小宇宙征服宣言のススメ

天は閏扉の上に人を造らず、閏扉の下にのみ人を造ると言えり。

すべての記事を表示

小林流を考えてみる

先日、2階級特進で4段になった私ですが
フルボッコにされて3段に落とされました。
辛いです。



それでも3段で頑張ってここまできました。
4段にボコボコにされた後であるせいか
3段がヘタに思えるんですよね〜、不思議と。

4段の何が強いのかというと、詰碁、手筋能力なんです。
序盤、中盤は互角にやれるのですが
終盤になると私でも見えない手を打ってくるんです。
これがまた厄介なところ。

では、一体どうすればいいのか?
ここは勝ち目のない詰碁、手筋で戦うのではなく
定石、布石で上を行くのが賢い勉強法だと思いました。

ということで、ちょっと『小林流』を勉強してみようと思います。



正確な小林流ではないとは思いますが
とりあえず、私の実戦対局から引っ張ってきたものです。

私が白です。

この小林流もどきに対して私がどう対応するのかと言いますと




@の場所に打ちます。

この布石は黒が良く見えるんですよ。
ですから、私もどう対応するべきか悩みました。
悩んで悩んでだした結論が@だったというわけです。

なぜココが結論になったのかと言いますと
私はいつも『持ち時間10分、秒読み30秒』で打ってます。
悩む時間も限られるんですよ。
とりあえず、10〜20秒悩んでココになったというわけです。

ハッキリ言って、いいとは思いません。
しかし、私は一度、こうだと決めたものは
なかなか変更しないタイプの男なんですよ。
そして、なかなか勉強しないタイプの男なんですよ。

も〜かれこれ2年くらいはココに打ってます。
そろそろどうにしなきゃいかんなと思う次第です。



仮に私が黒の立場なら@に対してAと打ちます。
この場面で@など受ける価値もありません。
むしろ白はヴァカじゃないのかと思えるほどです。

しかしですね、なかなかAに打ってくれる人がいません。
Aに打たれたら私も苦しくて苦しくてたまりませんよ。
@の打ち方の変更を検討せざるを得ません。

にもかかわらず、3段レベルはAに打たないんですよ。
おかげで@を変更する機会がまったくなかったんです。
これで十分、戦えてしまうんですね。

つまりですね、私が@というアフォな手を打ち続けたのは
全て3段以下のレベルがあまりにも低いからなんですよ。
決して私が悪いわけではありません。
(何故か言い訳を長々と語ってしまった私)



ですから、今後は小林流っぽい流れになったら
このように打ってみようかな〜と思うわけです。

でも、今まで左下を守ってきただけに
何だか気持ち的に戦いにくい印象を受けるわけでして。
ま〜、打ち方の変更はやはり難しいなと思うわけです。




【今日のアニメ】

(アニメPV)妖怪人間ベム2006

BSの方で12年前の2006年に放送された
アニメ『妖怪人間ベム』が再放送されています。

1968年の放送から約40年たってのリニューアル作品。
こういうのは劣化作品が多い印象で期待してませんでしたが
予想以上に良かったです。
当時のキャラの雰囲気をしっかりと出せているし、
アニメ全体のクオリティーがすべてアップしている印象です。
アニメ制作陣営、グッジョブですよ。
これはお勧めです。



この記事の先頭へ▲

幽霊と妖怪の話

先日見たアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』
とんでもないことが起こっていました。
な、何と一般人が妖怪にコロされる話だったんですね。

いや、別にシシャがでるのは問題ないんですよ、アニメですし。
何が問題なのかと言いますと
『何の罪もない女性が「悪人+妖怪」にコロされた』
ってことです。





『善人は助かり、悪人はシぬ』
ってのがアニメの王道ってやつなんですよ。
それを完全に無視してます。

子供向けアニメ作品で何たる失態。
ここのアニメ制作陣営はアフォじゃなかろうか。



ということで、あんま関係ないですが
今回は私の幽霊体験談でも語ってみようと思います。



これが私が初めて体験した怪奇現象?です。
私が3歳くらいのころだったと思う。
目の前に蛇が現れて、下をチロチロって出すんです。
すると、口から『ドクロ』が現れ宙をさまようわけです。
怖くなって逃げました。


(動画:https://www.youtube.com/watch?v=ZMwNq6Qfiwk

5歳くらいの頃でしょうか。
玄関に『カエル』がいて、触ろうとすると飛び掛かってきました。
そして、私の指先をシャキンと切り裂いていったのです。
手からは血が出ており、母にそのことを話すと
『カエルがひっかいて切れるなんてことはないよ』
とか言われて信じてもらえませんでした。



私が小学校3年生くらいの話。
夜、布団で寝ていて、フと起きて顔をあげてみると
約1mほどの距離のところに日本兵のような男3人がいて
私をジッと見ていました。
なぜか上半身だけニョキニョキって床から生えてきた感じ。
これはアカンやつやと思って、とりあえず見なかったことにして寝ました。



私が中学2年生くらいの話。
夏は暑いのでスッポンポンで寝ることに目覚めていました。
カナシバリで体が動かない状況でありつつ
隣の部屋のテレビの音がウルサイな〜と思ってました。
フと目を開けると、白い人のような何かがユ〜ックリせまってきています。
動けないのに〜全裸なのに〜と思いつつどうすることもできない私。
触られたとたん震え上がるような悪寒というか、何というか
とにかく凄い寒気のようなものがしました。
ま〜、それだけなんですけどね。


『幽霊とは何か』というと諸説はあると思いますが
私自身の結論としては
『脳の誤作動による幻想』だと思っています。
もう少しわかりやすく言うなら『気のせい』です。

子供のころは『幽霊』という存在自体を知りませんでした。
だから身近な何でもないものが恐怖の対象だったんです。

小学生のころは戦争の本とか霊の話とかが流行ってました。
だから、幽霊も戦争ものっぽかったんだと思います。
そもそも日本兵はヘルメットをかぶっていませんでした。
布の帽子だと知ったのは高校くらいの頃です。

どう考えてみても
怖い怖いと思っているものが見えてしまったという
『脳の誤作動』であり『気のせい』と考えるほうが
つじつまが合っているんですよ。

ま〜、別に幽霊を信じる信じないはそれぞれだと思いますが
高い壺やら水晶やら買わされないようご注意ください。




【今日のお気に入りMAD6位】

曲: ありがとう
歌: KOKIA


◆歌詞

09点: 曲の評価
08点: 動画の評価
08点: 閏扉の思い出補正

曲はヒロインの響子さんをイメージしたもので、動画も過去から結婚、そして再婚までをまとめた良くできたものとなっています。

響子さんの経歴
・高校時代に高校の先生を好きになる
・高校卒業後、その先生と結婚
・結婚から半年後、旦那(先生)は交通事故で亡くなる
・22歳でアパートの管理人に、五代くんと出会う
・26〜27歳で大学を卒業し就職先も決まった五代くんと結婚

◆お気に入りMAD動画トップ7



この記事の先頭へ▲

天国とジゴク

メールチェックしていると囲碁将棋チャンネルから
【緊急速報】芝野虎丸がカケツを破る!
とか来てるんですね。
開いてみると、こんな感じの内容でした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
芝野虎丸竜星が『第4回 日中竜星戦2018』にて柯潔中国竜星を撃破し、同棋戦で日本勢初勝利を達成しました。(以下略)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

中国1位のカケツを倒すとか大したものですよ。
芝虎くん、大活躍やないですか。



対して、ヒサンなのは伊田です。
本因坊のリーグ戦、4連勝と出だし好調。
もう挑戦権獲得は確定的だと思いました。

ところがそれから3連敗で4勝3敗となってしまいます。
結局、山下九段が5勝2敗で挑戦権獲得に。
ムゴすぎる伊田くんの大失速でした。

それだけではありません。
4勝3敗で勝ち越しているにもかかわらず、
伊田はリーグ戦の残留決定戦に出なければいけなくなります。そして、敗北。
伊田はリーグ陥落となってしまいました。


ムゴイ・・・ムゴすぎる・・・・・。
も〜、見てるこっちが辛いですよ。




【お気に入りMAD7位】


08点: 曲の評価
06点: 動画の評価
07点: 閏扉の思い出補正

しばらくは、お気に入りのMAD動画を紹介していきます。
アニメ『銀河戦国群雄伝ライのMADです。

今回は『トップ7』のうちの7位ですが、
別ブログにに1位まで発表してます。




この記事の先頭へ▲

2階級特進しました



12連勝を達成し、
見事、2階級特進で4段となりました。
やったぜ!

やっぱ3段以下の灰色と違って
4段の緑色は気分のいいものですよね〜。
この位置になるとついつい世間に対して

『この地べたを這いずり回る虫けらどもめが!!』

とか言ってみたくなるんですよね〜。
(なんか言い出す私)

とは言え、3段でヒーコラヒーコラやってた段階でしたから
4段ではなかなか勝たせてもらえないでしょうね〜。
今まで以上に一手一手に集中して
4段を持ちこたえられるよう頑張ってみようと思います。






【今日のグチ】

ワールドトリガーの連載が休止になったのは
2016年の12月くらいだったと思う。

最初のころは
『3ヶ月も休載しやがって、ウラァ〜!!』
とブチ切れるような心境でしたが
もう1年半も休載しているんですよね。

ここまで来たら、もはや
『お願いですから連載を再開してくださいm(_ _)m』
とドゲザするしかない心境ですよ。


作者さんの首、かなり悪いんでしょうね〜。
もはや作画担当を別に用意すべき状況だと思います。
現在、そういった準備中かもしれませんね。
は〜・・・・・。(深いため息)



この記事の先頭へ▲

2階級特進

2段で結構連勝していますので
あとどれくらいで3段かなぁと確認。

どうやら2階級特進機能が発動しているようでした。



これまた微妙な話でですね
2階級特進の条件は『19戦16勝』なんですよ。

これは『3連勝して19戦16勝3敗にしろ』ってことなのか
最初に2連敗しているからこの分の猶予があり。
『残り5戦で3勝したらいい』ということなのか。
これなら結構楽なのですが。

普通に考えたら後者で問題ないはずなのですが
プログラムがショボかったらそういった猶予はもらえないのかも。
とりあえず、頑張って3連勝を目指したいと思います。

◆◆◆補足◆◆◆



11連勝しちゃって
2階級特進に王手になってしまいましたよ。
怖いの今日はもうやめときます。

明日打つことにします。
そして、負けると思います。グググ・・・。
初期2連敗分の猶予があったらいいんですけどね〜。





【今日の一曲】

曲:鮭とイクラと893と
歌:新田義史


アニメ『ヒナまつり』のED曲。後半から。
古臭い感じの曲がいい味出してます。

これ好き。






この記事の先頭へ▲

お名前メモする