STINGの記事

第178回 「STING」制作スタッフさん!


みなさん、こんにちは。
ここではゲームを実際に制作したスタッフに、インタビューしちゃっています♪
いつもはプロデューサーさん、イベント担当の方などにお話をうかがっているのですが、
今回は「STING」で『MODテクニカルエンジニア』を担当されている
FAL(ファル)さんにお話をうかがいました!

 

------------------------------------------------------------------------------


 

 

わたし:
こんにちは。
本日はよろしくお願いします。

 


FALさん:
よろしくお願いします。FALといいます。

 


わたし:
さっそくですが、FALさんが得意とされている「MOD(Modification)」 について。
相当にゲームに詳しい方でないとご存じないと思いますので。


まず、MODというのは、ええっと……(メモを取り出す)

「PCゲームで、元のゲームに、新しい要素……戦場となるマップや、
キャラクター、アイテムなど……を付け加えることが出来るシステム」

……ということで大丈夫でしょうか?

 


FALさん:
ええ。そうです。

 


わたし:
つまり、FALさんはその技術を生かして、本家「STING」には無い、
さまざまな要素を付け加え、より面白いゲームになるように協力されていると。

それが『MODテクニカルエンジニア』のお仕事なのですね!
他には、どんなことをされているんでしょう?

 

 

FALさん:
今回頼まれたのは、YNKJAPANが準備するFPSにMODが使えるので、
色々協力してほしいと頼まれました。

実際には、私が制作したMODやプロモーション動画の制作を
協力できればと考えております。

 

 

 

 

わたし:
ええと、「いろいろ」とひとくくりでおっしゃってますが、
とても大変なことばかりですよね。

 

 

FALさん:
難しい事というよりかは、すごく手間がかかるというか、
時間がかかる事ですね。

 


わたし:
ふむぅ、確かに、時間いっぱい必要そうですよね……
今回、「STING」の制作や運営に協力されることになった
経緯などをお伺いしてもよろしいですか?

 


FALさん:
一言で言うならば、韓国開発が「FPSでMODを利用する」
この事自体がちょっと心配になりました。
韓国開発のマップ等はソースエンジンを使いきれていない感じの
マップだったので…

 

 

わたし:
なるほど。FALさんの経験と技術を生かせば、MODの良さを
もっと表現出来る!
という意気込みから協力されるようになった、
ということでしょうか?

 


FALさん:
 はい。

 


わたし:
なるほど!
プレイされた皆さんが、その熱意から生まれたエキサイティングな
ゲームを楽しんでいただけたらステキですね!

 

そういえば、FALさんが大変なこだわりを持っておられるMODですが、
どんなところが魅力だと考えておられますか?

 


FALさん:
自分のアイデアを形に出来るところでしょうか。
けどですね、限界はあります。 エンジン的な限界が。
アイデアの限界はないのである意味ではMODは作り続ける事が出来ますが…

 

 

わたし:
うーん、そんなすごいシステムなのに、日本ではあまりというより、
まったく浸透していませんね。
ハンゲームのお客さまのほとんども、初めて耳にするんじゃないかと
思っているんですが……。

 


FALさん:
MODの広がり方はすごく遅いですね。
広がり方というか、日本人同士で教えあっていないので、

それがあまり良い形ではないと思います。
環境がまだ出来上がっていないところが不満でもあります。

 


わたし:
では、最後になりますが、現在制作のムービーや今後作られる
MODを通じ、プレイヤーのみなさんにどの辺を楽しんでほしいですか?

 

 

FALさん:
ロジックというか、「ソースエンジンってここまで出来るんだ!」
みたいなものを感じてもらって、さらにそういうのを真似して、
すごいMODを作ってほしいですね。

 


わたし:
そうですね! 「STING」がきっかけになって、
「MOD」が日本のゲーム界で広まっていくといいですね!
お忙しいところありがとうございました!



※本インタビューは、2010/01/13公開の、スティング公式プレスリリースを編集したものです。

 

 

   【STING】 特設サイトはこちら! >>

 


------------------------------------------------------------------------------

 

『ご注意』
※コメントはお1人1件までお願いします。2件以上コメントをされている方は、
 1件にコメントを削除させていただく場合もあります。
※記事の内容に関係のないコメントは削除させていただきます。
※コメントが100件に達し次第、コメントの投稿は終了とさせていただきます。
※お客さまのコメントに対するお返事はできませんので、あらかじめご了承ください。

 


 

この記事の先頭へ▲

お名前メモする

ハンゲーム Microsoft Windows および Internet Explorer 11 でご利用ください

Family Site

  • 無料マンガならcomico