焼けただれた跡地

何もないよ

同人/イラストの記事

ウチの嫁♂は世界一



左:ウチの嫁♂

右:私(奇行種)



元(現かもしれない)腐女子の萌え衝動なんてこんなもん

我慢したところで二次化したいパトスが暴走するからこうなる






ウチの嫁♂は世界一です。






この記事の先頭へ▲

冬の足音

 

 

 

 

イメージ:冬の足音

 

 

 

ブランク空きすぎてちびるレベルだったので練習がてら

こんな感じの置き物欲しくて欲しくて震える

駅前から職場周辺からいろいろ雑貨屋まわって早1年弱

なかなか近いものに出くわさないつらい

工業系列の溶接科目とっとけばよかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雑草ありver

なんか夏っぽい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

手元が狂ってレイヤーが迷子に

並べ替えてたらできた産物

なんかこっちのが冬っぽい

 

 











この記事の先頭へ▲

( ´-`)

お題ブログ:ハンゲームに明日も来てくれるかな?

 

 

いいともー!って言わせたいんですかそうですか。

 

 

 

 

結婚式用ウェルカムボードの案(´・ω・`)

 

ちなみに自分の結婚式じゃないです(^ω^#)

 

 

 

 

 

 

文字で全部説明できたら絵は要らんのじゃ!!!11

 

求: ボキャブラリティと頭の回転速度うp

出: ゆうべの残りの豚キムチ



この記事の先頭へ▲

明晰夢

お題ブログ:異性に言われて嬉しかった言葉は?

 

 

 

お題:異性に言われて嬉しかった言葉は?

 

 

男前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、たわごとはおいといて昨日見た明晰夢の話でもしようか

 

 

 

 

 

 

 

 

とんでもなく狭い独房みたいな部屋で目がさめたんだ

 

ベッドのフレームは黒、ガスコンロは濃い灰色、色ついてるモンといったらそれぐらい

 

それ以外の家具は何もかも白、壁や床まで全部、着てるものも白い服

 

気温・湿度はともに快適なレベル、なぜか消毒液の匂いがした

 

 

 

 

装備 : 頭:なし  胴:白いワンピ  下:ぱんつ  手:包帯  足:なし

 

部屋 : 備え付けの棚 円筒形のゴミ箱 針も数字もなく針の音だけがする時計

 

      ベッド 柔らかいマットレス 枕 掛け布団 ガスコンロ やかん 

 

 

 

 

ちなみにスリッパは無かった(憤慨)

 

 

 

 

窓はかろうじてあるものの、天井近くの高い所についてて届かない

 

一通り見渡してみても、棚は固定されてるし踏み台にできるような家具はない

 

ちなみに夜明け前みたいな色の青白い光が差し込んでた

 

 

 

 

ぼーっとそれ見てて、なんかコゲ臭いし喉痛いと思って振り返ってみると

 

ありえないほど枕もと超至近距離にあるガスコンロから枕カバーに引火してた

 

(※ちなみにガスコンロはベッドと同じぐらいの高さ、ヤカンのってて絶賛沸騰中)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず本能的に火を止めようとするじゃんね?

 

切 ってあったから回すじゃんね?

 

消 え な い ど こ ろ か 火 柱 上 が る

 

そしてまた本能的に外に出ようとするじゃんね?

 

ドアあけた瞬間、外の世界がこんなんなってた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

霧雨まじりで冷たくて湿ってて重たいようなそんな空気で、風が結構あった


金色に光る小さな粒が、流されるままに白んだ空の方へ帯になって飛んでて


風と共に吹き抜けてくそいつらをとりあえず手をかざして捕獲

 

何を思ったか、なんとなくペロリンチョと食ってみたら冷たかった、味は無かった

 

 

 

 

この光が向かう先には何があるんだろうかとか、正体が気になって

 

自分も行かなきゃいけないような気がして、

 

うしろ火事だけどまぁとりあえず放置して出る事にしたんだ

 

でも部屋の敷居の線から外へ行けないの、足が張り付いて動かない

 

その瞬間すべてを理解したような気がして、ひどく哀しい気持ちになった

 

んで視界がぼやけてくとともに、火事が元からなかった事になってた

 

なんというか、部屋の中だけ 「火事になる前の時間に巻き戻った」 そんな感じ

 

 

 

 

うつむいて呆然としてたら、すぐ目の前に人の気配を感じた

 

顔をあげたら、会いたかったけど一番会いたくない奴だった

 

笑えるぐらいビックリ顔してたそいつは、すぐに満面の笑顔になって

 

突き離そうとしたのにすげえ力で抱きついてきて(吐きかけた)

 

 

 

 

「おかえり、やっと会えたね」

 

 

 

 

ってそいつに言われたところで夢からさめた

 

何がおかえりなのかもう色々謎杉

 

後味悪すぎてほんと・・・・・・なんだよ今更出てくんじゃねーよ('A`)はぁ

 

 

この記事の先頭へ▲

【依頼絵】 親友と

 

 

依頼してくれた物(名前入れ前)を投下!

 

土日でしこしこ書いてますた

 

 

 

 

 

 

※クリック拡大 

 

 

かいてる途中で

 

お○ぱい書き足してオネエにして遊んでたのはないしょ

 

 

 



この記事の先頭へ▲

お名前メモする