きれてない?のブログ

あなたを詰将棋の世界にご案内いたします(^0_0^)

@詰将棋をどうぞ@

    ≪将棋を教える方のためにアドバイス≫  〜其の十〜

 

@駒の動かし方とルールを教えて易しい詰将棋を解けるようになった所で算数ゲームをやってみましょう。(詰将棋ばかりでは子供たちも飽きてしまうでしょうからね^^;)

 

※王様の動ける升目はいくつあるでしょうか?

 

 7  6  5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │@ │▽玉│D │  │@ │▽玉
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │A │B │C │  │A │B ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  │  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │@ │A │B │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │G │▽玉│C │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │F │E │D │  ┃六
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  │  │  ┃七
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨

@隅にいる場合・・3箇所

A端にいる場合・・5箇所

Bその他にいる場合・・8箇所 動ける 

 

※子供たちに数を数えさせること⇒正解者は誉めてあげましょう♪

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

『王手』=敵の駒の効いている場所に自分の▽玉がいる状態。

『詰み』=敵の駒の効いている場所に自分の▽玉がいて、さらにその駒を取ることが出来ない状態。と同時に▽玉の逃げ道がゼロの状態。

『詰めろ 一手スキ』=あと1手で詰みになる状態。

 ⇒これを完全に理解させることは結構難しいものです。

 

※次は王手の可能性について・・駒は沢山用意した方が良いでしょう。歩以外で3組あれば完璧!

 

A「歩」の場合・・一箇所のみ 最下段は王手できない

 

 7  6  5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │▽玉│  │  │  │▽玉
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲歩│  │  │  │▲歩┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  │  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │▽玉│  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │▲歩│  │  ┃六
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  │  │  ┃七
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  │  │  ┃八
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  │  │▽玉┃九
┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛

 

A「桂」の場合・・2〜8筋は2箇所 1,9筋は1箇所

下から2段目までは王手できない。

 7  6  5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │▽玉│  │  │  │▽玉
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │@桂│  │A桂│  │@桂│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │▽玉│  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  │  │  ┃六
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │@桂│  │A桂│  ┃七
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  │  │▽玉┃八
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  │  │  ┃九
┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛

 

B「香」の場合・・最大で8箇所 最下段は王手できない

 7  6  5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  │  │  │▽玉
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  │  │@ ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │▽玉│  │A ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │@ │  │B ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▽玉│  │A │  │C ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │@ │  │B │  │D ┃六
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│▽玉│  │A │  │C │  │E ┃七
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│@ │  │B │  │D │  │F ┃八
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│A香│  │C香│  │E香│  │G香┃九
┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛

#しっかり数を数えさせることが重要です。「香」は遠くから効かせると効果が高いということを理解させましょう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

C「金」の場合・・さてここからが本題です


 7  6  5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │▲金│▽玉│▲金│  │▲金│▽玉
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲金│▲金│▲金│  │▲金│▲金┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  │  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲金│  │  │  │▲金┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲金│▽玉│▲金│  │▲金│▽玉┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲金│▲金│▲金│  │▲金│▲金┃六
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  │  │  ┃七
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲金│  │  │  │▲金┃八
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲金│▽玉│▲金│  │▲金│▽玉┃九
┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛

 かなり王手の数が増えますね〜 

※王手の可能性が多い ⇒「詰み」になりやすいということです。

 

特に敵の▽玉が自陣最下段にいる時は周りのマスのすべてで王手がかかります。 ・・つまり自陣最下段に▽玉がいる場合は持ち駒に

▲金 があると非常に有利になるということです!

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

D「銀」の場合・・「金」よりは王手の数は少し減りますね〜


 7  6  5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │▽玉│  │  │  │▽玉
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲銀│▲銀│▲銀│  │▲銀│▲銀┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  │  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲銀│  │▲銀│  │▲銀│  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▽玉│  │  │  │▽玉┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲銀│▲銀│▲銀│  │▲銀│▲銀┃六
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  │  │  ┃七
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲銀│  │▲銀│  │▲銀│  ┃八
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▽玉│  │  │  │▽玉┃九
┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛

※特に▽玉が敵陣の最下段にいる時は極端に王手の数が減ってしまいます^^;  ・・つまり陣最下段に▽玉が入った場合 「詰み」にはなりにくいということです!

 

@これも ▽玉の位置によって数をしっかり数えさせることが大切

⇒正解者は誉めてあげましょう♪

 

#次回はいよいよ大駒の登場です!    つづく・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

       ≪前回の次の一手の解答≫

 

 ▽後手持ち駒:飛 桂 桂 歩 歩 歩   【正解図】
 
 9  8  7  6  5  4  3  2  1
┏━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
┃▽香│  │  │  │▲金│▲角│  │  │▽香
┃一
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │▽歩│  │  │  │  │▽銀│▽玉┃二
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▽歩│  │  │  │  │▲金│  │▽歩│  ┃三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │▽歩│▲銀│▽歩┃四
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │▽歩│▽角│  │  │  │  ┃五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▲歩│  │  │  │  │  │▲歩│  │  ┃六
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │▲歩│  │▲歩│  │  │  │▲歩│▲歩┃七
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▲香│  │  │  │▽と│  │▲金│▲銀│▲香┃八
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │▲桂│  │  │  │▽竜│  │▲桂│▲玉┃九
┗━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛

 ▲先手持ち駒:金 銀 歩 歩   ▲2四銀が正解!

 

※この手は▲1三銀(金)以下の「詰めろ」です。穴熊は詰まないので受ける一手。

@▽2四同歩は ▲2三銀と打ち込めば詰み

A▽4三竜と「金」を取る手には ▲3二銀!と「詰めろ竜取り」

に打ちます。▽同竜は ▲同角成 で必至になります。▽4一竜と

角を取れば・・  ▲1三金!と打って詰み!!

               ↓   ↓

 ▽後手持ち駒:飛 角 金 桂 桂 歩 歩 歩
 
 9  8  7  6  5  4  3  2  1
┏━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
┃▽香│  │  │  │▲金│▽竜│  │  │▽香
┃一
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │▽歩│  │  │  │▲銀│▽銀│▽玉┃二
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▽歩│  │  │  │  │  │  │▽歩│▲金┃三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │▽歩│▲銀│▽歩┃四
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │▽歩│▽角│  │  │  │  ┃五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▲歩│  │  │  │  │  │▲歩│  │  ┃六
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │▲歩│  │▲歩│  │  │  │▲歩│▲歩┃七
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▲香│  │  │  │▽と│  │▲金│▲銀│▲香┃八
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │▲桂│  │  │  │  │  │▲桂│▲玉┃九
┗━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛

▲先手持ち駒:歩 歩  この手を見越した銀打ちだった訳です。

 

B【正解図】から▽3一桂と受ける手には ▲2一銀と打ち ▽同玉

▲3二角成 ▽1二玉 に・・▲3三金打! これで完全必至!!

                ↓

 ▽後手持ち駒:飛 銀 桂 桂 歩 歩 歩   【変化図】A
 
 9  8  7  6  5  4  3  2  1
┏━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
┃▽香│  │  │  │▲金│  │  │  │▽香
┃一
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │▽歩│  │  │  │▲馬│▽銀│▽玉┃二
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▽歩│  │  │  │  │▲金│▲金│▽歩│  ┃三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │▽歩│▲銀│▽歩┃四
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │▽歩│▽角│  │  │  │  ┃五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▲歩│  │  │  │  │  │▲歩│  │  ┃六
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │▲歩│  │▲歩│  │  │  │▲歩│▲歩┃七
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▲香│  │  │  │▽と│  │▲金│▲銀│▲香┃八
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │▲桂│  │  │  │▽竜│  │▲桂│▲玉┃九
┗━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛

▲先手持ち駒:歩 歩   ここまで読み切れたら四段以上です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

さて・・ 今回は趣向を変えて必至問題にしましょう。使用するのは小駒のみ

 

必至(ひっし)⇒王手をかけないで「受けなし」にすることです。

分かっていても次の詰みが受からない状態を作って下さい。(^0_0^)

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓ @
│  │  │▲金│▽香
┃一
┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・歩
│  │  │▲銀│▽玉┃二
┼──┼──┼──┼──┨  ←【1手必至】
│  │  │▽歩│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃四  解答はここをスクロール
┼──┼──┼──┼──┨      ↓
│  │  │  │  ┃五   ▲1四歩まで
┼──┼──┼──┼──┨

 

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓ A
│  │  │▲金│▽香
┃一
┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・桂
│  │  │▲銀│▽玉┃二
┼──┼──┼──┼──┨  ←【1手必至】
│  │  │▽歩│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃四  解答はここ
┼──┼──┼──┼──┨      ↓
│  │  │  │  ┃五   
▲2五桂まで
┼──┼──┼──┼──┨

    5    4     3     2     1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓  B
│    │    │    │▽桂│▽玉
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・金
│  │  │▲金│▽香│▽香┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ←【1手必至】
│  │  │  │  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │▽歩┃四  解答はここ
┼──┼──┼──┼──┼──┨     ↓
│  │  │  │  │  ┃五  ▲3一金打まで
┼──┼──┼──┼──┼──┨
 

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓   C
│  │  │  │▽桂│▽香
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・金 銀
│  │  │▲銀│▽玉│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨   ←【1手必至】
│  │▲金│  │▽歩│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │▽歩┃四  解答はここ
┼──┼──┼──┼──┼──┨      ↓
│  │  │  │  │  ┃五   ▲2四銀まで
┼──┼──┼──┼──┼──┨

 

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓   D
│  │  │▽玉│▽桂│▽香
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・金 桂
│  │  │▽銀│  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ←【1手必至】
│  │▲銀│  │  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃四  解答はここ
┼──┼──┼──┼──┼──┨     ↓
│  │  │  │  │  ┃五  
▲3四桂まで
┼──┼──┼──┼──┼──┨


 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓   E
│  │  │  │  │▽香
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・金 銀
│  │  │  │  │▽玉┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ←【1手必至】
│  │  │▲銀│▽歩│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │▽歩┃四  解答はここ
┼──┼──┼──┼──┼──┨     ↓
│  │  │  │  │  ┃五   
▲2二銀打まで
┼──┼──┼──┼──┼──┨

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓   F
│  │  │  │  │  
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・金 銀
│  │  │  │▲銀│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ←【1手必至】
│  │  │  │▽歩│  ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▽歩│▽玉│▽歩┃四  解答はここ
┼──┼──┼──┼──┼──┨      ↓
│  │  │  │  │  ┃五   ▲2五金まで
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃六
┼──┼──┼──┼──┼──┨

 

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓   G
│  │  │  │▽玉│  
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒・・金 銀 桂
│  │  │  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ←【1手必至】
│  │  │  │  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨  #これは有名な必至!
│  │  │  │  │  ┃四  必ず覚えましょう。
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃五 解答はここ⇒ ▲2三銀まで
┼──┼──┼──┼──┼──┨

 

@物足りない方のためにもう1問 今度は普通の実戦詰将棋です。

 

 ▽後手持ち駒:銀 桂 歩8枚  〜中級編〜@
 
 9  8  7  6  5  4  3  2  1
┏━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
┃▽香│▽玉│▽金│  │  │  │  │  │▽香
┃一
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │▲竜│  │  ┃二
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▽歩│▽歩│  │▽歩│  │  │  │▽歩│▽歩┃三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │▲桂│  │  │  │▽銀│  │  ┃四
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │▽角│▽歩│  │▲歩│  ┃五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▲歩│▲歩│  │  │▲桂│  │  │  │  ┃六
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │▲金│  │  │  │  │▲銀│▲歩┃七
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │▲玉│▲金│  │  │  │  │  │  ┃八
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▲香│▲桂│  │▽竜│  │  │  │  │▲香┃九
┗━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛

 ▲先手持ち駒:角 金 銀 【13手詰】 先手番です

#9手目は2通り 11手目は3通りあります。

解答はここ

  ↓

▲9二角 ▽同 香 ▲8二銀 ▽同 角 ▲同桂成 ▽同 金

▲7一金 ▽同 玉 ▲5三(4四)角 ▽8一玉 ▲4一(3一

2一)竜 ▽7二玉 ▲7一竜 まで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

@さらにもう1問・・ 今度は盤面を反転させて持ち駒の「歩」を

移動した局面です。

 

 ▽後手持ち駒:角 銀 歩8枚
 
 9  8  7  6  5  4  3  2  1
┏━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
┃▽香│  │  │  │  │▲竜│  │▽桂│▽香
┃一
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │▽金│▽玉│  ┃二
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▽歩│▽銀│  │  │  │  │▽金│  │  ┃三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │▽桂│  │  │▽歩│▽歩┃四
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │▽歩│  │▲歩│▲角│  │  │  │  ┃五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │▲銀│  │  │  │▽桂│  │  ┃六
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▲歩│▲歩│  │  │  │▲歩│  │▲歩│▲歩┃七
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │▽竜│  │  │  │  │  │  ┃八
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▲香│  │  │  │  │  │▲金│▲玉│▲香┃九
┗━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛

 ▲先手持ち駒:金 銀 桂 【15手詰】 先手番です

解答はここ

  ↓

▲3三角成 ▽同 桂 ▲2三金 ▽同 玉 ▲3五桂 ▽1三玉

▲2三金 ▽同 金 ▲同桂成 ▽同 玉 ▲3二銀 ▽3四玉

▲4三竜 ▽3五玉 ▲2六金 まで

それでは次回もお楽しみに〜〜♪(*^-^)ノ~~

この記事の先頭へ▲

お名前メモする