ero(eri)可愛い姉さんのバトルな日々

☆☆☆ どうぞ♪じっくりご賞味下さいマセ〜 ☆☆☆

06、バトル6 「呪文」

ども〜
こんちゃ〜♪
えりサンでーす


たまに
言われます
『 「えり姉さん」 ってID…カワイイね』
って


……


そうっすか?




すみません



適当に
付けたんです


2秒くらいで決めました



いちお「えり」は本名からとりました

…ナゼ「姉さん」?



なんとなくです
意味…?
まったくありません
スミマセン



この
「姉さん」
のおかげで…





年上の人からは敬語を使われ
(態度がデカイっていうのもあるらしいですが…)



お子様からは慕われ
(お願い、えりに構わないで〜〜)



犬も歩けば棒にあたり
(……)



三度の飯より吉牛が好き
(どないやネン!)







はい
というわけで


本題に入りましょうネ




えりさん
こないだ
パーティールームってトコに
入ってみました




そこで
とんでもない
スゴ腕
に出会いました



☆☆☆☆☆☆ バトル 6 !☆☆☆☆☆☆


最初ね
えりと
boyの2人しかいなかったの…

えり「こんばんわ〜」
boy「こんばんは」
えり「…」
boy「…」


いつになく緊張気味なえりさん



えり「今日ハ トテモ いい天気デスネ」
boy「そうデスね」





片言か〜!
不法就労の外人か〜!

なんて
まったりしてたら…



突如
Galが2名乱入!!



g1「なんでよ!!ついてこないでくれる?」

g2「だって…電話もでてくれないし…学校でも 喋ってくれないから…」

g1「話したくないカラ、話さないのヨ!!」

なんか
リア友らしい
ケンカの内容は…


他愛のない…
小学校高学年の
ちょっとした
スレ違い
みたいな…

とりあえず
激しい乱打戦を黙って見守るえりとboy




そのうちにさ〜

g1…


怒って出てっちゃった



残された3人
えり「…」
boy「…」
g2「…」
気マズイ沈黙…

g2「どうしよう…」
g2「嫌われちゃったら生きていけない〜〜」
なんかg2はg1のコトが大好きらしい…





大人として
何かアドバイスしなきゃ…


どうしよう…








すると

boyが


おもむろに発言



boy「そういう時はサ…」



おお boy〜〜
男の子だね〜
やっぱ頼りになるネ!









boy「呪文を唱えると仲直りできるよ」



じゅ


じゅもん?


いったい


どのような…



するとboy




boy「ぼんぼんばんばんぼぼぼぼぼんばぼばぼばばぼぼんぼっぼんぼん」



は?


boy「ほら、姉さんも」

え?

えりも?
っすか?






はい
頑張ります!!
えり「ぼんぼんぼんぼんばっばbっばあばんbばんぼんぼん」

うう  噛み噛み〜〜




boy「やるネ  姉さん!」




褒められました…
ウレシイっす




boy「こうだヨ
  ぼんぼんぼんばんばんばんぼばぼばぼばぼんばんぼんぼんばばんばば」
えり「ぼんぼんばんばんぼばぼぼんぼんぼんぼんばんばんばん」

boy「スヂがいいネ」



光る汗…
流れる涙…




って


お〜〜〜い


いつのまにか
g2
いねぇぇぇぇぇし



あんたのために
やってあげてるんでショ〜〜!!!





と思ったら
瞬時に
boyも退出



一人残されたえりさん





えり「ぼんぼんばぼんぼんばんばんばんぼばぼばぼばぼばん」

やけくその呪文






はい

今回?

3敗分に匹敵する惨敗
デスネ
認めますよ

えと
4勝2敗?
勝率6割6分6厘6毛…





じ    ゆ    う

だぁぁぁぁぁぁぁ!!!


↑言ってみたかっただけっす(犬井ヒロシっす)

この記事の先頭へ▲

お名前メモする