きれてない?のブログ

あなたを詰将棋の世界にご案内いたします(^0_0^)

【詰将棋の作り方68】

 今年の夏は 台風地震総選挙 といろいろ大変ですね

 

でも例年より気温が低く過ごしやすくて詰将棋作りには良いかな・・?

 

 前回の続きから・・
 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓  ≪E図≫(再褐)
│  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨   持ち駒:飛 金 香 歩 歩
│  │  │▽玉│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨   【19手詰】
│  │  │  │▽金┃三
┼──┼──┼──┼──┨  いよいよメインの「合駒逆算」です!
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨   地点はズバリ「2二」!
│  │  │  │▲馬┃五
┼──┼──┼──┼──┨

▲3二金   △同 玉 ▲3三飛  △2一玉    ▲2二歩  ▽同 玉(△1二玉)  ▲1三飛成  △同 玉 ▲1四香  △2二玉   ▲2三歩  △3一玉  ▲4二金  △2一玉 ▲1一香成  △同 玉  ▲3三馬  △1二玉(▽2一玉) ▲2二馬(歩成)まで 

 

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨
│▲金│  │▲馬│▽玉┃二
┼──┼──┼──┼──┨  【詰め上がり図】(再褐)
│  │  │▲歩│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨

 

  ≪E図≫から ▲馬をもう一枚「3三」に置いて連結させてみると・・

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓  ≪F図≫
│  │  │  │▽玉┃一
┼──┼──┼──┼──┨   持ち駒:金 香 歩 歩
│  │  │▽飛│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨   【21手詰】
│  │▲馬│  │▽金┃三
┼──┼──┼──┼──┨   ▲2二馬 ▽同 玉 以下
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨   ←こんな局面が考えられます
│  │  │  │▲馬┃五
┼──┼──┼──┼──┨
しかしこの局面では逆算しにくいですね〜 ▽玉の位置を変えてみましょう。

 

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓  ≪G図≫
│  │  │▽玉│  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨   持ち駒:金 香 歩 歩
│  │  │▽飛│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨   【21手詰】
│  │▲馬│  │▽金┃三
┼──┼──┼──┼──┨   ▲2二馬 ▽同 玉 以下
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨   ←これは余詰になりそう・・。
│  │  │  │▲馬┃五
┼──┼──┼──┼──┨

 

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓  ≪H図≫
│  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨   持ち駒:金 香 歩 歩
│  │  │▽飛│▽玉┃二
┼──┼──┼──┼──┨   【21手詰】
│  │▲馬│  │▽金┃三
┼──┼──┼──┼──┨   ▲2二馬 ▽同 玉 以下
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨   ←この方が発展性があります。
│  │  │  │▲馬┃五   これに決定
┼──┼──┼──┼──┨

 

 ≪H図≫をさらに2手逆算して23手詰にしましょう。

持ち駒に「歩」を追加して・・


 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓  ≪I図≫
│  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨   持ち駒:金 香 歩 歩 歩
│  │  │▽飛│▽玉┃二
┼──┼──┼──┼──┨   【23手詰】
│  │▲馬│▽金│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨   ▲1三歩 ▽同 金 以下
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │▲馬┃五
┼──┼──┼──┼──┨


※初手▲1三歩に▽2一玉と逃げるのは ▲1二金以下早詰です。

 

※初手▲1三歩に▽同玉だと・・
 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓   ≪変化図≫
│  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨   持ち駒:金 香 歩 歩
│  │  │▽飛│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨   ▲2三馬 ▽同 飛 ▲1四香
│  │▲馬│▽金│▽玉┃三  ▽2二玉 ▲1二金 ▽3一玉
┼──┼──┼──┼──┨   ▲4二金 まで早詰です
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │▲馬┃五
┼──┼──┼──┼──┨


 ≪I図≫を2手逆算して25手詰にします。さらに持ち駒に「歩」を追加・・
 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓  ≪J図≫
│  │  │  │▽玉┃一
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:金 香 歩 歩 歩 歩
│  │  │▽飛│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨  【25手詰】
│  │▲馬│▽金│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨  ▲1二歩 ▽同 玉 以下
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │▲馬┃五
┼──┼──┼──┼──┨

※初手▲1二歩に▽2一玉は ▲1一金 ▽2二玉 ▲3二歩 以下「飛車」を奪って簡単です。

 

※初手▲1四香又は▲1三香は ▽1二歩合で不詰です。

 

さぁ ここがクライマックス!「2二」の飛車合をする大チャンス到来!!

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓  ≪検討図≫
│  │  │  │▽玉┃一
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:金 香 歩 歩 歩 歩
│  │  │▽?│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨  この局面で合駒は何が最善でしょうか?
│  │▲馬│▽金│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨  「桂」「香」「歩」の合駒は
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨  ▲1二歩 ▽同玉 ▲1三歩 以下
│  │  │  │▲馬┃五   簡単なので   ▲2三馬
┼──┼──┼──┼──┨           に訂正します。<(_ _*)>
「銀合」「金合」「飛合」の3択になります

 

@まず「銀合」から・・▲1二歩 ▽同 玉 ▲1三歩 ▽同 金(▽同玉は▲2四金以下)

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓  ≪検討図A≫
│  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:金 香 歩 歩
│  │  │▽銀│▽玉┃二
┼──┼──┼──┼──┨  ここから▲2二馬 ▽同玉 ▲3三銀
│  │▲馬│  │▽金┃三
┼──┼──┼──┼──┨   ▽2三玉 ▲2四金 で
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │▲馬┃五
┼──┼──┼──┼──┨
 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓  ≪検討図B≫
│  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:香 歩 歩
│  │  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨  以下 ▽1二玉 ▲1三金 ▽同 玉
│  │▲銀│▽玉│▽金┃三
┼──┼──┼──┼──┨    ▲1四香   ▽2三玉   ▲2四金まで
│  │  │▲金│  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨   【11手早詰】です
│  │  │  │▲馬┃五
┼──┼──┼──┼──┨


@次は「金合」・・▲1二歩 ▽同 玉 ▲1三歩 ▽2一玉(▽同金は▲2二馬以下)
 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓  ≪検討図C≫
│  │  │▽玉│  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:金 香 歩 歩
│  │  │▽金│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨  ここから▲1二金 ▽同 金 ▲同歩成
│  │▲馬│▽金│▲歩┃三
┼──┼──┼──┼──┨   ▽同 玉 ▲2三馬 ▽同 玉で
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨   バラバラにして持ち駒に「金2枚」
│  │  │  │▲馬┃五
┼──┼──┼──┼──┨   あるので簡単。←【13手早詰】


よって『▽2二飛合』が最善となるのです!!

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓  ≪J図≫(再褐)
│  │  │  │▽玉┃一
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:金 香 歩 歩 歩 歩
│  │  │▽飛│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨  【25手詰】
│  │▲馬│▽金│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨  ▲1二歩 ▽同 玉 以下
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │▲馬┃五
┼──┼──┼──┼──┨

≪J図≫は玉方が「▽2二飛合」とした局面と考えると・・問題は「3三」の▲馬がどこから来たか? になります


 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│▲馬│  │  │  │▽玉┃一 ≪検討図D≫
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:金 香 歩 歩 歩 歩
│  │  │  │▽金│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨  【27手詰】
│  │  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▲3三馬引 ▽2二飛合 以下
│  │  │  │  │▲馬┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨


≪検討図D≫では初手▲3三馬引が成立します。余詰も無さそうです。

それでは▲馬をもう少し近づけてみたらどうでしょうか?
 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │▽玉┃一 ≪検討図E≫
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:金 香 歩 歩 歩 歩
│  │  │▽金│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨  【27手詰??】
│  │  │▲馬│  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨  これでは初手▲1二金 ▽同玉
│  │  │  │▲馬┃五
┼──┼──┼──┼──┨  ▲2三馬 ▽同玉 ▲3三金以下
早詰になってしまいます  そこで「3三」で駒を取ったと考えてみると・・


 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │▽玉┃一 ≪検討図F≫
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:香 歩 歩 歩 歩
│  │▽金│▽金│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨  【27手詰】▲3三馬 ▽2二飛合 以下
│  │  │▲馬│  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨  これも成立しそうです。
│  │  │  │▲馬┃五
┼──┼──┼──┼──┨

 

≪検討図F≫より▲3三馬に ▽同 金だと・・以下▲同 馬で
 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │▽玉┃一 ≪検討図G≫
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:金 金 香 歩 歩 歩 歩
│  │▲馬│  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨  「2二」に何を合駒しても▲1二歩以下
│  │  │  │  ┃五  早詰になります。
┼──┼──┼──┼──┨


 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │▽玉┃一 ≪K図≫
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:金 香 歩 歩 歩
│  │▽歩│▽金│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨  【27手詰】▲3三馬 ▽2二飛合 以下
│  │  │▲馬│  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨   ←これが最善の配置です!
│  │  │  │▲馬┃五
┼──┼──┼──┼──┨

 

▽3三歩がになって 余詰 早詰 を防いでいるのが分かりますか?

 

 ≪K図≫をさらに2手逆算して29手詰にしましょう。持ち駒に「▲桂」を加えて「金頭桂」の手筋を入れてみます。すると・・
 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │▽玉┃一 【完成図】
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▽金│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:金 桂 香 歩 歩 歩
│  │▽歩│  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨  【29手詰】
│  │  │▲馬│  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨  ▲2三桂 ▽同 金 以下
│  │  │  │▲馬┃五
┼──┼──┼──┼──┨     初形が平仮名の「」の字 に!
│  │  │  │  ┃六
┼──┼──┼──┼──┨     大成功です。

 

「握り詰」の使用駒:玉角角金金桂香歩歩歩歩 の計11枚ピッタリ

 

▲2三桂   △同 金   ▲3三馬   △2二飛合  ▲1二歩  △同 玉 ▲1三歩  △同 金   ▲2二馬   △同 玉   ▲3二金   △同 玉 ▲3三飛  △2一玉    ▲2二歩  ▽同 玉(△1二玉)  ▲1三飛成  △同 玉 ▲1四香  △2二玉   ▲2三歩  △3一玉  ▲4二金  △2一玉 ▲1一香成  △同 玉  ▲3三馬  △1二玉(▽2一玉) ▲2二馬(歩成)まで 


 最後の余詰チェックです。
 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │▽玉│  ┃一  ←≪初手▲1四香≫
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▽金│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:金 桂 歩 歩 歩
│  │▽歩│  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲馬│▲香┃四
┼──┼──┼──┼──┨   ▽2一玉で詰みません。
│  │  │  │▲馬┃五
┼──┼──┼──┼──┨


 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │▽玉│  ┃一  ←≪初手▲1二歩≫
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▽金│▲歩┃二
┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:金 桂 香 歩 歩
│  │▽歩│  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲馬│  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨   これも▽2一玉で詰みません。
│  │  │  │▲馬┃五
┼──┼──┼──┼──┨


  やった〜 ついに完成    ♪♪  \(^o^)/  ♪♪

 

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  ┃一
┼──┼──┼──┼──┨
│▲金│  │▲馬│▽玉┃二
┼──┼──┼──┼──┨  【詰め上がり図】(再褐)
│  │  │▲歩│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨

 

 使用駒がピッタリになったのは 幸運と言うよりありません

 

 

  ラストは詰将棋をどうぞ〜

 

 6  5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │▽玉│  │▽香
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  ≪詰将棋≫
│  │▲竜│▲歩│  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:銀 銀 銀
│  │  │  │  │▽馬│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  【15手詰】
│  │  │  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨ ※最後4手は2通りあります
│  │  │  │  │▲桂│  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨

解答と創作法はここをスクロール↓

 

▲4一歩成  △2一玉    ▲3一と    △同 玉    ▲4二銀    △2一玉
▲4一龍    △同 馬    ▲2二銀    △同 玉    ▲3三銀成  △2一玉
▲2二銀    △1二玉    ▲1三桂成 まで

※最後4手は △1二玉 ▲1三銀 △2一玉 ▲2二銀成(成銀)でもOK 

 6  5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │▲竜│  │▽玉│▽香
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲銀│  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  持ち駒:銀 銀
│  │  │  │  │▽馬│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │▲桂│  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨

 

↑この▲竜捨ての局面が原点。

ここから邪魔駒消去打ち換えの手筋を逆算で入れました。

 

 

 

             次回もお楽しみに〜〜♪(*^-^)ノ~~

 

                      ついでにここをクリック(^^)↓

この記事の先頭へ▲

お名前メモする

ハンゲーム Microsoft Windows および Internet Explorer 11 でご利用ください

Family Site

  • 無料マンガならcomico