ほろ酔い

いつも勝てるんだとゲームを止めなかった〜♪ 気ままにやりたいとぉ〜悪い夢を見た〜♪

2013年04月28日の記事

春天の検討のはずが・・・

じっくり天皇賞の検討をしようと思って

意気込んでコンピュータの前に座り、

飲み過ぎでしゃっくりが止まらないくらいなんのその。

し、しかい、ついちょっとだけのつもりでGYOに入ったら・・・ 

劇場版ガンダムVを観ちゃったわい!

 

もうあのコンペ島(攻略後のソロモン)付近のシーンは、

30年前と同じようにまた胸が熱くなったぁ。

4者が重なり合う瞬間なのだっ! 

 

シャア − セイラさん (兄妹)

シャア − ララア (上司・部下 兼 恋人(恩人))

ララア − アムロ (ニュータイプ同士 出会い 恋)

シャア − アムロ (宿敵)

アムロ − セイラさん (仲間)

 

そしてララアの名セリフ。

シャアが知らずに、セイラのコアブースターを斬ろうとした瞬間・・・

 

ララア 「大佐 いけません!」

 

この名セリフはどこでも使える。

何度言ったことか・・・

「部長 いけません!」 「課長いけません!」

なかなか上には言いにくいことばだが、

なんかガンダムのノリだと、簡単に言っちゃったりするのね。だははは。

 

 

 

お、思い切ったなララア。 ・・・ララア・・・ ララア。

ララア 「ああ〜〜っ」

 

この数分間のクライマックスは手に汗を握り、まぶたが熱くなる名シーンなのである。

そして、この劇場版を盛り上げた絵コンテさん、音声さんはもちろんなのだが、

機動戦士ガンダムをテレビ少年アニメから社会現象にまでした要因の一つに、

天才井上大輔の名曲はまっことすばらしいっ! ドン! 

・・・と30年経って今さら何を的な当たり前のことを力説しちゃうのだ。

 

あの頃は胸を熱くして観ていたという割には、

そのくせ、将来結婚するならセイラさんのような人、

でももしダメならララアでも良いかな・・

などと二股かけをしたりしていたのだ。

 

ふははは。

オイラはただのアニメのめり込み野郎ではなく

どうしてどうしてシタタカだったろぉ〜。ど〜だっ!

 

観てない人は一度観てみよう〜!

この記事の先頭へ▲

お名前メモする