きれてない?のブログ

あなたを詰将棋の世界にご案内いたします(^0_0^)

【詰将棋の作り方74】

(●・ω・)ノ★。、::。.::・'゜おはようございます☆。.::・'゜★。、::。.::・'゚

 

 初心者の方への詰将棋入門編の続きを過去のブログより幾つかしておきました。興味ある方はご覧下さい。解答は問題図の下をスクロールすれば現れます。(*^_^*)

 

http://blog.hangame.co.jp/kiresan/article/13364723/

小駒図式の3手詰↑

 

http://blog.hangame.co.jp/kiresan/article/13423624/

小駒図式の3手詰の続き↑

 

http://blog.hangame.co.jp/kiresan/article/13554402/

小駒図式の5手詰↑

 

http://blog.hangame.co.jp/kiresan/article/13467195/  
小駒図式の3手詰&5手詰↑

 

 

 まずは実戦取材の詰将棋をどうぞ〜(^o^)丿

 

 @ ▽後手持ち駒:金 銀 銀 香 歩 歩  (先手番)
  9  8  7  6  5  4  3  2  1
┏━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
┃▽香│  │  │  │▽玉│  │  │▽桂│▽香┃一
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │▽飛│  │  ┃二
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │▽歩│  │▲金│  │  │  │▽歩│  ┃三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▽歩│  │  │  │▽歩│  │▽歩│  │▽歩┃四
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │▲桂│  │  │  │▽歩│▽銀│  │  ┃五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▲歩│  │  │  │  │  │  │  │▲歩┃六
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │▲歩│▲玉│  │▲歩│▲歩│  │▲歩│  ┃七
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │▲銀│  │  │  │  │▲角│  ┃八
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▽竜│  │  │  │  │  │▲金│▲桂│▲香┃九
┗━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛

 ▲先手持ち駒:角 金 桂 歩 歩 歩  【9手詰】駒余り

解答はここをスクロール↓

▲3三角 ※▽同 桂 ▲4三桂 ▽4一玉 ▲5一金 ▽4二

玉 ▲6四角 ▽4三玉 ▲5三角成まで

※2手目▽4一玉は ▲5三桂 ▽3一玉 ▲4一金 まで

※2手目▽6一玉は ▲7三桂不成 ▽7一玉 ▲8一金 まで 


 A ▽後手持ち駒:金 銀 桂 桂 歩 歩 歩 歩
  9  8  7  6  5  4  3  2  1
┏━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
┃▽香│  │▲角│  │  │  │  │  │▽香┃一
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │▲馬│  │  │  │  │  ┃二
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │▽玉│▽銀│  │▽歩│  │  │  │  ┃三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │▲桂│▽銀│▽歩│  │  │  │  │▽歩┃四
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▽歩│▽歩│▽歩│  │  │  │▽歩│▽桂│  ┃五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │▲歩│▲歩│  │▽金│  │▲歩┃六
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▲歩│▲歩│▲歩│▲銀│  │  │  │▲歩│  ┃七
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │▲玉│  │▲飛│  │  │  │  ┃八
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▲香│  │  │  │  │▽竜│  │  │▲香┃九
┗━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛

 ▲先手持ち駒:金 金    【9手詰】(先手番)

解答はここをスクロール↓

▲9三金 ▽同 香 ▲7二馬 ▽8四玉 ▲9三角成 ▽同 

玉 ▲9四金 ▽9二玉 ▲9三香まで

 

 

 

 

   

     さて・・今回のテーマは≪素材と発展≫です。

 

 まず 正算法で↓こんな局面を作りました。

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓  ≪@図≫
│  │  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:銀 銀 桂
│  │▲馬│  │▽玉│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨   【11手詰】
│  │  │  │▽歩│▽歩┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨
解答はここをスクロール↓

▲3四桂 ▽1二玉 ▲2一銀 ▽同 玉 ▲2二銀 ▽1二玉

 ▲1一銀成 ▽同 玉 ▲3三馬 ▽1二玉 ▲2二桂成  

まで

#銀2枚を捨てて「離し角」の形を作るのがポイントです。

 

 ここから逆算スタートです!

今回は欲張って「持ち駒」の▲銀を合駒でGET出来ないか考え

てみます。

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓  ≪検討図≫
│  │  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:銀 桂
│  │▲馬│▲飛│▽?│▽玉┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨  #最善の合駒は何?
│  │  │  │▽歩│▽歩┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨
@ ▽飛合 ▽金合は 取って ベタ打ちして簡単。

 

A ▽香合は▲2一銀 ▽1一玉 ▲2二飛成 ▽同 玉 

▲4二馬 ▽1一玉 ▲1二香 まで↓

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │▲銀│▽玉┃一
┼──┼──┼──┼──┨  ≪詰め上がり図≫
│  │▲馬│  │▲香┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▽歩│▽歩┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨


B ▽桂合は ▲2四桂 ▽同 歩 ▲2一銀 ▽1一玉 ▲2二

飛成 ▽同 玉 ▲3二馬 ▽1一玉 ▲2三桂まで↓
 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │▲銀│▽玉┃一
┼──┼──┼──┼──┨  ≪詰め上がり図≫
│  │▲馬│  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲桂│▽歩┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▽歩│  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨

C 残るは「▽角合」「▽銀合」ですが これは両方【13手詰】

です。

 ※「▽銀合」の場合・・
 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │▲銀│  ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨ ≪5手目の局面≫
│  │▲馬│  │  │▽玉┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:銀
│  │  │  │▽歩│▽歩┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲桂│  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨

 ※「▽角合」の場合・・

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │▲角│  ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨ ≪5手目の局面≫
│  │▲馬│  │  │▽玉┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:銀 
│  │  │  │▽歩│▽歩┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲桂│  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨

・・以下同手順です。

 何とか「▽銀合」に限定出来ないものか?「▽角合」を「早詰」
か 又は「同手数駒余り」にすれば良いのです。

 

            さてどうする..(?_?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

          チョッと考えてね(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こうするのが一つの案です。

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓  ≪A図≫
│  │  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨ 
│  │▲馬│  │  │▽玉┃二 持ち駒:飛 銀 桂
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │▽歩│▽歩┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨  【15手詰】
│  │  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │▲歩┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

 

「1四」のマスを 塞ぐことによって2手目の「▽角合」が早詰に

なりました。

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓  ≪検討図≫
│  │  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨ 
│  │▲馬│▲飛│▽角│▽玉┃二 持ち駒:銀 桂
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │▽歩│▽歩┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨  【15手詰】
│  │  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │▲歩┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

≪検討図≫以下 

▲2四桂 ▽同 歩 ▲2二飛成 ▽同 玉 ▲4四角 ▽1二

玉 ▲2三銀!

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ≪途中図≫
│  │▲馬│  │  │▽玉┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │▲銀│▽歩┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲角│  │▽歩│  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │▲歩┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

以下▽同 玉 ▲3三馬 ▽1二玉 ▲2二馬 まで2手早詰。

成功です! >^_^<


 ≪A図≫を少し変えてみます。

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓  ≪B図≫
│  │  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨ 
│  │▲馬│  │  │▽玉┃二 持ち駒:飛 銀 桂
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │▽歩│▽桂┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨  【15手詰】
│  │  │  │  │▽歩┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨  #詰手順は同じ
│  │  │  │  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

玉方の駒で「1四」のマスをふさいだもの。

 

  この方が進展性があります。持ち駒に▲歩を追加してみましょ

う。

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓  ≪C図≫
│  │  │  │▽桂│  ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨ 
│  │▲馬│  │  │▽玉┃二 持ち駒:飛銀桂歩
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │▽歩│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨  【17手詰】
│  │  │  │  │▽歩┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨  #▲1三歩 ▽同 桂以下
│  │  │  │  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

 

※初手▲1三歩に▽同 玉なら ▲2五桂 ▽1二玉 ▲1三銀

 ▽同 桂 ▲同桂成 ▽同 玉 ▲1一飛!

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓  ≪変化図≫
│  │  │  │  │▲飛┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨ 
│  │▲馬│  │  │  ┃二 持ち駒:桂
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │▽歩│▽玉┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │▽歩┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

以下 ▽2二玉 ▲3四桂 ▽1一玉 ▲3三馬 ▽1二玉 

▲2二馬まで 早詰です。

 

 ≪C図≫の持ち駒にさらに▲歩を追加。

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓  ≪D図≫
│  │  │  │▽桂│▽玉┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨ 
│  │▲馬│  │  │  ┃二 持ち駒:飛 銀 桂 歩 歩
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │▽歩│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨  【19手詰】
│  │  │  │  │▽歩┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨  #これで完成!(^o^)/
│  │  │  │  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

▲1二歩 ▽同 玉 ▲1三歩 ▽同 桂 ▲3二飛 ▽2二銀合

 ▲同飛成 ▽同 玉 ▲3四桂 ▽1二玉 ▲2一銀 ▽同  玉 ▲2二銀 ▽1二玉 ▲1一銀成 ▽同 玉 ▲3三馬 ▽1二玉 ▲2二桂成(馬)まで


       何とか実戦形風になったかな?(^_-)-☆


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  次の素材はこの局面↓

 
 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓  ≪A図≫
│  │  │  │▽桂│  ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:角
│  │▲銀│▽玉│▽銀│▽歩┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨  【5手詰】
│▲飛│  │▲桂│  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨
解答はここをスクロール↓

▲4二角 ▽4三玉 ▲5三角成 ▽3三玉 ▲4二馬まで

 

 ≪A図≫ は「いさらたなか」さんのブログから引用させて頂きました。

m(__)m

 う〜ん.. これを 【5手詰】にして置くのはもったいない

盤上の駒を「1枚」消せば 一気に『8手』手数が伸びます。


#「2一」の▽桂を消してみましょう

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓  ≪B図≫
│  │  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:角
│  │▲銀│▽玉│▽銀│▽歩┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨  【13手詰】
│▲飛│  │▲桂│  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨
解答はここをスクロール↓


▲4二角 ▽4三玉 ▲5三角成 ▽3二玉 ▲4二馬 ▽2一

玉 ▲5一飛成 ▽1二玉 ▲1一竜 ▽同 玉 ▲3三馬 ▽

1二玉 ▲2二桂成 まで


#▽2一玉と逃げた時に▲5一飛成!が決め手です↓
 
 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
▲竜│  │  │▽玉│  ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ≪途中図≫
│  │▲馬│  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │▽銀│▽歩┃三【7手目の局面】
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲桂│  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

#以下は▲竜を捨てて綺麗な詰め上がり。(^^)

※詰め上がりは 攻め方の駒が「2枚」になります。

 

 これを「清涼詰」と言います 詰将棋の評価が高くなるのです

φ(・ェ・o)メモメモ...


≪B図≫をさらに2手逆算します。

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓  ≪C図≫
│  │  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │▽玉│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:角 桂
│  │▲銀│  │▽歩│▽歩┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨  【15手詰】
│▲飛│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨ #▲3四桂 ▽3三玉 以下
│  │  │  │  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

※▽2三銀⇒▽2三歩に変更しています。

 

@2手目▽2一玉の変化には ≪▲1二角!≫の好打があって早詰です。↓

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │▽玉│  ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ≪変化図≫
│  │  │  │  │▲角┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲銀│  │▽歩│▽歩┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│▲飛│  │▲桂│  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

 

 

 さて・・ここからが問題!

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓  ≪C図≫(再掲)
│  │  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │▽玉│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:角 桂
│  │▲銀│  │▽歩│▽歩┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨  【15手詰】
│▲飛│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

≪C図≫を4手逆算して【19手詰】にして下さい。

「邪魔駒消去」の手筋を使えば意外に簡単です。

あなたならどうしますか?(?_?)

 

 

          *応募方法*

 


@まずミニメールの「メール作成」画面を開いて↓この盤面をコ

ピーします。盤面のズレは直るので大丈夫!

  5    4   3    2   1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│   │   │   │   │   ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:
│   │   │   │   │   ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨  【手詰】
│   │   │   │   │   ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│   │   │   │   │   ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│   │   │   │   │   ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨
▲玉 ▲飛 ▲角 ▲竜 ▲馬 ▲金 ▲銀 ▲桂 ▲香 ▲歩

 ▲と ▲全 ▲圭 ▲杏

▽玉 ▽飛 ▽角 ▽竜 ▽馬 ▽金 ▽銀 ▽桂 ▽香 ▽歩

 ▽と ▽全 ▽圭 ▽杏

 

※ハンゲームサークルの「掲示板に投稿をクリックして投稿画

面を開いて そこにコピーしてから作業すれば 残りの文字数が分

かって便利ですよ〜(^^)

 

A次に駒を貼り付けます Ctrl+C でコピー  Ctrl+V で貼り

付け です

貼り付けた後 Deleteキーを≪3回≫押せばマス目がピッタリに

なります。

B最後に完成した盤面をブログのコメント欄にコピーして完了!
他にコメントを書き込む場合は字数制限の400文字を越えない

ように注意してね。(^^♪

 

      さぁ あなたもチャレンジしてみよう!

 

 

   ☆詰将棋って本当に面白いですね〜(*^_^*)☆

 

 

    それでは次回もお楽しみに〜♪(*^-^)ノ~~

 

この記事の先頭へ▲

お名前メモする