ブロブロブログ

紹介・日記・感想…etc,のページでおま

ゲームの記事

マインクラフト〜新PC購入!

久しぶりのブログ更新!遂に新しいパソコン購入w

…よって、今現在顔文字等とは導入してませんで、既存記事と雰囲気が違うように見えますが、気のせいの方向でお願いします(笑)

 

■新ぱそぱそ

 


…思いのほか、ケースでかかったっ!!パソコンデスクの上面の仕切りが邪魔で背面奥まで突っ込むことが出来ない事が判明しましたが、机から前面にはみ出る事も無かったので「排熱空間」とポジティブに納得しておくことにしておきますw

 

■詳細情報

・パソコンケース:クーラーマスター CM690V 

・電源ユニット:どっかのメーカーの850W ゴールド認定のやつ

・ブルーレイユニット:パイオニア BDR−209XJ(BD-XL対応)

・その他:3波対応チューナー、マルチカードリーダー、・・・I/Oデータとかの物

 

・マザーボード:ASUS・H97Plus(BIOS更新でOC対応とか言ってたので、無茶な改造は今後も予定に無いので、Zにこだわらず安いほう選んじまったぃwww)

・CPU:I7・4790K(デフォルト使用※4GHz〜4.4GHz)

・CPUファン:クーラーマスターHyper 212 EVO

・グラフィックボード:GeForce GTX980 MSI製リファレンスタイプ

・メモリー16GB

・HDD:2TB 7200回転 6G対応

・SSD:気に入った物が、お求め安くなるまで保留

 

・・・ところどころ説明が雑くなってるのは気のせい。今回の進化によって、

劇的に変化した部分は「熱対策」「省電力」「処理能力」 この3つ!

 

特に出たばっかりのGTX980が、780Tiにしようか、Ttitan blackにしようか迷ってた私には救いの女神でした。それら高額なグラボ(980も単品7万前後だが)より安く、しかも省電力、高性能とあっちゃー、ほかのパーツを廉価版もしくは無し構成でいこうか?と思ってたぐらいなので、余力分をその他パーツに金銭的に注ぎこめるようになり、Titan black構成だと30万円超えるような構成と同性能に近いまま、6万以上値段を引き下げることができたので、満足の一言。

 

GTX580だった私の爆熱・先代パソコンとは打って変わって、静かでクールなパソコンに進化。

先代は、通販サイトぐらいにしかパソコンを利用しない嫁用として旅立っていきました(笑)

 

・・・GTX580とて今現在でも現役でマインクラフト・影MOD利用でも一応「動く」PCなので、ヤホーのページ閲覧程度にしか利用されないのも、なんとも無駄に贅沢かつ悲しい末路ですが、消耗に乏しい利用によって寿命がさらに延びることでしょう!(笑)

 

 


↑内部の様子。「GEFORCE GTX」が緑色に光ります。でもこっち側は部屋の壁側でなんの演出効果もありません(笑)

 

将来拡張を可能にする幅を利かせて、更なるパワーアップが可能な余力を備えた構成。手前のチョロリンと出てる白線は隠すように内部に放り込んでる外部HDDのUSBケーブルw そのうちSSDは欲しいなーーと思う次第。 リファレンスのグラボ向けにクーラー周りをもう少し強化したほうが精神に優しい気もしますw

 

肝心な、マインクラフトでの動作状況ですが、GTX980・・・影MODチラつきバグが何をどうやっても改善されませんwwwwww ちょww 想定外wwwww ドライバーがバージョンUPされるまで時間の無駄くさいので、すっきりあきらめて待機します。(980ドライバー現在1種類のみな為)

 

ちなみにGTX580時代にFPS200〜300ぐらいだった設定とほぼ同じでプレイしてみると・・・

 

          ↓ここ注目


なんとFPS600前後 瞬間MAXでは700超えるじゃありませんか!エグイwww

クリエイティブな活動中はあまり私的には意味を成していないのですが、チャンク読み込みを16→32でも平均FPS300前後なので、想定的には読み込みエリアはデフォレベルで影MOD高画質設定を常態化していきたい気分でございます。・・・はやく何がしかの更新きてくれ!!

この記事の先頭へ▲

少ない時間でマインクラフトA

通信機能のトラブルでブログが更新できませんでした('A`)

 

やっと直ったので、その後の経過をUP!

 

・・・建物はとりあえず、そのまま少しずつ細かい部分を作っていってますが、目の前の湖に橋でも作らないと、向こう岸に渡ることも困難な環境なので、とりあえずつり橋を建造(・ω・)

 

 ↓もともとは間に陸地が点々とする浅瀬の地帯を・・・

 


 

  


つり橋風の橋を建造。・・・細いブロックが存在しないこのゲームにおいて、吊りロープ部分の表現が非常に困難なものの、ネザーフェンスとノーマルフェンスは互いが合体しない習性を生かして交互に配置して吊ってる感を演出w

 

もちろん夜間はライトアップでムードを引き立ててみました( ´_ゝ`)b

 

 


この調子で、周辺に家を数軒建てて集落が完成したら、城を築城して城下町っぽくしていくのも悪くないかもしれないです(作業時間の不足さからいつの話になるやら・・・)

この記事の先頭へ▲

少ない時間でこつこつマインクラフト@

仕事が忙しいので進捗が遅れること請け合いですが、こつこつ街・・・てか、モニュメント的な?いや、凝り性の飽き性(謎)なので「向いた向いた」で、プレイ内容を紹介していきたいなと思いますので、そこのところヨロシクです<(_ _)>

 

さて、前回序章のような内容のブログのとおり、使用するMOD、テクスチャーも決まったので、気に入った地形を探して行きたいなと思います。

 

 


↑一見、へんてこりんな浮遊地形や、切り立った高山地形は何かし創作意欲にビビっとくるのですが、現実的に実生活での自由時間の少なさや、やりたい事以上に基礎の構築に労力を注ぐハメになることが簡単に想像出来てしまうので、やむを得ず却下('A`)

 


 


湖のほとりになだらかで、鬱蒼と茂る森がある・・・こんな場所を街製作の第一拠点としました。

 

とりあえず、今回は街の全体構想を練る事や、参考とする実在する街並みなど一切考慮せず、行き当たりばったりで作っていこうと思います(過去に本物に忠実なでかすぎる建造物でワールド自体が長続きしなかった為)


とにかく整地。しかもテケトー(・ω・) 問題をその時、その時解決していくことで建造物に対する組み立てスキルを養う実践派修行の方向でw

 


 


まーこんなもんでいいかな・・・とはやる気持ちを抑えられないので建築開始(・ω・)ノ

・・・お風呂に入ることも犠牲にして約3時間後・・・

 

 


 

ところどころ、目分量がゆえのブロックパターンの不適合を修正しつつ、結局きちんと構想と設計をすりゃよかったなーと後悔と妥協仕掛けた頃、表側が全体の7割ほどが完成しました(・ω・)ノイェース

 


 


建蔽率アーーーップ!で元の基礎を拡張したため、家の一部が宙を浮いたままの色んな意味で素敵な家が完成しつつあります(゚∀゚)アヒャ

 

↓ちなみに夜
 


あとは細かい外装の修正でより現実的なディテールにし、内装をしっかり作れば一軒完成!ヤフー

 

・・・とは言え、街にしようと思えばこんな程度の家、普通に何十軒も軒を連ねて「当たり前」だっつー話で、本当に開発が進んでいくんだろうか?といった疑問をスルーしつつ仕事の兼ね合い就寝時間が迫り来るため、今日は終了<(_ _)>


 

この記事の先頭へ▲

マインクラフトで何かし作ってみよう編

超お久しぶりです<(_ _)>  もう何時ごろから更新していなかったでしょうか・・・。

 

結婚に、一戸建て購入。新生活と仕事が多忙。どれ1つでも結構な体力の消耗を引き起こす出来事が、こーもドッサリ重なると、めっきり遊び気力も低下。ここ最近はゲームどころじゃありやせんでしたが、少し気持ちにも余裕が出てきたところで、マインクラフト(巷でマイクラと呼ばれてる)なるゲーム齧りはじめました(・ω・)

 

ドットライクなボックスを積み重ねたような世界で、木を切って加工して、採掘しては再び設置して、何かし創作したり、探検・冒険するような内容で、実際のところ行動演出においては結構リアルな3Dゲームで、すが、とくに絶対的なクリア条件も無ければ、何かをしなければゲームオーバーになるってな制限もありません。やりたいようにまったり遊ぶ事こそが、このゲームの目的でとても面白いなと感じます。また、有志の方々が製作するMOD(モディフィケーションの略・・・要するに改造要素)を組み込む事で、新たなゲーム要素や世界観を作り出すことも可能なことが、いつまでも飽きさせないポイントかなと思います。

 

※但し、見た目のドットしさとは裏腹にMODによっては超ハイエンドクラスのPCほどの処理能力を要求する可能性もある。

 

私はと言うと、プレイもそっちのけで、もっぱらMODばっかり検索してます(゚Д゚) 

現在では、迫力と美しさが増す(と個人的に思ってる)影MODなるものを放り込んでようやく落ち着いてプレイのスタート地点に辿り付いた感があります(笑)  

 

サクっと建造物を建ててみたときの描写


水面が風景を反射してくれるようになり、また太陽光に対する陰影も反映してくれるようになり、草木の揺らめき(風を感じるような視覚効果)なども相まって、凄く世界が引き締まって良くなります。

 

このMODは最新版では、同梱ファイルのプログラムをアクティブに書き直すことで雲シェーダー効果も映し出す事が出来るようになりました。

 


 


バニラで全MAX状態で描写した状態。

 

・・・見ての通り、雲の描写が荒く、独特なフィルターが入ってはおりますが、なんと言っても凄いのは、空にテクスチャーを貼り付けただけの「絵」ではなくて、ランダムで発生しているちゃんとした雲なんですよね。実体が存在する雲なので、背の高い山にちゃんと傘かぶります。

 


 


実は雲シェーダー、ファイルのプログラム設定変更で解像度を上昇させることが出来るのですが、処理が恐ろしく重いです!して将来のPC向けに今は内部でOFFがデフォになってるのだろうか?といった感じです。私の旧世代パソコンでは、雲を出している状態では32x以上のテクスチャーでこれらのMODを描画優先的な設定を全てMAXですることが出来ない状況です('A`)

 

新パソコンをブルーレイ編集用機器としても兼ねて(って事で付加価値的に自分に納得したい)

性能の良いもの導入しようか本気で迷ってます('A`)

 

【現在】※かんたんなスペック一覧 マザボはMSIのX58 電源しょぼしょぼ 

CPUコアI7 950 グラボ GTX580メモリUP版 システムメモリー16GB HDD1TB+2TB

【検討中第一候補】

CPUコアI7 4930K グラボ GTX780Ti メモリー16GB〜32GB SSD256GB+HDD2TB

ASUSマザボ X79

※備考:高い。高すぎる・・・。何を見積もっても 冷却システム、電源の品質、などなど周辺設備の質を落としても30万円切れないどころか省エネ・低発熱対策も考慮すると40万近く達する。但し、6コアの威力と最新にして現在最強クラスのグラボのコラボはゲームも、プログレッシブフルHD撮影のビデオカメラの編集、ブルーレイの編集、エ ンコードと何をやっても文句な無いだろうかと。

【検討中第二候補】

CPUコアI7 4770K グラボGTX780Ti メモリー8GB(為替やレート動向で底時に32GBへ増設) SSD256GB ※高速HDDのみでおいおいSSD化でもよさげ。

 

無難な第4世代最新トップCPU。↑の6コアにマルチ処理こそ譲るものの、省電力かつ消費電力あたりの性能の高さなんか、今の950なんかと比較したら驚異的で末恐ろしいww SSDやめて メモリーが8GBあたりで組めば 初期投資は20万前後といったところ。。。

 

そう!ポイントは為替!

 

増税の件もありますので、予測が難しくてずっと悩み続けそうですwww

とりまこれから、なにかしら創作物が完成したら、ここで紹介して行けたらなーと思いますので

ヨロシコ━━━━━━ d(゚∀゚)b ━━━━━━!!

 

 

【余談】 その昔、今は亡きMMORPG「トリックスター」に登場するキャラクター「兎」をブロックで描いてみました。こーいった遊び方が出来るのもこのゲームの魅力っす(・ω・)b

 



この記事の先頭へ▲

ヒャッホー!メダルゲーム編

 

・・・なかなか嬉しい瞬間です(*´ェ`*) と、まぁ休日に地元のラウンド1の

メダルコーナーでちょくちょく遊んでいます。

 

とはいえ、”遊んでる”と言う割にはそんな生易しいもんじゃなく、もっぱら大型のメカスロ

でパチンコ屋さながらの散財をし、それじゃ〜パチンコいきゃーよかった!と後悔する時も

あるほど案外ムキにプレイしちゃったりなんかもしています。先ほどの画像のような

いわゆるマスメダルプッシャー機はたまーにしかしません(だって消費する割りにあまり増えないし)

 

最近、深くハマってる機種は「ワイルド・トリプル・セブン」っつー機種で

まぁ、ハイリスク・ハイリターンで、波がとてつも無く物凄く荒いスロットマシーンで

10000円でシルバー会員で2750枚(ドル箱2箱満タンとカップ1個満タン)借りれるメダルが、

回収期に打っちゃうと、ものの1時間足らずで完全消滅できるとゆー「遊ばせる気あるのか?」

っちゅー疑問が浮かぶ鬼マシーンです(*´ェ`*) もちろん子供が意味も解らずMAXBETをケチって

1枚掛けなんかしても、一切なにも当たらない容赦の無い厳しさを持ってますw

 

先週末も、10000円分購入して彼女と半分に分けて隣同士で同じ台を打ってましたが、

いつもの如く一瞬で1箱が消え(2人で消費すれば飲まれる早さも当然2倍速w)

「あぁー今日もロクなアタリがこないまま終わるのかーイラッ」と、思っていたら・・・

 

この日はいつもと一味違っていました

 

彼女「きちゃった」

σ(´ρ`)「エェ! ウホゥ!」

 

赤WILDジャックポットが 通常ゲームでさらっと当選してるじゃありませんか!

画面の左上のデジタルカウンターが点滅してるせーで見えていませんがこの時の

ジャックポット配当が 4652.38枚。 見事4652枚獲得です。

σ(´ρ`)「ヤッター ヤッター これで大きく増えたね〜」と喜んでいる風に見えつつも

内心、チクショー!私も当ててぇぇぇー!ムカツク!と余計苛立ちが増したとかって

素直に喜んであげれない私は鬼ですか?w 

 

とりま、バーン!と乱暴にスタートボタン押したら

 

 

 (゚д゚ )ズギャーン

斜め下ライン 赤7 300枚

斜め上ライン 赤7(WILDはボーナスゲーム絵柄以外の全ての絵柄の代わりになる) 300枚

上V字ライン 赤7 300枚

下逆V字ライン 赤7 300枚

 

合計1200枚獲得。

(ちなみに彼女が赤ジャックポット獲得したのでジャックポットのデジタルカウンターが

3000枚スタートにリセットされているのが解る)

 

 

こ、これは久しぶりに来るか!大きなプラス波!!

 

答えは6ゲーム後にやってきました。

 

 

 

1200枚獲得の6ゲーム後にこれですぜ!奥さん!!

さっきの画像での白WILDジャックポットカウンターの枚数見てもわかるとおり、

4700枚オーバー獲得!

 

時間にして、ものの3分そこそこで約6000獲得。瞬発力がハンパじゃないです。

さっきの彼女の分もプラスして −1500枚ほどから一気に手持ち10000枚越えです。

 

とは言え、至福の放出期なんてものは、ほんの一瞬。

結局は増やすことよりも遊ぶこと自体が好きな二人はこの後

ヤメりゃーいいのに約3000枚消し飛ばしてしまったとさ('A`)デメタシデメタシ

 

ま、当てたこの瞬間に今まで遊んできた意味がある!と思うことにしますw

 

【↓過去の爽快画像】

 

 

 

 

 青ジャックポット 約1800枚獲得

 

 ALL赤7 1200枚獲得

 

白ジャックポット 約3000枚獲得

この記事の先頭へ▲

お名前メモする

ハンゲーム Microsoft Windows および Internet Explorer 11 でご利用ください

Family Site

  • 無料マンガならcomico