母よ 私の乳母車を押せ 泣きぬれる夕日に向かって…

この頃はほぼ写真のアップだけになっています。時折お料理も載せるかも??

2019年02月10日の記事

デジカメの為の習作その169「比べてみました。」

角手に入れたEM−1ですし、

手持ちのレンズを装着した場合どうなるのか?

興味のある所でしたので、試してみる事にしました。

レンズはGF6のキットレンズの内の一本、

LUMIX G VARIO 45-150 F4.0-5.6 です。

価格.comで中古が約14.000円程度です。

因みにEM−1と一緒に購入したのは

ZUIKO 12-40 PRO F2.8(通し)です。

同じく価格は70,000円程度です。 

 

以前のGF6の場合このレンズの望遠端は、

結構AFに迷いがあって、折角小鳥を見付けて狙っても、

全然ピントが行ってくれなくてピンボケ写真の大量生産、

という事がよくありました。

紅梅を撮って比較する積りで地上に降りていくと、

偶々ヒヨドリ君が木の枝に止まっていたので、

これ幸いと追尾AF、低速連写に設定して狙ってみました。

 

ピッ カシャカシャカシャ

気持ちよくピントが合い、ずれる事なく連写してくれます。

あ〜 カ イ カ ン (*´艸`*)

今迄、かなりの部分が私のスキルの無さのせいだろうと思っていましたが、

カメラの性能の違いがこんなにあるんだと、

今更ながら思い知らされました。

 

@

 


 

150mmの望遠端。

写真自体は見上げなので画質は今一つだと思いますが、

今迄望遠端でこんなにピントが合った事はなかったように思います。

 

では続きまして紅梅で画質を比べてみましょう。

先ずは再掲になりますが、ズイコーの12-40PROから

 

A


 


 

 

前々回アップしたのと同じ写真です。

 

次はLUMIX

 

B

 


 

150mmの望遠端で撮っています。

如何でしょうか?

この画像サイズで比べてみても若干画質の差が感じられると思います。

只、今迄だとこのレンズの画質が不満で、

もう使う積りにも殆どならなかったのですが、

改めて見直してみると全然ダメって事もないかなと感じました。

これはカメラの性能が上がったからだという理由に依るのでしょうね。

ピントもAFだけど結構思った所に来ていますし、

最初はGF6本体とレンズ三本、

合わせて姪っ子にプレゼントするつもりだったのですが、

45-150は一寸考え直そうかと思っています(*´艸`*)

 

という事で今回はレンズの新旧比較をしてみました^^

では又〜〜  


 

この記事の先頭へ▲

kazutoyo0626

お名前メモする