esueesuのアバターなブログ

自己満足な日々の語り。。ゲーム関連メイン。他アニメなど。

スポーツの記事

フィギュアスケートの栄光は継承される。

 普段フィギュアスケートなど見ないのだが、オリンピックだけは格が違う。動画サイトで津波の記録を見てから昨夜の栄光を見直すと、東北人としては涙が止まらない。羽生選手本当におめでとうございます。

 8年前の荒川さんの時は、イナバウアーの美しい存在感で獲得した金メダルという印象だったけれど、今回は若さと勢いで勝ち取った金メダルであるかの様に見えてしまうのは、少し申し訳無い気がする。勿論、それだけで獲れる程オリンピックは甘い舞台であるはずもなく、実に際どい勝負だった。本人が語っている通り、フリーの演技はSPに比べれば「少し悔しい」出来だった。プルシェンコの体調が万全であったら、チャンが完璧な演技をしていれば、メダルの色が違っていてもおかしくなかった。それでも、だからこそ、この金には価値がある。オリンピックの重圧は、全ての選手に等しく掛かると思うから。

 それに耐え抜いた羽生選手の心の強さを、第一に賞賛すべきだろう。とは言え、それは誰でも思う事なので、ここではその強さの背景を彩った、二人の外国人への感謝の言葉を述べたいと思う。


 一人目は、やはりプルシェンコ。彼に対する幼い日の憧れが、羽生選手の志の高さ、金を取って尚「悔しい」と語った、目指すところの崇高さの、根底にあるのだという事実を考えると、彼の存在の大きさに、敬意を表さずにはいられない。惜しむらくは万全の状態での競り合いを見たかったけれど、その件で彼を非難する意見も、当のロシアにある様だけれど、人は誰でも年を取るのだ。無理を押してロシアの為に団体戦で戦って貢献して、尚も個人戦に出ようと最後まで足掻いた、彼の挑戦を称えこそすれ、けなすべきではないと思う。

 もう一人は、「ブライアン」オーサー師。羽生選手の躍進のかなりの部分が、この先生に支えられたものではないだろうか。特筆すべきはSP本番の直前。一瞬のコンタクトで愛弟子をリラックスさせ笑わせた、あの手腕には鳥肌が立った。気合を掛けるしか能の無い、日本人のコーチ連中は、是非彼の爪の垢を煎じて飲むべきである。チャン選手の猛追を凌いだプログラムの妙といい、羽生選手のしなやかさを引き出した振り付けの妙といい、陰ながらこのコーチの果たした貢献は巨大だと思う。

 プルシェンコもオーサー師も、往年は素晴らしいスケーターだった。プルシェンコに憧れ、オーサー師に学んだ羽生選手が、今回金メダルに輝いたのを見ていると、フィギュアの魂が継承されていくのを見ているかの様な、不思議な感慨に満たされる。彼等のオリンピックは、決して栄光ばかりのものではなかったけれど、今回の羽生選手は、その悔しさも少しだけ、晴らしてくれたのではないだろうか。やはりオリンピックは格が違う。


この記事の先頭へ▲

お名前メモする