2018年10月の記事

喪中・・・

お題ブログ:あなたの休日の過ごし方を教えて!

君のお父さんが亡くなったのを知った。

 

 

線香の香りが鼻腔を刺激する部屋で

 


ボクは 冷たくなった君のお父さんの顔を じっと見つめる。

 


白いフトンに寝かされ血の気の引いた青白い顔を凝視する。

 


しかし 涙は出てこない。

 


ボクは こんなにも冷たい人間だったのだろうか。

 


そう、思った。

 


しばらくすると部屋に眼を真っ赤にし 憔悴しっきた顔の 君が現れる。

 


「 うぅぅ・・ お父さん・・・・ どうして・・・ 」

 


フトンの横で 泣き崩れる君。

 


いいさ、今日は 思いっきり 泣きな・・・

 

 

君の慟哭に まわりの人達もすすり泣く。

 

 

お坊さんの読経の声が響く。

 

 

 

それから、君は 驚いたようにボクを見る。

 

 

そして こう言った。

 

 

 

 


「 あのぉ・・ 失礼ですが・・・  どちらさま? 」

 

 

 

 ・・・こうして ボクの休日は 終わりをつげる。

 


 

この記事の先頭へ▲

芸術の秋

お題ブログ:あなたにとって○○の秋と言えばどんな秋ですか?(●太郎珈琲●さんのお題)

ホンマに えらい事してくれはりましたな。

 

ク〇ネコヤマトの宅配便さん・・・

 

 

芸術の秋ということで映画鑑賞しようと思ってたのに


ようも まぁ、私の深夜のお楽しみを

 

見事に打ち砕いてくれはりましたわ。

 

 

 

午前中指定の荷物が来まへんがな。。。

 

あんたがたが配送ミスしたんでっか?

 

そりゃぁ この時期 いろんな配送で お忙しいのは分かりまっせ。

 

そやけど一体・・・

 

どないしたら奈良県と神奈川県を間違えるんでっか?

 

「奈」の一文字しか合うてないやないですか。

 

ホンマに びっくりするワ・・・

 

 

 

 

ク〇ネコさんには残念な出来事でしょうが私には もっとですワ。

 

遠足前のワクワク感、初デートの高揚感・・・

 

そのようなモノを一挙に奪われた気持ちですよ。

 

 


早く観たかったんですよ!

 

「兄嫁欲○日記 淫ら○性○ 〜こんな昼間から〜」 のDVD・・・

 


ま、そこは私もオトナですがな。 ガマンしますよ。

 

えぇ ガマンしますとも!

 

 

 


しかしね・・・

 

なにも今日、家族のいる時を見計らったように

 

配送してくることは ないんと ちゃうん?

 

 

 

 

「遅くなって申し訳ありません!

 

 『兄嫁○情日記 淫○な○活 〜こんな昼間から〜』のDVD

 

 お待たせいたしました。 代引きで 9800円で〜す!」

 

 

 

 

 

家族の前で そんな大声で言うんやないですよ!

 

バカなの?

  

アホなの? 

 

ハゲなの?

 

少しは空気読めば分かりそうなもんやろ?

 

 

 

ほらぁ・・・ 皆の凍りつくよな あの視線・・・

 

感じますやろ?

 

 

 

もうね、断固拒否ですよ。

 

私は知りまへん。

 

届け先の名前が私になってようが 知りまへん!

 

全身全霊をかけて 私のや無いです!

 

私は そんなモノ 頼んでませんから!

 

なんと言われようと 受け取れませんからぁ!

 

 

 


しぶしぶ やっと帰ってくれましたわな・・・

 

 

 


後で営業所まで取りに行きます。

 


ごめんね、 ク〇ネコさん・・・ 

 

この記事の先頭へ▲

急がば 回れ

お題ブログ:運動会、体育祭の思い出を教えて!

( あぁ、いったぁ・・・ チェッ、ウデ落ちたんかな・・・
 
 こんなユルヤカなコーナーで突っこむとは

 

 ノドを やられてしもたかな・・・ 声が出ぇへんぞ。

 

 あちこち折れたみたいやな・・・ どこも動かへん・・・

 

 けっこう ヤバイのかもしれんなぁ。

 

 そやけど意識が こんだけハッキリしてれば、頭は大丈夫という

 

 ことやから、2〜3ヶ月ぐらい入院すりゃあ 治るやろ。

 

 おっ! 誰か救急車を呼んでくれたみたいや。

 

 おーい、はよ助けてや〜 )

 

 


と、子供の運動会を見るために急いでいた男は
スリップ事故で 瀕死の重傷を負いながら思った。

 

 


( まぁな、運動会に遅れそうやからって 

 

 ちょっと スピード出しすぎたのかもなぁ。

 

 でも学生時代と違って さすがに社会人になると

 

 そうそうバイクを乗り回すことも できないしな・・

 

 こう季節が よくなると、若い頃を思い出してムズムズしてくるもんは

 

 抑えること 出来んわ。

 

 次の休みに遠出することを考えるだけで

 

 なんか気分が ごっつぅエェ感じになってくる。

 

 そのせいか、仕事に対するヤル気まで湧いて来るから

 

 不思議やね。

 

 その勢いに乗って取引先へ行ったのが間違いだったわけなんやが。

 

 だけど あそこの店長がこんなバイクを持ってたなんて、

 

 そっちのほうが不思議やわ。

 

 バイクの話を始めたときの店長の顔ったら もう・・・

 

 けっこう えぇヤツなんやと思ったで。

 

 その場で すぐ自慢のこのバイクを貸してくれたんやからな。

 

 あぁ、いくら急いでたって借りなきゃ事故らなかったんやけど、もう遅いわ。

 

 そやけど、だいぶ壊れたんやろうな・・・

 

 弁償費、なんぼくらいかなぁ・・

 

 ま、火が点かなかっただけでも ラッキーやと思わんとな。

 

 しかし 痛いなぁ、ホンマに もう・・・

 

 早く救急車 来いよ。 あっ、来た来た。 )

 

 

 

現れた救急隊員たちは 男を見て つぶやいた。

 

 

「 ひどいな、こりゃあ。 首がこっちに向いてしまってる。 」

 

 

「 かわいそうに、ちゃんと元に もどしといてやるか・・・ 」

 

 

 


( おい、おい なに言うとんじゃ!)

 

 

と 男は思ったが、次の瞬間 恐ろしいことに気が付いた。

 

 


そう、むかい風を防ぐため バイクに乗るとき

 

ジャケットを 前後、反対に着ていたのだった。

 

 


( おい、やめぇ! あっ、声が出ぇへんぞ。

 

  おい、こら!  あっ・・・ 手も 動かん、 うぅ ・・・・ )

 


   ゴキッ!

 

 


親切な救急隊員は 180度 曲がっていた被害者の首を

 

元どおりに 直した、  

 

 

と思った ・・・


 

この記事の先頭へ▲

超高層ホテルにて

お題ブログ:楽しかった旅行の思い出を教えて!

昔、シゲさん達と旅行した。

 

このシゲさんというのは俺達より少し年上の地元の先輩。

 

先生に「オールマイティとは何か」と問われ 
「すべてワシのお茶や!」と答えた剛の者。

 

結局、高校中退で見た目は ガキ使で御馴染みの蝶野正洋さん似。

中身も見た目の通り荒くれモノ。


 

 

他は俺とタメ歳のアホ仲間。

その4人で某所へ。。。

 

目的は まぁ、その。。。ムニャムニャ。。。。

 

世の中に対する見聞を広め自己を高め。。 ムニャムニャ。。。。

 

ま、そんなことは どーでもエエ!

とにかく 行ったんや!

 

 

奮発して70階建ての超高層ホテルに泊まったのである。

 

シゲさんがホテル側と掛け合って無理矢理、

部屋は最上階の70階にしてもらった。

 


テンション高、高の アホ4人www

 

なんとかと煙は 高いとこに登るの例え通りですねww

 

 

 

夜になり 「メシでも食いに行こか!」という事になり

1階まで降りて夕食を食べに行った。

 

 

食べ終わってホテルへ戻ると何の因果か

エレベーターが全て点検のため止まっていた。

 

すぐ動くかとロビーのソファで少し待っていたが

どうも動きそうもない。

 

 

フロントの兄ちゃんを散々、罵倒していたシゲさんをなだめ、

筋トレも兼ね、階段で行くか!って事になった。

 

4人は 階段を駆け登って行く。

 

 

 

さすがにシンドイ。。。

ヘェ〜、ヘェ〜、言いながら丁度40階まで来たところで

 

 

「 ただ登るだけやったらオモンないから、1階登るごとに

  怖かった話でもしていこか・・」 と案が出た。


「 おっしゃ〜! ほんなら 俺から・・・」

 

と、皆とっておきの怖かった話を披露し始めた。

 

 

 

普段はアホなくせに こういう時だけみんな変に張り切る。

 

怖い話をしながら、ついに69階まできた。

 

あと、1階だ!

 

 


「 よっしゃ、最後はワシが最新の超とっておきの話、したるワ。

  めっちゃくちゃ 怖い話やで・・・

  もしかしたらトラウマになるかもしれん・・

  よぉ、聞けよ・・・・」
 


そ、そこまで怖い話なのか。。。

三人はシゲさんの話に息を飲んだ。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       「 部屋のカギ・・・ 1階のフロントに、忘れたぁ・・・ 」

 

 

 


 

この記事の先頭へ▲

僕は試着室の鏡になりたい  無理なら床でもいいです・・・

お題ブログ:生まれ変われるなら、何になりたいですか?(ヾ☆kami☆彡さんのお題)

生まれ変われるなら そうですね・・・

歌手とか俳優がいいかな?

 

でも、それはそれでイロイロとあるんでしょうね  きっと・・・

 

 

 

 

プロデューサーと俳優、奥山雅春の会話

 

 


プ 「 ども、奥山さん 今回のドラマも出足好調ですよ。

   さすが 視聴率の取れる男。

   トップの座も間違いなしですよ。」

 

 

 

奥 「 そうですかねぇ・・・」

 

 

 

プ 「 大丈夫ですって 」

 

 

 

奥 「 それで、木村君のほうは どうなの?
    この同じ局で曜日違いでオンエアされたみたいだけど?」

 

 

 

プ 「 あ、木村拓夫さんの刑事ドラマですか?
    はい、もちろん あちらもそれなりに順調に・・・」

 

 

 

奥 「 あのさ、テレビ雑誌の広告 見たよ。」

 

 

 

プ 「 あ、そうですか。 我が局としましてもチカラを入れて
    広告も バンバン打ってますから。」

 

 

 

奥 「 なんでさぁ 木村君のほうが僕より先のページに
    掲載されてるわけ?」

 

 

 

プ 「 え? 並び順のことですか?
    いや、それは・・・別に深い理由はなく・・・」

 

 

 

奥 「 アイウエオ順でいくと 木村より奥山の方が先じゃん?
    これって 人気の差?」

 

 

 

プ 「 そ、そんな まさか〜・・・」

 

 

 

奥 「 それからさ、広告に使ってるスペースも ちょっと違うよね。」

 

 

 

プ 「 い、いいえ! 同じですよ・・」

 

 

 

奥 「 そうかなぁ・・・僕さ、モノサシで測ったのよ。
    小さいよ、僕のほうが。
    サイズにして 2ミリぐらい 違うんじゃないの?」

 

 

 

プ 「 いえ、いえ、いえ! そんなことありませんよ
    差は つけてませんよ。」

 

 

 

奥 「 ふ〜ん・・
    木村君の煽り文句が 『待望の刑事ドラマ 木村デカ港町署で 大暴れ!』

 

    僕のほうは 『痛快、これが男の生き方だ』

 

 

 

プ 「 はぁ・・・」

 

 

 

奥 「 文字の数が少ないじゃん! ビックリマークもないし!」

 

 

 

プ 「 あらら、それは・・・気が付きませんでした。」

 

 

 

奥 「 次の時、もっと長くしてよ。 ビックリマークも二つ付けてよね。
    それと、番宣のポスターの紙質 もっといいの使ってよ。

    僕の顔写真もさ、他の出演者より
    あと 1.7センチ 大きくしてよね。
    いや・・・ 1.8センチに しよう。 うん!」

 

 

 

プ 「 はい! わかりました。 どうも、すいません。
    とにかく 奥山さん 視聴者には大好評なんですよ。
    役柄と奥山さんのイメージが ぴったりだって・・・

    ぜひとも この路線でパート2も お願いしますよ。」

 

 

 

奥 「 うん、それは いいけど・・」

 

 

 

プ 「 じゃあ、次回作も主演決定ということで 宜しくお願いします。
    いやぁ、楽しみだな〜

 

    『 細かい事は気にしない! 豪傑先生 パート2 』 」

 

 


 

この記事の先頭へ▲

ばぁ〜す

お名前メモする