きれてない?のブログ

あなたを詰将棋の世界にご案内いたします(^0_0^)

【詰将棋の作り方56】

いきなりですが・・皆さん 『詰将棋おもちゃ箱』 というサイトをご存知ですか?

ズバリ!詰将棋マニア必見のサイトです。お薦めは「詰将棋美術舘」。初形曲詰

あぶり出し曲詰 2段曲詰 の傑作が集まっています(右上の方にあります)

最初はアート No.38 橋本孝治先生 (1525手詰のミクロコスモスの作者)の 「ネ」⇒「コ」 の2段曲詰をご覧になって下さい。まさに感動モノ・(@_@)

ちなみに「きれてない?のブログ」も紹介されてます。(詰将棋サイト一欄のカ行

の左側の所) もし興味のある方は『詰将棋おもちゃ箱』 で検索してみてね♪ 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

@さて前回の続きから・・

 

 ギリギリの地点それは・・そう!『5一』に置くのです!!

 

  9  8  7  6  5  4  
┏━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯  ≪第5図≫
┃▽香│▽桂│  │  │▲竜│  │

┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼  ▲持ち駒:銀 銀 

┃  │  │▽玉│  │  │  │二
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼  ←【17手詰】
┃  │  │▽歩│  │▲角│  │三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼ #▲5二竜 ▽6二歩合
┃▽歩│▽歩│  │  │  │  │四  以下

┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼ 
┃  │  │  │  │  │  │五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼

#余詰チェックしてみます。初手▲7一竜は ▽8三玉から▽7四玉と逃げられます。そこで ▲6二竜 ▽8三玉だと・・

 

     【検討図】@

  9  8  7  6  5  4  
┏━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯
┃▽香│▽桂│  │  │  │  │

┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼  ▲持ち駒:銀

┃  │  │▲銀│▲竜│  │  │二
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼
┃  │▽玉│▽歩│  │▲角│  │三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼  #ここで▲7二銀に
┃▽歩│▽歩│  │  │  │  │四 ▽7四玉なら

┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼ 
┃  │  │  │  │  │  │五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼

#以下▲6四竜 ▽8五玉 ▲7五竜 ▽9六玉 ▲8六竜 まで

これは前にやった変化と同じです。そこで▽9三玉と逃げる・・

 

     【検討図】A

  9  8  7  6  5  4  
┏━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯
┃▽香│▽桂│  │  │  │  │

┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼  ▲持ち駒:なし

┃  │▲銀
▲銀│▲竜│  │  │二
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼
┃▽玉│  │▽歩│  │▲角│  │三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼  #ここで▲8二銀に
┃▽歩│▽歩│  │  │  │  │四 ▽9二玉なら

┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼ 
┃  │  │  │  │  │  │五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼

#以下▲8一銀不成 ▽8三玉 ▲7三銀 まで。

そこで ▽同 玉 ▲7一竜 ▽9三玉 ▲8二竜 ▽同 玉 

▲7一馬 ▽9二玉 

       ↓

     【検討図】B(不詰)

  9  8  7  6  5  4  
┏━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯
┃▽香│▽桂│▲馬│  │  │  │

┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼  ▲持ち駒:なし

┃▽玉│  
▲銀│  │  │  │二
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼
┃  │  │▽歩│  │  │  │三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼  #歩が足りない(>_<)
┃▽歩│▽歩│  │  │  │  │四

┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼ 
┃  │  │  │  │  │  │五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼

@やはり「合駒請求」が必要なことがわかりますね?

≪第5図≫をさらに2手逆算して19手詰にしましょう。持ち駒の

「銀」を一枚途中入手します。できるだけ実戦形に近づけてみましょう。

  9  8  7  6  5  4  
┏━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯  ≪第6図≫
┃▽香│▽桂│  │  │▲竜│  │

┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼  ▲持ち駒:銀

┃  │▽玉│▽銀│  │  │▲竜│二
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼  ←【19手詰】
┃  │  │▽歩│  │▲角│  │三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼  #▲7二竜 ▽同 玉
┃▽歩│▽歩│  │  │  │  │四  以下

┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼ 
┃  │  │  │  │  │  │五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼

安易ですが駒取りを入れてみました。▲竜の置き場は「4二」が

最善です。もし「4二」の竜を「5二」に置くと初手▲7一竜から

余詰が生じます。≪第6図≫から▲7一竜 は相当きわどい『紛れ』

です。 以下▽9三玉 ▲8二銀 ▽8三玉 で ⇒【変化@図】

 

      【変化@図】

  9  8  7  6  5  4  
┏━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯
┃▽香│▽桂│▲竜│  │  │  │

┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼  ▲持ち駒:なし

┃  │▲銀│▽銀│  │  │▲竜│二
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼
┃  │▽玉│▽歩│  │▲角│  │三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼  
#さて・・詰むのか?
┃▽歩│▽歩│  │  │  │  │四

┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼ 
┃  │  │  │  │  │  │五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼

#以下▲7二竜引 ▽7四玉 に ▲4四竜

 

      【変化A図】

  9  8  7  6  5  4  
┏━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯
┃▽香│▽桂│  │  │  │  │

┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼  ▲持ち駒:銀

┃  │▲銀│▲竜│  │  │  │二
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼
┃  │  │▽歩│  │▲角│  │三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼  
#際どい・・
┃▽歩│▽歩│▽玉│  │  │▲竜│四

┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼ 
┃  │  │  │  │  │  │五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼

#以下▽8五玉 ▲5五竜 ▽7五玉(▽8六玉は詰み)▲5六竜

   ▽6六歩合

      ↓

     【変化B図】

  9  8  7  6  5  4  
┏━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯
┃▽香│▽桂│  │  │  │  │

┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼
┃  │▲銀│▲竜│  │  │  │二
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼  ▲持ち駒:銀
┃  │  │▽歩│  │▲角│  │三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼
┃▽歩│▽歩│  │  │  │  │四
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼  #捕まらない・・
┃  │  │  │  │  │  │五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼
┃  │  │▽玉│▽歩│▲竜│  │六
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼
┃  │  │  │  │  │  │七
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼
┃  │  │  │  │  │  │八
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼
┃  │  │  │  │  │  │九
┗━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

@さて いよいよ仕上げに入ります。

  9  8  7  6  5  4  
┏━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯  ≪第6図≫(再褐)
┃▽香│▽桂│  │  │▲竜│  │

┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼  ▲持ち駒:銀

┃  │▽玉│▽銀│  │  │▲竜│二
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼  ←【19手詰】
┃  │  │▽歩│  │▲角│  │三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼  #▲7二竜 ▽同 玉
┃▽歩│▽歩│  │  │  │  │四  以下

┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼ 
┃  │  │  │  │  │  │五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼

≪第6図≫を さらに2手逆算して21手詰にしましょう。持ち駒の残りの「銀」を

盤上で途中入手します。できるだけ実戦形にしたいところです。

 

            【完成図】

  9  8  7  6  5  4  3  
┏━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯
┃▽香│▽桂│  │▽銀│▲竜│  │  │

┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼  ▲持ち駒:なし
┃  │▽玉│▽銀│▲馬│  │▲竜│  │二
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼  ←【21手詰】
┃  │  │▽歩│  │▲角│  │  │三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼ #▲7二馬
┃▽歩│▽歩│  │  │  │  │  │四 ▽同 銀 以下
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼
┃  │  │  │  │  │  │  │五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼


@またまた安易ですが・・^^; ▲馬で▽銀を取る 手順を入れました。図形的に面白いかな? 大ゴマが中央でひし形になっている覚えやすい初形でしょう。

 

▲7二馬 ▽同 銀 ▲同 竜 ▽同 玉 ▲5二竜 ▽6二歩合 ▲同 竜▽8三玉 ▲7二銀 ▽9三玉 ▲8二銀 ▽同 玉 ▲7一竜 ▽9三玉

▲8二竜 ▽同 玉 ▲7一角成 ▽9二玉 ▲9三歩 ▽同 桂

▲8一馬 まで

          【完成詰め上がり図】

  9  8  7  6  5  4  
┏━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯
┃▽香│▲馬│  │  │  │  │

┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼  アルファベットの
┃▽玉│  │▲銀│  │  │  │二
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼  《D》が完成!
┃▽桂│  │▽歩│  │  │  │三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼  やった〜(b ̄▽ ̄)♪
┃▽歩│▽歩│  │  │  │  │四
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼
┃  │  │  │  │  │  │五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼

 

@ちなみに初手▲7一馬は ▽9二玉 ▲8一馬 ▽9三玉で詰みま

 せん。念のため・・

 

      【変化D図】(不詰)

  9  8  7  6  5  4  3  
┏━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯
┃▽香│▲馬│  │▽銀│▲竜│  │  │

┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼  ▲持ち駒:桂
┃  │  │▽銀│  │  │▲竜│  │二
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼
▽玉│  │▽歩│  │▲角│  │  │三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼
┃▽歩│▽歩│  │  │  │  │  │四
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼
┃  │  │  │  │  │  │  │五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼

 

 ふぅ〜長編になってしまった・・次回は1話完結にしよっと(^_-)


 

       次回もお楽しみに〜♪(*^-^)ノ~~

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 @最後に実戦取材の詰将棋をどうぞ〜

 

 〜初級編〜 ▽後手持ち駒:金 銀 銀 歩  (▲圭=▲成桂)
 
 9  8  7  6  5  4  3  2  1
┏━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
┃▽香│▽桂│▽銀│  │▽金│▽玉│  │▽桂│▽香
┃一
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃二
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │▽歩│▽歩│▲圭│▽金│  │▽歩│▽歩┃三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▽歩│  │  │  │▽歩│  │  │  │  ┃四
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │▽歩│▲歩│  ┃五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▲歩│  │  │  │  │  │  │▽角│▲歩┃六
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▲角│▲歩│▲歩│▲歩│▲歩│▲歩│  │  │  ┃七
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │▲玉│▲金│▲銀│  │  │  │  ┃八
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▲香│▲桂│  │  │▽竜│  │  │  │▲香┃九
┗━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛

 ▲先手持ち駒:飛 歩 歩  【7手詰】 先手番です

 (持ち駒の歩2枚は余ります

 

 解答はここをスクロール又はCtrl+A 解除は左クリックです。

    ↓

▲3一飛 ▽同 玉 ▲4三成桂 ▽2二玉 ▲3一角成 ▽同 玉▲3二金 まで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

@次は盤面を反転させて一手戻した局面。何と恐ろしいことに後手玉に詰みが生じていたのです!(゚o゚)! 普通の詰将棋なら絶対に詰まないのですが、持ち駒が悪すぎるため詰んでしまう例です。

一見▽1三角が良く効いて不詰??と思えますが・・

 

 〜超上級編〜 ▽後手持ち駒:飛 歩 歩  (▽圭=▽成桂)
  9  8  7  6  5  4  3  2  1
┏━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
┃▽香│  │  │  │▲竜│  │  │▽桂│▽香
┃一
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │▽銀│▽金│▽玉│  │  ┃二
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │▽歩│▽歩│▽歩│▽歩│▽歩│▽角┃三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▽歩│▲角│  │  │  │  │  │  │▽歩┃四
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │▽歩│▲歩│  │  │  │  │  │  ┃五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │▲歩│  │  │  │▲歩┃六
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▲歩│▲歩│  │▽全│▽圭│▲歩│▲歩│  │  ┃七
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │▲金│  │  │  │  │  │  ┃八
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃▲香│▲桂│  │▲玉│▲金│  │▲銀│▲桂│▲香┃九
┗━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛

 ▲先手持ち駒:金 銀 歩 【27手詰】 先手番です

※17手目は3通りあります

 

20分で三段以上 10分で四段以上 5分で五段以上

3分でプロか奨励会クラス 1分で若島正クラス(笑)

3秒で将棋ソフトクラス(爆笑) さぁあなたは自力で解けるか?

 解答はここ

   ↓

▲2二金 ▽同 玉 ▲4二竜 ▽3二金合 ▲3一銀 ▽1二玉

▲3二竜 ▽2二飛合 ▲同銀成 ▽同 角 ▲2三竜 ▽同 玉

▲2四歩 ▽3四玉 ▲4五金 ▽2四玉 ▲2六(2七 2八)飛 ▽2五歩合 ▲同 飛 ▽同 玉 ▲3五金打 ▽2六玉 

▲2七歩 ▽同 玉 ▲2八歩 ▽2六玉 ▲3六金 まで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 コピー用 ご自由にお使いください。

  ↓

 

 ▽後手持ち駒:
 
 9  8  7  6  5  4  3  2  1
┏━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┯━━┓
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  
┃一
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃二
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃三
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃四
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃五
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃六
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃七
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃八
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
┃  │  │  │  │  │  │  │  │  ┃九
┗━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┷━━┛

 ▲先手持ち駒:

 

 ▲持ち駒・・      ←【手詰】

 

▲飛 ▲竜 ▲角 ▲馬 ▲金 ▲銀 ▲全 ▲桂 ▲圭 ▲香 

▲杏 ▲歩 ▲と ▲玉

 

▽飛 ▽竜 ▽角 ▽馬 ▽金 ▽銀 ▽全 ▽桂 ▽圭 ▽香

▽杏 ▽歩 ▽と ▽玉

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

使用上の注意・・この盤面をコピーして使用する時は

文字の書体を『MSゴシック』又は『MS明朝』

大きさは『大』統一することブログ全体で統一して下さい。

そうしないと盤面がグチャグチャになり修正できなくなります 

この記事の先頭へ▲

お名前メモする