競馬伝説Live!の記事

第94回 「競馬伝説Live!」制作スタッフさん!

みなさん、こんにちは。
ここではゲームを実際に制作したスタッフに、インタビューしちゃっています♪
今回は、6月2日(月)に大型アップデートが行われた、話題の競走馬育成
シミュレーションゲーム【競馬伝説Live!】の運営チーム・ジークさんにインタビューです!

 

------------------------------------------------------------------------------


わたし:

こんにちは!お久しぶりですね。

 

 

ジーク:

ご無沙汰していました。本日もよろしくお願いします。

 


わたし:

だいぶお疲れのようですが、最近調子はどうですか?

 

 

ジーク:

6月2日(月)に行った競馬伝説Live!の大型アップデートの準備が

とても立て込んでいましたので・・・もう満身創痍です。

 


わたし:

なるほど・・・あ、そうそう!

今日はその大型アップデートの事について

お話を聞かせていただくつもりですので、色々教えてくださいね♪


まず、今回の大型アップデートで

「個性」「アビリティ」の概念が導入されたそうですが。

 

 

ジーク:

はい、その通りです。
「個性」「アビリティ」の大まかなルールに関しては、

競馬伝説Live!のゲームページに掲載されていますので、

そちらを参照していただければ分かると思いますが、
イメージとしては『全ての競走馬・種牡馬・繁殖牝馬に「個性」という
パラメーターが存在して、それをベースに競走馬が「アビリティ」を習得する』
という風に考えていただければよいでしょう。
この2つの要素は密接に関わってきているわけです。

 

 

わたし:

今回のアップデートは「個性」がベースとなっているわけですね。
それでは、「個性」が与える影響について、もっと詳しく説明していただきましょう。

 

 

ジーク:

「個性」は先ほど申し上げたとおり、競走馬に対しては「アビリティ」の習得に影響をもたらします。

原則として、個性によって習得できるアビリティは決まっています。
また、種牡馬や繁殖牝馬に対しては、繁殖の際に両親の個性の組み合わせによって、
産駒の能力に様々な影響をもたらします。
お互いの相性みたいなものですね。
これは今までの繁殖要素に新たに加わる形での追加となります。

 


わたし:

このゲームの醍醐味でもある繁殖への影響は大きそうですね。

 

 

ジーク:

個性の相性に関しては、「インブリード・アウトブリード・ニックス」によっても
影響度合いが変わってきますから、そのあたりも踏まえた方がいいでしょう。
例えばインブリード配合を選択した場合だと、個性の相性効果が大きくなって、
プラス効果もマイナス効果も大きい、いわばハイリスク・ハイリターンな選択になるでしょう。

うまくマイナス効果が抑えられれば、爆発的に強い馬が生まれる可能性があります。
反対にニックス配合を選択すると、個性の相性効果が少なく、影響をそれほど受けないので、

平均的で安定した馬が生まれやすいと思います。


 

わたし:

なるほど〜。

強い馬を生み出すには、血統上の組み合わせと「個性」の相性を考えていくのがカギになりそうですね。
それでは次に「アビリティ」に関して、詳しい説明をお願いできますか。

 

 

ジーク:

はい。
「アビリティ」は、それぞれ競走馬のレースや調教にさまざまな影響を与えます。
競走馬の競走能力に直接影響を与える部分ですから、

ここはみなさんが1番注目するところかもしれませんね。
「アビリティ」には、プラスの影響を与えるものもあれば、マイナスの影響を与えるものもありますが、

これはどの競走馬も持っているわけではなく、成長していく中で習得したり失ったりするものです。


 

わたし:

つまり、プラスのアビリティは習得を目指す、マイナスのアビリティは解消を目指す、ということですよね。
ということは、やっぱりどうしてもそのあたりをうまくやるコツを聞きたくなるものですよ。

 

 

ジーク:

そうですねぇ・・・アビリティの習得や消滅は、調教やレースの結果によって決定するのですが、

何とか自分でコントロールできる調教部分に関して言えば、
ズバリ!『併せ調教』が大きなカギを握っています。
通常の調教より効果が高いですが、その分反動も大きいですから、
競走馬の状態をうまく調整しながら、効果的な調教を行うことが重要になってくるでしょう。
このあたりはある程度慣れた人向けのテクニックになってしまいますが・・・。


 

わたし:

う〜ん、難しそう・・・私みたいなへたっぴではどうにもならないんですか?

 

 

ジーク:

そんなことはありませんよ。大事なことは、根気強く調教を続けていくことです。
また、『カード種牡馬ボーナス』を利用して産駒にアビリティを習得させるという手もあります。

特定の種牡馬カードを使用して繁殖を行うと、その産駒は何らかのアビリティを習得した状態で誕生しますので、

非常に使いやすいでしょう。本来「レア個性」でしか習得できない「レアアビリティ」
習得する可能性もありますから、お楽しみ要素みたいなところはありますね。

 

 

わたし:

それはいいですね!今度使ってみます♪
ではお時間になりましたので、最後に一言。

 

 

ジーク:

まだ「個性」や「アビリティ」の概念は導入されたばかりですので、

具体的な攻略の糸口が掴めず、不安に思っている方も多いのではないでしょうか。
色々と試行錯誤を繰り返しながら、馬主会やフレンドの皆さんと

積極的に情報交換をしていくのが攻略の近道になると思います。
今後攻略のヒントを順次公開していくことも検討中です。

それでは、今後も引き続き競馬伝説Live!を楽しんでいただきたいと思います!

 


わたし:

本日はありがとうございました!


------------------------------------------------------------------------------

 

『ご注意』
※コメントはお1人1件までお願いします。2件以上コメントをされている方は、
 1件にコメントを削除させていただく場合もあります。
※記事の内容に関係のないコメントは削除させていただきます。
※コメントが100件に達し次第、コメントの投稿は終了とさせていただきます。
※お客さまのコメントに対するお返事はできませんので、あらかじめご了承ください。
※画像添付機能等に関してはスタッフ専用の機能として特別なプログラムを使用させていただいております。

この記事の先頭へ▲

第79回 「競馬伝説Live!」制作スタッフさん!

みなさん、こんにちは。
ここではゲームを実際に制作したスタッフに、インタビューしちゃっています♪
今回は、現在話題の競走馬育成シミュレーションゲーム

【競馬伝説Live!】の運営チーム・ジークさんにインタビューです!

 

------------------------------------------------------------------------------


わたし:
こんにちは!
本日はお忙しい中、ようこそおいでくださいました。

 

 

ジーク:
こちらこそよろしくお願いします。

 


わたし:
では、早速質問に移らせていただきますね。
まず、この【競馬伝説Live!】とはどのようなゲームなのか、簡単に説明してもらえますか。

 

 

ジーク:
そうですね。

一言で言うと「完全オンライン対戦の競走馬育成ゲーム」です。
と言ってもイメージがわかないと思いますので、まず基本的な部分から説明すると、
現実の52日間でゲーム内1年間分のレースが開催され、
それをプレイヤー同士、毎日のガチンコ対戦で競っていくというゲームですね。
1頭の馬それぞれで、生産・育成・レース・引退というステップを踏み、
次世代に血を繋ぎ、より強い馬の育成を手がけていくというのが大枠になります。

 

 

わたし:
へ〜、何だか奥が深い世界になりそうですね。
このゲームは1日短時間で無理なく続けられるので、
私もプレイさせてもらっていますが、なかなか勝てません・・・・・・。

 

 

ジーク:
ほとんど全てが人との勝負になりますので、なかなか勝つのは大変ですね。
そういう対戦が実際の競馬っぽいというところでもあるんですけどね。
簡単に勝ててしまうと、それこそ1勝の価値や感動が薄れてしまうと思っています。

 


わたし:
なるほど・・・確かにそうかもしれません。
私も含めて、なかなか勝てないという方もいらっしゃると思いますが、
勝利へつながる何かコツみたいなもの教えてくださいよー。

 

 

ジーク:
少々難しい話が入り混じるかもしれませんが、なるべく簡潔に。

まず生産についてですが、慣れるまではアウトブリードとニックスになるような配合をお勧めします。
インブリード配合は上級者向けなんです。
あと、父と母父の遺伝力に注目するとよいと思います。

 

次に調教についてですが、ベストな調教は馬ごとに変わりますので難しいのですが、
調子の良いときや馬体重が理想に近いときに、じっくりと調教すると良いと思います。
能力が完成していないのに焦って調教をすると、
せっかくの成長しやすいタイミングを逃すことになりますからね。

レースへの出走登録は、対戦相手をよく調べた方がいいでしょう。
例えば強豪馬主であったり、フリーレースで見かけたタイムの良い馬であったり、
そういう相手の場合は、無理にそのレースに出走させないことです。
もちろん、疲労をしっかり取り除いてベストな状態で出走することで、勝利への確率が上がるでしょう。

 

 

わたし:
メモメモ・・・。
これは良いアドバイスをいただけました。

 

 

ジーク:
アドバイスという意味では、ゲーム内にあるBBSや、

馬主会に入って先輩プレーヤーの助言を得たりすることが、より近道かもしれません。
特に馬主会は、様々な特典を受けられ、より有利にゲームを進めることができますので、
絶対に所属した方が良いと思いますね。

 


わたし:
他のプレイヤーさんとの交流も重要になってくるわけですね。

お話は変わりますが、今後追加される新機能などのご予定はあるのでしょうか。

 

 

ジーク:
うーん、そうですね・・・。
あまり詳しいことは言えませんが、展示室や顕彰馬とかは入れていきたいですね。
あとは、新しい配合理論や馬に個性を持たせるとか・・・。
全サーバーが直接対決できる場所を作れれば面白いだろうなって思っています。

 


わたし:
おぉ!ますます面白くなりそうですね。
楽しみにしていますよ♪

それでは最後になりましたが、このブログをご覧になっているみなさんに何かメッセージをお願いします。

 

 

ジーク:
競馬伝説Live!では強い馬を作り、良い調教をしてGTを勝つことが一般的な目的かもしれませんが、

単に勝利する以外にもいろいろな楽しみ方があって、
馬主会のメンバーや話の合う仲間と実際の競馬の話をしたり、
自分の好きな馬と同じ血統の馬を走らせたり、

わざと自分自身に血統の面などでの規則を作り、難易度をあげて遊んでいるプレイヤーもいます。
その中で他のプレイヤーから最強馬と評される競走馬を作ることができたら、最高ではないでしょうか。


ゲームとしては熟成の時期ですが、まだまだ新しい発想を追加していきたいと思っています。
より良い競馬ゲームになれるように頑張っていきます。

 


わたし:
本日はありがとうございました!

 

競走馬育成シミュレーションゲーム【競馬伝説Live!】はコチラ ≫≫

 

------------------------------------------------------------------------------

 

『ご注意』
※コメントはお1人1件までお願いします。2件以上コメントをされている方は、
 1件にコメントを削除させていただく場合もあります。
※記事の内容に関係のないコメントは削除させていただきます。
※コメントが100件に達し次第、コメントの投稿は終了とさせていただきます。
※お客さまのコメントに対するお返事はできませんので、あらかじめご了承ください。
※画像添付機能等に関してはスタッフ専用の機能として特別なプログラムを使用させていただいております。

この記事の先頭へ▲

お名前メモする

ハンゲーム Microsoft Windows および Internet Explorer 11 でご利用ください

Family Site

  • 無料マンガならcomico