歌謡タイピング劇場の記事

第109回 「歌謡タイピング劇場」制作スタッフさん!

 

 

 

みなさん、こんにちは。
ここではゲームを実際に動かしているスタッフに、インタビューしちゃっています♪
今回は9月10日(水)に『がくっぽいど』とのコラボレーション曲『哀 戦士』が

リリースされたということで【歌謡タイピング劇場】で企画・運営を担当されている

『タイペン先生』にお話を伺いました!

 


------------------------------------------------------------------------------

 

わたし:
それではよろしくおねがいします!
早速ですが『がくっぽいど』ってなんですか?

 

 

 

 


タイペン先生:
ええと、歌手のGacktさんの声質で歌ってくれる、
"ボーカロイドソフト"
なんですよ〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


わたし:
えええ!歌ってくれるって、どんな歌でも歌ってくれるんですか?

 


タイペン先生:
もちろんです。
寂しい夜にはハンゲームちゃんのために子守唄も歌ってくれますよ♪

 

 

わたし:
わー。それはすごいですね。
今回はその『がくっぽいど』がタイピングで歌ってくれるんですね?
何の歌を歌ってくれるんでしょう?

 

 

タイペン先生:
いい質問です!
な、なんと・・・!
ガンダムのあの超名曲!『哀 戦士』 なんですよぉぉ!

 


わたし:
それはすごい!
『哀 戦士』って『機動戦士ガンダム』の主題歌ですよね。
これはGacktさんファンにもガンダムファンにもオススメですね〜。

 


タイペン先生:
はい。ぜひいろんな方に遊んでみてほしいですね。
実は私も、昔からGacktさんの大ファンなので、
今回のコラボレーションはすごく楽しみだったんです♪

 

 


わたし:
なるほど〜!
Gacktさんは幅広い年齢層の方に人気がありそうですよね。

 

 

タイペン先生:
そうですね。
ブログなどで盛り上がってるのを見かけるととても嬉しいですし、
ぜひ、たくさんの方に楽しんでいただけたらいいなと思ってます。

 


わたし:
・・・!
お客さま想いで泣かせるじゃないですか!

ちなみに、今後も『がくっぽいど』とのコラボレーションは続いていくんですか?

 


タイペン先生:
そうですね。
第2弾、第3弾と続けていけたらいいなーと思います。
いずれはみんなが『がくっぽいど』で作った作品をタイピングに追加しちゃったり、
そんな事もできたらいいなーと・・・。

 


わたし:
ええええええー!?
じゃぁ私もオリジナルの歌を作るので、ぜひ入れてくださいよー!

 

 

タイペン先生:
よし。じゃあ一緒に作りましょうか。
曲名は・・・「おやつの歌」で!

 

「おやつ〜♪おやつ〜♪たのしいおやつ〜♪」
「今日のおやつはなんですか♪」
「ふんわりぷるぷる杏仁豆腐♪」
「らららぁぁ〜〜〜〜〜♪」

 

 

わたし:
ちょ、ちょっと!落ち着いてください!
私はそんな歌作りたくないいいい!!

 


タイペン先生:
「 ら ら ら ぁ 〜〜〜 ♪ 」

 

 

わたし:
・・・まだ歌ってるし。

 

何かスイッチが入ってしまったようなので、
ここで取材を終わりたいと思います。

タイペン先生、ありがとうございました!

 


※ご注意
『がくっぽいど』とのコラボレーション第2弾の予定は未定となっております。
今後の展開にご期待ください!

 

 


さっそく遊んでみよう!
■■【歌謡タイピング劇場】ゲームプレイはこちら■■

 

 

がくっぽいどで歌を作ろう!
■■『がくっぽいど』公式サイトはこちら■■

 


------------------------------------------------------------------------------


『ご注意』
※コメントはお1人1件までお願いします。2件以上コメントをされている方は、
 1件にコメントを削除させていただく場合もあります。
※記事の内容に関係のないコメントは削除させていただきます。
※コメントが100件に達し次第、コメントの投稿は終了とさせていただきます。
※お客さまのコメントに対するお返事はできませんので、あらかじめご了承ください。
※テキストリンク機能に関してはスタッフ専用の機能として特別なプログラムを
 使用させていただいております。


 

この記事の先頭へ▲

第81回 「歌謡タイピング劇場」制作スタッフさん!

みなさん、こんにちは。
ここではゲームを実際に動かしているスタッフに、インタビューしちゃっています♪
今回は2月27日(水)に新機能の『タイピングミッション』がリリースされたということで
【歌謡タイピング劇場】で企画・運営を担当されている『タイペン先生』にお話を伺いました!

 

------------------------------------------------------------------------------


わたし:
こんにちは!
【歌謡タイピング劇場】に、新機能の『タイピングミッション』がリリースされたとお聞きしました!



 

 

 

 

 

タイペン先生:

な、なぜそれを知っているのですか!

 

 

 

 

 

 

 


わたし:
え!だってサイト上に大きく告知されていましたよ?!
それに、タイペン特製“ひな人形が”『超かわいい〜!!』って話題に・・・。

 


タイペン先生:
はっ!
知られたからにはここから帰すわけには行きませんね・・・。

 


わたし:
ぎゃーーーーーーーーーーーーーー!!

って、何ですかこのやりとりは!
そんな茶番はいいので、早く情報を教えてくださーい!

 


タイペン先生:
むう。

ノリが悪い子ね。(ブツブツ)
では、いくわよ!

 


わたし:
・・・・・。

 


タイペン先生:
ええと、もうご存知の方も多いと思いますが、
【歌謡タイピング劇場】に『ミッション機能』がリリースされました!

これまで、【わくわくフィッシング】の『釣り大会』、【集まれ!コスモトレーナー】の『コスモミッション』など、
かんたんゲームの一部ゲームには実装されていたミッション。
そして、2008年。

【歌謡タイピング劇場】制作担当、私タイペンの強い熱意により、新機能追加をいたしました!!

というわけで、皆さま遊んでくれましたか??

 


わたし:
ええ、もちろん遊びましたよー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミッション、すごく楽しかった!
でも、タイピングがニガテなわたしには、ちょっとだけ難しいですねぇ。
そんな私でもミッションクリアして、

“ゲーム内マネー”や、“歌唱力”、“ゲーム内アイテム”などなどゲットしたいっ!

タイペン先生!何か“クリアできるコツ”とかってないんですか??

 


タイペン先生:
フフフ、特別に教えてあげましょう。
それでは、「ミッション詳細」の『タイプ量』に注目してみてください。
ここが『指定なし』になっていたら『タイプ量少なめ』設定にして、プレイしてみると・・・!

 

 

わたし:
どれどれ。

おおお、なるほど!これなら、私でもクリアできそう!!
なるほど、そんなウラワザがあったのですね!
今度からも『タイプ量少なめ』でやってみようっと♪

あれ?そういえば全体的に、「挑戦できるミッション」がちょっと少なくないですか?
これぐらいの数なら、わたしでもそのうち全部クリアできちゃいますよ〜!

 


タイペン先生:
チッチッチッ。
実は、「タイピングミッション」は、『クリア状況に応じて、挑戦できるミッションが増えていく』のですよ!
最初は1人でもカンタンにクリアできちゃうミッションが多いですが、
じわり、じわり、じわりと難しくなってきますよ♪

 


わたし:
そうだったんだー!
それはやりがいがありそうですね!

 


タイペン先生:
そうそう。
そして、『ミッションがなかなかクリアできない』と思ったら、【歌謡タイピング劇場】でルームを作るなどして、
お仲間を募集して、挑戦してみて欲しいんですよ。
1人では難しいミッションも、みんなでやると意外とカンタンにクリアできたりするんですよ♪

中には本当に難しいものもありますけどね・・・ウフフフフ。

 


わたし:
ひえー。
では、これからはみんなで挑戦してみます〜♪

 


タイペン先生:
それがイイ!

 


わたし:
そうだ!そういえば、「クリアしたミッション」のところに何か“アイコン”が表示されていますね。
なんですか?これ。

 


タイペン先生:
気付きましたか。

実は、クリアするごとにこの“アイコン”がどんどん大きくなって、
最後には・・・ドーーーーーーーーーーーーーン!ですよ。
すごいでしょ!

 


わたし:
・・・なんだかよくわからないですが、
何かすごい事が起こりそうだ、ということはわかりました!

 


タイペン先生:
伝わったようでなによりです(笑)

『タイピングミッション』の中には、『4人でフルコンボせよ!』というミッションがあるのですよ。
これの『ミッションクリア!』を確認するため、私タイペンはもちろんのこと、
【歌謡タイピング劇場】の制作スタッフ(開発含む)が総出でミッションに挑戦したんですよ。

夜遅くまで「ギャー!」とか「ワー!」とか言いながら、カタカタ、カタカタ、タイピングをしていました。
なかなかアツい想いで作ったので、ぜひ皆さんにプレイしていただきたいっ!

 


わたし:
そうだったんですか・・・!

 


タイペン先生:
そして、もう“ひなまつり”は過ぎてしまったのですが、

この超可愛い『特製マイホームアイテム』にちょっとした裏話があって・・・。

【歌謡タイピング劇場】では通常イベント賞品は、

イベント開催の次の月あたりに皆さまにお届けすることが多いのですが、
今回、「それをやっていては、皆さまのところに“ひなまつりマイホームアイテム”が届くのが、
遅くなってしまうではないか!」

ということで、私タイペンが、いろいろな方にお願いをしてまわり、

『条件をクリア』次第、その場で配布!

にこぎつけたんです。これなら少しでも早く、皆さまの手に届く、と。

 


わたし:
そうだったんですか!
そんなにタイペン先生が頑張ってくれたこのアイテム、手に入れなくっちゃ!!
わたし、さっそくミッションに挑戦してきます!

 


タイペン先生:
ぜひぜひ!
“特製ひなまつりマイホームアイテム”が手に入れられるのは、

3月12日(水)メンテナンス前までなので、お見逃しなく!

ミッションを遊んでみた感想なども教えてくださいね。
「こんなミッションがあったらおもしろそう!」といったご意見もお待ちしています!

 


わたし:
了解です!

今日はタイペン先生、ありがとうございました!!



3月12日(水)まで!
■■ 「ミッション登場記念イベント」はこちら!! ■■

“ミッション”が初めての方はこちらへ!
■■ 【タイピングミッション】の遊び方はこちら! ■■

さっそく遊んでみよう!
■■【歌謡タイピング劇場】ゲームプレイはこちら■■

 

------------------------------------------------------------------------------

 

『ご注意』
※コメントはお1人1件までお願いします。2件以上コメントをされている方は、
 1件にコメントを削除させていただく場合もあります。
※記事の内容に関係のないコメントは削除させていただきます。
※コメントが100件に達し次第、コメントの投稿は終了とさせていただきます。
※お客さまのコメントに対するお返事はできませんので、あらかじめご了承ください。
※画像添付機能等に関してはスタッフ専用の機能として特別なプログラムを使用させていただいております。

 

この記事の先頭へ▲

第2回「歌謡タイピング劇場」制作スタッフさん!

みなさん、こんにちはー。
わたしのブログへようこそ。

ここではハンゲームで皆さんに日頃から遊んでいただいているゲームを
実際に制作したスタッフに、わたし自ら気になったことを
インタビューしちゃっています♪

今回はゲームタイトルがとってもおもしろい「歌謡タイピング劇場」の
制作スタッフにインタビューです!ってことだったんですが、
約束の時間にインタビューをするはずだった場所で待っていてもなかなか現れません。
それからしばらく待ってみたんですが、やっぱり現れません・・。

おかしいな・・・
と思ってあたりを見渡してみるとこんな『メモ書き』が残されていました。

----------------------------------------------------------------------

今回は、歌謡タイピング劇場のプロジェクト紹介をお願いされました。
現在、歌謡タイピング劇場は、スタイリッシュで、ファンキーなゲームとして、
ベストスタイリッシュゲーム賞にも、ノミネートされる予定です。

歌謡タイピング劇場の歴史は深く、古くは、平安時代から貴族の「アソビ」として
親しまれてきました。
江戸時代まで、その人気は長く続き、かの徳川家康公も家来を集めては、
これをして遊ばれたようです。征夷大ゲームなのです。

我々は、歴史文献をあさっていくうちに、このゲームの仕様書にたどり着きました。
発見した当時は、
「こんなゲームはやるんだろうか?」
「今は、平安でも江戸でもねえ!平成だぞ!」
「化石ゲームは、ほっとけ!」
などと、毎日、殴り合いの日々でした。
よって、歌謡タイピング劇場は、血のにじむような努力の結果として
制作された作品なのです。

曲に関しては、全て万葉集から引用しました。

そのため、我々は、京都にも行きました。奈良にも行きました。
ラスベガスにも行きましたし、ハワイにも行きました。
マウイにも行きましたし、アトランティス大陸にも行きました。
こうして、制作がどんどん進んでいったわけです。

完成が近づくにつれて、恐怖とプレッシャーに苦しみました。
本当に、我々は再現できたのだろうか。日本の歴史に泥を塗ることにならないだろうか。
今月のハンゲ君はおもしろいのだろうか。
何を制作するにも、プレッシャーはつきものです。
しかし、それに打ち勝ってこそ、真のコレクションキングだと言えるのではないでしょうか。
ということで8月18日に「コレクションキング エピソード3」がリリースされます。
これからもコレクションキングを応援してください!


[今週の川柳コ〜ナ〜]
タイピング カードを集めて コレクション

※これらの話はほぼフィクションです。
----------------------------------------------------------------------

フィクションですか!!

途中から歌謡タイピング劇場の制作スタッフなのか、
コレクションキングの制作スタッフなのかわからなくなっちゃってるし・・・。
※「コレクションキング」制作スタッフと歌謡タイピング劇場制作スタッフは別人です。
制作がとっても大変だったということだけは伝わりました(笑)
次にインタビューする時はちゃんと答えてくださいね!

ということで今回はコレク・・じゃなくて
歌謡タイピング劇場制作スタッフさんへのインタビュー?でした。
「?????」と感じる人が多いとおもいますが、どうか許してください・・・

それでは、また来週をお楽しみに!


『ご注意』
※たくさんのお客さまにコメントを残してほしいのでコメントはお1人1件までお願いします。
 2件以上コメントをされている方は、1件にコメントを削除させていただく場合もあります。
※記事の内容に関係のないコメントは削除させていただきます。
※コメントが100件に達し次第、コメントの投稿は終了とさせていただきます。
※お客さまのコメントに対するお返事はできませんので、あらかじめご了承ください。

この記事の先頭へ▲

お名前メモする

ハンゲーム Microsoft Windows および Internet Explorer 11 でご利用ください

Family Site

  • 無料マンガならcomico