2019年01月13日の記事

はぁ…

お題ブログ:今まで一緒に暮らしたペットを教えて!

むすたぁあああああああああ!!!!!(殴


ってなわけでハムスター。
俺は小3〜小5の夏までサファイア飼ってたんだよね。
名前はチェス。
意味は特にないがインスピレーション?みてえなもんかな。
端的に言っちゃうと頭に思い浮かんだ。それだけ。

全然俺に懐いてくれなかった。
それどころか身内の誰一人として懐かない。
懐く、の基準もチェスの気持ちも分からんけど多分殺意あった。
飼い始めて一年経っても噛みつかれるわ血が出るわ…実以て嫌な奴だった。

死因は俺の祖母かも知れない。
チェスが死ぬ数日前に、俺の祖母がチェスをカウンターテーブルの上から落とした。
チェスの足が脱臼した。それから程なくして死んだからストレスの所為かと推測する。

実を言うと、俺はチェスが家に来て3ヶ月ほどで世話を放棄し始めたし…祖母が代わりにやんねえとそのまま餓死なり病死なりしていただろうが、そうなると彼奴は誰を恨めばいいんだろう?
そう言われると俺だよなあ。
飼いたいと抜かしたのは俺だし。
世話放棄して全て祖母に任せたのも俺だし。

あんとき彼奴が死んでも、『どうせ直ぐに老衰で死ぬんだから』と割り切った事が一番駄目だ。
それでも未だに懺悔とかは考えてない。無信仰だし…いやこれはどうでもいいなあ。



最近…生きている時間は違えど、死ぬ間際の今までの記憶のフラッシュ所謂走馬灯の長さってのは統一されるんじゃないかな?と思い始めた。
だから、寿命の短さを可哀想だとか思わない。

この記事の先頭へ▲

お名前メモする