ディグダグアイランドの記事

第90回 「ディグダグアイランド」制作スタッフさん!

みなさん、こんにちは。
ここではゲームを実際に制作したスタッフに、インタビューしちゃっています♪
今回は「ディグダグアイランド」のディレクター、Nさんにお話をうかがいました!


------------------------------------------------------------------------------

 

わたし:
はじめまして!

 

 

Nさん:
はじめまして〜。
突然ですが、たまに仕事放り出して南の島へ行きたくなったりしませんか?

 

 

わたし:
それはもう・・・いやいやそんなことありませんよ。

 

 

Nさん:
そんなあなたにつかの間の癒しと遊びをお届けするのが
『ディグダグアイランド 〜南の島のプクプクポン〜』です。
はちゃめちゃリゾートライフを楽しんでみてくださいね。


 


わたし:
癒しと遊び・・・ですか?

 

 

Nさん:
それでは『ディグダグアイランド』を大きく2つのパートに分けて説明してみましょう。


まずは対戦ゲーム!
ドリル1本で、群がる敵キャラを退治してもらいます。
敵に空気を送り込んで破裂させたり、島にヒビを入れて崩したり・・・。
大きく島を崩せば、高得点も夢じゃないですよ。


 


わたし:
先ほど遊ばせてもらったら、
画面の半分が一気に海になっちゃってビックリしました。
あれが「島くずし」なんですね。

 

 

Nさん:
『ディグダグアイランド』は1戦に3分もかかりませんし、
1人でも遊べますので、ちょっとした時間で楽しめると思いますよ。

そうしてバトルで貯めたポイントや、買って頂いたポイントを使って・・・、
ほら、この通り。


 

 

わたし:
わっ、スゴイ!(あの将棋のコマもなんかすごいですね・・・)
こんな島があったら楽しいですよね〜。

 

 

Nさん:
これがもうひとつの特徴、マイランドです。
島に家を建てたり、花を植えたり、好きなように飾って
自分だけの島を作れますよ。

は〜、南の島っていいですよね〜。

 


わたし:
ゴールデンウィークに海外に行った人も
行きたかった人もみんな一緒に、南の島でプクプクポン!てことですね!?

 

 

Nさん:
キレイにまとめてくださってありがとうございます(笑)
さて、『ディグダグアイランド』ではオープン記念キャンペーンとして、
ゲーム内アイテムの"お地蔵さん"を用意しています。

通常では手に入らないアイテムなので是非遊びにきてくださいね。

 


わたし:
お地蔵さんとは縁起が良いですね・・・(笑)
本日はお忙しいところありがとうございました!
これからもがんばってくださいね!

 

 

Nさん:
は〜い、南国リゾートで皆さまをお待ちしております!


------------------------------------------------------------------------------

 

『ご注意』
※コメントはお1人1件までお願いします。2件以上コメントをされている方は、
 1件にコメントを削除させていただく場合もあります。
※記事の内容に関係のないコメントは削除させていただきます。
※コメントが100件に達し次第、コメントの投稿は終了とさせていただきます。
※お客さまのコメントに対するお返事はできませんので、あらかじめご了承ください。
※画像添付機能に関してはスタッフ専用の機能として特別なプログラムを使用させていただいております。

この記事の先頭へ▲

お名前メモする

ハンゲーム Microsoft Windows および Internet Explorer 11 でご利用ください

Family Site

  • 無料マンガならcomico