2018年07月12日の記事

地震ラインと土砂降り大雨ライン重なった怪奇

やっぱ 身体のあちこち痛くなってきたので熱出すかもしれんフラグ


夏・・・痛み止めが効かなくてエアコンの下でようやく寝付くとかさ

その痛いって 結構痛いランクで ふらっふらになるのよね 寝不足もたたって。

黒獅子は不動明王で白鹿はうちの神さん

水の神と山の神が ここにいるんだよ 実は。

白ふくろうは なんだろうなぁ・・・風神雷神ってとこか。

白の神 狼でもいいんだけどな ないもんな

白の神 白神山地って そうやって名づけたんじゃないのか たぶん

白龍って 水蒸気か 水の竜巻の事を指すんだよ 自分の見解だけど

昔の中国の人の比喩って 実に美しいもんだな

それがわかる自分も その類なんだけどさ

そんで 黒龍っていうのは 例えば火災時の煙が竜巻のようになって走るのとかさ

例えば コウモリの群れが渦を巻いて飛んでる状態とかさ

よくない現象をすべて黒龍に見立ててるはずだから

大昔からコウモリとかさ 地下にいるものは抗体あっても 普通の生活してる人は

みんな抗体ないから、ああいう抗体のある生き物がウイルス的なものを運んで移動して

いく 広がっていく これをさ 自然界の事であっても不吉と見て

黒い龍が見えたってなると伝染病とかはやり出すんじゃないかっていうのを

なんとなく察知してて 不吉と見た 黒龍 これがあたしの見解。

黄色の龍はあんまり黄龍と言わないね 黄金に見立てて 麒麟と言ってるのはそれなんかな

これハンゲに書くことでなくあっちに書くことだな

気分でつい こっちに書いてしまった。

黄色の龍は一つはわかってる ひとつは雷が走る状態 黄金の龍

それを中国では ドラゴンと呼んでると思う。

そしたら 赤龍 これってこういう単語がまずあったっけ??

赤龍あるとしたら これは火柱の事だよ 火災の炎が黒龍の一部にあんのは

火災の時って火力や燃え方で くすぶってる時とか溶岩とかは黒いのさ

でも火力が高いとか すごく燃えてる時って赤いのな 炎って

それは見事な赤になるから。

耳の聞こえない人は これらの文字が ものすごく想像をかきたて 脳内に描写すると

思うの。うちらは 6感機能してるからさ そーでもない人もいるだろうけど。


この記事の先頭へ▲

お名前メモする