タルティーン司令部戦略課室長日誌

ここだけで読める、戦略課の秘話その他。

2014年01月03日の記事

永遠の0

日、『永遠のを観てきました。

 

永遠の0
http://www.eienno-zero.jp/

 

映像作品として一級品のおすすめ映画です。

 

ひどく残念なことは、この映画を論じる方の中に、イデオロギーを持ち込んでいる方が多いことです。
『終戦のエンペラー』のときもそうでしたが、何故に日本人はそのような視野狭窄を自ら望んで起こそうとするのか、私には理解ができません。
そういう方は自主制作映画でも作って、考えの合う者同士でマスターベーションにふけるほうが幸せになれるのではないかと、そんな気がしてなりません。

 

そう、本作には戦争をことさら美化する話も無ければ、強い反戦的メッセージが込められている訳でもありません。
太平洋戦争で何が起きていたのかということを、宮部久蔵というキャラクターを通して描いているのみです。
戦争を賛美したい人にとっては特攻を否定的に論ずる景浦に苛立ちを覚えるでしょうし、反戦を唱える人にとってはややもすればゼロ戦と久蔵に輝きを持たせたとも映るラストシーンに憤りを覚えるでしょう。
ですが、そうしたもののすべてをひっくるめて戦争なのだということに気付くべきなのではないかと思います。

 

 

以下、ネタバレを含みます。

 

 

健太郎慶子という姉弟が、本当の祖父宮部久蔵を調べるということから物語ははじまります。

 

調べ始めた頃の久蔵の評はあまり良いものとは言えませんでした。
判っていることといえば太平洋戦争特攻に加わり、戦死したということ。
そして当時を知る人は口をそろえて「奴は臆病者だった」と言います。

 

しかし、その情報を前提に、さらに話を訊きに行くと「臆病者が特攻に行くと思うか」と怒鳴られる始末。
その後、次第に久蔵何故に臆病者と呼ばれるようになったのかが浮かび上がります。

 

ここから今の私たちに対して投げ掛けられる、ひとつの問題があるように思えます。
映画用語で、言葉だけで中身のない主題のことをマクガフィンと呼びます。
久蔵を臆病者だと言った人たちは、いずれも「お国のため」という言葉を口にします。しかし私にはこれはマクガフィンのようなものに思えてなりません

 

久蔵は、より戦略的かつ現実的な思考を持っていました。

 

例えば何らかの事件に巻き込まれたとして、そのとき護身用か何かでピストルを携行していたとします。弾の数は限られており、そう安易に撃ち放つわけにもいきません。
或いは、その危機的状況から逃げることが困難であったとしても、少しでも敵の数を減らすという態度が求められるかもしれない。確実に弾を有効に使うよう、作戦と狙いを定める必要に迫られます。

 

もし兵士や軍機がこの弾であるならば。
言うまでもなくいずれも無尽蔵にあるものではありません。そうであるならば、安易に失うわけにはいきません。
久蔵には論拠があり、無謀な作戦や空母を叩けなかった作戦を由とはしなかったのです。

 

そしてさらに、終戦後のことも含めて考えていました。
兵士としての自分が死んでも、戦況的に大きく変化するものではない。しかし家族はどうなるのか。その後の社会はどうなるのか。人材がいなければ国の未来もない。
こうした姿に、今の時代にしばしば見られる“マクガフィンのような愛国心”を求めることへのアンチテーゼをも感じました。

 

 

聞くところによると原作本は、より複雑で深みのある物語なのだそうで、それを思うと、本作は冒頭に掲げたような視野狭窄を抱えた人には合わないものなのかもしれません。

 

しかし、その一方で本作は、若い人にこそ触れてほしいとも感じました。

劇場の観客は、ご年配の層が多くを占めていました。少し残念な気がしました。

 

 

この記事の先頭へ▲

お名前メモする