ブロブロブログ

紹介・日記・感想…etc,のページでおま

2014年03月の記事

マイホームのレイアウト編A

前回のキッチン周りに続いて、リビングです(・ω・)ノ

 

リビングは結構力入れた(つもり)と思います(゚∀゚)ノ もちろんオールニトリ製のインテリアですがw

いぁ、別にニトリが悪い訳では決してないのですが、結果的に凄く安く済んでいるので、ちょっとした家具屋のインテリアと比較すると「もう少し金掛けろよ?」的な気分が湧くってなもんです。

 

その代わり、家電製品には力入れた(つもり)んです!

 

↓購入時の素の部屋

 

 


とりあえずニトリでカーテンを購入。レールは今流行の棒タイプが嫌いなので、極力目立たない安いダークブラウンのスチールレールをチョイス。もともと木目がダークブラウンなので、レールが壁に溶け込むようなスッキリ感が出ました(・ω・)b 北側のシャッター付き窓は隣家に面している為、開ける事はまず無いと思ったので、うまく目隠しして、ここにテレビを置こうと思案。シーリングライトは、当時結構高額だったものの、LEDで明るさ・演色無段階調、間接光付き、電球色〜白色、スポット照明付きで、留守番機能、おやすみタイマー、手元懐中電灯(!?)機能のリモコン付属の至れり尽くせりのパナソニックのやつをチョイス。 かなり明るく、ムード演出もバッチリです。

 

↓インテリア設置後

 

  

 


窓の目隠しは、敢えて白色にせずダークブラウンのスクリーンにしました。どーせ壁紙の色とピッタリの色味の白なんて探すのが困難な上に、ちょっとでも色味が違うと途端に不細工に早代わりするようなもんならば、目立って「オサレに隠してます!」ぐらい主張してもいいんでねーか?と思ったのが功を奏したみたいで、案外良い雰囲気になってます(・ω・)

 

YAMAHAの7.1chシアターSET導入。但し高級すぎるデカイやつは避けて、サイズがシャープで部屋を圧迫しないモデルをチョイス。他メーカーと比較してもこの値段帯のモデルとしては、背も高いので60Vのテレビでも見た目のバランスが非常に良い上に、センタースピーカーが、うまくテレビ台に乗っても視聴を邪魔しない奇跡のクリアランスですww

 

但しスピーカーの口径が小さいので迫力の低音は皆無&このシリーズのサブウーハーは重低音の質感がイマイチってな事で、グレード上のサブウーハーで重低音をカバー。流石にミドルクラス↓とは言え、こいつらは出費がかさみました('A`) ちなみに間接照明は自作のLEDスポットライトです。消費電力なんと合計6W!激エコ設計ww 尚、徹底して電線は見えないようにダクトを設置・加工したり細工してます。

 

 

そして今現在では・・・

 

 
 


実家暮らしの時でも趣味としてた、どーしてもコイツを置きたくて購入しちゃいました。

 

 

 


 


ヌフフフフフ・・・・ そう!熱帯魚水槽ですw 本当は120cm水槽を置きたかったのですが維持費がヤバいので90cm水槽にしました。その代わりフレームレス、コーナーがRタイプでロングタイプの高価なやつにして初期投資だけ奮発しました。照明も高輝度LEDで省エネだけど水草育成に適した光を出すやつです。(↑の画像の色モード) ちなみに自力で床下に潜り込み、建材屋で束を2本購入してモルタル接着剤で耐震固定し、対荷重補強を施工しました。これで1平米あたり1tぐらいまで数値上耐えれますので、水槽総合計340kg&鑑賞している人間2人分120kgと仮定して460kgの負荷が掛かったとしても、また4人ぐらい周辺に座ってたとしてもフローリングが割れたり、沈んだりする事は無い(ハズ)です。

 

↓現在のリビングの様子。  


 


私の薦める物選びは

 

@値段的に質感を妥協しても、機能性は犠牲にしていないか?の目を養い妥協しない

 

Aメインとなる高額なものを揃えたいが故の、それ以外のジャンルのコストダウン化

 

B見た目に金が掛かってるものよりも、性能で金が掛かってるものを

 

@は、画像で見てもわかるとおり、テレビラックが無垢材だろうがプリントだろうがトータルコーディネイト次第では、さほどの差を感じないと思うのですよね(・ω・) キチンと大型アンプが収容でき、背面で電源ケーブルの引き込み口が設けられてたり、機能的であれば十分かと。でも差額的には下手すりゃ10万以上開く場合もあるわけで・・・。そこにこだわるぐらいなら大型テレビとか、高級スピーカーに投資したほうが毎日の生活クオリティーが向上するぞってなもんだと思うのです。

 

A高所得のお金持ち様はオール高級品にすりゃいいんでしょうけど、普通なかなかそーゆー訳にはいきません。この場合知識や加工技術によっちゃDIYでプロの施工効果と大して変わらない場合があり、それを回避策として出費を抑えて、メインのものを太っ腹に購入しちゃうってのもアリだと思うのです。但し資格を要する技術に関しては自己責任とは言え、重大な損害を生む可能性も秘めている事に要注意です。 私の場合、知り合いに建築関係の人が居たので対荷重補強の施工を自力で出来たわけで、なんちゃって処理では自分に危険が及ぶ事もあれば、マイホームの破壊に繋がる危険もあることを理解しましょう。ちなみに工務店の見積もり5万前後→自力(材料費)1890円で済みましたww

 

B格好良いけど高い→ほぼ飽きる。 将来何が起こるかわからないので傷に神経質になり続ける上に、一度傷が入った瞬間からのどーでもよくなる感ったらハンパないので無理してまで見た目にこだわるよりは、地味でも機能やコストパフォーマンス重視のほうが遥かに良いってことです。意外と地味で見た目にこだわって無かったものほど何年経っても飽きがこなかった・・・なんてことが良くおこりますw

 

みなさんはどんな感じで部屋をかっちょ良くしてますか?お部屋自慢是非是非聞かせてください。

次回は水槽の紹介でもできたらなーと思います<(_ _)>

 

 

 


 

この記事の先頭へ▲

少ない時間でマインクラフトA

通信機能のトラブルでブログが更新できませんでした('A`)

 

やっと直ったので、その後の経過をUP!

 

・・・建物はとりあえず、そのまま少しずつ細かい部分を作っていってますが、目の前の湖に橋でも作らないと、向こう岸に渡ることも困難な環境なので、とりあえずつり橋を建造(・ω・)

 

 ↓もともとは間に陸地が点々とする浅瀬の地帯を・・・

 


 

  


つり橋風の橋を建造。・・・細いブロックが存在しないこのゲームにおいて、吊りロープ部分の表現が非常に困難なものの、ネザーフェンスとノーマルフェンスは互いが合体しない習性を生かして交互に配置して吊ってる感を演出w

 

もちろん夜間はライトアップでムードを引き立ててみました( ´_ゝ`)b

 

 


この調子で、周辺に家を数軒建てて集落が完成したら、城を築城して城下町っぽくしていくのも悪くないかもしれないです(作業時間の不足さからいつの話になるやら・・・)

この記事の先頭へ▲

少ない時間でこつこつマインクラフト@

仕事が忙しいので進捗が遅れること請け合いですが、こつこつ街・・・てか、モニュメント的な?いや、凝り性の飽き性(謎)なので「向いた向いた」で、プレイ内容を紹介していきたいなと思いますので、そこのところヨロシクです<(_ _)>

 

さて、前回序章のような内容のブログのとおり、使用するMOD、テクスチャーも決まったので、気に入った地形を探して行きたいなと思います。

 

 


↑一見、へんてこりんな浮遊地形や、切り立った高山地形は何かし創作意欲にビビっとくるのですが、現実的に実生活での自由時間の少なさや、やりたい事以上に基礎の構築に労力を注ぐハメになることが簡単に想像出来てしまうので、やむを得ず却下('A`)

 


 


湖のほとりになだらかで、鬱蒼と茂る森がある・・・こんな場所を街製作の第一拠点としました。

 

とりあえず、今回は街の全体構想を練る事や、参考とする実在する街並みなど一切考慮せず、行き当たりばったりで作っていこうと思います(過去に本物に忠実なでかすぎる建造物でワールド自体が長続きしなかった為)


とにかく整地。しかもテケトー(・ω・) 問題をその時、その時解決していくことで建造物に対する組み立てスキルを養う実践派修行の方向でw

 


 


まーこんなもんでいいかな・・・とはやる気持ちを抑えられないので建築開始(・ω・)ノ

・・・お風呂に入ることも犠牲にして約3時間後・・・

 

 


 

ところどころ、目分量がゆえのブロックパターンの不適合を修正しつつ、結局きちんと構想と設計をすりゃよかったなーと後悔と妥協仕掛けた頃、表側が全体の7割ほどが完成しました(・ω・)ノイェース

 


 


建蔽率アーーーップ!で元の基礎を拡張したため、家の一部が宙を浮いたままの色んな意味で素敵な家が完成しつつあります(゚∀゚)アヒャ

 

↓ちなみに夜
 


あとは細かい外装の修正でより現実的なディテールにし、内装をしっかり作れば一軒完成!ヤフー

 

・・・とは言え、街にしようと思えばこんな程度の家、普通に何十軒も軒を連ねて「当たり前」だっつー話で、本当に開発が進んでいくんだろうか?といった疑問をスルーしつつ仕事の兼ね合い就寝時間が迫り来るため、今日は終了<(_ _)>


 

この記事の先頭へ▲

お名前メモする

ハンゲーム Microsoft Windows および Internet Explorer 11 でご利用ください

Family Site

  • 無料マンガならcomico