不定期ブログ⇒アメブロメイン

http://profile.ameba.jp/yumemihosi/?frm_id=v.mypag

自作小説/ポエムの記事

祈り・・・

私が いなくなったら・・・

 

あの子達も・・・いなくなってしまう・・・

 

人格が・・・なくなってしまう・・・

 

どうか・・・私を・・・連れていかないでください・・・

 

少しでも・・・そばにいさせてください・・・

 

もし 私が いなくなってしまったら・・・

 

あの子たちは・・・プッツンと張り詰めた糸が切れてしまう・・・

 

そしたら・・・きっと・・・変貌することでしょう・・・

 

いまの あの子たちをいつまで見守れるか・・・

 

わからないけれど・・・

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

 

ふと・・・思ったことだったんで^^

 

どんな親だろうが・・・選ぶことはできない・・・

 

どんなに憎んでも・・・親は・・・親・・・

 

男同士って・・・むずかしいよね・・・父と息子って・・・

 

夫婦は他人だから・・・いいんだけれど・・・

 

親子っていうのは・・・切れないよ・・・

 

ね・・・

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

 

さぁ〜て・・・散歩いく前に・・・今年・・・初の・・・ぼやきw

 

たまに・・・ぼやきますので・・・すみませんw

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

 

 

 



この記事の先頭へ▲

空に・・・願う・・・

 

 

 

 

 

おはようございます^^

 

昨日 台風が去って 夕方の空です・・・

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

 

今朝は・・・冷えますね・・・

 

体調崩さないように・・・

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

 

あれは・・・いったい・・・

 

夢であってほしい・・・そう願いながら・・・

 

突然消えてしまった・・・きみ・・・

 

いろんな思いを残したまま・・・きみは・・・

 

何もできない・・・無力な自分が・・・ぽつんと立ったまま・・・

 

ただただ・・・空をながめ・・・きみへの想いが届くように・・・

 

辛かったよね・・・

 

悲しかったよね・・・

 

もっと・・・もっと・・・生きたかったよね・・・

 

気づいてあげれなくて・・・ごめんよ・・・

 

でも・・・もう苦しまなくていいんだよ・・・

 

祈ってるから・・・毎日・・・

 

だから・・・今度こそ・・・安心して・・・

 

せめて・・・笑顔を・・・みせてほしい・・・

 

もし・・・そばに・・・これるのなら・・・

 

きみの・・・くったくのない・・・笑顔を・・・

 

もう一度・・・見せにきてほしい・・・

 

わたしは・・・ここにいるよ・・・いつだって・・・そばに・・・

 

心は・・・きみのそばに・・・

 

・・・・・by HIROMIN  ・・・・・







この記事の先頭へ▲

ありゃ?


雨の次の日 快晴になり 散歩・・・

雑草だらけの空き地でウロウロ・・・

太陽に照らされた雫・・・輝いてた^^

みんな・・・足早に素通りだけど・・・

私は・・・しっかり見た!

いつ工事するかわかんないけど・・・

雑草も生きてるんだぁ〜って・・・

明日は わかんないけど・・・

今は・・・生きてるんだぁ〜〜って・・・

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

 


 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

 

心を落ち着かせ 静かにめを閉じ

 

耳をすませば 風の音・・・

 

髪が乱れ そっと手でなおし 見上げれば 青い空

 

なんてことのない雑草も まるで主役のように 光輝き

 

それを目にした私は 穏やかな気持ちになり微笑みかける

 

なにもなくとも どこにもいけなくとも ここに・・・私はいる・・・

 

泣き笑い過ごしたこの町・・・いつもまでも・・・穏やかな町であってほしいと

 

ただただ・・・祈るだけ・・・

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

 

あれから・・・10年すぎただろうか・・・

 

知り合いが・・・次の日・・・血だらけで亡くなった・・・何十箇所も刺され・・・

 

その女性のそばに・・・女の子が座り込んでぼーーっとしてたらしい

 

奥の部屋で隠れてたので助かったらしいけど・・・

 

その事件も解決しないまま・・・今度は ちがう知り合いが・・・襲われ・・・

 

茨城で遺体で発見された・・・

 

これは・・・すぐ近くの外国人が犯人であり逮捕され解決・・・だが・・・

 

その人の 家が・・・冬に火事・・・お子さんが・・・焼死・・・

 

通り魔も多く・・・なかなかこれが逮捕されず・・・

 

後ろから殴られたことあったけど・・・ひったくりも・・・

 

ホームレスも少なくなったが・・・以前は土手にいっぱい・・・

 

犬の散歩も怖くて・・・襲われた女性もいた・・・

 

逆に ホームレスが襲われ・・・遺体となって発見されたこともある・・・

 

そいう治安になってしまった・・・このあたりも・・・

 

東京とはいっても・・・はじっこなので 昔は・・・養鶏場や・・・牛・・・家畜など・・・

 

ほんとに・・・穏やかなとこだったのに・・・

 

いまは整備され・・・人も増え・・・活気ある町になったが・・・

 

そのぶん・・・事件も多くなった・・・

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

 

あ・・・これは 実際にあった話です^^

 

ん〜カテゴリ・・・ちがうかもw

 

 

 

 

 



この記事の先頭へ▲

空と 一言

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時には 楽しげに  笑顔で


 

時には 母のように 優しく


 

時には 勇ましく


 

時には 友のように


 

時には 怖い悪魔のような


 

時には 寂しげに


 

時には 悲しげに


 

果てしなく続いてる空・・・


 

空は ひとつ・・・










この記事の先頭へ▲

背中・・・

貸してください・・・その広い背中を・・・

 

なにも言わないでください・・・

 

ただ・・・その背中で泣かせてください・・・

 

振り向いたりしないでください・・・

 

なにもいらない・・・言葉もいらない・・・

 

優しすぎる・・・あなたを頼ってしまうから・・・

 

頼ってしまったら・・・私・・・壊れそう・・・

 

だから・・・背中だけ・・・貸してください・・・

 

そっと・・・静かに・・・泣かせて・・・

 

 

 

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

 

ふと・・・思いついただけです・・・



この記事の先頭へ▲

お名前メモする