タルティーン司令部戦略課室長日誌

ここだけで読める、戦略課の秘話その他。

勉強/習い事の記事

第1回 The SALADS アニメ制作講座

【過去ブログ記事】
 The SALADS アニメ制作講座
   http://blog.hangame.co.jp/agc_tailltea/article/41847346/
から続きます。

 

 

講座第回目が行われたようで、その様子がfacebookで公開されておりました。

 

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10152352851362570
https://twitter.com/thesaladsworld/status/462846505833881601

 

これはSa Saの描き方を解説しているところでしょうか。
等身の取り方などに言及している様子が窺え、割とレベルの高い気がします。

 

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10152352866057570
https://twitter.com/thesaladsworld/status/462850121362079744

 

参加されているのは『The SALADS』のターゲット層でもある小さな子どもから初老の方までと、意外と幅広い様子。
そんな中のどの程度の方が描かれたものかは判りませんが、Ja JaSunnのイラスト。写真では切れてしまっていますが、右端に描かれているのは恐らくSa Sa

 

ちなみにJa Jaの花びらは右がつ、左がつ。左右対称ではないのですが、恐らくくだんの講座ではそのことにも触れていたのでしょう、イラストでも正しく描かれています。
私はこの、左右非対称なJa Jaのデザインがとても気に入っています。

 

 

この記事の先頭へ▲

The SALADS アニメ制作講座

【The SALADS関連ブログ記事】
 ()The SALADS
   http://blog.hangame.co.jp/agc_tailltea/article/41022144/
 ()The SALADS came to Japan.
   http://blog.hangame.co.jp/agc_tailltea/article/41027671/
 ()They signed MOU of The SALADS.
   http://blog.hangame.co.jp/agc_tailltea/article/41030579/
 ()The SALADS!! THAI-JAPAN
   http://blog.hangame.co.jp/agc_tailltea/article/41033829/
 ()The SALADS in the TAF
   http://blog.hangame.co.jp/agc_tailltea/article/41042818/
 ()The SALADS Game
   http://blog.hangame.co.jp/agc_tailltea/article/41043502/
 ()The SALADS PR, 4 Jul 2013
   http://blog.hangame.co.jp/agc_tailltea/article/41094198/
および
 Thema of The SALADS
   http://blog.hangame.co.jp/agc_tailltea/article/41107418/
から続きます。

 

 

The SALADSチームによるアニメ制作講座
https://twitter.com/thesaladsworld/status/458864905459101696

 

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10152328000692570

 

   タイのThe SALADSチームによるアニメーション制作講座を
   文化センターにて無料開講します。
   仏暦2557年(西暦2014年)4月より、13:00〜17:00。

 

うわぁ…、いいなぁ。

 

「文化センターってどこの?

 

タイの。

 

「それじゃあ受講は無理だね

 

無理ですね。

 

 

この記事の先頭へ▲

言語開拓

 

こんな動画を見付けました。

 

アラビア語手話講座「家族」
http://www.youtube.com/watch?v=5-3SEs-KgOs
(動画を上げたのは私ではありません、念の為)

 

実は私は、日本手話が判ります。
資格を持っているわけではありませんが、日常会話程度であればとりあえず出来る程度だと思っています。

 

そうした観点から見ると、なかなか興味深いです。
まず第一に思うのは「日本手話とはだいぶ違うなぁ」という印象です。

 

「あれ?
 ボディランゲージって共通語じゃなかったの?

 

そう思われている方が多いと思いますが、基本的に言語や地域、文化が違えば手話も違います
モノを表す手話ならば似通った表現になるものもありますが、概念的な事柄を伝える手話は文化ごとにまったく違うと考えてよいでしょう。

 

例えば「家族(ウスラ)」は…

 

 

…アラビア語の手話では両手の親指を立てて水平に円を描くような動きをするようですが…。

 

日本手話では左手を斜めに構えて家の屋根を作り、右手でその屋根の下で小指と親指を立てます
小指は子どもや女性を、親指は大人や男性を表し、家の中にそうした人達がいる様子を示すことで「家族」を成します。

 

人々(ナース)」は…

 

 

左手の甲を向けて右手で上側をつまむ動作のようですが…。

 

日本手話では両手で小指と親指を立てて水平に円を描いたり、「人」という文字を空書(空中に描くこと)したりして表現します。

 

その一方で、よく似た表現もありますね。

子供(タィフル)」は…

 

 

右手を水平にして、子どもの背の高さくらいに構える動作のようですが…。

 

日本手話でも似たように構えます。ただし、これに「頭を撫でるような動作」を加えます
この辺りが文化の違いを如実にしている気がします。親しい者以外が頭を撫でるのはタブーという国や地域が世界には多く、日本では挨拶のように撫でることもある訳でして、そうした文化の差が手話表現にも影響していますね。

 

ちなみにアラビア語手話の「子供(タィフル)」をそのまま日本で手話として使うと、「…です」という意味になります。

 

 

なお、日本手話は、実は日本語とは異なる文法となっていまして、一般に「私は」という主語は文末に来ます
(これに対して、日本語文法と同じ語順で行う手話を日本語対応手話と呼びます)

 

アラビア語手話では、文法がどうなっているのか興味のあるところです。

 

 

こちらは指文字

 

アラビア文字の歌
http://www.youtube.com/watch?v=Zmj48rcUIwY
(動画を上げたのは私ではありません、念の為)

 

指文字とは、手話表現では伝えることが困難な固有名詞等を表すときに使うフィンガーサインのことで、例えば私の名前「シオンソルト」の「シ」ならば親指、人差し指、中指を立てて横に構え、「オ」は親指と人差し指でマルを作り、「ン」は人差し指を立ててピンと跳ねる動きをします。
日本手話の指文字「シ」などはカタカナの「シ」を模した形が由来になっているのですが、アラビア語の指文字も字形をもとに、アブジャド(※)ごとに指の数を変えているように見えます。

 

※アラビア文字にはよく似た字形の文字がありますが、
  この良く似た文字ごとに分類した概念のことを
  アブジャドと呼ぶ…と、ここでは解釈してください。

 

ところで、この「アラビア文字の歌」、スペーストゥーン(アニメ番組など子供向け番組を扱っているテレビ局)のもののようですが、あちらでは指文字ってそんなに普及しているものかなぁ…。
識字率がべらぼうに高い日本だって、健聴者の9割方は手話が通じないのに…。(汗)

 

この記事の先頭へ▲

お名前メモする