2018年10月19日の記事

喪中・・・

お題ブログ:あなたの休日の過ごし方を教えて!

君のお父さんが亡くなったのを知った。

 

 

線香の香りが鼻腔を刺激する部屋で

 


ボクは 冷たくなった君のお父さんの顔を じっと見つめる。

 


白いフトンに寝かされ血の気の引いた青白い顔を凝視する。

 


しかし 涙は出てこない。

 


ボクは こんなにも冷たい人間だったのだろうか。

 


そう、思った。

 


しばらくすると部屋に眼を真っ赤にし 憔悴しっきた顔の 君が現れる。

 


「 うぅぅ・・ お父さん・・・・ どうして・・・ 」

 


フトンの横で 泣き崩れる君。

 


いいさ、今日は 思いっきり 泣きな・・・

 

 

君の慟哭に まわりの人達もすすり泣く。

 

 

お坊さんの読経の声が響く。

 

 

 

それから、君は 驚いたようにボクを見る。

 

 

そして こう言った。

 

 

 

 


「 あのぉ・・ 失礼ですが・・・  どちらさま? 」

 

 

 

 ・・・こうして ボクの休日は 終わりをつげる。

 


 

この記事の先頭へ▲

ばぁ〜す

お名前メモする