きれてない?のブログ

あなたを詰将棋の世界にご案内いたします(^0_0^)

【詰将棋の作り方57】

@先日のNHK杯決勝の生放送は面白かったですね。(^0_0^) 前回は

『詰将棋五十音図』を紹介しましたが 将棋びゅーびゅーれびゅー

というサイトには2007年のNHK杯の全棋譜が収められています。

ほかに名人戦の棋譜 や 渡辺竜王vsBonanza の棋譜もあります。

(サイトの下の方にある) Javaをインストールしないと見れないので注意してね♪ もし興味のある方は 将棋びゅーびゅーれびゅー で検索してみて下さい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

@さて・・今回のテーマは次の有名な図

 

     【A図】

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │▽桂│  
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒:歩
│  │  │  │▽玉│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ←【7手詰】
│  │  │  │  │▽歩┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▲竜│▲歩│  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

▲2三歩不成 ▽1一玉 ▲1二歩 ▽同 玉 ▲3二竜 

▽1一玉 ▲2二竜(歩成) まで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


  【詰め上がり図】

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │▽桂│▽玉
┃一
┼──┼──┼──┼──┨  #実戦では絶対出てこない
│  │  │▲竜│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨  「歩不成」
│  │  │▲歩│▽歩┃三
┼──┼──┼──┼──┨  
│  │  │  │  ┃四 知らない人は驚くでしょう。
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┨ 

 

@ちなみに次の図でも手順は同じです。

 

     【B図】

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │▽桂│  
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒:なし
│  │  │  │▽玉│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ←【7手詰】
│  │  │  │▽歩│▽歩┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨  #ここから逆算スタートです
│  │  │▲竜│▲歩│  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨   さてどうなるか?
│  │  │  │  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

@2手逆算して9手詰にします。▲竜が移動したと考えて

 

    《第1図》

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓  ▲持ち駒:なし
│  │  │  │▽桂│  
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ←【9手詰】
│  │▽歩│  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▲3四竜 ▽2二玉 以下
│  │  │▽玉│▽歩│▽歩┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │▲歩│  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲竜│▲歩│  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

@この調子で逆算していくと・・

 

         《やり過ぎの図》

  9  8  7  6  5  4  3  2  1
┏━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
┃  │  │  │  │  │  │  │▽桂│  
┃一
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │▽歩│  │  │  ┃二
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │▽歩│  │  │▽歩│▽歩┃三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │▽歩│  │  │  │▲歩│  ┃四
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │▽歩│  │  │  │▲歩│  │  ┃五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │▽歩│  │  │  │▲歩│  │  │  ┃六
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │▽玉│  │▲歩│  │  │  │  ┃七
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │▲歩│  │  │  │  │  ┃八
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │▲竜│▲歩│  │  │  │  │  │  ┃九
┗━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛

  ▲持ち駒:なし    【17手詰】

#これはチョッとやり過ぎですな (^_^;) ・・という訳で

 形を変えてみます。

 

      《第2図》

 6  5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  │▽桂│  
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒:なし
│  │  │▽銀│  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  ←【9手詰】
│  │  │  │▽玉│▽歩│▽歩┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  #▲3四竜 ▽2二玉
│  │▲竜│  │  │▲歩│  ┃四  以下
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  │  ┃五  少し実戦形風?に
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨     してみました
│  │  │  │  │▲桂│  ┃六  この方が良さそう。
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨

 

@さらに2手逆算して11手詰にしましょう。▲竜を動かしてみます

 

      《第3図》

 6  5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  │▽桂│  
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒:なし
│  │  │▽銀│  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  ←【11手詰】
│▲竜│  │  │  │▽歩│▽歩┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  #
▲5四竜 ▽3三玉
│  │  │▽玉│  │▲歩│  ┃四  以下
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲歩│  │▽歩│  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  #この場合初手は
│  │  │  │  │▲桂│  ┃六 ▲5四竜しかないので
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  竜は別の位置の方が

                     良さそうです。

      《第4図》

 6  5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │▲竜│  │  │▽桂│  
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒:なし
│  │  │▽銀│  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  ←【11手詰】
│  │  │  │  │▽歩│▽歩┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  #
▲5四竜 ▽3三玉
│  │  │▽玉│  │▲歩│  ┃四  以下
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲歩│  │▽歩│  │  ┃五 #この方が逆算
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨     しやすそうです
│  │  │  │  │▲桂│  ┃六
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨

@さらに2手逆算して13手詰にしましょう。駒取りは入れられないので「駒捨て」を入れます。

 

      《第5図》

 6  5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │▲竜│  │  │▽桂│  
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒:飛
│  │  │▽銀│  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  ←【13手詰】
│  │  │▽玉│  │▽歩│▽歩┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  #
▲4四飛 ▽同玉
│  │  │  │  │▲歩│  ┃四  以下
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲歩│  │▽歩│  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨ #見え見えの飛捨て^^;

│  │  │  │  │▲桂│  ┃六
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨

#「4四」に持ち駒を捨てるのはこれしかない。

 

盤上で捨てるのはどうか?

      《第6図》

 6  5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │▲飛│  │  │▽桂│  
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒:なし
│  │  │▽銀│  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  ←【13手詰】
│  │▲角│▽玉│  │▽歩│▽歩┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  #▲4四角成 ▽同玉
│  │  │  │  │▲歩│  ┃四  以下
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲歩│  │▽歩│  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨ #見え見えの角捨て^^;

│  │  │  │  │▲桂│  ┃六
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨

#5一の竜を飛車に換えました。この方が続きそうです。

 

@さらに2手逆算して15手詰にしましょう。今度は「4三」に

捨て駒を入れて・・

      《第6図》

 6  5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │▲飛│  │  │▽桂│  
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒:なし
│  │  │▽銀│▽玉│  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  ←【15手詰】
│  │▲角│  │  │▽歩│▽歩┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  #
▲4三金 ▽同玉
│  │▲金│  │  │▲歩│  ┃四  以下
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲歩│  │▽歩│  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨ #見え見えの金捨て^^;

│  │  │  │  │▲桂│  ┃六
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨

#本当は持ち駒の「金」か「銀」を捨てたいのですが

▲2三歩成 ▽同 玉 ▲2一竜 の筋があって上手くいきません。

 

@余詰は無いか調べてみます。《第6図》から▲4二角成 ▽同 玉

▲5三飛成 ▽3一玉 ▲4二銀・・

 

      《変化図1》

 6  5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │▽玉│▽桂│  
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒:なし
│  │  │▲銀│  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲竜│  │  │▽歩│▽歩┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨ #以下▽2二玉
│  │▲金│  │  │▲歩│  ┃四 ▲2三竜(歩成)で
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨    
打ち歩詰
│  │▲歩│  │▽歩│  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨   大丈夫です。

│  │  │  │  │▲桂│  ┃六
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨

 

      【完成図】

 6  5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │▲飛│  │  │▽桂│  
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒:なし
│  │  │▽銀│▽玉│  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  ←【15手詰】
│  │▲角│  │  │▽歩│▽歩┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲金│  │  │▲歩│  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨ #冴えない手順ですが
│  │▲歩│  │▽歩│  │  ┃五 これで良しとしよう。
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨

│  │  │  │  │▲桂│  ┃六
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨

▲4三金 ▽同 玉 ▲4四角成 ▽同 玉 ▲5四飛成 ▽3三玉 ▲3四竜 ▽2二玉 ▲2三歩不成 ▽1一玉 ▲1二歩 

▽同 玉 ▲3二竜 ▽1一玉 ▲2二竜(歩成) まで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


        【詰め上がり図】

 6  5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  │▽桂│▽玉
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │▽銀│  │▲竜│  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  #やはり逆算には
│  │  │  │  │▲歩│▽歩┃三  向いてない素材
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  だったようです(-_-;)
│  │  │  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨  #今回は失敗例
│  │▲歩│  │▽歩│  │  ┃五  ということで・・
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │▲桂│  ┃六
┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

※ここで詰将棋を解く時に役に立つコツをひとつ・・

 

 《歩頭の置き駒は捨てろ!》

 

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓  【A図】
│  │  │  │  
┃一
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲金│  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨
│  │▲歩│  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨

 4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┓  【B図】
│  │  │  │  
┃一
┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┨  ・・とこんな初形だったら
│  │▲飛│  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┨  3三の「金 飛車」は
│  │▲歩│  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┨  捨て駒率95%以上!(b ̄▽ ̄)♪


@例を挙げましょう


  5  4  3  2  1
━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
 │  │  │  │▽桂│▽香
┃一  〜中級編〜
─┼──┼──┼──┼──┼──┨
 │  │  │  │  │▽玉┃二
─┼──┼──┼──┼──┼──┨  ▲持ち駒:銀 桂 香 歩
 │  │▲馬│▲角│  │  ┃三
─┼──┼──┼──┼──┼──┨  ←【13手詰】
 │  │  │▲歩│▽歩│▽歩┃四
─┼──┼──┼──┼──┼──┨  #3三の角に注目!
 │  │▽飛│▽歩│  │  ┃五
─┼──┼──┼──┼──┼──┨  #余詰があったので修正
 │  │  │  │  │  ┃六  しました。(._.)
─┼──┼──┼──┼──┼──┨  盤上に▽4五飛を追加

解答はここをスクロール♪

  ↓

▲1三歩 ▽同 玉 ▲2五桂 ▽同 歩 ▲2四銀 ▽1二玉

▲1三香 ▽同 桂 ▲2二角成 ▽同 玉 ▲3三歩成 ▽1二玉▲2三銀成(不成)又は▲2三と まで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

  ※最後に次の一手問題をどうぞ 穴熊党なら簡単かな?

 

 ▽後手持ち駒:飛 桂 桂 歩 歩 歩
 
 9  8  7  6  5  4  3  2  1
┏━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
┃▽香│  │  │  │▲金│▲角│  │  │▽香
┃一
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │▽歩│  │  │  │  │▽銀│▽玉┃二
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▽歩│  │  │  │  │▲金│  │▽歩│  ┃三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │▽歩│  │▽歩┃四
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │▽歩│▽角│  │  │  │  ┃五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▲歩│  │  │  │  │  │▲歩│  │  ┃六
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │▲歩│  │▲歩│  │  │  │▲歩│▲歩┃七
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▲香│  │  │  │▽と│  │▲金│▲銀│▲香┃八
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │▲桂│  │  │  │▽竜│  │▲桂│▲玉┃九
┗━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛

 ▲先手持ち駒:金 銀 銀 歩 歩  先手番です

 

  解答はコメント欄にどうぞ

 

 

      次回もお楽しみに〜〜♪(*^-^)ノ~~

 

 

 コピー用 ご自由にお使いください。

  ↓

 

 ▽後手持ち駒:
 
 9  8  7  6  5  4  3  2  1
┏━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  
┃一
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃二
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃四
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃六
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃七
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃八
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃九
┗━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛

 ▲先手持ち駒:

 

 ▲持ち駒・・      ←【手詰】

 

▲飛 ▲竜 ▲角 ▲馬 ▲金 ▲銀 ▲全 ▲桂 ▲圭 ▲香 

▲杏 ▲歩 ▲と ▲玉

 

▽飛 ▽竜 ▽角 ▽馬 ▽金 ▽銀 ▽全 ▽桂 ▽圭 ▽香

▽杏 ▽歩 ▽と ▽玉

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

使用上の注意・・この盤面をコピーして使用する時は

文字の書体を『MSゴシック』又は『MS明朝』

大きさは『大』統一することブログ全体で統一して下さい。

そうしないと盤面がグチャグチャになり修正できなくなります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

※もしブログの途中で書体を変える場合は・・

 

@先に盤面をコピーして

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  │  
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ←A 真ん中のこの辺に
│  │  │  │  │  ┃三   もう一度コピーします
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

 

Bそして上と下の部分を消します(青い所)

  そうすれば盤面はずれません

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  │  
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨ ←ここを消す
│  │  │  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨

 5  4  3  2  1
┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
│  │  │  │  │  
┃一
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃二
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨


│  │  │  │  │  ┃三
┼──┼──┼──┼──┼──┨  ←ここも消す
│  │  │  │  │  ┃四
┼──┼──┼──┼──┼──┨
│  │  │  │  │  ┃五
┼──┼──┼──┼──┼──┨

 

この記事の先頭へ▲

お名前メモする