esueesuのアバターなブログ

自己満足な日々の語り。。ゲーム関連メイン。他アニメなど。

ザラの鼓動。僕は防具の涙を見る。

ザラ・シリーズの潜在が余りにも酷いので、今までの努力を丸ごと否定された気分になった。引退しようか悩んでいるが、スルーするのもボクソンなので、メイン用にウォンド1本だけは作ることにする。

防御力は僕が最も気にしている部分で、過去にクラフト防具だった頃は、属性+4%にオルレジVを付けて+7%×3か所で合計+21%の運用をしていた。それが今はゼイネ防具でも+2%止まりなので、オルレジV付けて+5%×3か所の合計+15%。Rにフレンズプロテクションを付けても+5%で合計20%である。

防具においてはこれだけ進化の止まっている(寧ろ退化している)状態なのに、ザラは息吹でさえ単独で+10%。鼓動では単独で+20%。しかもSOPまで対応しているので、防御の構えにオルレジVなど付けまくったら+30%を単独で達成してしまう。今の僕の防具と合わせて運用すれば合計+50%。メイン職のTeのデバカ付与で+15%の合計+65%。サブをHuにしてフラガを適当に付け足せば更に+15%で合計+80%の被ダメージ軽減が、現実的な難易度で達成出来てしまうのだ。ぶっ壊れ以外の何物でもない。

運営が何でこんなアホな武器を作ってしまったか理解に苦しむのだが、背景の一つとして考えられるのは、Hrの防御が紙仕様でかつ火力低下にも直結している為、僕の様な下手っぴなプレイヤーに不人気だった事が挙げられる。サブHuの弊害といえばそうだが、それを全部同じ潜在の武器1シリーズで軽減しようとしたのであれば愚策としか言い様がない。サブHuを更に喜ばせるだけだからである。

やるなら防具で、それも1か所+7%を上限として、オルレジV付きで+10%×3か所で、かつ「期間限定でない入手経路で」実装すべきだった。今後ザラを作れなかった人々は、高難易度クエストに引っかかった時点で泣いて撤退するだろうし、逆にザラをもっている人々が残っている限り、前者向けに救済用の防具を実装するのも難しくなる。被ダメージ軽減+90%なんて逝ってしまったら、難易度の定義が根本から崩壊するだろう。

ザラはかくも呪いの装備たる性格を持って生まれてしまった。人は刻の涙を見る。

この記事の先頭へ▲

お名前メモする