ブロブロブログ

紹介・日記・感想…etc,のページでおま

2017年04月の記事

MMOでありがちな停滞期に早々陥る編

非常に長文の為、退屈な時、暇つぶし感覚で読んでね♪w

友達のススメで遊び始めたこのゲーム。3か月目に突入したところですかね〜。
現在は、メインクラス(ハンター)がLv75、サブクラス(ブレイバ−)がLv60まで到達しました。

レベルがこのあたりになると、当然受注できるクエストが増えてレベルUPし、達成難度も上昇してきます。それに伴った攻略はもとより挑むために最低限の装備の要求能力も高くなってきます。

私なりに過去にもファイナルファンタジーやモンスターハンターフロンティア等のMMORPGにどっぷりハマって遊んだ経験を活かして、自分に見合った攻略方法を探してきました…が、このPSO2とゆーゲームの場合、とある仕様の為に自分のスタイルでは新参者にはどーしよーも無い壁にぶち当たる事になります。

”緊急クエスト”

という多人数参加ありきのクエストと、それと絡み合うシステムです。

おおよそ、この手のゲームは次のステップを踏む時(難易度の高見に進む時)現時点で入手可能なレア装備や、強化度を非常に高めた装備で身を包み、適正領域の”下”地点から、何度も繰り返して挑むことで敵を知り、モノを知り、そこで得た適正装備を強化し、煮詰めてその領域の卒業へ…と繰り返して行くものなんでしょうが、

”得る適正装備”

が、強化システムの仕様も踏まえるといつまで経っても到達しません。

私の場合、リアル環境の問題(仕事と家庭)で、今こそ夜中の10時〜0時ぐらいまでプレイ可能でありますが、いつまでも同じ状況かどーかの保証が効かない為、誰にも迷惑を掛けたく無い事から、基本的にススメてくれた友達が手の空いた時だけ面倒な用事を手伝って貰う時以外、基本ソロオンリーです。幸いな事にそこそこゲームのアクション操作が得意な方なのでソロで耐えうる装備の追及となると

・高防御の防具、全ての(属性・打撃・射撃・法撃)耐性に優れた特性
・基本的に時間は掛けてでもチマチマ行きたいが制限時間に間に合う程度の火力

これが前提で、尚且つ☆13の存在がある以上、それを手に入れる時までゲーム内の全てを捧げるほどの労力を割くまでの注力はしない方向で今まで進めてきました。



結果的に↑の様な状態に。

HPが、wiki等で調べる限りオーソドックスなスタイル?の他のプレイヤーの方々と比較してかなり低いようですが、ジャストガードというスキルと、ガードスタンスというスキルの守りに長けた構成で”とにかく被弾しにくく死ににくい”キャラになったと思います。



手に入る石が確実に☆13武器につながる事と、レアドロップを夢見てNPCを連れて、黙々と1人でアルティメットというものをやってますが、やはりこの構成で自分のスタイルだと火力不足感が否めません。1回あたり30分以上掛かるようなものを1日に何度も出来るもんでもなく、またこんなプレイスタイルで何かし次のステップに進めるようなドロップ的な進展があるはずもなく…。

「ちょw…何と戦ってるのw 音しか聞こえないし」の図

仕様上の問題で、視野の狭さ(自分のPCは4K対応なので本当であれば4K分の視界が欲しい、又は3画面マルチモニター分の解像度が欲しい)にストレスを感じながらただひたすら1人で非効率に黙々と狩るだけの日々です。本来マルチプレイ前提の構造上、フルボッコにされがちであろうけども、装備とスキルの特性に加えて幾度となく戦闘を繰り返す事で、オートメイトがモノメイト2〜3個発動する程度までにはクエストポイントを達成できるようになりました。だけども、所要時間の短縮については絶対的な火力の問題で、もう頭打ちです。

色々とwikiで調べれば調べるほど、”緊急クエスト”の存在が厄介になってきました。

まず緊急クエストを最初から最後までやりきる時間の確実な保証が厳しい私としては、途中離脱はペナルティが生じる仕様。あと同じ時間に発生するものを毎度受注できる訳でもない為、実用レベルとして最終強化に持って行けるほどのオーダー達成数をクリアできる感じもしません。
 コレクトファイルなるもので討伐の進捗度に応じた対価で、最終的に☆13武器が手に入るシステムがありますが、これも一部に緊急クエストが絡んでくるため現状達成が難しいです。
もちろん完全一人でSHに挑んでみたものの、死ぬことは無くても倒せる訳も無く”だめだこりゃ”です。


更に色々調べると、参加意欲がどんどん下がる”最低限の要求装備””要求戦闘スタイル””要求スキル”などなどプレイヤー面での問題。これは他のゲームをやり込んできた私としては非常によく理解できる”効率と皆のストレスを減らす事”に特化した今、行きつくところまで着た結果として確立した状況なのでしょう。

真剣に一生懸命ゲームを遊んでいたら、そのゲームの世界での”常識・非常識”は確かに真剣に取り組むべきことでしょうし、重要な事であるのですが、よく理解しているからこそ完全に尻込みしてしまいました。※過去に1度だけ友達に連れて行ってもらって、皆が皆会話も無く何がなんだかわからない必死の作業感だけは味わった。

PSO2としては新参で、30も半ば過ぎてしまった私には歳を重ね過ぎて老いたのでしょうかねw もう、そこまで真正面から性根の入ったプレイをする気が起こらないので、一切"緊急クエスト"に絡む気が失せてしまいました。そんな遊び方は、もう色々しんどくて耐えられないのです。ヌルーく自分の好きな時だけ都合よく遊んでこそ”ゲーム”といった考え方になってしまった今、この自分勝手な思考を共感して、互いにヌルーく遊べるゲームフレンドを見つける気力も無く、ただSEGAの、このゲームの思惑に叶った方々が1日に進む進捗度が100だったとして、私がそんな方々からみれば恐らく、1もしくはゼロに等しい”無意味”な状況で遊んでいるといった具合です。

今後、交換アイテムが必要数に達成するまで遊んでいるか、レアドロップが最終強化数に到達するまで入手できるか、どちらかが先に到達するまでに気の合う仲間が出来るのか…PSO2の世界からどーでも良いアークスが1人いつの間にやら消えてるのが先か根競べです。

…むしろ熟知された古参の方々から、緊急参加以外の現実的な☆13武器を最終強化まで持ち込む具体的な方法の様なものがあれば是非、教えていただきたいぐらいです(´・ω・`)

【余談】
サブキャラクターのつもりの女性キャラがもはや現状メインです。ゲームの進展は頭打ちなれど、美への追及には限度無く突き進んでおります(笑)過去から今までの進化を画像で追って見てみましょう!


初代
初々しい初プレイ頃の様子。誘われた友人から頂いたコスチュームオンリーでそれに似合う雰囲気作りに拘ったもの。既にキャラクリエイターで何度も弄り倒していた為、完成度もそこそこ高いと思われるのだがいかがであろうか?w

プレイ1か月後


メインキャラの妹設定だったので、幼さは残したまま兄妹セットといったものから”可愛い幼い女の子”として独立した感じに仕上げた。初代よりもやや丸みを帯びて柔らかい表情になった。またこの頃から課金ヒャッハーの悪い癖が出だすw

プレイ2か月後

目を大きくして、頭でかくして等身バランスをわざと崩すことで、このゲームでの限界的な幼さを狙ってみた。この頃から二重まつ毛になって更に柔らかい表情になった。私の場合口はデカくてタラコ唇のほうが幼さに一役買ってると思ってるので、このオコゼのような大きくつむった口は維持し続ける事にする。アップにすると、口先がとんがっててアヒル的につむってるように見えるのだ。

現在

流石に自由に使えるアイテムが増えた事により、自分の納得のいく顔づくりが出来るようになってきたことで、かなり垢抜けた”幼き美人”が完成したように思える。低身長で均整の取れた顔に気を付けつつ、幼さをアピールすべく”かなりぽっちゃり”&”ぺちゃぱい”を盛り込んでも全体バランスが崩れないように注意することには、かなり骨が折れた。純粋に”清楚であどけない少女”をテーマにした為、前回よりも目を小さくして華奢で清楚な雰囲気を表情に出してみた。


…うむ。遍歴としてまじまじ観察すると、変態に磨きが掛かって何よりだwww ↑どの時の顔が一番可愛く感じますかね?または、意見あればなんでもどしどしカキコ下さい〜〜(・∀・)ノ

この記事の先頭へ▲

お名前メモする

ハンゲーム Microsoft Windows および Internet Explorer 11 でご利用ください

Family Site

  • 無料マンガならcomico