:)ミ(。:) ミ(。:) ミ(。:) ミ(。:) ミ(。:)

   ミ(。:) ミ(。:)ミ(。:) ミ(。:) ミ(。:) ミ(。:)

   

                 (☄ฺ♛ฺд♛ฺ)スゲェ〜

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 

 

≪▲竜を軸駒にした「作図法」≫  其の1〜

 

 前回まで「▲馬」を軸駒にしとったんで、今回は「▲竜」に主役になってもらいまひょ。

 

 ▲竜は攻撃力があるんやが、強力すぎて「余詰」になる危険も多いんやなぁ〜

 ▲竜は「暴れ者」じゃからのう・・ 最強の攻め筋といえば「一間竜」

 

  ▽玉を裸で下段に落としてを持ち駒にして「一間竜」で攻めりゃ、玉方が何合駒したかて、ほぼ即詰み になるやね。

 

1筋の場合は一手詰。
 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │▽玉┃一
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:金
│  │  │  │▽歩┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │▲竜┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨

「2筋」の場合は余詰
 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │▽玉│  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:金
│  │  │▽歩│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲竜│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨

「3筋」の場合も余詰
 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │▽玉│  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:金
│  │▽歩│  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲竜│  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨


「4筋」の場合・・綺麗な【9手詰】になる

 

 これは良く使われる収束形。必ず覚えておいてくれや

φ(・ェ・o)メモメモ...

 

≪基本図A≫ 【9手詰】解答はここをスクロール↓

▲5二金 ▽3一玉 ▲4二金 ▽2二玉 ▲3二金 ▽1二玉 ▲1三歩 ▽1一玉 ▲4一竜まで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 やけど、「5筋」の「一間竜」は不詰や。持ち駒1枚では絶対に詰まん!

 6  5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │▽玉│  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:金
│  │▽歩│  │  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  #不詰の図
│  │▲竜│  │  │  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨

 

 玉方が「合駒」間違えたら 詰むけどな〜

 ▽桂合 ▽歩合 以外の合駒をした場合じゃ

 

 6  5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │▽玉│  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:金
│  │▽香│  │  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  #とん死の図
│  │▲竜│  │  │  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨

 

こういう必ず取られる合駒を読む時は、まず「▽歩合」次に

「▽桂合」を読むのが定跡や。φ(・ェ・o)メモメモ...

 

・・とここまでは基礎知識

 


 今度は「側面の一間竜」の場合じゃ。

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:金
│  │  │  │  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨  #余詰の図
│  │  │▲竜│▽歩│▽玉┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨


 この図は「余詰」やから、盤上に玉方の「駒1枚」追加するんや。

これで完全作 【15手詰】じゃ。


解答はここをスクロール↓

▲2五金 ▽1三玉 ▲2四金 ▽2二(1二)玉 ▲2三金 ▽1一玉 ▲1二歩 ▽同 金 ▲同 金 ▽同 玉 ▲2三金 ▽2一玉 ▲3二竜 ▽1一玉 ▲2二金(竜) まで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「側面一間竜」といえば、これが有名やな〜 

 

≪基本図B≫ 【9手詰】

解答はここをスクロール↓

▲1四飛(1五〜1九もOK)※▽1三桂合 ▲2四桂 ▽1一玉 ▲1三飛成 ▽同 金 ▲2三桂 ▽同 金 ▲1二桂成(竜)まで

※2手目他の合駒は 同手数駒余りです。(p_-)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 これも必ず覚えておいて欲しい収束形や。φ(・ェ・o)メモメモ...

この図は「▲3二竜」の「一間竜王手」に玉方が「▽金合」した局面と考えられるんやな。

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:飛 桂
│  │▲竜│  │▽玉┃二
┼──┼──┼──┼──┨  #最善の合駒は・・?
│  │  │  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨

 

「▽桂 ▽香 ▽歩」の合駒は ▲1四飛→▲2四桂の攻めで簡単や。

問題は「▽角 ▽銀」を合駒した場合なんやが。

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:飛 桂
│  │▲竜│▽銀│▽玉┃二
┼──┼──┼──┼──┨  #どうなる?(?_?)
│  │  │  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨

初手▲1四飛(1五〜1九もOK)に ▽1三合駒で・・

 

以下 ▲2四桂 ▽1一玉 ▲1三飛成 ▽同 銀 ▲1二桂成(竜)まで

 

 合計【9手詰】 やけど、「1三」の合駒が余ってしまう

 

「▽2二角合」の場合も同様、駒余りの【9手詰】

「▽2二金合」なら駒余りなしの【9手詰】やから「▽銀 ▽角」の合駒は

不正解ということになるっちゅうわけや。わかったかいな?

 

 ほな この【9手詰】を逆算してみよか
 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:飛 桂
│  │▲竜│▽金│▽玉┃二
┼──┼──┼──┼──┨  【9手詰】
│  │  │  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨

「3二」の地点で「▽飛」を入手しまひょか。
【11手詰】


▲3二竜 ▽2二金合 以下

 

 攻め方の大駒は余詰にならない「ギリギリの位置」に置く

これが逆算のコツや。 φ(・ェ・o)メモメモ...

 

「1二」の地点に「▲金捨て」を入れてみよか。

 

【13手詰】


▲1二金 ※▽同 玉 以下

※2手目 ▽同 飛は ▲3一竜 ▽2二合駒 ▲2三桂 まで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 これだと手詰まりやな〜 こういう時は「持ち駒」を1枚盤上に置いて「攻め方の手」を限定させるのがええ方法や。φ(・ェ・o)メモメモ...

 

  ほな 持ち駒の「▲金」を盤上に置いてみるか・・ 

【13手詰】

 

▲1二金 ※▽同 玉 以下

※2手目 ▽同 飛は ▲3一竜 ▽2二合駒 ▲2三桂 まで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ▲2三金打ちから、さらに2手逆算できるな・・

 

【15手詰】

 

▲2三金 ▽1一玉 以下

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 いっぺん打った駒を捨てるのは「詰将棋らしい手順」やの〜

 

 ここからさらに ▲金捨てが入りそうや。

 

≪完成図≫ 【17手詰】

 

▲2二金 ▽同 玉 以下

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 こないなもんで、いかがでっしゃろ?

 

 ええ感じや。ここで逆算ストップにしよか? 


   今回はここまでにしとこか・・


  最後に≪基本図A≫から8手逆算」した問題を載せておきまひょ。【17手詰】やで。(*^^)v

 

解答はここをスクロール↓

▲2二歩 ※▽1一玉 ▲1二歩 ▽2二玉 ▲1三飛成 #▽3一玉 

▲4一馬 ▽同 玉 ▲4三竜 ▽4二歩合 ▲5二金 ▽3一玉 ▲4二金 ▽2二玉 ▲3二金 ▽1二玉 ▲1三歩 ▽1一玉 ▲4一竜まで

 

※2手目 ▽同 玉は ▲1三飛成 ▽3一玉 以下 本手順に合流し・・「▲歩余り」の2手早詰。

#5手目 ▽2一玉は ▲1一歩成 ▽3一玉 ▲3三竜 ▽3二合駒 ▲1三馬 まで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

・・ちゅう訳で、次回も≪▲竜を軸駒にした「作図法」≫やで〜

 

  ほなら みなはん ごきげんよう〜(^.^)/~~~

 

 

 

      詰将棋てほんまにおもろいでんな〜(*^_^*)

 
 

 

    次回もお楽しみにしとくんなはれ〜♪(*^-^)ノ~~              

            

 

 

                                    

                     ついでにココクリックしてや↓

この記事の先頭へ▲

お名前メモする

ハンゲーム Microsoft Windows および Internet Explorer 11 でご利用ください

Family Site

  • 無料マンガならcomico