X-BEATの記事

第181回 「X-BEAT」制作スタッフさん!

みなさん、こんにちは。
ここではゲームを実際に制作したスタッフに、インタビューしちゃっています♪
今回は【X-BEAT】運営スタッフのお話を伺います!

 

------------------------------------------------------------------------------

 

わたし:
こんにちは。
本日はよろしくお願いしまーす!

 

 

運営スタッフ:
宜しくお願いしまーす♪

 

 

わたし:
まずお聞きしたいのは、「X-BEAT」ってどんなゲームなんでしょうか?

 

 

運営スタッフ:
はい、単純に申しますと「みんなでダンスを楽しむゲーム」です。

 

 

 

わたし:
ほうほう!

 

 

運営スタッフ:
100曲を越す音楽に合せて、ダンスを楽しむことができるんですよ。
操作は超カンタンで、曲に合せてキーボードの方向キーを叩くとダンスが踊れちゃうわけです。
それだけじゃなく、オシャレやゲーム中に出会った人とカップルになれたりしちゃいます。

 

 

 

 

わたし:
カップルになれるんですか!すごいですね。

 

 

運営スタッフ:
はい、カップルになると専用のダンスモードで遊べたりしますんで、ぜひX-BEAT内で彼氏彼女作ってください。

 

 

わたし:
そうですかー、それは楽しみです。
他にはどんなものがあるのでしょうか?

 

 

運営スタッフ:
そうですね、NPCキャラクターとの会話を通じてゲームを覚えるストーリーモードとかも充実していますね。それをやっていくとゲームの基本を覚えることもできますし、非常にオススメです。
そうそう、ゲームだけじゃなくて音楽もいいんですよ!

 

 

わたし:
音楽ですか?

 

 

運営スタッフ:
国内のアーティストさん達日本オリジナルの楽曲を提供してもらっているんです。

 

 

わたし:
へー!すごいですね!

 

 

運営スタッフ:
皆さん超ノリノリで音楽を作っていただいて……しかもここではいえませんが、「○○○さん」とか「○○さん」とかが参加していただいているんです。
絶対に言えないけど!

 

 

わたし:
うわあああああああ!それはすごいですね!言っちゃいましょうよ!

 

 

運営スタッフ:
言うと僕が大変なことになるので言えません……。

 

 

わたし:
残念><
でもこんなにいろいろできるなんてすごいですね!

 

 

運営スタッフ:
そうですね!僕らも毎日X-BEATを楽しみながら仕事しています。
今回はハンビットとハンゲームさんのユーザーさんが一緒に遊べるように、同一のサーバーに接続するようにしています。
やっぱりいろいろな人と遊べたら楽しいですしね。

 

 

わたし:
そうですよねー!
ではそろそろお時間なので、メッセージをお願いします。

 

 

運営スタッフ:
音楽とダンスが大好きな皆さん!お待たせしました!
X-BEATがついにハンゲームに登場します。
まだ遊んだことがない人も、今まで遊ばれていた方もぜひ一度触ってみてください!
このゲームのシンプルで病みつきになる面白さを理解していただけるかと思います。

 

 

 

わたし:
本日はありがとうございました!

 

 

運営スタッフ:
ありがとうございます!
オープンしたらぜひ皆さん遊びに来てくださいね♪


>>【X-BEAT】で遊ぶ!!!


------------------------------------------------------------------------------

 

『ご注意』
※コメントはお1人1件までお願いします。2件以上コメントをされている方は、
 1件にコメントを削除させていただく場合もあります。
※記事の内容に関係のないコメントは削除させていただきます。
※コメントが100件に達し次第、コメントの投稿は終了とさせていただきます。
※お客さまのコメントに対するお返事はできませんので、あらかじめご了承ください。

この記事の先頭へ▲

お名前メモする

ハンゲーム Microsoft Windows および Internet Explorer 11 でご利用ください

Family Site

  • 無料マンガならcomico