きれてない?のブログ

あなたを詰将棋の世界にご案内いたします(^0_0^)

@詰将棋と次の一手@

(●・ω・)ノ★。、::。.::・ みんな きれてるかい〜(笑)☆。.::・'★。、::。

 

2月21日の NHK将棋講座の最後の詰将棋で気になったことがあった..

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓  ≪出題図≫
│  │  │  │▲馬│  ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │▽桂│  │  │▽角┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:金 金 銀 桂
│  │  │  │  │▽玉┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨   【9手詰】
│  │  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲銀│  │▽歩┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │▽飛│  ┃六
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃七
┼──┼──┼──┼──┼──┨

 

 一目「▽4二桂」が気になります この駒がないと▲1二馬 ▽同 玉
▲3四角 から長手数余詰が生じるのですが...

 

 ▽2六飛⇒▽2六竜に変えれば 不用です!!(*^^)v

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓  〔修正図〕
│  │  │  │▲馬│  ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │▽角┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:金 金 銀 桂
│  │  │  │  │▽玉┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨   【9手詰】
│  │  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲銀│  │▽歩┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │▽竜│  ┃六
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃七
┼──┼──┼──┼──┼──┨

 

※以下▲1二馬 ▽同 玉 ▲3四角には ▽2三歩合で

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓  ≪変化図≫
│  │  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │▽玉┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:金 金 銀 桂
│  │  │  │▽歩│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨   ←▽2三歩合の局面
│  │  │▲角│  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲銀│  │▽歩┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨  #以下▲2四桂 ▽同 竜
│  │  │  │▽竜│  ┃六
┼──┼──┼──┼──┼──┨  で「1三」に駒捨てする
│  │  │  │  │  ┃七
┼──┼──┼──┼──┼──┨  詰み筋がありませんね (^_-)

 

 もう一つ 前々回の問題


 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │▲銀│  ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:金 金 桂
│  │▽桂│  │▽桂│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨   【7手詰】
│  │  │▽玉│  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │▽歩│  │  │▲竜┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▽銀│▲歩│  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃六
┼──┼──┼──┼──┼──┨

 う〜む・・「2三」の地点への▲竜捨てが見え見えかな〜(p_-)

▽2二桂の配置が重い感じです

 

 持ち駒の金を一枚「▲角」に変えて 盤面を斜めに1つズラして

▽2二の桂⇒攻め方の▲銀にしてこんなのはどうかな?

〔修正図〕です↓
 

解答はここをスクロール↓

 ▲5五桂 ▽同 歩 ▲5四銀 ▽同 銀 ▲3四竜 ▽同 玉 ▲3五金 まで

      

 

   誰か 「先崎学八段」 によろしくお伝えください・・

 

         先生〜 見てますかぁ〜 (*^_^*) 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

     ここからは普通の詰将棋です〜  まずは肩慣らし 

@  【?手詰】

 

解答はここをスクロール↓

▲3三金 ▽同  桂 ▲3一馬 ▽1二玉 ▲2一銀不成 まで

 

A 入玉形  2七の「と金」を利用します 【11手詰】

 

 

解答はここをスクロール↓

 

▲2九金 ▽同 玉 ▲3九金 ▽1九玉 ▲2八角 ▽1八玉 ▲2九金 ▽同 玉 ▲3九竜 ▽1八玉 ▲1九竜 まで

 

 ここからは穴熊崩し特集」

 

B  【7手詰】

 

解答はここをスクロール↓

▲2一馬 ▽同 金 ▲2二銀 ▽同 玉 ▲3二金 ▽同 金 ▲1一角 まで

 

C  駒余りです 【9手詰】 

 

解答はここをスクロール↓

▲2一馬 ▽同 玉 ▲3一飛成 ▽同 角 ▲3二金 ▽1一玉 ▲2二と ▽同 角 ▲2三桂まで

 

D 収束7手は有名な形  【11手詰】


解答はここをスクロール↓

▲2二歩成 ▽同 金 ▲2一飛成 ▽同 金 ▲3三馬 ▽2二金 ▲2三桂 ▽2一玉 ▲3二銀 ▽同 金 ▲1一馬まで

 

E 5〜8手は2通り 合駒が出てきます  【17手詰】

 

 

解答はここをスクロール↓

2一と ▽同 金 ▲同 馬 ▽同 玉 ※▲3三桂 ▽同 銀 ▲4一飛 ▽3一桂合▲3二銀 ▽同 玉 ▲4三金 ▽同 桂 ▲3一金 ▽2二玉 ▲2一金 ▽3二玉

▲3一飛成まで
                               
※5〜8手を ▲4一飛 ▽3一桂合 ▲3三桂 ▽同  銀 としても 

 

 

「穴熊」を即詰みにするには▽玉の横の駒に狙いを付けるのが一番!

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓   ←この場合は
│  │▽金│▽桂│▽玉┃一
┼──┼──┼──┼──┨   2一の「▽桂」がなのです!
│  │  │▽銀│▽香┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▽歩│▽歩┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨

 

 多少駒損しても▽玉の腹の駒を『王手』で取ってしまえば 
一気に詰み形に持ち込めます!

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 ここからは実戦取材編

 

F 【13手詰】 駒余り 先手番です

  

 

解答はここをスクロール↓

 

▲3一銀 ▽4三玉 ▲4一飛成 ▽5四玉 ▲4四竜 @▽6五玉 ▲7五金 #▽5六玉  ▲4五竜 ※▽4七玉 ▲3六銀 ▽3七玉 ▲2七金 まで

 

@6手目▽同 玉は ▲4五金 以下

 

#8手目▽同 玉は ▲8四銀 ▽6五玉 ▲5五金まで

 

※10手目▽6七玉は ▽7八銀(金)まで

 

 ここからは次の一手問題です!

 

G 初手より▲7六歩▽5四歩▲5六歩▽1四歩▲7五歩▽1三角▲6八金▽4二銀▲6六歩▽5三銀▲6七金▽6四銀▲7八飛▽3一角▲7六金▽5二飛▲6八銀▽7二金▲6五歩▽5三銀▲6七銀▽1三角▲4八玉▽4四銀▲6六金▽6二銀▲5八金▽5三銀上▲7四歩▽同 歩▲同 飛▽7三歩▲7八飛▽4五銀▲3八玉▽4四銀▲4八銀▽3四歩▲1六歩▽2四角▲9六歩▽9四歩▲2八玉▽3三角で↓ 

 

 3手先まで読んで優勢にして下さい。

 

 

 

解答はここをスクロール↓

 

▲4六歩 ▽同 銀 ▲3六歩と「銀挟み」にして銀得確定。

以下実戦は ▽5五歩 ▲4七歩 ▽2四角 ▲4六歩 ▽同 角 ▲3七銀打とガッチリ守って優勢になりました

 

H 初手より ▲7六歩 ▽3四歩▲2六歩▽4四歩▲4八銀▽3二銀▲5六歩▽4二飛▲6八玉▽6二玉▲7八玉▽7二銀▲9六歩▽9四歩▲2五歩▽3三角▲3六歩▽7一玉▲1六歩▽5二金左▲5八金右▽8二玉▲6八銀▽4三銀▲5七銀左▽3二銀▲4六歩▽6四歩▲3七銀▽1四歩▲4八飛▽6三金▲2六銀▽7四歩▲3五歩▽同 歩▲同 銀▽4五歩▲同 歩▽8八角成▲同 玉▽4七歩▲同 金▽4五飛▲4六金▽4一飛▲4四歩▽3四歩▲同 銀▽4四飛▲4五銀▽4一飛▲5五歩▽4七歩▲3八飛▽3三桂▲5六銀引▽4八歩成▲同 飛▽3九角で↓

 

 5手先まで読んで ピンチをしのいで下さい。


解答はここをスクロール↓

 

▲4九歩 と渋く守るのが好手。以下 ▽4八角成 ▲同 歩 ▽3九飛には
▲4七角でしのぎます。

             

 

                  ・・今回はここまで (*^_^*)

 

 

      次回もお楽しみに〜♪(*^-^)ノ~~ またね〜

 

                      ついでにココをクリック!↓

この記事の先頭へ▲

お名前メモする