きれてない?のブログ

あなたを詰将棋の世界にご案内いたします(^0_0^)

【詰将棋の作り方69】

 最近はテレビよりも Youtube の方が断然面白い!

 

         きれてない お薦めの曲 第二弾はピアノ曲です


 John Boswell−Mafu ジョン ボスウェル はアメリカの作曲家 ピアニスト これも 朝に聞きたい名曲です。The painter (画家)というアルバムの冒頭の曲です。非常にシンプルな曲ですが 是非お薦めです。(まだ UPされてから1ヶ月半位)

 

  YouTube - John Boswell−Mafu  で検索してみてね。(^^)


 技巧的なクラシックのピアノ曲がお好みなら・・

 

 バラキエフ作曲 イスラメイ ちなみに バラキエフはロシアの作曲家です。この曲は両手で打楽器を叩くように 交互に鍵盤を連打する「パラディドル奏法」という技がふんだんに使われています。多くの演奏がありますが 2005年の べレゾフスキー (同じくロシアのピアニスト)のメキシコ公演での演奏が最高です!


  Berezovsky plays Islamey  で検索してみよう!

 

 

  さて 今回は「馬鋸」(うまのこ)の続きです。

 

 9  8  7  6  5  4  3  2  1
┏━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
┃▲馬│  │  │  │  │  │  │  │  ┃一
┠↓─┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃@ →B │  │  │  │  │  │  │  ┃二
┠──┼↓─┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  ≪基本図≫
┃  │D →F │  │  │  │  │  │  ┃三
┠──┼──┼↓─┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  【27手詰】
┃  │  │H →J │  │  │  │  │  ┃四
┠──┼──┼──┼↓─┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │L →N │  │  │  │  ┃五
┠──┼──┼──┼──┼↓─┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │P →R │  │  │  ┃六
┠──┼──┼──┼──┼──┼↓─┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │21  →23  │  │▲竜┃七
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼↓─┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │▲と│25  →27  │▽と┃八
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │▽玉⇔  ┃九
┗━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛
▲馬が縦横1マス動くのに2手 最後に1手動いて詰み 

合計(13x2)+1=27手

 

▲馬が1マス動くのに2手かかる。これ手1サイクル馬ノコと言います。最も一般的な馬鋸です。φ(・ェ・o)メモメモ...


「2手1サイクル馬ノコ」が成立するのは ▽玉の可動範囲「2マス」の時に限られます。

 

 それでは▽玉の可動範囲が「3マス」の時はどうなるでしょうか?

 

 ≪基本図≫から 「▲と」を 下に↓1マス 「▲竜」と「▽と」を 上に↑1マス 移動してみます。


 9  8  7  6  5  4  3  2  1
┏━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
┃▲馬│  │  │  │  │  │  │  │  ┃一
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃二
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  ≪A図≫
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃四
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │▲竜┃六
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼↑─┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │▽と┃七
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼↑─┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃八
┠──┼──┼──┼──┼──┼↓─┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │▲と│  │▽玉│  ┃九
┗━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛

▽玉の可動範囲が広がりました。ここから詰手順を考えます。


ある程度「▲馬」が接近して 詰手順が生じるようにする・・仮に「▲馬」が「8三」まで接近したとして

「▽玉」が「1九」にいる状態で 「1六」の「▲竜」が「1七」の「▽と」を取って王手したとしましょう・・
 9  8  7  6  5  4  3  2  1
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  ≪B図≫
┃  │▲馬│  │  │  │  │  │  │  ┃三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃四
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:歩
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃六
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │▲竜┃七
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │▽?┃八
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │▲と│  │  │▽玉┃九
┗━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛
 この局面 合駒は何が最善でしょうか? 横に効かない駒は ▲7三馬 で簡単なので 「▽金」か「▽飛」の2択になります。 ▽1八金合だと・・

▲7三馬 ▽2九玉 ▲1八竜 ▽同 玉 ▲2八金 ▽1九玉 ▲3八金(▲2七金)▽2九玉(▽1八玉) ▲2八馬まで 

 

 4  3  2  1
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃七
┼──┼──┼──┼──┨ 【詰め上がり図】
│  │▲金│▲馬│  ┃八
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:歩
│▲と│  │▽玉│  ┃九
┷━━┷━━┷━━┷━━┛

 

▽1八飛合なら詰みません。▽1八金合の場合と同手順で進めた時に 6手目に「▽1七玉!」と かわされるからです。
 9  8  7  6  5  4  3  2  1
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  ≪C図≫
┃  │  │▲馬│  │  │  │  │  │  ┃三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃四
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:歩
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃六
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  ←不詰
┃  │  │  │  │  │  │  │  │▽玉┃七
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │▲飛│  ┃八
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │▲と│  │  │  ┃九
┗━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛
≪D図≫をよ〜くご覧下さい。持ち駒に何か追加すれば ピッタリ駒余らずの詰みです。さて何でしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


   ・・そう 持ち駒に『 ▲桂 』を追加すれば良いのです

 

▲2九桂 ▽1六玉 ▲1七歩 ▽1五玉 ▲5一馬 ▽1四玉 ▲2四馬 まで
 5  4  3  2  1
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │▲馬│▽玉┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨  【詰め上がり図】A
│  │  │  │  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃六
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │▲歩┃七
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │▲飛│  ┃八
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲と│  │▲桂│  ┃九
┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛

 

・・というわけで この図が成立します。
 9  8  7  6  5  4  3  2  1
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  ≪D図≫
┃  │▲馬│  │  │  │  │  │  │  ┃三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃四
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:桂
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨ 【15手詰】
┃  │  │  │  │  │  │  │  │▲竜┃六
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │▽と┃七
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃八
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │▲と│  │  │▽玉┃九
┗━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛

▲1七竜 ▽1八飛合 ▲7三馬 ▽2九玉 ▲1八竜 ▽同 玉 ▲2八飛 ▽1七玉 ▲2九桂 ▽1六玉 ▲1七歩 ▽1五玉 ▲5一馬 ▽1四玉 ▲2四馬まで ⇒【詰め上がり図】A


 
≪D図≫を 2手逆算してみましょう。持ち駒に「▲歩」を加えて・・
 9  8  7  6  5  4  3  2  1
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  ≪E図≫
┃  │▲馬│  │  │  │  │  │  │  ┃三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃四
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨ 持ち駒:桂 歩
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨ 【17手詰】
┃  │  │  │  │  │  │  │  │▲竜┃六
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │▽と┃七
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  

┃  │  │  │  │  │  │  │  │▽玉┃八
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │▲と│  │  │  ┃九
┗━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛

 ▲1九歩 ▽同玉 ▲1七竜以下

 ▲1九歩に ▽2八玉 は ▲3八馬以下 早詰です。
 

≪E図≫からさらに▲馬を遠ざけて 2手逆算してみます。
 9  8  7  6  5  4  3  2  1
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │▲馬│  │  │  │  │  │  │  ┃二
┠──┼↓─┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  ≪F図≫
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃四
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨ 持ち駒:桂 歩
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨ 【19手詰】
┃  │  │  │  │  │  │  │  │▲竜┃六
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │▽と┃七
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  

┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃八
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │▲と│  │▽玉│  ┃九
┗━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛

▲8三馬 ▽1八玉 ▲1九歩以下

▲8三馬に ▽2八玉 は ▲3八馬以下 早詰

▲8三馬に ▽1九玉は ▲1七竜以下 2手早詰 となります。

「▲馬」の位置は他にも沢山ありますが 「8二」が一番手数を伸ばせそうです。

 

 4  3  2  1
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃七  ←▽玉の軌跡
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │A玉┃八
┼──┼──┼──┼──┨ これで「▽玉」の可動範囲が3箇所になりました
│  │  │@玉│B玉┃九
┷━━┷━━┷━━┷━━┛
玉方は「最長手数」で逃げなければいけないので このような動きになるわけです。

 

 ≪F図≫から 更に▲馬を遠ざけて 2手逆算してみます。
 9  8  7  6  5  4  3  2  1
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▲馬→  │  │  │  │  │  │  │  ┃二
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  ≪G図≫
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃四
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨ 持ち駒:桂 歩
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨ 【21手詰】
┃  │  │  │  │  │  │  │  │▲竜┃六
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │▽と┃七
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  

┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃八
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  

┃  │  │  │  │  │▲と│  │  ←▽玉┃九
┗━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛

▲8二馬 ▽2九玉 ▲8三馬 ▽1八玉 ▲1九歩 ▽同 玉 以下


 

▲8二馬 に ▽1八玉と逃げると 

 9  8  7  6  5  4  3  2  1
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │▲馬│  │  │  │  │  │  │  ┃二
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  ≪変化図≫
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃四
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨ 持ち駒:桂 歩
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │▲竜┃六
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │▽と┃七
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │▽玉┃八
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼↑─┨
┃  │  │  │  │  │▲と│  │  │  ┃九
┗━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛
 以下 ▲1九歩 ▽2九玉 ▲8三馬 ▽1九玉 で 同じ局面に戻ります。

これを 変化同手数 略して 変同 といいます φ(・ェ・o)メモメモ...

 

「変則馬鋸」には良くある変化です。 小キズとして見逃してもらいましょうか・・(^_^;)

 

≪G図≫から 持ち駒に「歩」を追加して さらに2手逆算。
 9  8  7  6  5  4  3  2  1
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▲馬│  │  │  │  │  │  │  │  ┃二
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  ≪H図≫
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃四
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨持ち駒:桂 歩 歩
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨ 【23手詰】
┃  │  │  │  │  │  │  │  │▲竜┃六
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │▽と┃七
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │▽玉┃八
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  

┃  │  │  │  │  │▲と│  │  │  ┃九
┗━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛ 

▲1九歩 ▽同 玉 以下

そろそろ完成です。

▲馬を隅のマスに置いて ▽玉を「2九」に 置くと・・

 9  8  7  6  5  4  3  2  1
┏━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
┃▲馬│  │  │  │  │  │  │  │  ┃一
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃二
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨≪I図 完成図≫
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃四
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨ 持ち駒:桂 歩 歩
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨ 【25手詰】
┃  │  │  │  │  │  │  │  │▲竜┃六
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │▽と┃七
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃八
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  

┃  │  │  │  │  │▲と│  │▽玉│  ┃九
┗━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛

▲9二馬 ▽1八玉 以下・・

 

▲9二馬 に ▽2八玉は ▲3八馬 以下 早詰

▲9二馬 に ▽1九玉は ▲8二馬 で本手順より 歩余りで 2手早く詰みます。


▲9二馬    ▽1八玉    ▲1九歩    ▽同 玉    ▲8二馬    ▽1八玉  ▲1九歩    ▽2九玉   ▲8三馬    ▽1九玉    ▲1七龍    ▽1八飛  ▲7三馬    ▽2九玉    ▲1八龍    ▽同 玉  ▲2八飛    ▽1七玉  ▲2九桂    ▽1六玉    ▲1七歩    ▽1五玉    ▲5一馬    ▽1四玉  ▲2四馬   まで  ⇒【詰め上がり図】A

※6手〜10手を ▽2九玉 ▲8三馬  △1八玉  ▲1九歩  △同 玉 としてもOK

 

 9  8  7  6  5  4  3  2  1
┏━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
┃▲馬│  │  │  │23馬│  │  │  │  ┃一
┠↓─┼──┼──┼──/──\──┼──┼──┼──┨
┃@馬→D馬│  │  │  │  │  │  │  ┃二
┠──┼↓─┼──/──┼──┼──\──┼──┼──┨ 《▲馬の動き》
┃  │H馬→L馬│  │  │  │  │  │  ┃三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──\──┼──┨ 馬の横の数字は
┃  │  │  │  │  │  │  │25馬│  ┃四
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  手数を示します
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨

▲馬を「9一」から「7三」まで近づけた理由は 「▲5一馬」から「▲2四馬」まで持ってくるためだったというわけ・・

 

 ▲馬が縦横1マス動くのに 4手づつ かかっているのがお分かりと思います。

 

☆ これを「4手1サイクル馬ノコ」と言います ☆

 

  冒頭の ≪基本図≫と 比べてみて下さい。▲馬の移動速度が 2分の1 になっていますね。(^_-)

 

 ≪I図 完成図≫ を変則馬鋸の一例として是非覚えておいて下さい。

 

(今気付いたけど・・持ち駒の「桂」を「成桂」にして・・「1七」の「と金」と入れ替えて 持ち駒:歩3枚 にする方がいいかも・・)

 

 

         次回もお楽しみに〜♪(*^-^)ノ~~

この記事の先頭へ▲

お名前メモする