コンチェルトゲート フォルテの記事

第96回 「コンチェルトゲート」制作スタッフさん!

みなさん、こんにちは。
ここではゲームを実際に制作したスタッフに、インタビューしちゃっています♪

今回はスクウェア・エニックスのオンラインRPG「コンチェルトゲート」に
新しく追加されたサービス『モンスターラボ』について、担当スタッフさんにお越しいただきました!

 

------------------------------------------------------------------------------

 

わたし:
こんにちはー。今日はよろしくお願いします。
えーっと、コンチェルトゲートの正式サービス以来ですねー。

 


スタッフさん:
はい、お久しぶりです。
そうですね。去年の7月18日正式サービスから数えて約1年ぶりですね。
コンチェルトゲートは毎週アップデートしているので、

去年と比べて色々と楽しいことが増えていますよ。

 


わたし:
おおー。

そして今回は公式サイトで楽しめちゃう「育成ゲーム」ができたとか!

 


スタッフさん:
はい、『モンスターラボ』ですね。
なんと現在コンチェルトゲートをご利用中の、約半数以上の方にプレイしていただいており、

ご好評いただいております。



わたし:
すごいですねー!

どんなゲームなんですか?

 


スタッフさん:
はい。コンチェルトゲートのゲーム内ではモンスターを「ペット」として、連れ歩くことができます。
当然「ペット」は戦闘にも参加して冒険の強力なパートナーという設定なんです。
これがまず前提でして。

 


わたし:
ふむふむ。

 


スタッフさん:
そしてこの「ペット」が生まれる”封印卵”というレアアイテムがあります。
『モンスターラボ』ではこのレアアイテム”封印卵”を作るために、カワイイモンスターを育成して、
そのアイテムに変えちゃおう!というミニゲームです。

 


わたし:
なるほどぉ。

コンチェルトゲート内で「ペット」が生まれる”封印卵”を作るミニゲームですね。
よくわかりました。
生まれるモンスターは、モンスターラボと同じ姿や能力になるんですか?

 


スタッフさん:
コンチェルトゲート内で、新しい姿や能力をもって生まれることになります。
この姿は、モンスターラボでの育成内容によって違いがあります。

 


わたし:
なるほど、なるほど。完全に同じ姿ではないけれど、育成した内容によって変化するんですね。
モンスターラボではRankやEXPといったステータスがありますが、これは?

 


スタッフさん:
Rankは一般的に言うとレベルで、EXPが経験値ですね。
Rankは主には”封印卵”化の成功率に影響があります。
この数値によって、失敗や大成功の確率が変化するわけです。

 


わたし:
大成功ってことは・・・すごーく珍しいモンスターが生まれたりとか?

 


スタッフさん:
はい、そうなります。とても珍しいモンスターは複数います。
シータ(※1)のセリフで生まれるモンスターのヒントもありますよ。

 


わたし:
失敗も・・・あるんですか?

 


スタッフさん:
そうですね、残念ながら。
ただしLovePower(※2)を消費しない、お手軽なお世話コマンドを1日数回、数日実行するだけで、
ある程度の成功率になるようにバランス調整をしております。
これもシータのセリフでそれっぽいメッセージが出たら、成功率50%以上と思ってもらえれば。
やはり生まれるモンスターの珍しさはどれだけお世話したかで決まるので、
いっぱい愛情を注いであげてください(笑)。

 


わたし:
成功率が100%になることもあるんですか?

 


スタッフさん:
はい。もちろんです。

 


わたし:
それを聞いて安心しました♪
ところで、さっきから出ているシータちゃんですけど、かわいいですよね。



スタッフさん:
かわいいだけじゃなく、さっきのように重要なセリフもありますね。
ある特定の日しか見られなかったり、

ある程度日数が経ってから初めて見られるようなセリフをたくさん用意してあります。
レアメッセージを見つけたらお話のネタにしてください(笑)。

 


わたし:
へー。色々あるんですねー。
その他にも何か仕掛けがあるんでしょうか?

 


スタッフさん:
そうですね・・・。
マナクリスタルというのがあります。
育成が終わった後、モンスターが残していくものなのですが、育成したエネルギーを

次に育成するモンスターに注入できます。
これは1回目の育成が終わった人へのご褒美というか、2回目以降の育成に重要なアイテムです。

 


わたし:
んー。エネルギーというと・・・?

 


スタッフさん:
もっと具体的に言うと、育てたモンスターの経験値の一部が、次のモンスターに引き継げるのです。
マナクリスタルを2〜3回貯めることで、いきなり高ランクにすることも可能です。
モンスターラボではやりこみ要素としてRank100まで成長させられますが、

このシステムを使うことで、これを無理なく達成していただくようにデザインされております。

 


わたし:
なるほどー。

・・・とすると、無理にLovePower使わなくても、ゆったりマナクリスタルを貯めていくと、
珍しいモンスターが手に入るということですね!

 


スタッフさん:
はい、そういう攻略法もありますね(笑)
そして、マナクリスタル使い方をよくよく考えてみると、

”封印卵”1個できて「はい、終わり」ではないということに気づいていただけると思います。

そういう意味でもLovePowerは便利でお得なので使ってみてくださいね。
ただいま(2008年6月19日現在)

初回プレイ時にLovePowerをタダでもらえるキャンペーン
実施しておりますので!

 

※上記のイベントは2008年7月9日(水)で終了させていただきました。

  たくさんのご参加、誠にありがとうございました!


わたし:
おおー!
それはお得なキャンペーンですね!

 


スタッフさん:
はい、やっぱり使うと便利ですからね。ぜひぜひ。
さきのキャンペーンはラブチャージ(※3)をするとアバターアイテムが貰えるチャンスもありますからね。



わたし:
わぁ。盛りだくさんですね!

 


スタッフさん:
はい、お楽しみはいっぱいです。
モンスターの外観も育て方によってコロコロと変わりますが、まだまだ発見されていない、違う姿が隠されています。
これもぜひいっぱい見つけていただきたいですね。

 


わたし:
やることいっぱいですね!
えーっと、モンスターラボをやると、コンチェルトゲートはいつやりましょう・・・?

 


スタッフさん:
いや、コンチェルトゲートをメインでお楽しみください(笑)
コンチェルトゲートで、たとえば採取とか露天の最中にちょこちょこと、
お気楽にやっていただくことを想定して企画されております。
そのため、育成終了までのサイクルが約1週間〜1ヵ月弱になっています。
まったりとコンチェルトゲートも、モンスターラボもお楽しみください。
当り前の話ですが、コンチェルトゲートのほうが魅力たっぷりですよ。
モンスターラボはあくまでおまけのミニゲームです。
暇つぶしにコツコツとモンスターをお世話してあげてください(笑)
・・・一気に育て上げようとしたりするとすごい大変ですからね。

 

 

わたし:
はーい、わかりました♪
そうですよね・・・。
出来上がってくる”封印卵”はコンチェルトゲートで使うアイテムですもんね!
コンチェルトゲートをやりながら、たまにモンスターラボっと♪

 


スタッフさん:
はい、その通りです。
ひとり言ですが・・・先日(2008年6月13日)、登場してからたった3日でRank70オーバーのツワモノな方も
いらっしゃいますけど・・・。
これはこれで、やりこんでいただきとっても光栄です。

 


わたし:
わぁ、すごいですねー。もしかして本物の勇者・・・?
さて、今後コンチェルトゲートとモンスターラボはどうなっていくんでしょうー?

 


スタッフさん:
はい、コンチェルトゲートは

最近のスクウェア・エニックスプロデューサーの渡辺氏からコメントがあったように、
これから第2成長期に入っていきます。
コンチェルトゲートでは毎週アップデートを継続しておりますし、どんどん遊びの幅が拡がります。
モンスターラボは別ラインで開発されているので、コンチェルトゲートとは別にお世話コマンドの追加などが
適宜行われる予定です。どうぞ御期待ください。

 


わたし:
はーい★
本日はありがとうございました!

スクウェア・エニックスのRPGに育成ゲームもついちゃっている、「コンチェルトゲート」。
1周年を迎え、ますます成長しているもようです。
皆さんもプレイされてはいかがでしょうか♪

 

(※1)シータ  :魔法のオババの孫の1人。封印卵を研究しているカワイイ女の子。
(※2)LovePower :特殊な育成コマンドを使用する際に必要なポイント、ラブチャージによって補充可能。
(※3)ラブチャージ :LovePowerをハンコインで購入すること。


------------------------------------------------------------------------------

 

『ご注意』
※コメントはお1人1件までお願いします。2件以上コメントをされている方は、
 1件にコメントを削除させていただく場合もあります。
※記事の内容に関係のないコメントは削除させていただきます。
※コメントが100件に達し次第、コメントの投稿は終了とさせていただきます。
※お客さまのコメントに対するお返事はできませんので、あらかじめご了承ください。
※画像添付機能等に関してはスタッフ専用の機能として特別なプログラムを使用させていただいております。

この記事の先頭へ▲

第47回 「コンチェルトゲート」制作スタッフさん!

みなさん、こんにちは。
今回は7月18日(水)にいよいよ正式サービスがスタートした、 『コンチェルトゲート』

プロデューサーの渡辺さんのコメント(7月13日(金)に公表)を紹介したいと思います♪

 

------------------------------------------------------------------------------
 
******************************************************************************

 

株式会社スクウェア・エニックス
「コンチェルトゲート」プロデューサー 渡辺範明:

いつも「コンチェルトゲート」をご愛顧いただき、本当にありがとうございます。

 


(わたし:は〜〜い♪)

 


今年3月の第1次クローズドβテスト以来、
4月前半の第2次クローズドβテスト、4月後半のオープンβサービス開始と
まさに生まれたての子供のように周囲をハラハラさせつつも
同時に一歩一歩確実に成長もしてまいりました
新生&王道オンラインRPG「コンチェルトゲート」。

この度いよいよ正式サービス化を迎えます。

 


(わたし:おぉー♪パチパチパチ。もうスタートしていますね!)

 


テスト期間中、サーバがパンパンでマップジャンプすら
ままならなかった頃からお付き合いいただいているお客さまも
いらっしゃることを考えると、ホントに頭が下がる思いです。

 


(わたし:ハンゲームからもごめんなさい!)

 


振り返ってみれば、運営初期のオンラインゲームとしては、
まれにみる大改造となりましたゲームサーバのチャンネル化をはじめとし、
これまではMMORPGとしての「器」を整えることに終始してしまい、
肝心のゲーム内容の追加更新が手薄になってしまっていたのが、

私ども運営サイドとして反省すべきところです。

正式サービス開始以降はINゲーム要素の充実に比重を移しつつ、
プレイヤーのみなさまにワクワクしていただける運営を心がけていきたいと
スタッフ一同、襟元を正しているところでごさいます。

 


(わたし:これからにこう期待!)

 


また、一方でやはりオンラインゲームはプレイヤーのみなさまと共同で作り上げていくべきもの、
というのも最近改めて実感するところで、
『戦闘バランスの職業間格差対策』
『MMO初心者がコミュニケーションのとっかかりつかみにくい問題』
『元からパーティー組みにくかったのにチャンネル化でもっとだよ問題』など
みなさまのご意見をいただきつつ、

トライ&エラーしていきたい(エラーは極力減らしたいですが…)課題もたくさんです。

このあたりへの具体的なアクションとして、

今後のおおまかなアップデートスケジュールを公表させていただきたいと思います。

 


(わたし:これは注目ですよー!!)

 


次回8月 - ギルド実装・スキル追加・魔法追加
9月以降 - 新エリア公開・合成実装・デュエル実装
       II系スキル追加・2次職実装・キャラクターTab・etc...

 


(わたし:すごい!正式化したばかりなのに、もうこんなに考えているんですね。)

 


これは「現時点での運営サイドの方向性をいったんお客さまと共有しておこう」
という趣旨のものですので運営計画上、完全な決定事項というわけではないのですが、
こういった情報をきっかけにみなさまのご意見をいただきつつ、
可能な限りフレキシブルな運営を心がけたいという試みのひとつとしてご理解いただければ幸いです。

 


(わたし:ぜひ実現してほしいですね♪)

 


今後もより一層、スクウェア・エニックス&ポンスビック&ハンゲームの
スタッフが一丸となり、プレイヤーのみなさまをおもてなしさせていただきます。

オープンβテストにご参加いただいたみなさまには感謝申し上げます。

どうぞ「コンチェルトゲート」を末永く、よろしくお願いいたします。

 

(C) 2007 SQUARE ENIX

 

******************************************************************************

 


わたし:以上、渡辺プロデューサーからのお言葉でした!
    コンチェルトゲートはこれからどんどん進化するRPGだと思います。
    みなさんもぜひプレイしてみてくださいねー♪
    きっと正式化すぐの雰囲気はワクワクしちゃいますよ♪

 

------------------------------------------------------------------------------

 

『ご注意』
※コメントはお1人1件までお願いします。2件以上コメントをされている方は、
 1件にコメントを削除させていただく場合もあります。
※記事の内容に関係のないコメントは削除させていただきます。
※コメントが100件に達し次第、コメントの投稿は終了とさせていただきます。
※お客さまのコメントに対するお返事はできませんので、あらかじめご了承ください。

この記事の先頭へ▲

第25回 コンチェルトゲート制作スタッフさん!

みなさん、こんにちは。
ここでは1月24日発表『コンチェルトゲート』制作者の方に突撃インタビューした、
続きのレポートをお送りしたいと思いまーす。

前回を読んでいない方はもう一つ下の記事から読んでくださいね☆

----------------------------------------------------------------------
<前回からつづいて>

わたし:
あああーーーーっっ!!これはぁああっっ!!!
戦闘画面に切り替わって敵が出てきました!


スタッフさん:
はい、敵と遭遇しましたね。
コンチェルトゲートではオンラインRPGではめずらしい「エンカウント方式」という仕組み
(フィールドとバトルの画面が別々)で敵との戦闘が始まります。
オンラインRPGではめずらしいですが、家庭用RPGではおなじみの仕組みですよね。


わたし:
はい!こういうRPGはわたしもよくやりました。
これが王道の由来のひとつなんですねぇ〜♪
この仕組みだとモンスターの取り合いとかもなくて、
マイペースで戦闘が楽しめてうれしいです!


スタッフさん:
喜んでもらえてよかったです。
マイペースで戦闘もいいですが、仲間との連携で戦闘を有利に進めることができますから、
パーティを組んで冒険するともっと楽しいですよ!


わたし:
そうですね、せっかくのオンラインRPGですし♪
さて・・・気になるお値段ですが・・・(おどおど)。


スタッフさん:
ハンゲームでのサービスですからね、もちろん「パッケージ無料」「基本プレイ無料」ですよ!
オープンサービスからハンゲームIDをお持ちの方は基本どなたでも参加していただけます♪


わたし:
やったー!無料はやっぱりハンゲーム!って感じですよね☆
スクウェア・エニックスさんのゲームが無料なんて驚きです。
オープンサービスまで待ち遠しいです〜・・・。


スタッフさん:
1月24日から、クローズドβの参加希望者を広く募集しております。
応募者多数の場合は抽選とさせていただきますが、オープンサービスに先がけて
『コンチェルトゲート』を体験いただける絶好の機会になると思います。
是非ふるってご応募下さい!
ご応募いただいた方全員に壁紙のプレゼントもございます!


わたし:
なるほど!
うーん、もっとゲームの事知りたいなぁ〜。
クローズドβ以外にも何か教えてもらえますか?


スタッフさん:
はい、2月1日からスペシャルサイトにて「シークレット60」を開設します。
なんとこの「シークレット60」は毎日『コンチェルトゲート』の謎をひとつずつ大公開します!
ここではまだ語ることができないヒミツがいっぱいですのでこちらも是非ご注目ください!


わたし:
「シークレット60」!
それは楽しみですね♪1日1回、絶対見るようにしたいと思います☆
スタッフさん、『コンチェルトゲート』期待してます!


スタッフ:
はい!皆さんご期待ください!


(C) 2007 SQUARE ENIX

----------------------------------------------------------------------
『ご注意』
※たくさんのお客さまにコメントを残してほしいのでコメントはお1人1件までお願いします。
 2件以上コメントをされている方は、1件にコメントを削除させていただく場合もあります。
※記事の内容に関係のないコメントは削除させていただきます。
※コメントが100件に達し次第、コメントの投稿は終了とさせていただきます。
※お客さまのコメントに対するお返事はできませんので、あらかじめご了承ください。

この記事の先頭へ▲

第24回 コンチェルトゲート制作スタッフさん!

みなさん、こんにちは。
ここでは本日(1月24日)に発表された
『コンチェルトゲート』制作者の方に突撃インタビューしちゃいました♪

記者発表の会場からとれたてホヤホヤ情報をお送りしま〜〜す♪

----------------------------------------------------------------------
わたし:
こんにちはー!
(あたりを見渡して)すごいですね!コンチェルトゲートの記者発表会!


スタッフさん:
ありがとうございます。
コンチェルトゲートはなんとあのスクウェア・エニックスさんと、
ハンゲームが一緒にサービスすることになったタイトルなんです。
両社とも気合が入っていますし、記者発表会も豪華です!


わたし:
会場の熱気をそのままお伝えできなくて残念です。
その分色々質問しちゃいますね☆

まず、『コンチェルトゲート』ってどんなゲームなんですかぁ?!


スタッフさん:
はい。スクウェア・エニックスさんがゲームを制作し、
ハンゲームが企画・運営を行う『新生&王道 オンラインRPG』なんです!!(ババーーン!)


わたし:
おぉーー♪
王道っていうと・・・
スクウェア・エニックスさんの超ビックなアレやコレなRPGのような・・・、
そんな楽しい冒険を期待しちゃっていいんでしょうか?


スタッフさん:
そうですね。かんたん、シンプル、だけど奥深い!
そんな良さが、スクウェア・エニックスさんの作品だと思います。
皆さん期待されてよいと思いますよ♪


わたし:
ワクワクしますね!
あ、これが実際のゲーム画面ですね!
すごーい。とっても画面キレイですねぇ〜!


スタッフさん:
温かい感じがしますよね〜。
ゲーム画面は手描き感あふれる建物と(2D)、
臨場感あふれるキャラクター(3D)が見事に融合しています。
(場所を譲って)どうぞ、実際に動かして見てください。


わたし:
わーい♪
マウスで移動ができるんですね〜。キャラクターがすっごいカワイイ♪
移動して街や平原を走るだけでも楽しいですぅ!


スタッフさん:
実はその平原にもびっくりするような仕掛けがあるんです。
この『コンチェルトゲート』の特徴の一つで、
なんとこの地形、プレイヤーの皆さんの行動で変化するんですよ。
変化し続ける世界、その名も”テラジェネレーションシステム”なのです!


わたし:
す・・・すごいっ!まさにひとつの世界があるんですね!
どんな冒険になっちゃうんだろぉ?(ワクワク☆)

(画面が切り替わって)

あああーーーーっっ!!これはぁああっっ!!!





<次回につづく>


(C) 2007 SQUARE ENIX

----------------------------------------------------------------------
『ご注意』
※コメントはお1人1件までお願いします。2件以上コメントをされている方は、
 1件にコメントを削除させていただく場合もあります。
※記事の内容に関係のないコメントは削除させていただきます。
※コメントが100件に達し次第、コメントの投稿は終了とさせていただきます。
※お客さまのコメントに対するお返事はできませんので、あらかじめご了承ください。

この記事の先頭へ▲

お名前メモする

ハンゲーム Microsoft Windows および Internet Explorer 11 でご利用ください

Family Site

  • 無料マンガならcomico