焼けただれた跡地

何もないよ

自作小説/ポエムの記事

腹いっぱい食って浴槽に沈みながらふと思った事

 

 

 

 

 

 

 

 

腹いっぱい食って浴槽に沈みながらふと思った事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の中にも、こんなにも激情がある事を思い知った。

 

 

 

 

一瞬でココロが凍りつき、一瞬で沸騰してしまうような。

 

どこにも吐きだせないもどかしさと熱でどうにかなりそうで。

 

平静を装っている事をさとられないように、冷静なフリをして。

 

普通にすごしていたならば、ここまでココロ揺らす事は多分なかった。

 

 

 

君といるせいで。君といられるおかげで。

 

君のココロを、全てを、いますぐにでも欲しいと思う反面。

 

すれ違い、お互いを傷つけたあの頃を繰り返したくなくて。

 

狂おしいぐらいに愛しくて、いともたやすく素直になれなくなる。

 

 

 

君が他の人に触れられるのをまのあたりにするたび。

 

たとえ、そこに恋愛感情はないとわかっていてもなお。

 

甘くて苦い相反した想いが、僕をすみずみまで支配してゆく。

 

 

 

 

僕の中にも、こんなにも激情がある事を思い知った。

 

 

 

 

 

 

この記事の先頭へ▲

スマホの電話帳をじっとりと眺めててふと思った事

 

 

 

 

 

 

 

 

スマホの電話帳をじっとりと眺めててふと思った事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰かに大切に思われてた頃の記憶って、自分を強くしてくれるような気がした。

 

 

 

 

久々に声を聞いたら、離れてた時間なんてまるで無かったみたいに。

 

今更、ずっと忘れられなかったのもお互い様だったなんて。

 

のんきに歌うその声すら懐かしくて、また聞けたことが嬉しいとか。

 

カギかけてた色んな思いが一気にあふれかえってきて。

 

 

 

あの頃と今とじゃ、何もかもが違ってしまってるけど。

 

何度か道分かれて、ふたり別れて、でも同じ場所へつながってて。

 

またこうして笑いあえるだなんてそれはきっとそう。

 

ふたり作ってきた今までの思い出が、とても大切で貴いものだから。

 

 

 

だからまた、君と僕の世界は動き出す。

 

空いた時間を埋めるように、距離を縮めるように。

 

今度は決してその手を離さないよう、もう二度と見失わないように。

 

 

 

 

誰かに大切に思われてた頃の記憶って、自分を強くしてくれるような気がした。

 

 

 

 

 

 

この記事の先頭へ▲

【散文】 All alone with you

 

 

 

 

 

 

 

 

All alone with you

   あなたとふたりで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『またね』

 

 

 

最後に君が言った言葉は

 

今もまだ僕の中でこだましてる

 

 

 

初めて逢った時の君は、人を愛する事をとても恐れていた

 

少しでも干渉しようものなら、すぐさま噛み付かれた

 

正直、何度も心折れそうになったよね

 

 

 

でもほっとけなかったんだ

 

君は本当の笑顔を、愛を知らないまま

 

壊れそうな仮面の下で、ひとりで戦ってた

 

『愛?何それ。くだらない』

 

笑いながらそう吐き捨てるたびに君は

 

笑ってるのに、泣きそうな目でうつむくから

 

僕まで泣きそうになってた

 

 

 

ただね、僕は

 

君が僕に初めて涙を見せてくれた時

 

“やっと君に出逢.えた” って何故かそう思えたんだ

 

こんな事言ったら怒られるかもしれないけどさ

 

 

 

たとえつないだ指が、穢れていたとしても

 

決して祝福される事のない恋だとしても

 

背負う罪も、この先の道も、君とふたりで

 

共にゆこうと、そう覚悟したんだ

 

 

 

君はもう、僕の隣には居ないし

 

生きてる間は、二度と逢う事も無いけれど…

 

いつかまた僕が君に追いついたら、今度は

 

 

 

『おかえり』

 

 

 

って言ってくれるかな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

All alone with you

   あなたとふたりで

 

 

 

 

 

 

 


 

 

-------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

っていうストーカーの心内環境を文字にしてみた

 

愛って怖いなー

 

ちなみに私ストーカーじゃないので悪しからず

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 



この記事の先頭へ▲

【散文】 Earth

 

 

 

 

 

 

  

 

 ガラスの砂を掬うように

 

たゆたう水面を撫でるように

 

ちとせの日々は儚くも美しく

 

遠き日の思い出

 

 

蒼い星の記憶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

眠い  

この記事の先頭へ▲

卒業

 

 

 

 

 

 卒業

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日、共に同じ校門をくぐって

 

 

毎日、共に同じ昇降口であいさつして

 

 

毎日、共に同じ階段を上がった日々

 

 

三度目の季節巡ってくるまで

 

 

ずっとそれが永遠に続いてくと思ってた

 

 

お互い向いてる未来が同じところにあると思ってた

 

 

そしてそれが当たり前だと 思ってた

 

 

 

 

 

 

 

穏やかな春の陽の午後 桜の木の下

 

 

旋風に枝がしなり まだつぼみのままの花揺らす

 

 

ここから先は別々の人生を歩いてく事になるけれど

 

 

またいつか会.える日まで泣かないよ

 

 

私は君の笑顔が大好きだったから

 

 

ずっと笑顔を覚えておきたいから

 

 

 

 

 

 

 

さあ未来へ歩き出そう

 

 

君との数えきれない思い出を胸に

 

 

そしていつの日か

 

 

桜の花開く季節にまたここで会.おう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卒業  おめでとう

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事の先頭へ▲

お名前メモする