エルス99無職です

タイトルが何か言ってますがルンマスメインです。長い記事があるのでリスト表示安定。

2019年05月の記事

月のマスターの考察とか

 こんにちはー!

 今回は1次職の魔界レイド挑戦の話と月のマスターの考察やります。あと最後に、今後掘り下げてほしいと思ったこと書いときます。

・魔界レイドは4次職でなくても突っ込めるか
 以前のヘニル(3次職未満はムービー見れるだけで出禁)なんかは、誰かに連れて行ってもらえば1次でも行けたみたいです。
 ということで、魔界レイドも同じ方法で行けるかどうか、ナイト君が戦闘力18万突破したので試してもらいました!

 ダメでした……。

 火のマスターさんとは縁がなかったようです。(協力してくれた方ありがとうございました!)


・月のマスター
 というわけで本題で月のマスターの話をします。
 まだエル捜索隊の前に姿を現していない6人目のマスターが、月のマスターイベルンです。エルスが見た太陽の回想の中で出てきたので、顔は割れてます。elwikiであいんちゃみたいな顔って言われてます。アホ毛はないです。アホ毛はないです。

この人

第1部:イベルンって何者なんですか?
 イベルンに関する情報は非常に少ないです。
@イベルンは月のマスター。ソーレスは太陽のマスター。
Aソーレスにイルミノス現象のことを教えた。
Bエルの爆発の後、「悪くない結末でしたね」という台詞を彼が発した可能性あり?

※イルミノス現象がわからないという人はスルーしてください。エリアプルンヌと同じくテストには出ません。

 そんなイベルン君ですが、考察班によれば彼にはエルの爆発を引き起こしたかもしれないという容疑がかかっているようです。というか自分もかなり怪しいと思ってます。


イベルンが言ったかもしれない台詞


第2部:エルの爆発の犯人説
 それは400回目の共存の祝祭の間に起きたこと。
 ソーレスがハルニエを脱出させる計画のための装置(仮)を謎の技術で作ります。
 100年ぶりにヘニル信徒による襲撃があったみたいですが無事に防衛成功。
 祝祭の最終日、ソーレス君は結局その装置を使わないことを選んだのですが、装置が異常なペースで誤発動、ハルニエを助けようとソーレスがエルからハルニエを引っこ抜いたら、エルが暴走して爆発。そんな感じ。




 ハルニエ「やだ、エルがこんなに‥(意味深)」
 それはおいといて。


 エルの爆発の犯人ですが、自分もイベルン説が濃厚だと思ってます。

1つ目‥犯人は内部の人間
 ソーレスは「作動させていないのに」と言っているので、祝祭最終日にその装置を動かしたor最終日に動くように細工をした人がいて、その人が犯人だと思われます。その装置は恐らくエルの近く、エルの塔内部にあります。
 デニフの警備がガバでなければエルの塔に入るのは簡単ではないので、犯人は内部の誰か、警備してた人たちかマスターの可能性が高い、
 ……と思ったんですけども、祝祭の間にヘニル襲撃があったということでその隙に忍び込んだ誰かが細工した可能性とか考え始めてキリがないので、ここで打ち止め。
デニフさんガバガバな所あるけどお歳だから許してあげて


2つ目‥イルミノス現象の発言
 次に、そもそもソーレス君が、この計画を考えたきっかけはというと、恐らくイルミノス現象なんですね。
 太陽のマスターになった後ソーレス君はハルニエの意思を尊重するか、たとえエゴであってもハルニエを脱出させるかで揺れていて、ちょうどそこでイルミノス現象という言葉を聞きます。それを教えたのはイベルンです。これ、ソーレスにハルニエ脱出計画を焚きつけているように見えるんです。
 そう考えるとイルミノス現象自体、ソーレスを唆すためのでっちあげである可能性も浮上します。

3つ目‥悪くない結末でしたね
 この台詞を言った人は間違いなく黒いです。
 elwikiさんによれば、この発言部分にあたる何かのデータの場所がどうもイベルンっぽいんですって。えぇ‥。
 まあそういうことで。


第3部:動機
 仮にイベルンが犯人だとして、彼にはエルの爆発を起こす動機があるかどうか。追い詰められた犯人が死に際によく言う話ですね。

 ここで唐突に、アイン君がエルの爆発の頃にエリオスに降りてきた話を引っ張り出します。
 というのも、個人的にはイベルンはアインに相対する存在じゃないかと思ってます。
 あいんちゃはエリアに仕えるイスマエルという女神様が作った存在で、確かエルを回収するためにエリオスに派遣されたんですね。あ、えっと、この世界にはエリアとヘニルというすっごく偉い神様がいる設定になっています。
 で、エリアに仕えるイスマエルさんがアインをつくったように、ヘニルに仕える何某の神がイベルンをつくったのでは?という妄想を(今)してました。

 つまりこの仮定だとイベルンはヘニル神を信仰する側ということになります。ヘニル側の目的はエリアとイスマエルの創造物の破壊。それで、エルの爆発に動機が生まれます。
 はい、第3部完。


第4部:太陽と月のマスターとエルの爆発のシナリオ
 ここからはさっきのイベルンの正体の仮定の下で完全に想像の話します。

 イベルンはアインと同じくらいのタイミングでエリオスに降りてきた。
 太陽と月のマスターという概念自体が元々なく、イベルンがエリオスに降りてきた際に、しれっと馴染んだ。
 そしてエルの巫女にハルニエが、太陽のマスターにソーレスが選ばれる。たぶんこれもイベルンが一枚かんでる。例えばハルニエがソーレス家に引き取られる所。ハルニエはたしか戦争孤児だったので、その戦争を勃発させたとか。
 イベルンはソーレスにイルミノス現象のことを吹き込む。ソーレスはハルニエを助けるために何らかの計画を立てる。で、その計画がイベルンにどこかで露呈する。
 祝祭中にヘニル襲撃が起きる。イベルンが信徒たちを集めて自演しただけ。実際被害はなかった。
 祝祭最終日にソーレスの計画した装置を代わりに作動さする。あとは流れに任せるだけ。
 爆発オチ。

 本当に雑な想像ですありがとうございました。


・その他、エピックで掘り下げてほしいこと
エルスの姓
 エルスは何者なのかという辺りも含めて。どなたかがいろいろ考察してくださってましたが物語の根幹にかかわることなので恐らくギリギリまで明かされないと思われます。実はエルスとエリシスは血が繋がっていなかったとかあったら結婚できま(ギルティプレス
2ランとヘルフォード
 近いうちに出てくると思います。ラシェとアラが見つけ次第ボコボコにすると言っていたので楽しみ。
3ミミルの指輪
 ヘンノンおじさんは結局下っ端だったので伏線回収しきれず。
4レイヴンの過去
 アイシャ(ヘンノンおじさん関係)やレナ(ベントス関係)が掘り下げられていたので、そろそろ兄貴も掘って、どうぞ。
5カリス様の思わせぶりな遺言
 「天使に復讐(ラブソング)を‥」とか「古代神の遺物が‥」とかいうアレですね。まだ直接回収されてない伏線。
6ラビィの存在
 皆さん大好きらびちゃ。4大魔族のアエギルプが幼女化したとかアエギルプの娘さんとかいろいろ。ちなみに身長は159 cmであることが明かされました。
7四大魔族関係
 ルーを裏切ったバルガットさん。アエギルプを八つ裂きにした(らしい)バルガットさん。そしてあんまり名前が出てこない四大魔族ベルンガルドさん。アエギルプさんはどうせ生きてます。
8魔王
 大空洞の一件で出てきたスルトとは別。四大魔族が群雄割拠する前に魔界を収めていたらしい存在で、失脚したらしい。
9巨大エル
 エリアノド復元でエルが一つになった後、エルスを引っこ抜いて不安定になってるまま忘れられてる気がする。
10ナソード戦争
 らびちゃが起きた二つ目の朝はエルの爆発、三つ目の朝はエリアノド復元、そして一つ目の朝がナソード戦争。これら3つの朝はどれもエルの巫女にかかわってくる話(初代、ハルニエ、エリシス)なのでナソード戦争もいつか出てくるでしょう。
11デブ研地下で研究してた人、グレイヴの「彼女」
 これも確かまだ回収されてなかったはず。
12セブンタワー
 エリアノドにはセブンタワーというバトルフロンティアにありそうな施設がありましたがその構成員はグレイヴ以外アンノーン。
13ベンダース
 序盤の敵は何かと重要な役割を後から持ってくるものだと信じてます。イベントダンジョンで存在感を出している彼ならきっと何かを起こしてくれるでしょう。



 それじゃあ今回はこの辺でおしまいです。
 ありがとうございました。 


この記事の先頭へ▲

お名前メモする