きれてない?のブログ

あなたを詰将棋の世界にご案内いたします(^0_0^)

【詰将棋の作り方73】

 いよいよ今年最後のブログになります。前回盤面が見にくいとのコメントがありましたが ハンゲのブログには画像が10枚しか載せられません・・

 

詳しい説明には 盤面図が20枚以上必要になります。もうしばらくして ハンゲブログで「Java」動く盤面が使えるようになるまでは 現在の形式で

いきたいと思いますのでヨロシク。(^^♪

 

    一番の理由は自分が慣れていて使いやすいことですが・・(^_-)-☆

 

 

 

 最近初心者向けの教材が欲しいとの要望があったので 過去のブログから

    入門編を幾つかあげておきます。興味ある方はどうぞ


http://blog.hangame.co.jp/kiresan/article/12706164/
初心者の方へ


http://blog.hangame.co.jp/kiresan/article/12730492/
金銀歩のみの一手詰


http://blog.hangame.co.jp/kiresan/article/12836772/
金銀歩のみの三手詰(後半部分のみ)


http://blog.hangame.co.jp/kiresan/article/12902292/
金銀歩だけを使った3手詰の続き


http://blog.hangame.co.jp/kiresan/article/12901947/
金銀歩だけを使った3手詰のラスト(後半部分のみ)

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 

 

 

      前回の解答

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲馬│  │▽玉│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨ 持ち駒:金 銀 歩
│  │  │▲桂│▽歩│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨  【15手詰】
│  │▲銀│  │  │▽馬┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

 

この詰将棋のポイント地点は ズバリ3三」!

4手かけて▲3三桂の邪魔駒を消去します。

 

コーユーさん sgt123さん 見事正解 おめでとう!(*^^)v


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

       〜創作過程〜


 

@スポーツ紙向きの実戦形の詰将棋を作ろうと思い

まず↓この局面を正算法で作りました。

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓  〔原型図〕
│  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:金 銀
│▲馬│  │▽玉│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨  【7手詰】
│  │  │▽歩│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │▽歩┃四
┼──┼──┼──┼──┨
解答はここをスクロール↓

▲3三銀 ▽1二玉 ▲1三金 ▽同 玉 ▲3一馬 ▽1二玉 

▲2二馬 まで


@持ち駒の▲金⇒▲銀に変えてみます。


 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓  〔A図〕
│  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:銀 銀
│▲馬│  │▽玉│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨  【9手詰】
│  │  │▽歩│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨  #この方が味が良い(^^)
│  │  │  │▽歩┃四
┼──┼──┼──┼──┨
解答はここをスクロール↓

▲3三銀 ▽1一玉 ▲2二銀打 ▽1二玉 ▲1三銀成(不成)

 ▽同 玉 ▲3一馬 ▽1二玉 ▲2二馬 まで


@次に「1三」の地点を潰し 持ち駒に「歩」を追加してみると 

また違った詰手順になります。

 4  3  2  1    〔B図〕
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:銀 銀 歩
│▲馬│  │▽玉│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨  【11手詰】
│  │  │▽歩│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │▽金┃四
┼──┼──┼──┼──┨
解答はここをスクロール↓

▲3三銀 ▽1一玉 ▲2二銀打 ▽1二玉 ▲2一銀不成 ▽1

一玉 ▲1二歩 ▽2一玉 ▲3二馬 ▽1二玉 ▲2二馬まで


 これを作意にしようと思いました。さらに2手逆算します。

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓  〔C図〕
│  │  │▽玉│  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:銀 銀 銀 歩
│▲馬│  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨  【13手詰】
│  │  │▽歩│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨  #▲2二銀 ▽同 玉 以下
│  │  │  │▽金┃四
┼──┼──┼──┼──┨

・・どうもこれで手詰まりみたいですな。(^_^;)

 

 

@このような時は 持ち駒を盤上に置いてみるのがよい方法です。
その場合 ▽玉に近すぎると余詰になり易いので 少し遠ざけて置

くのがコツです。φ(・ェ・o)メモメモ...

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓  ≪検討図≫
│  │  │▽玉│  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:銀 銀 歩
│▲馬│  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨  【13手詰】??
│  │  │▽歩│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨  #▲2二銀 ▽同 玉 以下
│▲銀│  │  │▽金┃四
┼──┼──┼──┼──┨

 


@▲4四銀の位置は余詰にならないギリギリの位置だと思ったので

すが・・


 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓  ≪検討図≫A
│  │  │▽玉│  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:銀 歩
│▲馬│▲銀│  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▽歩│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨  #初手▲3二銀!が生じました
│▲銀│  │  │▽金┃四
┼──┼──┼──┼──┨


@以下▽1二玉 ▲2三銀成 ▽同 玉 ▲3三馬 ▽1二玉で

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓  ≪検討図≫B
│  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:銀 歩 歩
│  │  │  │▽玉┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲馬│  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨  #以下 ▲2三銀 ▽1三玉
│▲銀│  │  │▽金┃四
┼──┼──┼──┼──┨ ▲2二銀不成 ▽1二玉 ▲1一銀成 まで 余詰になります。


 

@そこで ▽1四金⇒▽1四馬に変更 「2三」のマスを潰します

 

 4  3  2  1    〔D図〕
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │▽玉│  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:銀 銀 歩
│▲馬│  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨  【13手詰】
│  │  │▽歩│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨  #▲2二銀 ▽同 玉 以下
│▲銀│  │  │▽馬┃四
┼──┼──┼──┼──┨

@これで完成にしても良いのですが もう少し「紛れ」が欲しいと

ころ・・


「紛れ」(まぎれとは 攻め方の詰みそうで 実は詰まない

誘い手のことです。φ(・ェ・o)メモメモ...

 

 

 持ち駒の「▲銀」⇒「▲金」に入れ換えてみます。

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓  〔E図〕 
│  │  │▽玉│  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:金 銀 歩
│▲馬│  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨  【13手詰】
│  │  │▽歩│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨  #これで完成です。>^_^<
│▲銀│  │  │▽馬┃四
┼──┼──┼──┼──┨

 

 余詰が無いか検討してみましょう。


@初手▲3二馬には ▽1二玉 ▲1三歩 ▽同 馬で

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓  〔不詰の図〕
│  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:金 銀
│  │▲馬│  │▽玉┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▽歩│▽馬┃三 #捕まらない!
┼──┼──┼──┼──┨
│▲銀│  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨


@〔E図〕より ▲3二金には ▽1二玉 ▲2一銀 ▽1三玉で

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓ 〔不詰の図〕A
│  │  │▲銀│  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:歩
│▲馬│▲金│  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨  #以下▲3一馬には
│  │  │▽歩│▽玉┃三
┼──┼──┼──┼──┨  ▽2四玉 で逃れます
│▲銀│  │  │▽馬┃四
┼──┼──┼──┼──┨


@〔E図〕より ▲2二銀には ▽同 玉 ▲3三銀不成 ▽1二玉

▲1三歩 ▽同 馬 で

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓  〔不詰の図〕B 
│  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:金
│▲馬│  │  │▽玉┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲銀│▽歩│▽馬┃三
┼──┼──┼──┼──┨  #何れも詰みません
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨

※玉方の▽1四馬非常に良く効いて すべての余詰を防いでいますね。

 

 

〔E図〕のように持ち駒に「金」と「銀」があって 先に「金」を

捨て駒にする詰手筋を金先金銀(きんせんきんぎん)と言いま

す。実戦心理のウラを狙った意地悪な手筋です。 φ(・ェ・o)メモメモ....

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

   邪魔駒消去といえば 超有名なのがコレ↓

 

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │▲角│  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▽歩│  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:歩
│  │▽歩│▽玉│▽歩│▲竜┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨  【9手詰】
│  │▲金│  │  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨  #江戸時代の名作です
│  │  │  │  │  ┃六
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │▲香┃七
┼──┼──┼──┼──┼──┨

解答はここをスクロール↓

▲2二竜 ▽2四玉 ▲3三竜 ▽同 玉 ▲3四歩 ▽2四玉 

▲1三角成 ▽2五玉 ▲3五馬 まで

※最大のポイント地点の「1三竜」の捨て方が絶妙ですね。(^^)

 

  邪魔駒消去1枚だけとは限りません

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓ 〔A図〕
│▲角│  │  │▽香┃一
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:桂
│  │  │▽玉│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨  【7手詰】
│▲飛│  │  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▽金│  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┨

解答はここをスクロール↓

▲4二飛成 ▽1三玉 ▲2五桂 ▽同 金 ▲3三竜 ▽1二玉

 ▲2三竜まで

 

 #この詰将棋の最大ポイント地点は4二


「4二」に▲金を置けば一気に4手逆算出来ます!

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓  〔B図〕
│▲角│  │  │▽香┃一
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:桂
│▲金│  │▽玉│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨  【11手詰】
│▲飛│  │  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▽金│  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┨

▲3二金 ▽1二玉 ▲2二金 ▽同 玉 以下


 

〔B図〕から「3三」に▲歩を置けば また一気に4手逆算出来ます!(*^^)v

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓  〔C図〕
│▲角│  │  │▽香┃一
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:桂
│▲金│  │▽玉│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨  【15手詰】
│▲飛│▲歩│  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▽金│  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┨

▲3二歩成 ▽1二玉 ▲2二と ▽同 玉 以下

 


  最後に「▲竜捨て」を入れて完成!!

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓  〔完成図〕
│▲角│  │  │▽香┃一
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:桂
│▲金│▲竜│  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨  【17手詰】
│▲飛│▲歩│  │▽玉┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▽金│  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┨

▲2二竜 ▽同 玉 ▲3二歩成 ▽1二玉 ▲2二と ▽同 玉

 ▲3二金 ▽1二玉 ▲2二金 ▽同 玉 ▲4二飛成 ▽1三

玉 ▲2五桂 ▽同 金 ▲3三竜 ▽1二玉 ▲2三竜 まで


 チョッと安易な方法でしたが^^; 一気に10手逆算に成功です。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 もっとたくさん捨てまくりたいと思いませんか?

 

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│▲と│  │▽玉│  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:飛
│  │  │▽歩│▽歩┃二
┼──┼──┼──┼──┨  【1手詰】
│  │  │  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨  #超簡単!

 


▲飛を盤上に置き「ポイント地点」の3一に邪魔駒を置きます

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│▲と│▲と│  │▽玉┃一
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:なし
│  │▲飛│▽歩│▽歩┃二
┼──┼──┼──┼──┨  【3手詰】
│  │  │  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨   #簡単!

 

「3一」に成金を作れば更に手を延ばせそうですね〜


 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│▲と│▲と│  │▽玉┃一
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:なし
│  │▲歩│▽歩│▽歩┃二
┼──┼──┼──┼──┨  【7手詰】
│  │▲飛│  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨   #簡単!?

 

4手伸びました まだまだいけそうです。


 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│▲と│▲と│  │▽玉┃一
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:なし
│  │▲歩│▽歩│▽歩┃二
┼──┼──┼──┼──┨  【11手詰】
│  │▲香│  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨  #簡単でしょ!?
│  │▲飛│  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨

まだまだいけるでぇ〜関西風

 

 

・・そして最終的にはこうなります

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓  ≪完成図≫
│  │▲と│▲と│  │▽玉┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲歩│▽歩│▽歩┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒;なし
│  │  │▲香│  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲香│  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨  【23手詰】
│  │  │▲香│  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲香│  │  ┃六
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲飛│  │  ┃七
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃八
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃九
┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛

▲2一と ▽同 玉 ▲3一歩成 ▽1一玉 ▲2一と ▽同 玉

▲3二(3一)香成 ▽1一玉 ▲2一成香 ▽同 玉 ▲3二(3一)香成 ▽1一玉 ▲2一成香 ▽同 玉 ▲3二(3一)香成 ▽1一玉

 ▲2一成香 ▽同 玉 ▲3二(3一)香成 ▽1一玉 ▲2一成香

 ▽同 玉 ▲3一飛成まで


上の図のような詰将棋を連捨て趣向といいます。φ(・ェ・o)メモメモ...


      ほぼ一本道ですが 面白いでしょ?(^_-)-☆

 

 

 

    今年はこれにて終了・・<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       ・・と思ったけどもう2問追加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

≪おまけ@≫ 必死問題です 

 

「王手」又は「詰めろ」の連続で敵玉を「受けなし」にする問題です。

 6  5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  │▽桂│  ┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:
│  │  │  │  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  【7手必死】
│  │▲馬│▲銀│▽玉│▽歩│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▽歩│  │  │▽銀┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨

 

解答はここをスクロール↓


▲4二馬 ▽2二玉 ▲3一馬 ▽1二玉 #▲1一金 ▽同 玉

※▲3二銀成 まで

 

#5手目の▲1一金が絶妙!

※最終手より「2一」「2二」のマスを同時に受ける方法がありません。(「竜」か「馬」を打つことは出来ないため)

 

 

 ≪おまけA≫

 

実戦取材の必死問題 先手番で9手で後手玉を受けなしにして下さい

 

▽後手持ち駒:金 銀 歩   (▲全=▲成銀)
  9  8  7  6  5  4  3  2  1
┏━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
┃▽香│▽桂│  │  │  │  │▽金│▽桂│▽香┃一
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │▽玉│  │  │  │▽桂│▽歩│  ┃二
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │▽歩│▽歩│▽歩│▲全│▲角│  │  │  ┃三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▽歩│  │  │  │  │▽歩│▲竜│  │▽歩┃四
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │▲歩│  │  │  │▽歩│▲歩│  ┃六
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▲歩│▲歩│▲桂│▲歩│▽馬│  │▽銀│▲飛│▲歩┃七
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │▲玉│  │▽と│  │  │  │  ┃八
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▲香│  │▲金│  │  │  │  │  │▲香┃九
┗━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛
 ▲先手持ち駒:金 銀 歩 歩  【9手必死】

 

解答はここをスクロール↓
▲6一角成  △8二玉    ▲3二龍    △同 金    ▲7二金    #△9二玉▲8四桂    ※△同 馬    @▲7一馬 まで先手の勝ち

 

#6手目に△9三玉は ▲7一馬 ▽8四玉 ▲8五銀 以下

 

※8手目に▽同 歩は ▲8二金 ▽同 玉 ▲8三銀 以下

 

@最終手より ▽6八金の攻めには ▲8八玉で

       ▽6八飛には ▲8九玉で 自玉はわずかに詰みません!


 来年もお楽しみに・・ 良いお年を〜♪(*^-^)ノ~~

 

この記事の先頭へ▲

お名前メモする